フルフォードレポート 2019.11.18

Final Showdown With Elders Of Zion Looms - Ben Fulford

スペードをスペードと呼ぶ時間です。世界の問題のほとんどはシオンの長老として知られているグループに由来します。

これは紛れもない事実であり、ユダヤ人とは何の関係もありません。

むしろ、世界の企業のほとんどを所有し、人類の90%を殺害し、残りを奴隷にしようと企てている近親相姦家族のグループです。

そのため、彼らは9.11テロ攻撃とファシストクーデターを組織して以来、戦争と大量殺人に6.4兆ドルを費やしてきた(ワトソン研究所の最近の計算によると)。

Final Showdown With Elders Of Zion - US War On Terror Spending

米国のテロ支出戦争

これは、貧困を終わらせ、環境破壊を止め、人類を宇宙に打ち上げるのに十分なお金でした。

代わりに、計画された人工ハルマゲドンの生存者を支配する大イスラエルを作成するプロジェクトに費やされました。

私たちは明確にしましょう:問題は一神教を制御する家族の近親交配グループに由来します。

リマインダーとして、私たちは宗教(再リガレ:再バインド)を使用して、私たちをファシィ(棒の束)またはファシズムに束ねる統治(コントロール)メント(マインド)によって支配されています。

ファシズムは、企業による「ルール」とも呼ばれます。

スイスの調査によると、737人が世界のトランスナショナル企業の80%を支配している。

これらの人々はまた、シオンの長老として知られています。

彼らは、世界の中央銀行の大部分の所有権を通じて、バビロニアの債務奴隷制のシステムを制御します。

だからこそ、国民のトップ10%である召使いが世界の金融資産の93.2%を支配し、下位90%が負債の72.4%を負担しているのです。

このシステムは崩壊に向かっている。アルジェリア、ボリビア、イギリス、チリ、デンマーク、エクアドル、エジプト、フランス、ギニア、ハイチ、ホンジュラス、香港、イラン、イラク、カザフスタン、レバノン、パキスタン、スペインでの暴動と市民の不安は、支配エリートに対する深い不信感を共有しています。

熊手を持つ農民は門のところにいる。

また、先週述べたように、企業の金融システム全体が現実との接触を完全に失い、機能しなくなりました。

下のチャートは、株式市場と実線経済がもはや相関関係を示さない様子を示しています。

 

Final Showdown With Elders Of Zion - Total Market Cap and US GDP

総時価総額と米国のGDP

GDPの数字は大げさであり、所得格差を反映していないことを付け加えたい。

今のところ、この危機の震源地である米国を中心に、実際の経済活動の指標は、深刻な景気後退がすでに始まっていることを示している。しかし、株式市場は過去最高値に達しています。

