フルフォードレポート 2018.10.15

フルフォードレポート(10/15)英語版

嗚呼、悲しいではないかさんより転載

シオニスト・サウジ家の陥落とロシアにクーデター企みの可能性

サウジ家に対する重要な動きとロシアのウラジミール・プーチンに対して今週、クーデターの可能性があるなど世界情勢はピークに達すると、国防総省、CIAとFSBは言っている。

まず、ワシントンポストのコラムニストであるジャマル・ハッショッギに対する殺人(あるいは心理作戦として上演された殺人)はサウジと中東の石油の支配からシオニスト/悪魔崇拝サウド家を排除する動きの一環であると、国防総省とCIA情報筋は言う。作戦は米国の破産を守るための資金調達を目的としていると、CIA情報筋は言う。

これはCIAが情勢分析のまとめである。

米財務省はサウジアラビアの石油ドルを3-5兆ドル所有している。それはこのすべての石油ドルの巧妙なまやかしが始まった70年代から積みあがったものである。数兆ドルは没収され返却されない。スイスのクレディットスイスとUBS銀行に保管された数千トンの金についても、サウジアラビアが所有している。それは同様に没収されている。シオニスト・ハザール・サウド家は財政的にゲーオーバーである。これは本当に試合終了である。

トルコのCIA本部のトップである牧師アンドリュー・ブルソンがトルコの牢獄から解放されたその時に、ハッショッギ事件ったことは偶然ではない。トルコにとって、サウジアラビアと湾岸諸国のかっての資産の支配を取り戻せることが可能となり、一方イスラエルはトルコの保護下のユダヤ自治区になるという長期的なシナリオが可能となると、その情報筋は言う。

911文書の機密解除がされるとサウジアラビアは、イスラエルへの攻撃の予行演習として西側の制裁とボイコットに直面するので、サウジ王子モハメッド・ビン・サルマンは排除される可能性があると、国防総省情報筋は言う。

我々はこれについてはあとで議論するが、このニュースレターがロシアのウラジミール・プーチンに対する今週のクーデター企みについて、FSB情報源から得た緊急の連絡について議論したい。その情報源によると、ロスチャイルドによるウクライナ自治区に対する大きな動きは国防相セルゲイ・ショイグとロシア参謀本部内で大紛争を引き起こし、前FSB長官でロシア安全保障長官のニコライ・パトルシェフを新しいロシアのリーダーとして支持していると、その情報筋は言うが、プーチンは三人の愛国将軍によってモスクワから避難し、クーデターはロシアの特殊部隊の助けにより避けられたと、その情報源は言っている。

この予備メッセージはCIA筋からの以下のレポートとの関連があるかもしれない。それは、数人の世界の主導者はプーチンとの会議にロシアへ呼ばれたが、米国からは誰も来ていない。彼らはどの代表にもなれなかったと主張している。世界の他の指導者たちとプーチンは何を計画していたのだろうか?

https://www.kyivpost.com/ukraine-politics/volker-says-russia-continues-to-fuel-fighting-in-eastern-ukraine.htmlhttps://www.kyivpost.com/ukraine-politics/volker-says-russia-continues-to-fuel-fighting-in-eastern-ukraine.html

http://tass.com/emergencies/1025467

いくつかの地域のニュースチャンネルによって報告されたように、報道されたクーデター未遂は東部ウクライナの戦闘の急増と同時に起こった。東部ウクライなとロシアの国境沿いの5,000人の上陸は撃退されたと、ロシア情報筋は報告している。

ウクライナの戦いはクーデターからロシアの注意をそらすためにロシアへのNATOの攻撃を引き起こす企みの一部であった。我々はさらなる確証のために白龍会FSB筋に連絡したが、この会報が公になっても、何も受け取らなかった。必要に応じて最新版を提供してゆきます。

http://tass.com/emergencies/1025467
いずれにしても、ロスチャイルドは奴隷イスラエル植民地に直面する恐ろしい状況に対して、プーチンを倒そうとしたのかもしれない。悪魔崇拝主義首相は個々のいくつかの面で攻撃される。彼の妻サラ・ネタニヤフは詐欺について日曜日に彼女の犯罪裁判が始まった。モサド情報筋によると、ベンジャミン・ネタニヤフは警察によって詐欺調査で12回の尋問を受けており、すぐに逮捕されることになっている。

これに加えて、国連米国大使ニッキ・ヘンリはベンジャミン・ネタニヤフとサラ・ネタニヤフの詐欺事件で彼女自身の横領の申し立てのために辞任すると、CIA関係者は言っている。「パレスティナに人々を助けるための援助として彼女は間もなく横領の嫌疑を受けそうです、そして我々は米国の支援はCIAの前線組織であることを知っている」そういうことです。

