フルフォードレポート 2019.4.22

フルフォードレポート(4/22)英語版

さんより転載

中国はドイツ第四帝国の崩壊に伴いダイムラーベンツやドイツ銀行を強奪する準備ができている

ドイツと第四帝国政権は包囲され、フランスやイタリアのような占領国のように大規模負債と人民抵抗による崩壊に直面している。結果的にドイツはその国を代表する王冠である-ダイムラーベンツやドイツ銀行を売る羽目になるかもしれないと、日本軍事情報機関やその他が言う。

モレク(バアール、セット、サタン)へのノートルダム大聖堂の生贄の火事は彼らの運命をいくぶんか反転させたい迷信的なEUハザール悪魔主義者による必死の企みであったと、P2フリーメーソン情報筋は言う。

普通の人がこれらの悪魔主義者の迷信的思考法を理解することは難しいが、彼らは女神との戦いの中にいると考えているようである。これが彼らが「聖母マリアであるノートルダム」を燃やすことを選んだ理由である。もちろんマリアは女神イシスのクリスチャンネームであり、彼女がセットやサタンを倒すことができるまでに幼児を育てた。これらの悪魔主義者たちが恐ろしいテロ組織を創設して、人類の心の中の女神への支持を弱めるためにISISを呼び込もうとしたことも、これと同じ迷信によるものである。

ノートルダムを犠牲にすることによる期待は、911後のジョージ・ブッシュ・ジュニアの周りに集まったアメリカ人のように、フランスのロスチャイルド奴隷のマクロンに関する欧州と世界の感情を統一することであったと、その情報筋は言う。それにもかかわらず、フランスのイエローベストの複数の情報筋によると、大聖堂の炎上はマクロンと彼のドイツの傀儡主人の所為になっていると言う。

欧州カトリック教会の神聖冒涜とフランスのノートルダム崩壊は良い面もあり、フランシス法王の解雇とフランス枢機卿フィリップ・バーバリンの神職剥奪に至る可能性があると、国防総省情報筋は状況を見ている。「悪魔世界のユダヤマフィアはフランスの反キリスト教テロ、スリランカの復活祭の虐殺(ユダヤ人は殺されていない)他によって、彼らの死刑執行命令に調印したかもしれないと、その情報筋は付け加えた。

非常に多くの目覚めた人々、特に世界の軍隊や情報機関の人々は「イスラム国」は実際は悪魔国家、つまりイスラエルであることを知っている。「イスラム国」がスリランカ他でキリスト教徒の大虐殺を称賛すれば本当の犯人はイスラエルと特定される。

「21世紀の聖戦であるユダヤ(ハザールマフィア)に対する十字軍は、ロシア、EUと米国によってイスラム教徒の支援を受けてキリスト教を守るために導かれると、国防総省情報筋は予測する。穏健イスラムグループはイスラム教/キリスト教の聖戦を始めようとする企みに対する戦いのための国連の顧問の地位を得るために、この声明を支持している。

https://www.emirates247.com/news/muslim-council-of-elders-requests-consultative-status-by-the-united-nations-2019-04-03-1.681933

イスラム教徒はノートルダムが焼かれたのと同時にエルサレムのアレアクサモスクが焼こうとしたのはクリスチャンではなくハザール悪魔主義者の仕事であることを、十分知っている。

これらの出来事が示すように、悪魔のようなハザールマフィアとの戦いは、伝統的な政治的、宗教的、そして地理的な境界を越えて激しくなっています。

もう1つの例は、4月9日に日本の沖で日本のF-35戦闘機が消えたことです。

https://thedefensepost.com/2019/04/09/japan-f-35-fighter-disappears-misawa/

日本の地下世界の情報筋は、この飛行機は実際にはシオニスト(ハザールマフィア)によって莫大な金額で北朝鮮に売られていると言っている。

金正雲は今月末にロシア大統領ウラジミール・プーチンを訪問するときにお土産として交渉手段としてこの航空機を使うつもりである。

おそらくシオニストは北朝鮮を通じてロシアに米軍の迷彩技術の重要品を提供することで、イスラエルの保護を受けることを望んでいる。しかし、ロシアFSB関係者は、20世紀に数千万人のロシア人を殺害した同じ悪魔主義者によってつくられた国家を保護しないと長年言ってきた。

金正雲が日本の天皇徳仁が5月1日に正式に天皇につく直前にロシアを訪問する事実は彼がある種の保護を求めている兆候でもあると、天皇に近い日本の右翼情報筋は言う。それが北朝鮮が福島大量殺人を助けたことに対して、新天皇による報復を恐れている理由である。

北朝鮮は悪魔主義ハザールロスチャイルド家(ロスチャイルドは悪魔のシンボルである「赤い盾」を意味する)による約束と交換に福島を支援した。ロスチャイルド家は4千万人の日本人を東京から北朝鮮へ移し、北朝鮮をロスチャイルド一族のアジアの本部とすると述べた。だから、日本の首相菅直人は福島への攻撃に続いて大東京から4千万人を非難させるよう圧力を掛けられていると確認した。

惑星地球の戦いは世界のほとんどの金塊があると言われているインドネシアでも展開している。ここでは物議をかもす議会選挙が行われている。インドネシアのCIA情報筋は、カバールマフィアが支援するプラボウ・スビアントと写真写りのよい副大統領候補サンディアガ・ウノが現在のジョコウィを敗北させたと言っている。

