フルフォードレポート 2019.12.2

フルフォードレポート【英語版】

世界の緊張が危険なレベルにエスカレートするにつれて、トランプはあらゆる方向に飛び出します。

世界の緊張は、ますます孤立しつつあるドナルド・トランプ米大統領が四方八方に飛び出す中、危険な沸点に達しつつある。トランプは、米国の企業政府に資金を供給するための資源を押収しようとして、デンマークとメキシコに対する戦争に対する米国の軍事支援を結集しようとしているようだ、と複数の情報筋が同意する。

中国に対する大規模な金融破壊活動も進行中で、悪魔の数666億ドルの収益を持つ企業の米ドル債のデフォルトが強調している。一方、トランプ支持者はイギリス王室に対して激しく非難をしている。トランプはすでにEUを「敵」とレッテルを貼ったことを覚えておいてください。

この活動はすべて、日本国民の年金を盗んだにもかかわらず、米国企業が2020年1月31日の支払期限を迎える明確な道筋を持っていないという事実に関連しています。この文脈では、Brexitが2020年1月31日に予定されていることに注目することは興味深いことです。

メキシコの状況を見てみましょう。米国は現在、その国の周りに3つの空母グループを配備し、「米軍はモサドによって武装し訓練されているかもしれないメキシコの麻薬カルテルを攻撃する準備をしている」と、ペンタゴンの情報筋は言う。
http://www.gonavy.jp/CVLocation.html

麻薬カルテルの戦闘機の一部が実際にモサドによって訓練されたことを独自に確認することができますが、メキシコでのこの戦争は本当にメキシコの石油、銀、その他の資源を盗んで米国企業に資金を供給していることも知っています。そのため、メキシコ軍はアンレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領(アムロ)を支持して公に出てきた。
https://news.yahoo.com/mexicos-top-military-brass-offer-200001882.html

ロシアはまた、米国の海岸線の周りに核武装した潜水艦を配備しており、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は今年初め、彼の国は別のキューバのミサイル危機に備えていると公に宣言した。

https://www.reuters.com/article/us-russia-putin/putin-to-u-s-im-ready-for-another-cuban-missile-crisis-if-you-want-one-idUSKCN1QA1A3

これは、米軍が外資系米国企業を支援するために資源を盗むために核戦争を始めるつもりはないので、トランプは引き下がらなければならないことを意味します。

次にデンマークを見てみましょう。ここで、デンマーク国防情報局のラース・フィンドセン長官は、グリーンランドは現在、米国と北極の他の世界的な勢力との間で「パワーゲームが展開されている」ため、デンマークにとって最も重要な安全保障問題になっていると語った。トランプは8月のデンマーク訪問をキャンセルし、グリーンランドを米国に売却することを拒否した後、メット・フレデリクセン首相を「厄介」と呼んだ。

https://www.bbc.com/news/world-europe-50598898

これらのイベントは、ブラジルのナチス政府のインストールと米国特殊部隊によるボリビアのリチウム資源の押収に続きます。明らかに、トランプ政権はアメリカ大陸を要塞に変えようとしている。残念ながら、カナダ(大英帝国)、デンマーク(EU)、メキシコ(ロシアとバチカンの支援)は彼の方法で立っています。

さて、アジアのCIA筋が約束する中国に対する経済攻撃に目を向けよう。当事者は、できるだけ長い間それを封じ込めようとします。

情報源はさらに説明する:「政府は彼らが作成した40兆ドル以上の負債を維持することはできません。一部の専門家は、負債は50兆ドルに近いと言う…すべてのコンピュータ生成無制限のクレジット。

その多くは、空のショッピングセンターを持つ多くの空の都市を含む大規模なインフラプロジェクトを構築するために使用されています。

5つの銀行が3ヶ月で失敗し、政府が介入して引き継がなければならなかった。中国の銀行規制当局によると、中国の推定500行が深刻な問題に直面しており、破綻する見込みだという。これは中国の金融機関の約15%です。