国防総省筋は状況を以下の通り纏めました:「国連によって狙われたイスラエルの手先ニッキ・ヘンリーから相当作戦が始まった。彼女に代わる好ましい国際化した代替のゴールドマンのジーナ・パウエルが拒否されているので、彼女の離脱は遅いくらいだ」

http://tass.com/emergencies/1025467

モサド主導のサイトDEBKAによれば、シリアで電子線を展開しているロシア軍隊は、すべてのイスラエル空軍の活動を停止させている。これは世界中で米国のF35戦闘機編隊を創設していることと関係があるかもしれない。これは、イスラエルの悪魔の政府を救う最後の試みとしてロシアに対する未遂クーデターが行われた理由でもあった。
しかし、第三次世界大戦を始めようとするシオン主義者/悪魔崇拝主義者のこの最後の企みは成功しないと、ロシア、米国と中国の軍事筋は言う。

http://tass.com/emergencies/1025467

銃の発射が彼の宮殿で報告されたこの4月に、彼が死んだ可能性に戻ってください。例えば、ブルームバーグニュースが先週、彼との独占インタビューを報道したが、MBSに示された人は、4月以前に人前に現れた人にほとんど似ていない。イランコントラ事件の情報筋によると、殺されたジャーナリスト・ジャマル・カショギは甥か従妹の可能性があることが分かる。

http://tass.com/emergencies/1025467

アドナン・カショギはかってこの著者にハニートラップを送ってきた。ハニートラップを避けている間、彼女はカショギによるフランス語の本を私にくれて、ユダヤは本当はエジプトで生まれたと主張した。言い換えると、彼は悪魔、バール神、モロクを崇拝するヒクソス以外の何物でもないことを私に警告しようとしていたようだ。

日本の関係者は、彼らの研究がユダヤ人と称する人々は、悪魔崇拝派とヤウエ崇拝派に分かれることを示していると、先週米国に連絡してきた。このことは、ヒラリークリントンと容赦ない悪魔の犠牲と儀式を実行してきた米国エリートのメンバーによる多くの情報からの先週の報告に我々を引き戻す。

最高裁判所(ブレット・カバナフ)の裁判官のための戦いがそのピークに来た時、バールの会釈がワシントンD.C.に展示されていたのを思い出してください。

http://tass.com/emergencies/1025467
「ジョナサン・カーン(Paradigmの著者)は、バール神が力、豊かさと幼児犠牲の神であったと指摘しました」と、このウェブサイトと多くの他の情報源は言いました。バールの門と同じものが、2017年UAEにおける世界政府サミットを含むグローバリストの各種集会で示された。それは偶然かもしれないが、グローバリスト世界銀行と国際通貨基金がインドネシアのバリで年次サミットを行った時に、島は地震に襲われた。

http://tass.com/emergencies/1025467

CIA関係者は「我々の世界には偶然はない」とコメントした。例え地震が偶然であっても、フランシス法王が選ばれた時、バチカンに落ちた稲妻のように善が勝つことに疑う余地はない。

このことに留意しつつ、わが国防総省は米メニア・トランプの以下の二つの肖像を我々の読者と共有したいと思います。それは血の19月である可能性がある。しかし、メラニアはケニアとエジプトで分別のある帽子を着用している。アフリカに対する植民地の野心のある中国への警告としてケニアでは分別のある熱帯ヘルメットを着用し、ピラミッドの前では徒党と戦うよう説明するために分別のあるソフト帽を着用している。

いつものように、我々の作戦を守るために報告できないことはたくさんありますが、 そのほかのことは、邪悪な人たちはこの惑星から体系的の取り除かれていることを確証している。

日本語版

アメリカ・EU・中近東の騒動で揺らぐ世界の旧体制
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2018/10/15 VOL483≫

欧米社会を管理し、支配してきた超富裕層の家族群れが大量逮捕劇と軍事裁判での死刑確定を恐れて全面降伏に向けた交渉を始めたとCIA筋やペンタゴン筋は伝えている。直近のきっかけはブレット・カバノーが正式に米最高裁判事に就任したことだったが、それに関連する世界各地の動きもまた世界の旧体制を大きく揺るがせているという。

【 大量逮捕劇 】
ペンタゴン筋によると、現在アメリカでは「エリート大量逮捕劇」の準備が着々と進められている。既に、全米各地の裁判所に提出された「名前が伏せられた起訴状」の数も合計で5万7000件を超えたという。その起訴状を基にこれから逮捕劇が実施されるとのことだが、逮捕者リストに名を連ねる多くが権力者や著名人であるため、その作業は水面下で慎重に行われる必要があるのだと同筋は話している。
まどろこしいように思えるかもしれないが、軍が出動して逮捕劇を強行に実施したところで、一般のアメリカ市民が深く洗脳されている状態では社会に反発が広がり、デモや暴動などの混乱が起きるのは必至。それを回避するためには、逮捕劇と軍事裁判を法の枠組みの中できちんと進める必要があるのだとう。
しかし既に、ブレット・カバノーの就任により改革を推進するアメリカ軍事政権が米最高裁判所における判事団の過半数(9人中5人)の票を手に入れた。
これを機に、これから大量逮捕劇に向けた動きは一気に加速していくという。
そして既に、先週9日にはハイレベルなインサイダーと思われる「Q」と名乗る
This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です