フルフォードレポート 2019.7.15

フルフォードレポート(7/15)英語版

嗚呼、悲しいではないかさんより転載
ジョージ・ブッシュ・シニアの処刑は、JPモーガン、ドイツ銀行、メルケルを運命づけました
ジョージ・ブッシュ・シニアとその妻バーバラ・ブッシュの処刑は終に悪魔主義ハザールマフィアの徒党の本当の崩壊への扉が開かれたと、複数の情報筋は認める。これは企業祖霊メディアによって報道されているあらゆる種類のニュース事件でも見ることができる。トランプ政権の老後労働長官アレクサンダー・アコスタがモサド代理人ジェフリー・エプスタインの隠ぺいに関与した件で辞任したことは、転落するもう一つのドミノである。広範囲の政治家、チョンジェイ人、億万長者を含む少なくとも11万人の人々がそれに続くであろうと、国防総省情報筋は約束している。
世界の権力の頂点にあるこの粛清は、惑星を正す大規模なキャンペーンと密接に関連して行きます。「世界の将来計画機関への推薦状は、すべての主権国の首脳に配布されました」と、ヨーロッパの王室の高水準の情報筋は言う。この提案には、米国と中国を合わせた面積の森林再生計画が追加されたとも述べている。
その構造の市場動向の詳細が紐解かれるまで、この提案は外交団と関連報道機関の報道禁止下にあると、その情報筋は言う。しかし、このプロジェクトは数兆ドル規模の中国の一帯一路計画ですらや異称化することが決まっていると言う。
負の金利と株価の高騰を伴う巨大な幻覚になりつつある世界の金融市場は、その準備の一環として閉鎖され再起動される可能性があると、情報筋は付け加えている。先週のマンハッタンでの停電の間に起こったクリントン財団や他の悪魔的なインフラストラクチャを特殊部隊が襲撃したことでこれが続けられた、と関係者は言います。
中国がメディアの注目を引いている内に、CIAとFBIが彼らの犯罪とエプスタインを保護していたことに報いを受けたので、NSA、軍隊とロシアの支援を受けた防諜特殊部隊が悪魔主義シオニスト寄生虫からアメリカを解放すると、国防総省情報筋が言う。
国防総省新聞によると、トランプは2020年ン勝つには今しかないこと知っているのでエプスタインに関する開封された11万件の告訴、カルフォルニアのツイッターの停電と地震によって、連邦軍の急襲は大量逮捕に繋がりうると述べていると、情報筋は言う。
たとえトランプがシオニストの代理人であるとしても、彼がそれを止めようとすれば軍産複合体の中間層がシャンパンボトルのコルクのように彼を蹴りだすであろう。
国防総省情報筋は次のように付け加えた。元首相のEhud BarakがEpsteinの恐喝と9月11日を命じたかもしれないので、イスラエルは包囲されている。
バラクは戦争犯罪者のBenjamin Netanyahuに強姦されたようで、イスラエルでの闘争が増加している。 MI6のソースに注意してください。
トルコがをNATOを粉砕し、力を発揮させ、キプロスの沖合ガスを保護し、イスラエルを砂場に戻すようにしているためにロシアのS-400対空ミサイルを取得したのでイスラエルもその熱を感じていると、国防総省情報筋は言う。
モサド情報筋によると、困ったことに偽ユダヤ人たちは迫害を受け、攻撃を正当化するために自らを攻撃している。そのためにモサドの設立が叫ばれている。
ハマスは世界中でユダヤ人が殺されていると述べている。
ユダヤ人へのメッセージ:リラックスして、誰もあなたを殺しません。彼らは何千年もの悪魔のバビロニアの専制政治から解放されています。
この緊急の開放は、あらゆる方向から悪化してきた悪魔主義者たちへの圧力をしてみることができる。
国防総省の情報筋は、FISAの開示、9 / 11、3 / 11 [福島]およびマレーシア航空370/17の機密情報が公開されていることを確認している。
これは、ドイツ銀行がエプスタインの資金調達だけでなく、マネーロンダリングやマレーシアの1MDBスキャンダル(訳者注:マレーシア政府系投資会社巨額負債事件)にも関与していたことを示すドイツ銀行調査に見ることができる。
東南アジアのCIAの情報筋によると、数十億ドルの不正使用を含むこのスキャンダルで逮捕された元首相のNajib Razakは暴露した。
Razakは懇願を交渉している、彼は恩赦のためにマレーシアの航空便370/17の彼の秘密のファイルを交換するつもりである、と関係者は言っている。
このニュースレターの長年の読者が知っているように、飛行370/17はとりわけ、世界の指導者たちの核恐喝のためにオバマ米大統領前大統領によって使われた。
ブッシュ・シニアが物事を一目から遠ざけられる立場にいないというもう一つの徴候は、ブッシュ系列のJPモルガンが所有する船が13億ドル相当のコカインを積んでいたとして爆破されました。
ブッシュに打ち勝ったので、ドイツ主導のEUSSR(欧州+ロシア)も暴露された。
先週述べたように英国がBrexitの強硬姿勢を取れば、欧州のバルト海、地中海とスエズ運河へのアクセスを遮断できることを示した。
国防総省情報筋によると、EUを占領する手段であるとしてガリレオGPSシステムは廃止された。
アンゲラ・ヒットラーが3週間で3度目の公衆において震えを起こしたのも不思議ではありません。
メルケルが電子武器で攻撃されたのでなければ、彼女には神経学的であるかさらに神経変性障害のようなパーキンソン病またはKuruのようなプリオン病による深刻な健康問題があると、ドイツの右翼の源は言います。
国民は彼女の震えの本当の理由を知る権利があると、その情報筋は付け加える。
緊張になるだけである。英国王室情報筋によると、先週の英国の米大使の解任も激しい衝突の一部であった。
我々はファルネーゼ家(国防総省)家族を侮辱した罪でワシントンへの大使を改心解任した。
彼らが公表するゴミ情報に注意を向けないでください。
この情報はまた、欧州権力の最高権力者の悪魔主義の侵入についての洞察を提供している。
本当に、それはかなりひどいです、しかしそれはカルトであり、そして私達が知っているように、宗教的な狂信者です。
すべての狂信者は、それらに対処するために非常に高度な精神医学以外では致命的に危険です。ちなみに、元英国首相トニーブレアは欧州のマザーオブダークネスサイトで第九サークルンお悪魔的カルトによって完全に支配されるようにされた。
この件がイラクの違法なアングロ・アメリカの戦争に利用されたと思っている。あなたが報告してくる多くのものは私が直面した世界政府の全くの腐敗の兆候である。
思い出してください、トニーブレアとジョージブッシュ・ジュニアは、イラクにおける彼らの犯罪に対する起訴からの保護を求めるために辞任後に教皇Maledict(ベネディクト16世)との個人的な協議に行きました。
この写真を見てください。
Maledict(または彼の写真)から、あなたは純粋に悪を見ることができます。彼は悪性実体の支配下にあるようです。
世界の期間は完全に機能不全であり、西側家族によって汚された。それらは、私が置き換えたロスチャイルド家に起こったように、全く従順であるか、あきらめたか、あるいは新時代を完全に不可能に考えていたと、王室情報筋は述べた。
世界の支配階級-本当にマフィア-には非常な怠惰なところがあって、物事が変わった。少なくとも弾道は変わったと疲れは付け加えた。
これと他の情報源が同意するように、西側諸機関の最高レベルでの権力の移行は公衆の開示と逮捕を可能にする。
落ちる最後のドミノは日本かもしれません。ここでは、嘘の世論調査、嘘の選挙、嘘の経済統計、殺人および贈収賄によって支配されている犯罪政府が権力を主張している。
皆さんは7月21日の参議院選挙でおそらく勝利するでしょう。
この政権に権力を与えた人リチャード・アーミテージは死ん打も同然である。
殺人者であり麻薬売人のバーバラ・ブッシュの従妹でありブッシュ・シニアの外交員は彼の上級のパトロンを失った。
日本居それが起こるときは、突然そして圧倒的に起きると、アジアの秘密結社の情報筋は言う。
日本を支配している米軍はあみてーじ、マイケル・グリーンやジェラルド・カーティスのような二
日本操縦者の犯罪者の首を切ろうとしている。
しかし、これは米国が片付けられた後に初めて起こるだろう、と彼らは述べています。
その間、米軍は、たとえ米国の企業政府が破産したとしても、公に継続的な存在の準備をしています。
彼らはすでにクウェートにサウジアラビアとの共同出資を確信させています。今彼らは日本にもっとお金を払わせようと取り組んでいます。
米国防総省の関係者によると、決勝戦にはNATOに代わるロシアと米の軍事同盟が含まれるという。
この統一されたキリスト教の同盟はそれから世界平和の上でアジア人と交渉するでしょう、と言う。
イギリスの王家の情報筋は同意し、付け加えています。通常、取引が完了すると物事は非常に早く起こるので、あなたの帽子が飛ばされないようにしてください。
しかし、いつものように、私たちはあなたがそれを見たときだけそれを信じることに対して私達の読者に警告する。
例えばトランプは、9/11についての真実を明らかにするという彼の約束をまだ果たしていません。
世界は、高位の犯罪者に対するニュルンベルクスタイルの公判を待ち望んでいます。
HillaryやBill Clintonのような人々が手錠をかけられたのを見るのは良いスタートだろう。