カバルの連邦準備制度理事会は、メルトダウンを防ぐために、システムに前例のない金額を注ぎ込んでいます。

担保付きローン債務(CLO)と呼ばれるものが崩壊のグラウンドゼロになるようです。

これらは、リーマンブラザーズの崩壊を引き起こしたのと同じロジックに従って動作するジャンクローンのバンドルです。

つまり、金融ウィザードは、少量のゴミを大量に取り込んで大きなゴミ袋に入れると、ゴミをやめると思います。

以下のチャートは、今回の問題がリーマン危機の少なくとも2倍の大きさであることを示しています。

Final Showdown With Elders Of Zion - Federal Reserve Repo Operations

この爆発と革命を妨げるのは、P2フリーメーソン・ロッジのブラック・サンの礼拝者が先週ホワイト・ドラゴン・ソサエティに連絡を取った理由でしょう。

P2の代表は、11月23日から26日まで来日するフランシスコ法王は、彼らから連絡を受けて合意を得たいと言いました。

P2では、2050年までに「地球月宇宙経済圏」に年間10兆ドルを創出する中国の計画にショック受けている。

P2は、日本の人形奴隷首相である安倍晋三を排除する時が来た、と語った。安倍はCSISからマイケル・グリーンバーグから命令を受ける。

CSISはジョージタウン大学に報告し、イエズス会と教皇に報告し、したがってP2に報告します。

日本の報道機関が安倍に対するキャンペーンを開始したので、このプロセスはすでに始まっている兆候があります。

ローマ人はまた、将来のための実力主義的な計画機関を作るために、英国、国防総省、中国と一緒に乗るように言われました。

これは、宇宙探査が中国の独占ではないことを保証します。

彼らはさらに、アジュビリーが必要であると言われました。ローマ人はまた、彼らが許され、彼らが望むと主張する新しい「スタートレックの世界」の創造に関与したい場合は、9月11日、福島、および他の犯罪を乗り越える必要があります。

一方、国防総省の情報筋によれば、イスラエルの洗脳されたシオニスト奴隷の植民地は完全な包囲下にある、とペンタゴンの情報筋は言う。イスラエルは領海でロシアの潜水艦とフェンスオフされている、と彼らは言う。

つまり、それは「いつでも消えることができる核魚雷によって消去される」ことができます、と、彼らは言いました。ヒズボラは歯に武装している、[イスラエル]ドローンが撃墜され、彼ら自身のミサイル防衛はロシアによって再建されたと、彼らは言います。

これは、より大きなイスラエルのためのプロジェクトが終わったことを意味します。

国防総省筋によれば、サウジアラビアの暗号悪魔の植民地も大きな問題に直面している」と述べた。元陸軍将軍でCIA長官のデビッド・ペトラエウスは、サウジがお金を使い果たしていると言った後、アラムコのIPOはBRICS、ヘッジファンド、外国人投資家、年金、ソブリン・ウェルス・ファンド、保険会社、国営企業、その他の組織によってボイコットされている。「事実上すべての人は、地政学的、軍事的、信頼の問題だけでなく、環境、社会、ガバナンスの問題も理由でもある」と情報筋は語った。

米国に戻る:ここでペンタゴンの約束の源:「素晴らしいことは、アメリカ大統領ドナルド・トランプ、ロジャー・ストーンの友人の非難の後に起ころうとしています。

「BIG」が何であるかを推測することしかできませんが、私たちが考えることができる最大のことは、個人所有の中央銀行の個人所有の中央銀行であるBISのテイクダウンです。

ヨーロッパの王室筋によると、インフレとデフレは現在、BIS体制の時代遅れの方法によって引き起こされている。

議事録や記録を生み出さないBIS 18階のディナーでは、世界の中央銀行が物事の流れを決める」と彼は言う。

西側の政府はこれを「これらの銀行家の仲介者を排除する量子ベースのシステム」に置き換え、これを防ぐために全力を尽くしている」と彼は言った。

問題は、政府が食物連鎖をあまりにも下にあり、有料バンドが低すぎること、そして正直言って、おそらくBISを引き継ぐために「マフィア」を恐れすぎているということです。

この著者は、BISとその姉妹機関CERNを排除するために軍事作戦を勧めた。

たとえ国防総省が行動しなければ、アジアのCIA筋によると、アジア人は事態に入っている。そして、彼らは言います:

中国は2万トン以上の金を持っている。ロシア、イラン、インド、インドネシアも重要な役割を果たし、新しい仮想通貨をサポートしたり、新しいグローバル通貨の一部として使用したりするためにこれを使用します。

これらの国のそれぞれはまた、新しい通貨の支援として役立つことができる金の少なくとも10-15トンを持っています。どちらのシナリオも、ペトロドルを停止させます。

これが、MBSを名乗るハザリアン・カバル・エージェント(モハメド・ビン・サルマン)がアラムコにできるだけ早く公開するよう促している主な理由です。

彼らはゲームが終わったことを知っている。彼らはできるだけ多くのお金を手に入れ、すべてが崩壊する前に分割しようとします。

国防総省は、企業メディアのプロパガンダ・マシンを燃料とする紛争を止めることで、崩壊が混乱や流血につながらないことを保証する手助けをすることができる。

先週、アダム・シフやナンシー・ペロシのような逮捕された政治家のコンピュータグラフィックを持つ偽のショーがあった。ワシントンDCのプレスカードを持つ記者は、彼女がいわゆる「公聴会」への参加要請に対して何の反応も受け取っていないと語った。.