これは、Tewooグループの$666億の支払いデフォルトに関する次の記事にリンクすることができます$ 5,000億の債券。

また、中国が全ての中国ドルクレジットを放棄して西側の金融システムを妨害すると脅すために、この会社と番号を選んだ可能性もあります。ゼロヘッジ

CIA筋によると、「香港の状況は長い間詳細に計画されている。それは上から資金を供給される。プーチン、習、トランプは以前に知っていたので、彼らはそれを止めないことを意味した。この事件は、「人々」を忙しく保つための煙幕として作成されました。その背後にはもっと多くのがあり、それが露出されます。

同時に、NYの非常に大きな銀行は、そのドアを閉めます。銀行が直面している最も少ない問題は、ニューヨークで働かない22,000人以上の従業員です。

より大きな問題は、この銀行がドイツ銀行と密接に結びついているため、ドミノ効果を引き起こすことです。

従業員数は22,000人で、JPモルガンを指す可能性が最も高いことを示しています。JPモルガンの問題は、アラムコのサウジIPOがサウジアラビアによって440億ドルで「オーバーサブスクライブ」されたというニュースに関連しているかもしれないが、クウェートやアラブ首長国連邦でさえ投資に消極的なため、外国のボイコットの壮大な失敗を隠していない。

JPモルガン・チェースと彼の石油ドルの崩壊は、当然ロックフェラーとブッシュ王朝の崩壊を意味します。

これは、私たちの通常のペンタゴンの情報源が、英国王室から西側軍を遠ざけるために深刻な戦闘が進行中であることを示唆している理由の一つかもしれません。

さらに、英国王室への攻撃は、国際金融システムに対する米国の支配から逃れるために、ロシア、中国、イランなどと締結した合意に結びつくことができる。

この分野の最新の動向は、英国がロシアの決済システムを銀行ネットワークに統合し、他の6つのヨーロッパ諸国がイランに対する米国の制裁を回避することに合意したことです。

pymnts.comtheguardian.com

私たちのプロトランプペンタゴンの情報源は、英国のロイヤルズについて言わなければならなかったことを次に示します:

ロンドン橋へのナイフ攻撃は、イギリス軍、米軍、NATO、EU、フランス、ドイツの偉大な真鍮の中で、反アンドリューの敵意のために失敗した気晴らしであるように見えます。

情報源はさらに続けます。「チャールズ皇太子はペドロ・ジミー・サヴィルから何十年も供給されてきたため、君主制はもはや非難されません。」と言い、何十年もの間、サヴィルは彼の兄弟であるランディ・アンディと同様に、人身売買の小児性愛者で恐喝者のエプスタインをからかっていました。

だからこそ、「イギリス軍は、イスラエルの利益のためにエプスタイン・ペドの恐喝作戦に彼の王室のスターダストを散乱させたとしてアンドリューを叱る」と、情報源は結論付けました。

私たち自身のイギリスの情報源は、チャールズが一般的に有毒であると考えられていることを確認し、父親がチャールズではないハリー王子が女王の王位を継承するよう強い圧力があると言います。

