フルフォードレポート 2019.10.7

フルフォードレポート(10/7)英語版

嗚呼、悲しいではないか!さんより転載

米軍が徒党を倒すために動員して米国は内戦に向った
米国軍は現在、「深層国家を鎮圧するために」軍隊と予備部隊を動員しているため、米国は本格的な内戦または革命に向かっています。 「125,000件の起訴により、多くの人々の起訴の封印を解かれ、血まみれの10月革命または悪魔的なハロウィーンの休暇前の10月のサプライズになります。」「軍隊がトランプを警護するために軍隊を動員して、メラニア・トランプは新しい会計年度を迎えて10月革命を意味するために10月1日に赤い服を着ました」点に、彼らは注目している。
動員命令は、米国海兵隊のホームページで確認できます。
「知事は、大きな災害または非常事態に対応して連邦支援を要請します」、または、「大統領によって指示されるとき」または「信頼できる戦闘司令官からの出動要請(RFF)に従い、命令は海兵隊員と他の米国部隊に米国内で行動を起こす許可を与えます。命令はさらに続ける「従属する命令を持つ海兵隊員は命令を実行する。故国にある脅威に適切の応じるために」
スティーブ・ピクセニック博士(ヘンリー・キッシンジャー、サイラス・ヴァンス、ジェームズ・ベイカーの下で国務次官補を務めた)を含む複数の情報筋は、米大統領ドナルド・トランプに対するジーナ・ハスペルCIA局長が率いるCIAクーデター未遂に対する動員であることを確認している。ところで、ピクセニク博士はホロコーストの生存者の息子であり、ナチのユダヤ人を自国民の大量殺人に関与したとして非難している記録に残っています。
CIAの情報源は、ハスペルが「ロックフェラー氏族の血縁者(クリントン、ザッカーバーグなど)」であることを確認しています。さらに、情報源は、はスペルが「猫の目」を担当したと述べています。これは、タイに設置されたテロリストの尋問のための最初の秘密のブラックサイトです。彼女はまた、GWブッシュ/ディックチェイニーの要請で9/11後にグアンタナモ湾刑務所で秘密の黒人サイトを運営しました。 (これは完全に本から外れていた)。 彼女はタイとキューバを行き来しました。 タイでの使命の後、彼女はCIAロンドン事務所の局長に任命されました。 彼女はトランプを排除する計画を監督しています。彼女は支持者の命令に従って行動している。ジーナ・はスペルは彼女の本名ではない。
トランプが国家安全保障会議のジョン・ボルトン議長を解任し、そして敵のために働く人間を解任したので、ハスペルは行動を起こし、緊急事態を引き起こした。
緊急事態の他の主要な引き金は、「ウォールストリートが攻撃されている」ことである、とペンタゴンの情報筋は言った。特に、「JPモーガンは、麻薬密売、詐欺、テロ資金、制裁違反およびその他の嫌がらせのために、RICOの下で犯罪者として迫害されています。」 JPモーガンへの攻撃は、もちろんナチ・ブッシュ一族への攻撃です。ロックフェラーの「吸血鬼」であるゴールドマン・サックスも、マレーシアでの1MDBスキャンダルへの関与でノックアウトされている、と情報筋は語った。もちろん、このスキャンダルは、それらをマレーシア航空370/17便の大量殺人事件と結び付けています。
ヨーロッパおよび米国の組織犯罪組織によって確認されているように、他の多くのメガバンクも調査されています。これらの調査の中で最も重要なのは金融取引に置ける経緯に関する監査官室に言及して、バチカン警察による「国務長官および州財務情報局の第1部門の特定部門からの文書および電子機器」を入手するための襲撃を含みました。とバチカンからのプレスリリースを述べています。
バチカンでは多くの世界リーダーが買収について話しているので圃場に大きなことである。襲撃は、トランプがに対する多くの「魔女狩り」に誰が資金提供したのかを探そうとするトランプの要求に一部関連していた。
しかし、バチカンのP2フリーメーソンは、「トランプの宗教」に反対し、「クシュナーグループ」と権力におけ一つの宗教と言う宗教原理主義と言う彼らの世界の権力の目標と戦うと言っている。
これらの攻撃に密接に関連しているのは、スイスにおける世界の金準備を管理し、それにより新しい金担保金融システムを管理し、つり世界を管理するための闘争です。この戦争の多くは、本物のキーナンを殺害した人々によって作られたこの新しい「ニールキーナンビデオ」で明らかにされています。
東南アジアのCIAソースは、次の分析を提供しました。
「ビデオは、1月前にシンガポールで開催されたF1レースの9月19日から22日に撮影されました。彼のビデオをよく見ると、招待状で一部を隠しているが彼が右腕に大きな腫瘍を持っていることがわかりますよね?彼の歯は元のニール・キーナンとは異なります。
「インドネシアの仲裁人は、インドネシア財務大臣のスリ・ムリヤニ・インドロワティです。彼女には非常に興味深い過去があります。2008年に世紀銀行のスキャンダルのためにインドネシアを去らなければなりませんでした。10億ドル近くが失われ、スシロバンバンユドヨノ大統領の再選に流れ込んだと考えられています。彼女は2010年5月に6年間世界銀行の3人のマネージングディレクターの1人になり、シオニスト徒党から特別な訓練を受けた後、インドネシアのハンドラーのために財務を解決する財務大臣として送り返されました。 2016年、ジョコウィドド大統領(ジョコウィ)によって任命されました。シオニスト徒党を財務大臣として支持する彼女の明らかな痕跡のいくつかを以下に示します。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-08-27/trade-war-s-second-wave-to-have-bigger-impact-indrawati-says

