フルフォードレポート 2018.9.24

フルフォードレポート(9/24)

ハザールマフィアは軍事法廷が迫っているので、中国の保護を求めている

軍事法廷が迫るにつれて、悪魔崇拝ハザールマフィアは恐怖の狂乱に陥っている。結果として、彼らは保護を代償に中国に世界を(あたかも自分たりのものであるかのように)与えようとしていると、グノーシス・イルミナティとアジア秘密結社は言う。これに加え、彼らは世界的流行病を誘発させ、イエローストーンのカルデラを吹き飛ばし、大きなEMP攻撃を始めると脅迫しており、そして長期の遅れた裁判の外になるよう彼ら自身を脅迫するために、無駄な努力として騒乱(これらは無効にされるが)を起こそうとしている。また、ブレット・カラバナフの最高裁判所への任命を撤回するために、愚かで広く嘲笑される汚いキャンペーンを行っている。

国防総省情報筋は、彼らはジョージ・ブッシュ・ジュニアに公にカラバナフを支持させるために、間もなく起こる9/11機密解除の脅しを使った、その結果は軍事法廷を解放することになると、言っている。思い出してください、カバナフは彼の証言公聴会で、米国は9/11直後から戒厳令下にあり、結果的に軍事法廷は反逆罪で有罪判決を言い渡し、死刑判決も言い渡すことができたと言っている。

これに加え、その情報筋はヒラリークリントンを支持するユダヤマフィアによる2016年の選挙妨害のために、トランプは英国とオーストラリアにシオニストとイスラエル二重市民を影響ある地位から追放させるために、FISA機密解除を使うかもしれない。

イスラエルの不正国家は米国の支配を失う中、ロシアと中国の保護を求めようとしている。しかし、これは愉快にも逆効果になります。これらの努力がどこで主導されているかの米軍の分析がある。

最初に、第三次世界大戦を始める必死の企みとして、シリアをロシアの航空機を撃墜したと欺いたことの反発として、怒ったプーチンとロシア正教会は反戒律ユダヤ派に聖戦を宣言するかもしれず、ゴラン高原をシリアに戻し、ガザの封鎖を解き、非核化し、西岸、東エルサレムとすべての盗まれた土地をおあれすてぃなとレバノンに返すまで、イスラエルに飛行禁止を科すかもしれない。

二番目に、イスラエルのハイファ港とインフラプロジェクトを支配している中国と、BRICS諸国は量子金融システムから不正国家を排除するかもしれない。トランプは国連の武器禁輸と空海封鎖に同意するかもしれない。

これら全てとこれからのことに関して、ロスチャイルド家のスイス分家、BISとシオニスト長老が先週、白龍会と幸福の交渉のために日本に代表を送ったことは驚くに値しない。交渉者(我々はBISマンと呼ぶ)は、銀行家族はフランスとロシアの革命の間に見てきた混沌とした状況、大量執行、内戦と他の不安について心配していると言った。言い換えれば、BISマンは惑星の為のより良いシステムへの円滑な以降の計画が説明され、ギロチンがメニューにないならば、銀行家続は降伏する用意があると言っている。

最近のBISの公式声明から、空気からお金を印刷して関係のあるインサーだー経由でそれを配布する現在のシステムが機能不全になっており、壊滅的な崩壊に向かって進んでいることを彼らが認めていることを確認できる。BISの話は早い話が、「トップはますます富み、配下はますます貧する」これは、「超富裕者はさらに富裕に、その他の人間は苦しむ」を意味していると解釈できる。

https://www.bis.org/publ/qtrpdf/r_qt1809_ontherecord.htm

白龍会は祈念祭が唯一の答えであるという立場を取っている。特に、世界金融リセットは公私にわたる全ての債務の一度きりの帳消しと、不正な融資で得た不正資産の再配分が必要となるだろう。結果は地球上の誰もが自分の家を所有し、債務がないことを確実にすることです。これは一度限りなので、もし誰かが薬を買うために彼らの家を売って、結果的にホームレスになっても、彼らは救済されることはない。

白龍会はまた、貧困を終わらせ、環境破壊を止め、抑制されてきた技術の特許の解放-特にそれを望む人に節が可能となる技術-のための数十兆ドルのキャンペーンを頭括する将来計画機関の設立を提案している。

交渉者(我々はBISマンと呼ぶ)は、銀行家族はフランスとロシアの革命の間に見てきた混沌とした状況、大量執行、内戦と他の不安について心配していると言った。言い換えれば、BISマンは惑星の為のより良いシステムへの円滑な以降の計画が説明され、ギロチンがメニューにないならば、銀行家族は降伏する用意があると言っている。

言い換えると、旧システムの基本的な部分の全てはそのままで、連続性とスムースな移行の名目で改良される。作動中のリアルタイム、インターネットベースの民主主義をサポートされると白龍会は示唆した。

全体プロセスは大衆の移行に対する準備の為のこの惑星の本当の歴史の暴露によって始まると、白龍会は述べた。

BISの代表はこれらの提案を支持して、彼ら(誰でしょうか?)をスイス・ツーグの人々に紹介すると約束した。

彼はチューリッヒのノームに関する考えに見識を与え、彼らは数学的記号で通信をしていると分かった。

もしそうであれば、遭遇することになる以下の方程式を考慮しなければならない。彼らがこの移行を認めなければ、移行+bis+シオニズム=0になる。

NSAは今、かってCIAが言ったようにエヴリン・デ・ロスチャイルドがロスチャイルド一族の長であると考えている。

彼らはまた、最新の調査結果はロスチャイルドが保護と引き換えに中国の日本の管理を提案したと言っている。

NSAの情報筋によると、このプロセスは4月に日本の天皇として、天皇の血なくしてロスチャイルドの傀儡てして王位につく徳仁皇太子の継承で始まる。(なになに。。。。)

