フルフォードレポート 2019.10.21

フルフォードレポート(10/21)英語版

 

嗚呼、悲しいではないか!さんより転載

ドナルド・トランプに対するクーデターの企みは失敗し、10月革命は続いている
米国ドナルド・トランプと多くの米国の上級政治家に対するクーデターは失敗した。多くの米国のシニアMI6とペンタゴンの情報筋によると、ナンシー・ペロシ下院議員やアダム・シフ下院情報議長を含む政治家は、結果として逮捕または処刑される可能性が高い。それが、ペロシ、シフに加えエリオット・エンゲル外務委員長、国土安全保障議長のベニー・トンプソン、共和党マック・ゾンベリー下院議員他がヨルダンからアフガンへ行った理由であると、その情報筋は言う。
国防総省や他の情報筋によると、現在のヨルダン王の母親アントワネット・ガーディナーは、イスラム教に「改宗」して名前をムナに変えた悪魔の血統に属するため、政治家はヨルダンで保護を求めた。
しかし、ヨルダンの政府は保護を提供する意思はなく、提供することができなかった。彼らはクーデターに対する軍事的支援を求めてアフガニスタンに飛んだと、情報筋は語った。
先週、ジェームズ・マティス前国防長官と特殊部隊提督のウィリアム・マクレイヴン提督はトランプを批判し、企業のプロパガンダメディアを用いて広く批判をしたと伝えられたことは重要である。
マティスはトランプを批判した後、「超党派主義」が「無政府状態」または「良心、または先例や品位に束縛されない野心的な指導者の台頭をもたらす」と警告した。
2011年にビンラディンに対する偽の襲撃を率いたマクレーンは、「私はブラッグ砦のパレードフィールドにいます。引退した4つ星の将軍が私の腕をつかんで、私は民主党が嫌いだが、トランプは共和国を破壊している!と叫んだ。これらの言葉は一週間私に響き渡った。
「強力な反トランプの連邦議会議員エリヤ・カミングズの処刑」(その人は「幼児性セックスの誘拐を可能にすることで有罪と判決されました」)によって、クーデター未遂は促されましたと、国防総省情報筋は言う。
 ペロシは彼女の兄弟、元ボルチモア市長トーマス・ダレサンドロ3世の死によって国から逃げだしたようだ、と情報筋は言う。
陰謀の軌跡は現在、暗黒の教皇フランシスに続く、とMI6の情報筋は言う。 「教皇のボディーガードであるバチカン警察長のドメニコ・ジャーニは、スキャンダルと関連するリークによって辞任した」と彼らは言う。「教皇は去るべきである」
私たちは、最終的には、新たな金融システムの構築に関与していた者に対する殺人に関連して、彼にの起因する金融科学的証拠を見つけるでしょうと、彼らは付け加えました。2万人が拷問と殺害されたアルゼンチンの「汚い戦争」で教皇の役割も捜査されていると、彼らは述べている。
教皇と彼に権力を与えたP2フリーメーソンは911や福島の大量殺人事件のような汚い戦争に責任がある。また、今処刑されたバラク・オバマは彼らの夫であったと自慢していた。
フランシスは、11月23-26日、安倍晋三首相の奴隷制度を支援する為日本を訪問する(人口のわずか0.5%がカトリック教徒である)。一方フランシスは。NSAによって記録された喚問において、彼の前任者であるイエスズ会指導者であるピーター-ハンス・コルベンバッハが悪魔主義者であり福島に責任があると主張した事実を隠蔽し続けようとするだろう。フランシスはこれらの事実や他のバチカンによって実行された人類に対する巨大な犯罪を隠蔽するならば最後の法王になるだろうと警告されている。
フランシスが行う他のこととしては、P2フリーメーソンによって醸造されてきた偽のメシアの発表の準備である。これはこの役割のために訓練されてきた汚名を着た人である。バチカンは、情報源によると、今回地域の彼の犯罪行為を隠蔽するために、東アジアへ最上の暗殺者を送った。
この文脈で、北朝鮮の最高指導者金正恩は聖なる山である白頭山で白い馬に乗っていたことは興味深いです。北朝鮮の朝鮮中央通信は、予測した:「再び驚きで世界を打つと韓国革命で一歩前進を作るための主要な操作です。」
朝鮮半島を統一するための(米軍の許可を得て)突然のステップでは、金正雲が計画していることを正確に伝えている可能性がある。第二次世界大戦中に白い馬に乗った昭和天皇は、常に、太陽神の子孫として掲示されたように、金正雲のこの写真を提示することも、それが真の皇帝としての地位を確立することを主張していることは注目に値する。もちろん、10月22日に彼の即位への海外からの祝福を受ける日本の天皇皇太子徳仁親王は、同意しません。
海軍シールズと国防総省の海兵隊が深層国家のあどれのクロームを根絶するためにカルフォルニアの地下基地から数選ん子供を解放したので、アジアの陰謀に加え中毒者は悪魔主義社会に自分の道を見つけようとしていると、国防総省の情報筋は言う。多くの告発者によると、彼らの血と副腎が刺激的なアドレノクロムを抽出するために取り出される前に、子供たちは拷問されて、殺される。
先週また、25万の動画を持つビットコインの子供ぼるのサイトを閉鎖した後、英国、フランス、イタリア、アメリカ、ドイツ、ブラジル等38か国で337人を米司法省が逮捕したと、国防総省情報筋は述べた。もちろん、これは逮捕された小児性愛者が自分の悪魔のボスを倒す時間である。
インドクリントン財団をからかい始めましたインドのRanbaxy創設者MalvinderとShivinderの逮捕の後、ネットワークはより近づいてきている。
イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相は、恩赦と引き換えに悪魔の首長に対して証言するための交渉を続けているのは、徒党に対するもう一つの継続的な脅威である。 シリアからのアメリカの撤退は、彼のようなイスラエルの政治家に、イスラエルがもはや自由に使える米軍を持っていないので、彼らが取引をしなければならないことを認識させました。
地上の現実はイスラエルのメシア計画は終わりを迎えていると言うことである。イラン、アラブとロるこの戦争、つまり極度の交渉は今中東のうんめいを決めようとしている。イスラエルは生き残るためにはこれらの派閥の一つと同意しなければならない。最も可能性のある彼らの背無人の同僚であるアラブ人である。事実、エジプトは今、トルコに対してアラブ人の利益のために働いている。それはこれがイスラエルの最善の希望であることを意味している。
いずれにせよ、米国とロシア間の暗黙の軍事同盟に支えられたロシア外交は、この地域での集中的な交渉を最も可能性の高い結果にする可能性が高い。
世界の他の地域にも多くの陰謀があります。しかし、他の場所で多く報告されているように、フランス、イギリス、スペイン、エクアドル、ペルー、チリ、レバノン、香港などで暴動と社会不安が存在することに気づくでしょう。これらすべての混乱の究極の背景は、最高レベルの不確実性です。つまり、金融システムの最上位にあります。
欧州の王様は、ブルームバーグのセントルイス連邦準備銀行総裁ジェームス・バラードとの連邦準備理事会の体制変化についてのインタビューは、来る新米連邦準備理事会による主導の金利決定制御を実際に意味していると言っている。世界経済はAIによる再帰的複雑性理論から離れた。言い換えれば、AIは、ハリケーンの予想のように繰り返しパターンを認識して意思決定を行なっている。
しかし、システム全体を安定させるためのグローバル通貨リセットは、古いシステムがさらに不安定になるのを待たなければならない、と情報筋は語った。彼は、2020年にリセットが行われると予測しました。
一方、メディアのキーワードの頻度に関する不確実性は、9月11日、リーマンショック、ソビエト連邦の崩壊などを超えて、これまでになく高くなっています。つまり、古いシステムは、新しいシステムが予告される前に崩壊する必要があります。