彼らは、矛盾する結果を伴うインドネシアのテレビからのこのスクリーンショットを証拠として提供した。

これがその写真です。

下に示す54.81%はジョコウィ/マルフ・アミンのものを示している。スクリーンの上部のプラボウ/ウノの数字はその逆を示している・これは個別に問い合わせた速報値であり、インドネシアの追跡局は出口調査と呼んでいる。数字はオレンジのリボンで囲まれており、上部のものはプラボオ/ウノが勝者を示す速報値であり、下で彼らはジョコウィ/マルフ・アミンが勝者を示す結果に変えている。

CIA情報筋はまた以下のように報告している。

「舞台裏で国の支配に対する熾烈な闘争があり、多くの内部情報源が確認するようにプラボオ/ウノは実際に60%前後で勝利しているが、ジョコウィ/アミンは彼らが勝ったと言っているおり、舞台裏の交渉が行われており、プラボオは公にインドネシアのインフラへの中国の参入は制限することになる。正式な投票数は5月22日に公表される。

https://today.line.me/id/pc/article/KPU+to+Announce+Official+Election+Ergebnisse+on+May+22-kZWgO1

いかなる政党も公式の国勢調査に異議を申し立てて憲法裁判所に訴訟を起こすことができる。これは6月に起こる。どちらかが日没までに辞退する十分な譲歩をしないと、それまでは自動操縦になる。それ以上のことは言えない。我々は完全に両サイドを見守っている。それは前向きである。ご存知のように」

インドネシアの支配は西側権力にとって生死の問題であり、金塊と財宝の支配は、不可避の金融リセットが起こる時に非常に重要になるだろう。

西側がシステムをリセットしなければ、それは一つの中国になることは避けられない。米国の累積貿易赤字は約15兆ドルです。これはつまり、中国人と日本人を中心とする外国人が米国のGDPに近い金額を支配していることを意味している。だからこそ、中国は10憶ドル規模のベルト・アンド・ロード(BRI)イニシアチブで世界を征服することができ、西側は遠い将来までそのようなものを提供する余裕はない。

さらに、2008年のリーマン危機以降に累積した1兆7,777憶ドルの赤字により中国はEUを支配している。

https://ec.europa.eu/eurostat/statistics-explained/index.php?title=China-EU_-_international_trade_in_goods_statistics

東欧の16か国は既にBRIに参加しており、次はギリシャ、イタリア、スイスの番である。フランス、英国とドイツはためらっている主要な欧州国家である。EUは米軍の軍事選択肢を持っていないので、非常に弱い立場にある。

アジアの秘密結社の情報筋は、中国はEUにこれ以上紙(EU約束事メモ)は不要であると話した。その代わりに、中国はダイムラーベンツのような産業の宝石やドイツ銀行のようなj金融発電所の支配を要求することでドイツに圧力をかけていると、彼らは言う。中国はボルボを、ダイムラーの9.69%を所有しており、それ今はそれ以上を求めていると彼らは言う。

https://www.scmp.com/business/companies/article/2138270/geely-volvo-and-daimler-under-its-hood-says-it-has-global-reach

中国は最近、新メルセデス・ベンツが購入後直ちに暴落したことを口実として会社の調査を始めると圧力を高めた。日本の情報機関は、これが中国によるウドイツへに大きな動きとしてゲームの開始であると言っている。

これがドイツが現在自国の核搭載艦隊を望んでいると公言している本当の理由でしょう。

https://www.voltairenet.org/article206118.html[ドイツ語]

西側は、アジア人と新金融システムを交渉する際の統一戦線を機能できるように、その悪魔的な寄生虫を政治体制から急ぎ取り除かなければならない。それはまたロシアをその側に連れ戻さなければならない。ドナルド・トランプ大統領がロシアに支持されたウクライナのウラジミール大統領を歓迎している事実は、「すべてをロシアの所為にする」と言う西側の破壊的活動が終わったことを示す明らかな証左である。

http://tass.com/world/1054861

EU、ロシア、北米が統一戦線を形成している場合にのみ、今後数週間から数ヶ月の間に重要な会議で力のある立場から交渉することを望むことができます。

 

フルフォードレポート 2019.4.22【日本語版】

http://benjaminfulford.jpさんより転載

ノートルダム大聖堂の火災にまつわる多くの疑惑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/04/22 VOL508≫

4月15日、悪魔崇拝に傾倒するハザールマフィアらが生き残りを図るための儀式としてフランスのノートルダム大聖堂を放火、「生贄」にしたとCIAやMI6を含む複数の欧米当局筋が伝えている。

プロパガンダ大手マスコミでは、“修復工事用エレベーターで電気ショートが生じた可能性”などを取り上げ「偶発的な事故」として報じ始めているが、既に「放火」であったことを示唆する報告はいろいろと挙がってきている。

 

【 ノートルダム大聖堂 】

まず、下記リンクはフランスの反政府活動家から送られてきた4月15日夕方17時5分頃の映像なのだが、それを見るとノートルダム大聖堂の屋根の足場上に人影が映り込み、動画の8秒と21秒のところで2回、発火の光が確認できる。

https://www.youtube.com/watch?v=IZ8rN0o_lUw&feature=youtu.be

また、ノートルダム大聖堂の火災が発生した頃、ミシェル・オバマを含む欧米のエリートたちはセーヌ川で船上パーティーを開いていた。セーヌ川はフランスで2番目に長い河川なのだが、その時に「火事を眺めるのにちょうど良い位置にいた」というのは偶然とは考え難い。
その他、ノートルダム大聖堂の屋根にあったガーゴイル(雨樋の機能をもつ悪魔や怪物などをかたどった石像)が修復作業のために「一時的に運び出されていた」というのも偶然にしてはタイミングが合い過ぎてるだろう。

ノートルダム大聖堂は、ローマ教の中でサン・ピエトロ大聖堂(カトリック教会

This post is only viewable for paid members please registeryour account to view full text.
If you registerd,please login.

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です