「ワーナーメディア、ウォルト・ディズニー、バイアコム、Rマードックのニュース・コーポレーション、CBSコーポレーション、NBCユニバーサル、グーグル、フェイスブックへの特別ユニットの配備もおすすめです。

これらの企業はすべて、ニュース活動を外部委託し、真の事実調査ジャーナリストの管理下に置かざるを得ない。

これを成功させるためには、サンディ・フックやボストン・マラソンの爆破など、多くのフェイクニュースやニュースイベントを担当するCIAとモサド・モッキンバードのメディア活動も引き継ぐ必要があります。

結局のところ、彼らは財団やその他の戦線を通じてフォーチュン500企業を支配する家族のメンバーをまとめる必要があります。

企業の737人のオーナーのほとんどはヨーロッパにいるので、この操作を成功させるにはそこで逮捕する必要があります。

これまでのところ、国防総省の情報筋は、ボーイングが標的であると私たちに語ったに過ぎない。ここでは、ボーイングは、機能する酸素システムと防雷787航空機を提供することを拒否するので、NASAと国防総省の契約を失います」と「利益が安全性を上回る他のずさんな仕事」。

ボーイングはまた、「航空会社のボイコット、パイロット、客室乗務員、規制当局、航空機のヒラーと飛行群衆に直面しています」と、彼らは言います。

ボーイング社が無能で攻撃されたにもかかわらず、会社の危機を引き起こしたのは無能ではないことを忘れないようにしましょう。

墜落事故は、1990年代後半以降、すべてのエアバスとボーイングの航空機に設置された遠隔操作ハイジャック装置の意図的な使用によって引き起こされました。

これは、真実と和解委員会によって最もよく解決できる問題の一種です。

実際、大量殺人や子どもに対するカニバリズムなどの犯罪は許されないものもあれば、許されるものもある。

真理と和解のプロセスは、地球を解放する最良の方法かもしれません。

イエス・キリストがかつてユダヤ人に言ったように、「真理はあなたを自由にします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jp/さんより転載

バーチャルになった金融市場と現実世界の衝突

≪2019/11/18 VOL535≫

グノーシス派イルミナティ(王族の血筋ではない実力主義の欧米エリート集団)は、以前から「人類の真の敵は悪質な人工知能(AI:artificial intelligence)である」と主張している。そして先週、それが本当であるかもしれないと思わせる出来事が実際に見受けられた。それはドナルド・トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐる米下院の「公聴会」劇場である。大手のプロパガンダ・マスコミは、その演劇を真実として世に報じている。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO52260080W9A111C1MM0000

その公聴会については事前に「国務省高官3人が証言する予定」と発表されていた。しかし米議会の記者証を持つワシントンD.C.のアメリカ人ジャーナリストによると、その公開ヒアリングに出席しようと議事堂を訪れたところ、結局どこを探してもそこで公聴会が開かれている様子はなく、出席することは出来なかったのだという。

ペンタゴン筋によると、アダム・シフ下院情報特別委員長やナンシー・ペロシ下院議長らは今、米軍のグアンタナモ基地で身柄を拘束されていてテレビで世界中に配信された公聴会の彼らの姿はCG映像だったという。世界中の大手
プロパガンダ・マスコミは、どうやらコンピュータがバーチャルにつくりだしたフェイクニュースを意図的に垂れ流しているようだ。

 

【 バーチャル世界 】

最近、そうした事例はますます増えてきている。たとえば先週、NBCやCNN…等々の世界の大手マスコミが以下のようなストーリーを大きく報じている。

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

1 個のコメント

  • PFCJ 20191118 フルフォードレポート バーチャルになった金融市場と現実世界の衝突 | #レポート バズウォール にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です