これは、1066年以来の最初のハロルド王がもはや征服者ウィリアムの血から来たことを意味します。

英国の王に何が起ころうとも、西洋の古い秩序が崩壊しつつある兆候が高まっています。

– フランスのエマニュエル・マクロン大統領は公表され、NATOの敵はロシアでも中国でもそうではないと述べた。

– NATO加盟国トルコは、ロシアに対するバルト諸国のNATO防衛計画を認めることを拒否した。

– 元米国の同盟国パキスタンは、米国からの圧力を無視し、イランが土地の上に石油を輸出することを可能にするパイプラインを構築します。

– その間、旧ソ連共和国は軍事同盟を再確認する。ゼロヘッジRTクレムリン

これらの変更は、サタニストに対するより秘密のキャンペーンと一致します。

特に、P2フリーメーソン筋によると、フランシスコ法王は、元イエズス会指導者ピーター・ハンス・コルヴェンバッハが日本の福島を襲撃した事件の関与を調査した。

情報筋によれば、彼はこの1週間にフランシスが日本を訪れた際に関与したという新たな証拠を持っている。

天皇に近い日本の右翼筋は、中曽根康弘元日本首相が福島への攻撃への関与について尋問を受けてグアンタナモ湾で死亡したと語っている。

攻撃に使用された核兵器は、攻撃前にひので町の財産に保管されていた。

中曽根は、彼の死の前にコルヴェンバッハとイスラエルの首相ベンジャミン・ネタニヤフを巻き込んだ、と情報筋は言いました。

日本の新聞はフランシスコ法王が日本を去った翌日に彼の死を発表したが、どの報道も通常のように死因を列挙しなかった。101歳。

また、小泉純一郎元首相がグアンタナモ訪問後に二重に置き換えられたという同じ右翼筋からの報告を確認する。

フランシスによるこれらのステップは、サタニストレオ・ザガミが最近彼を攻撃した理由かもしれません。

ザガミは福島の攻撃に関与しており、中曽根とネタニヤフが告白した後、捜査の道が進んでいるのではないかと心配しているのだろう。

ヨーロッパの王は先週、「私はサタニズムの主題を見て、その存在の確かな証拠を見つけ、残念ながら多くの人がおそらく国際的な確立の最高レベルに植え付けられました問題の解決策は、カルトからの産業規模での抽出を必要とします

情報源は、これらの人々を「洗脳され、したがって、責任が少ない」というレッテルを貼ることで、平和と和解のプロセスを通じてそれらのほとんどに対処することが可能になると期待している。

東京のイエズス会の情報筋はまた、年配のイエズス会が教皇フランシスコにパピルスの巻物を次のように見せたと語った: “サタンは元の創造物に戻り、解散を受けました。長い間ろうそくを燃やしてくれてありがとう。

死者のエジプトの本からの巻物の絵は無罪の評決を示した。このリンクで表示できます。

http://talesofancientegypt.blogspot.com/2010/08/book-of-dead-comments-by-anthony-holmes.html

いずれにせよ、フランシスの訪問は、ロシア人、P2フリーメーソン、ヨーロッパの王、アジアの秘密結社、ペンタゴンなどとの交渉に新たな刺激を与え、将来のための実力主義的な計画機関を作り出し、ヨーロッパの王室の情報源を作りました。確認する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jp さんより転載

「資源略奪」で延命を図るアメリカの暴走
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/12/02 VOL537≫

現在、世界覇権争いで孤立しているアメリカが、北南米や中近東、日本などから資源や資金を盗みだして延命を図ろうと躍起になっている。中でも危険なのは、アメリカが隣国メキシコに対する「テロ戦争」に言及していることだ。
また、ペンタゴン筋によるとアメリカのドナルド・トランプ大統領は本来ならば最大の同盟国であるはずの英国にも喧嘩を売っているという。このままトランプの暴走が続くのであれば、ロシアや中国に加えてイギリス連邦(コモンウェルス)もメキシコの独立を守るためにアメリカと戦う用意がある、と複数の情報筋は伝えている。

 

【 アメリカ・メキシコ情勢 】

まず初めに、下記AFP通信のニュースを見て欲しい。
———————————————————
【11月27日 AFP】米国のドナルド・トランプ大統領は26日にオンライン上で公開されたラジオインタビューで、メキシコの麻薬カルテルをテロ組織に指定する考えを明らかにした。
メキシコ北部で今月初め、米国籍のモルモン教徒の家族らが集中砲火を浴び、女性と子どもら9人が殺害された事件を受け、トランプ氏はメキシコの麻薬カルテルに対する「戦争」を呼び掛けていた。

https://www.afpbb.com/articles/-/3256897
———————————————————
そんな中、アメリカはさっそく3隻の航空母艦をメキシコ近海に派遣している。
http://www.gonavy.jp/CVLocation.html

しかし、メキシコの当局筋によると上記の「9人殺害」の事件は完全な捏造。
メキシコ国内におけるアメリカの軍事行動を正当化する言い訳に過ぎない

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です