フルフォードレポート 2019.3.11

  1. フルフォードレポート(3/11)英語版

教皇フランシスは13の血統として解雇、グノーシス・イルミナティは西側の内戦の終了を交渉する

グノーシス・イルミナティと13血統の間で協議されている取引の一部として、教皇フランシスは権力から解任されたと、二つの情報筋、欧州王室と国防総省幹部は言う。二つの西側権力センター、一つは実力主義に基づくものともう一つは歴史的支配に基づくものは、祈年祭と「惑星を救う」大規模キャンペーンに合意したと、その情報筋は言う。

軍産複合体の中の最強グノーシス・イルミナティと金融とメディアを支配する血統達ちは、復活するアジアと取引するために西側戦線を統一しなければならないので妥協することに合意したと、彼らは言っている。

表看板として留任する可能性もあるフランシスは、バチカン銀行を運営していた小児性愛で有罪判決を受けた枢機卿ペルに関する大失敗によって権力から除外されたと、その情報筋は言う。バチカンといわゆる世界指導者たちの6,000の賄賂口座を持つバチカン銀行は今、枢機卿のトロイカ体制によって運営されていると、国防総省情報筋は言う。

公には、この根本的変化は、10人の枢機卿が最近解雇された事実に見ることができる。最新のものは、先週、小児性愛隠蔽で有罪判決を受けたフランス人枢機卿フィリップ・バーバリンであった。

13血統の代表がその状況について言わなければならなかったものが、ここにある:「枢機卿ペルは我々の命令の悪魔の儀式を導入し受け入れた」彼は、他の枢機卿は悪魔儀式から引き離す過程の一環として解雇されたと付け加えた。

教皇フランシスは国家サイバーセキュリティセンターでは知名度が高すぎたので解雇された。アルゼンチンでの彼の過去の人生は彼を悩ませるために戻ってきた。妥協によって支配されることができなければ、外の世界の誰もがオフィスを占有することはできないと、その情報筋は言っている。

さらに、今日(2019年3月11日)は日本の福島に対する大量殺人攻撃の8周年記念日であり、彼らが取引に達しない限り血統はこの攻撃に対する報復で脅かされているため、この取引は一部達成されていると、アジョア秘密結社情報筋は言う。

さらに、アジアの秘密結社は、西側は地球を救う最終合意がなされる前に地震の掃討を終えておく必要があると、言っている。

この面で、西側の悪の主因であるシオニストに対する継続的攻撃は良い兆候である。米国議会に対するシオニストの影響についてのイルハンオマル議員の真実の言葉(投票に基づくのではなく-ユダヤ人有権者は900万人しかいないのに-賄賂と脅迫と嘘の基づく)は民主党を終焉に導きかねない危機に陥れた。CIAと国防総省情報筋は、ジャレッド・クシュナーとジョン・ボルトンはホワイトハウスを間もなく解任されるだろうと言っている。そして大統領トランプは米国経済、政府そして社会に対するシオニストの影響を断ち切る形で9/11の真実を明らかにするだろうとは、元CIA作戦官僚ロバート・デイビット・デニールがその状況を説明したことである。

https://phibetaiota.net/2019/03/robert-steele-with-javad-heirannia-is-zionism-in-the-usa-over-one-former-spy-counterintelligence-officer-says-yes/

国防総省情報筋は、「シオニズムは死んだ」と述べて同意した。下院はイルハン・オマールを叱責せず、反ユダヤ主義を打ち破り、下院議長のナンシーペロシはスタッフのダニー・ワイスを解職させたで、彼らの院外団は無力化された。今シリアはイスラエルにゴラン高原から撤退しなければ戦争に直面すると公式に警告している。

AN IRON DOME antimissile system is installed near the Israeli side of the border with Syria in the G

シリアにそれができたのは、トルコ、ロシア、イランの支援を受けてイスラエルに国際法の尊重を強要しており、米軍はイスラエルのために戦わないことを明らかにしているからであると、国防総省他の情報筋は言う。