https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/bfmF8D2.jpg?itok=NGuhyEZe

ただし、これはすべてのメッセージが不良であることを意味するものではありません。たとえば、現在、米軍が開示のプロセスを開始したことは疑いようがない兆候があります。彼らは私たちの生活に革命をもたらす自由エネルギーのような技術の特許をリリースしました。

https://www.zerohedge.com/technology/navy-patents-ufo-compact-nuclear-fusion-reactor-and-hybrid-spacesea-crafts

米国空軍士官学校からのツイートによると、このSFのような技術のデモは10月30日に行われます。

https://twitter.com/af_academy/status/1185227374427807745?s=21

また、これまで隠されていたカーボン技術が発売されようとしているため、ダイヤモンドの価格が世界的に下落していると聞いています。
ダイヤモンドは炭素でできていることを忘れないでください。これは最も安価で豊富な素材の1つです。炭素科学者は、ダイヤモンド窓、食器などがまもなく公開されると言っています。
さらにエキサイティングなのは、私たちを不滅にする医療技術です。たとえば、寿命を50%延長できる3剤の組み合わせが発表されています。次の記事では、これはショウジョウバエで機能するが、それはショウジョウバエのそれと同一の私たちの体の基本的なメカニズムに影響を与えます。
Let it Slump-無料のエネルギー、スペース、不滅のテクノロジーが公開されます。 これらは、新しい時代が始まったという非常に現実的な兆候です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フルフォードレポート【日本語版】

世界各地で「10月革命」が始まった

≪2019/10/21 VOL531≫

http://benjaminfulford.jpさんより転載

現在、世界各地において「10月革命」とも言うべき事態が多発している。
中近東やスペイン、フランス、ペルー、チリ、アメリカ、イギリス…等々では同時多発的に大型デモや暴動、政変劇などが発生。それらトラブルは「戦後に築かれた世界秩序の崩壊」と「それに代わる新たな世界システムの誕生」を示す大きなサインである。

そうした背景もあり、現在アメリカの「経済政策不確実性指数」はソ連の崩壊や911、リーマンショックなどの時より増して、前代未聞の高水準に達している。
ちなみに、この指数は一般にマスコミ報道を分析して、不安要素が含まれる幾つかのキーワードを膨大な新聞記事から数えて算出されている。

https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/bfmF8D2.jpg?itok=NGuhyEZe
https://www.zerohedge.com/economics/did-something-just-snap-us-policy-uncertainty-unexpectedly-soars-above-lehman-sept-11

【 アメリカ情勢 】

まず革命の震源地であるアメリカでは、少し前から米軍が予備役の動員を開始、これから軍隊が少なくとも12万5000人ほどの反逆者を逮捕する予定だとペンタゴン筋は伝えている。また、9月末に統合参謀本部議長(制服組トップ)を退任したジョセフ・ダンフォードも既にグアンタナモ基地で軍事裁判とそれに伴う死刑の実施を始めているという。同筋からは「既にバラク・オバマの銃殺刑が執行された」との情報も寄せられてきている。

さらにはアメリカ軍事政権のスポークスマンであるドナルド・トランプ大統領

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です