「スリ・ムリヤニ・インドローワティはインドネシアのニュースで定期的に取り上げられており、彼女がこの国のために行っていると思われるすべての利益について取り上げています。 彼女は100%徒党代理人です。 現在の主な仕事は、インドネシアのさまざまな場所の貯蔵所に保管されている金の取得において、銀行を管理するUBSとシオニストの部族を支援することです。 最大の貯蔵所はジャカルタにあります。 これは、石油ドル銀行システムの崩壊を防ぐために必要な金を手に入れるための最後の試みです。
「ニールキーナンはスイスのUBS銀行について言及しています。ご存知のように、彼らは1963年のジュネーブ・グリーン・ヒルトン協定でブン・スカルノ大統領との最初の契約に署名しました。金の一部は物理的にスイスに移動しましたが、ほとんどはインドネシアの貯蔵所に保管されていました。
「メガワティスカルノプトリは、2001年から2004年までインドネシア大統領だったときに、後継者として数万トンの金を救ったことを示す関連文書とボディガードを従えて個人的にチューリッヒのUBS銀行に行きました。彼女はUBSから何も受け取れない、ハーグの国際裁判所を通じて合法的に金を取得しようとすると、排除されると銀行の特別なセキュリティ/法務チームから通知された。これはUBSと、銀行の真の実験者がシオニスト徒党であることをを示しています。スリ・ムリヤニ・インドラワティ(2016年からインドネシアの財務大臣を務めている)へのつながりは二^るキー難が実際誰のために働いているかを教えてくれる。
米軍が内戦で勝利したい場合、これと他の発見に基づいて、スイスにいるイカの頭を標的にしなければなりません。正当な所有者に金を返さない限り、彼らはスイスのチューリッヒとツークのバーゼルを攻撃すると脅せば、勝利はあなたのものです。
米軍はまた、ロックフェラー一族とその同胞が中国をだましていることを認識しなければなりません。中国の秘密結社の情報源は、「ヒラリー・ロックフェラー」が選出された場合、日本と東南アジアを含む「中国」を約束されたと言います。これは、トランプが最近ツイートしたように、「眠い」ジョー・バイデンが、経験不足で明白な理由もなく中国から15億ドルを受け取った本当の理由です。これらが正当な取引である可能性はありません。
アジアの秘密結社の情報筋はまた、ソフトバンクの孫正義への突然の1000億ドルの送金は、石油ドル体制の人々による中国への入国の試みでもあったと述べている。彼らは、孫は、現代中国の広く尊敬されている父である孫ヤッセンの親族だと言います。数十億ペトロドルを彼に注ぐことは、アジア人を支持を得る良い方法です、と情報筋は言いました。武蔵エンジニアリングの日本のキャンペーン装置で彼に責めたのは、中国を攻撃するロックフェラーの別の賢明な動きでした。
アジア筋によると、米軍はフランスのロスチャイルドとの共通の敵であるロックフェラーに対する同盟を検討したかもしれない。日産のボスであるカルロス・ゴーンは、偽造された容疑でロックフェラーに逮捕され、ロスチャイルドは最近ジェイ・ロックフェラーを殺害した報復だと言います。しかし、これを確認することはできず、ジェイ・ロックフェラーの死の公的な発表はありませんでした。
孫は私が今まで出会った中で最も知的な人々の一人ですが、最近の出来事が示すように、彼はこれらすべての石油ドル体制を効果的に実際の経済活動に変えることはできません。
国防総省の情報源は、石油ドル体制の基幹であるサウジアラビアで、「東部のシーアの敵対的な州の枯渇した埋蔵量と、ロケットとドローンに対する防御の欠如を考えると、サウジアラムコの格付けは1兆ドル近くなんてありません。」 [パペット支配者]モハメッドビンサルマンは、石器時代の投資会議の安全を保証できないため、今後の「砂漠のダボス」は再びボイコットされる可能性があります。
イスラエルも、ついに彼らが狂信者にだまされたことを目覚め始めています。先週、元イスラエル軍のチーフであるイェール・ゴランは、危険な狂信者に加わったユダヤ人の仲間入りし、「我々の中にはメシア的な態度を持つ急進派がいるので、注意し、非常に慎重にならなければならない。私たちイスラエルには民主主義が必要だ」、 「彼は、イスラエルがナチスドイツと同じ運命にある」と警告した。
フランス人も目を覚ます。 マスコミがそこで起こっている革命を無視しても、現実を無視してもそれは消えません。 先週、フランスの警察は、彼らが低賃金で、負担が大きく、黄色いベストの48週間の動きを止めることができないと言う大規模なデモを開始しました。
最後に我々はMI6から、女王は徒党に従いブレディクトを止めるよう非常に大きな圧力を受けていると聞いている。しかし、彼女は国民がブレディクトに投票したことを知っている、結局のところ彼女は国民の奉仕人となる。