 

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jp/さんより転載

エプスタイン逮捕が米史上最大のスキャンダルになる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/07/15 VOL519≫

先週12日、米トランプ政権のアレクサンダー・アコスタ労働長官が辞任を表明した。辞任の経緯は、以下の通りだ。

————————————————-
【7月13日 AFP】アレクサンダー・アコスタ(Alexander Acosta)米労働長官(50)は12日、辞任を表明した。同長官は10年前、少女らへの性的虐待の疑いが持たれた実業家のジェフリー・エプスタイン(Jeffrey Epstein)被告(66)との間で秘密裏に交わした司法取引をめぐり批判を受け、辞任を求める声が高まっていた。

https://www.afpbb.com/articles/-/3235007
————————————————-

しかし、これは既に「アコスタの辞任」だけで完結する類の話ではなくなっている。このニュースは「アメリカ史上最大のスキャンダル」が勃発する最初の糸口に過ぎない。

 

【 アコスタの辞任 】

マスコミ報道によると、アコスタはフロリダ州の連邦検事時代にエプスタインと司法取引を結び、児童買春1件の罪を認め、性犯罪者として登録する代わりに禁錮13ヶ月という異例の軽い刑を言い渡していた。

これについて、アコスタ本人は「諜報当局のエージェントだと言われたので当時、エプスタインに対して軽い刑を容認した」と公の場で釈明している。この発言はかなり重要なポイントだ。ペンタゴン筋によると、エプスタインはイスラエルの諜報機関:モサドの工作員である。そして彼の仕事は、著名な政治家や財界人、

This post is only viewable for paid members please registeryour account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です