王室家族と国防総省情報筋は共に、イスラエルの核兵器-サムソンの選択-は無力化されたことを確認した。それは不正国家はメシア的で反社会的行動を止めることを余儀なくされるからである。もし彼らが神が彼らに1億人以上の人々を殺し古代の寺院を再建することを望んだと思うならば、彼らは明らかに神を理解していない。一方米国内では、民主主義と法の支配を回復するために、主要人物を標的にした暗殺が加速していると、CIA情報筋は述べている。「FISAの機密解除と大量逮捕の前に司法長官ビル・バールがジョン・フーバーと(ユタ州米国検事)会談したので、判決は降りた」と、国防総省情報筋は述べた。その情報筋は、ウラニウム・ワン等の件で、ヒラリークリントン、オバマ等に対してようやく行動をとるよう強要されている事実について言及した。

製薬業界もまた、イーアイーリリー社がジェネリック・インシュリンを半額で導入するよう余儀なくされた急襲を受ける一方で、FDA(米国食品医薬品局)局長と大手製薬会社のさくらスコット・ゴットリーブはワクチン免除の取り消し強行しようとしたので解雇されたと、国防総省情報筋は述べた。ワクチンを必須にすると言うこの動きは、裁判から自身の身を守るための企みとして人口の大部分を殺害すると言うハザールマフィアの必死の最後の企みであったと、CIA情報筋は述べている。

ワシントンDCを拠点とする米国株式会社の破産を避ける必死の企みとしてアフリカの資源の支配権を取り戻すためにハザールマフィアによって巨大な秘密の戦争が引き起こされようとしていると、モサドとCIA関係者は述べている。アフリカはロシアの2倍の大きさで、カナダより大きく、中国とアメリカを合わせたものより大きい。ハザールマフィアが望んでいる最後のものは、アフリカが資源の支配権を戻してくれることである。この秘密の戦争の最近の目に見えることは、エチオピアのボーイング737の日曜日の墜落である。モサド情報筋によると、アフリカで貧困と環境破壊を終わらせることを目的とした国連会議を妨害する企みの一環として、航空機が遠隔ハイジャックされ、19人の国連職員を含む乗客が殺害された。

https://10times.com/united-nations-environment-assembly

https://sustainabledevelopment.un.org/post2015/transformingourworld

しかし、この航空機の遠隔ハイジャックはハザールマフィアの本当に愚かな行動であったようです。これはボーイング社の破産に繋がる可能性がある。
それはボーイング航空機のハザールマフィアによる遠隔操作による墜落は4か月間で二度目であったからである。中国、エチオピア航空(アフリカ最大の航空会社)とケイマン諸島は全てボーイング737を地上に待機しており、他の国空会社や国々も遠隔制御ハイジャッカーがボーイングの支配から外されるまで、それに従うは確実である。

https://www.theguardian.com/world/2019/mar/11/ethiopia-airline-crash-china-grounds-boeing-737-max-8-jets-in-wake-of-disaster

全ての軍将校がトランプ政権を去った後に、ボーイングの幹部パトリック・サナハンが代役の米国国防長官になったことは確かに偶然ではありません。ワシントンDCに本拠を置く企業政府にもはや従わないので、サナハンは米軍に対する本当の力を持っていないと、国防総省情報筋は言。Xファイルはこの状況について次のように述べている「トカゲ家族の多くはボーイングの株を持っている。そしてボーイングは同様にロッキード火星人(原文のまま)に繋がっている。

いずれにしても、アフリカの秘密の戦いは他の面、特に鉱物資源の支配において続いている。この戦争の暗示は様々な最近のニュースの見出しに見られる。最も奇妙なのは、ダイヤモンドの億万長者Ehud Lanaidoが「陰茎拡大手術中」に死亡したという話でした。

https://www.dailymail.co.uk/news/article-6777961/Billionaire-diamond-trader-65-dies-penis-enlargement-surgery.html