 

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jp/さんより転載

バチカンの家宅捜査とアメリカ軍の米国内での動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/10/07 VOL529≫

Failed State(失敗国家)に陥れられた日本の没落担当大臣:安倍晋三とその暴力団仲間の逮捕がじわじわと近づいているとアジアの結社筋やペンタゴン筋は伝えている。

同筋らによると、その逮捕への扉は先週10月1日に行われた「バチカン(教皇庁)の国務省と金融情報局に対する家宅捜索」によって開かれた。というのも、その家宅捜査は東日本大震災(311テロ)や2020年東京オリンピックの賄賂工作など、日本を含む世界中数多くの犯罪を調べるための捜査の一環だったという。

https://mobile.reuters.com/article/amp/idUSKBN1WG45E?__twitter_impression=true
https://www.catholicnewsagency.com/news/vatican-prosecutors-conduct-raid-on-secretariat-of-state-offices-39656

ただし、今進行中のイスラエルとアメリカの大掃除が優先的に進められているため、日本の既存権力に対する本格的な捜査や取締りはその後の展開となりそうだ。

 

【 米国内の動き 】

この動きに伴い、現在アメリカ国内における動きが特に激しくなってきている。
先週9月30日、米軍制服組トップの統合参謀本部議長の交代式が行われ、マーク・A・ミリー陸軍大将が新議長に就任した。その後、間もなくしてマーク・ミリー率いる米軍がワシントンD.C.などアメリカ各地に散らばるハザールマフィアに対して軍事行動を本格化させる兆しが増えてきている。

まず極めて特異な動きとして、先週マーク・ミリーが米陸軍・海軍・海兵隊に対して国内配置に関する命令を出している。ペンタゴン筋によると、予備軍の

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です