WDSとアジアの秘密結社の代表は、最近この話題を検討して、日本人が彼らの王族についての事実を学ばなければならない、そして、専門家の委員会が日本の市民と共に、菊何が起こらなければならないかについて決定しなければならないことに同意しました。

バチカンP2ロッジはまた、中国の大衆の沈静も行った。

これは中国の香取良く司教の選択に落ちて中国政府に違憲を与えるためにバチカンの同意の形で行われた。

イタリア政府が中国の一帯一路開発プロジェクトにG7で最初に参加すると発表の形でもやって来た。

また、「男爵夫人デ・ロスチャイルド」によって2016年に発表された2-3のツィートも、この点で注目に値します。

Bssデ・ロスチャイルド@BssDeRothschild:
「トランプ/プーチン/イラン/中国/NK核戦争の後、ヨーロッパの上に保安を提供する世界主義者理想に、世界は戻ります。

ロスチャイルドとP2系は第三次世界大戦とロシアゲート失敗の後の保護を求めて中国に走っているのは明らかだ。

しかし、中国人はハザール人は彼らが聞きたいことを話し、彼らがそれを売る最初の機会に背中からさすことを知っている。

彼らは今忍び寄っている同じ人々がアヘン戦争の時に、彼らに恥をかかせた連中であるこも知っている。

上記で見たように、中国は静かにイスラエルの基盤を没収し、ロシアと米軍と協力してシオニストに釈迦不安を終わらせるよう強制している。

ハザール人は彼らの権力支配の最後の要塞である大手のインターネット会社を失っている。

国防総省は、「大きな技術企業が司法省の独占禁止法違反を受けて片欠をする時間であり、EUから重い罰金を受けて解体されることになる」と理解している。

友人であり元CIA職員のロバート・デイビット・デニールの経験豊かな解析の電子メールを皆さんに送り、今秋のレポート閉じる。

とりわけ、この追跡者がハザール暴徒がカラバノフの指名を遅らせている理由を明らかにした:「徒党が可花府の検察官クリスティーン・フォードの調査を引き伸ばそうとしている理由は、彼らの電力会社の全てで電力制御網とスタックスネット(標的型攻撃を行うマルウェア)から派生したソフトウェアを起動させ大規模停電を引き起すためであった」

あるいは、彼らがシリアとイランで大規模戦争を引き起こすか、ロシア連邦と核交換になるまで。

私は間違っているかもしれないが、彼らの前の上司が適切に解雇されれば、主流メディアの編集者はすばやく変わって、新しい勝者と考える人と一緒に行く。

彼らは誰に忠義を立てるわけではなく、大金と権力のための馬鹿者である。

ところで、私はミネソタ・ワッターリングの殺人とジョニーゴッシュの誘拐の隠された秘密の話について多く知っている。

それは、CIA、FBI、国際小児アクアネットワーク、ブロンフマン、GHWB、ホワイトハウス
・ページ、バニー・フランク、クレイグ・すペンス等全てに対する物です。

それは、FBI関係者、家族の関与した犠牲者で完全に隠蔽された物語である。

それはオマハ、フランクリン・クレディット、曲がったFBI、CIA、揺る段、ミネソタの小児性愛問題とミネソタの司法長官スキップ・ハンフリーとの関係がある。我々は数年前に重要証人と面談しました。

 

Benjamin Fulford: A Deep Dive into the Petro

 

日本語版

http://benjaminfulford.jp/さんより転載

◆ 米最高裁判事の承認と英国のEU離脱をめぐる攻防戦
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2018/09/24 VOL480≫

ハザールマフィアの支配体制が崩れ行く今、アメリカの国内外では何とも馬鹿馬鹿しい泥仕合戦が繰り広げられている。ここ最近も、パニック状態の旧体制勢はドナルド・トランプ大統領が最高裁判事に指名したブレット・カバノーの承認採決を遅らせるべく躍起になっている。また、2016年大統領選を巡る「ロシア疑惑」の捜査情報の開示も必死になって止めようとしている。

CIA筋によると、それらの目的は「米最高裁の新会期(10月1日)から始まる」と伝えられているエリートたちの大量逮捕劇を回避することだという。

【 逮捕劇をめぐる攻防戦 】

ブレット・カバノーの指名が米議会で正式に承認されれば、米連邦最高裁判所の判事団は揺るぎないトランプ陣営寄りの構成に変わる。それを防ぐために、先週
からハザールマフィア所有の大手マスコミが突然カバノーの「性的暴行疑惑」に関するキャンペーン報道を展開し始めた。

現在、カリフォルニア州の大学教授クリスティーン・ブレイジー・フォードという女性が「高校生の時、とあるパーティーの場で泥酔したカバノーに押し倒され、性的暴行を受けた」と告発し、それを理由に米議会におけるカバノーの承認採決が遅れている。しかし、それに対してカバノーは疑惑を全面的に否定、既に彼の高校時代の同級生65名も、その可能性を否定する証言を出している。

また、CIA筋からは「告発している女性の父親はCIAの工作員である」との

This post is only viewable for paid members please registeryour account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です