事実、「彼は診療所が閉まったずっと後の夜遅く、パリのシャンゼリゼ通りの特別な私立診療所に連れて行かれた」とモサド情報筋は言う。「彼は、長年アンゴラとシエラレオネから密輸出されるダイアモンドの原石と磨き品の違法な購入と販売による伝えられるところによると追徴課税として数十億ドルの債務のために、ベルギーとある府アフリカを含むいくつかの政府から逃亡中であるベニー・スタインメッツの直接的競合者であったと、その情報筋は続けた。

「この二人のダイアモンドディラーはダイアモンド取引の世界では最大であり、最上層から標的にされていた。一人は削除され、もう一人は業界の王として玉座に戻された。「タイミングが二人の巨人の盛衰に近いかを注視してください」と、その情報筋は言う。

ここに彼が言及していた二番目の見出しがある:「鉱山億万長者は数か月の秘密の交渉を経て苦いギニア紛争を終える」

https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-02-25/steinmetz-stages-guinea-comeback-in-sarkozy-brokered-deal

この記事を読むとステインメッツは、ジョージ・ソロス、トニーブレア、ニコラス・サルコジ等を含むシオニスト・ハザールマフィアの誰かに援助されていたことが分かる。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-03-10/china-asks-local-airlines-to-ground-boeing-737-max-caijing-says

これに関連して、インドのダイアモンドの大物二ラフ・モジが引き渡されることになっていると言うニュースがあった。伝えられるところによると、モジはインドの銀行から20億ドル以上を持ち逃げしたと言う。「私は、法制度がその長い腕から逃れられないことを世界に示すために彼は目を付けられてイメージキャラクターになると聞いている」とモサド情報筋は述べた。「忘れないでください、彼は内部の「男の子」の一員ではありません-間違った血統であり、それゆえハザールマフィアとの王座のゲームにおいて犠牲にできる」と彼は付け加えた。

https://zeenews.india.com/india/uk-certifies-indias-extradition-request-day-after-nirav-modi-tracked-down-to-swanky-london-apartment-2186288.html

進行中のアフリカの資源奪取に関連するさらなる進展は、彼らの土地と資源を盗もうとして偽の王の使用を警告したコイサン人民によって編集者への手紙で見ることができる。ハザールマフィアも南アフリカで同様の資源獲得を試みている。

ここに最新の動きとして、ベネズエラのエネルギ網を破壊するためにサイバーとエネルギ兵器の使用がある。世界の他の国々は米軍への資金提供を続け、彼らを慈悲深い惑星防衛軍に変えることに同意した。

彼らはこれらすべての犯罪者を逮捕し刑務所に入れたり殺害したりすることでお金を稼ぐことができる。

 

 

フルフォードレポート【日本語版】

benjaminfulford.jpさんより転載

孤立するアメリカ、悪質な外交と国内秩序の崩壊
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/03/11 VOL502≫

日本に対して「東日本大震災」という大量殺人テロを犯した勢力が裁かれる日も段々と近づいている。英国諜報機関MI6筋は、「マレーシア航空370便の失踪および17便の撃墜事件」に対する国際捜査が、その糸口になると伝えている。

既に、アメリカを含む各国の政府当局は「マレーシア政府系投資ファンド(1MDB)をめぐる汚職事件」に関与したマレーシアのナジブ・ラザク前首相やゴールドマンサックスの元幹部らから「マレーシア航空」に関する事件について多くの証言を引き出しているという。その事件の真相が解明されることにより311や911、ハイチ地震など、数々の大量殺人テロを引き起こしてきたハザールマフィアらの罪も暴かれる。彼らが世界権力から排除されるのは時間の問題である。

【 アメリカの孤立 】

一般のニュース報道を見ていても、その前兆は既に目に見える形で現れてきている。ハザールマフィアらが巣食うワシントンD.C.の国際的孤立が最も分かりやすい事例だろう。アジアの結社筋によると、米朝首脳会談が決裂に終わったのも北朝鮮政府が「もうすぐ終わる今のアメリカ権力と協定を結んでも意味がない」と判断したからだという。そして今度は「米中貿易戦争」の解決をめぐり、

This post is only viewable for paid members please registeryour account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です