フルフォードレポート 2019.8.12

フルフォードレポート(8/12)英語版

嗚呼、悲しいではないかさんより転載

多くの人々が予想するような突然の大規模事件が起こるでしょうか?
何千年もの間、一神教はある種の地球を変える出来事を予測してきた。ある人はそれを終末と呼び、ある人は軽挙と呼び、あるいはメシアの復活(再臨)と呼ぶ。最近では、私たちに全く新しい宇宙を紹介するためにやってくる原画からの母船のようなものを離すニューエージ版もある。
現実世界からの情報を収集する現実に基づく記者として、宗教的信念(それらが旧版でも新版)は私の範疇ではない。世界権力の最高レベルからの30年以上の報告は、少なくとも私たちが新しい時代に入っていると確信するのに十分な確固たる証拠を私に残した。
ここで今確認できる証拠に取りかかる前に、私が遭遇した奇妙なものから始めましょう。私の頭の中には、世界観に合わない情報で。どうしていいのかわからないものを保存する棚がある。
例えば私の公開講演の契約に時々来る日本の紳士は火星で人が住めるるように改造する仕事をしていると主張している。これらの主張とは別に、彼は非常にまともな日本政府の役人のようである。彼は最近、火星へのすべてのアクセスが遮断されたと言っている。
また、プレアデスから来たと主張し、彼らの家の詳細な記憶を持っていると主張する人々もいます。彼らは今、この惑星に置き去りにされており、家に戻れないと言います。これ以外は、彼らは機能的で、明らかに健全な人々です。
有名な武器商人のアドナン・カショギがかつてハニートラップを送ってくれました(彼女は私の前で裸になり、セックスに誘惑しようとしましたが、レイプに行き閉じ込められる土壇場でノーと言った。彼女がこの任務に失敗した後、彼女はアヌンナキに似た記述の巨大な人型生物が彼女の子宮で実験したと私に言った。
日本のギャングやプロの暗殺者も、実験された記憶があると言っています。あるプロの北朝鮮の暗殺者は、彼が「ユダヤ人のハンドラー」を殺したと私に言ったことがありますが、同じ人が数か月後に再登場だけである。
これらは私が個人的に出会った人々です。私は彼らが他に持っていなかったと言う以外に彼らの証言をどうするべきかわかりません、例えば、精神衛生の問題、そして私を信じてください、私はそのような問題を持つ多くの人々によってアプローチされました。
それは私が受け取った直接の証言の一部です。外国人と「秘密宇宙プログラム」について話している複数の公人による多くの証言もあります。例えば、外国人と私たちの惑星を見たと言って記録に行った十数人の元米国の宇宙飛行士がいます。観察中です。
最も注目に値する外国人情報公開の人物は、おそらく元カナダ国防相のポール・ヘリアーです。彼は、エイリアンが何千年も地球を訪れていると言います。
これはまさに、バチカンのP2フリーメーソンを訪れたときに言われたことです。 彼らは、千年もの間これらのエイリアンと接触していたと言い、「天使、悪魔、ジン、スプライトなど」として知っていた。P2はエイリアンが教皇ベネディクト(マレディクト)XVIを解雇するつもりだと私に言った。 彼に辞任を強いることにより、彼らが本当に強力であることを証明した。
騎士団の騎士であり、P2のトップエージェントであるヴィンチェンツォマッサラは、ミラノの大聖堂の壁に描かれていると報告された実体の写真を見せてくれました。 以下は、いくつかの描写の(ぼやけた)写真です。
私の観点から最も興味深いのは、その後これらの実体に個人的に会ったことです。 私はそれらの写真を撮っていなければ、これは言及しません。 写真は以下のとおりです。
ここからは反イルミナティTVのVorabübersetzungが続きます。
これらは東京の渋谷の近くで撮影されました。これらの生き物はゆっくりと上下に動き、私とテレパシーで通信しているように見えました。また、グノーシス主義の啓蒙主義者の「アレクサンダー・ロマノフ」は、これらの存在に会ったと主張します。価値があるのは、これらのプラズマ実体から学んだことです。
私たちの現実は非常に複雑な数式の結果であると言われました。これらの方程式は、わずかな変動を伴って何度も繰り返されています。このため、この作家を含む私たちの多くは、現在の現実のわずかに異なるバージョンの記憶を持っています。あるものでは、人間は他の星を探検し、植民地化することを許されました。他では、核戦争によって大部分が一掃されました。
これらの情報源や他の情報源から聞いたことは、現在起こっていることは、さまざまな異なるシナリオがシナリオに変わったということです。そのため、さまざまな物語の記憶を持つ人々が、この惑星とこの特定の現実に突然打上げられたりします。
さて、現在の「公式の」現実から確認できることに戻りましょう。たとえば、60年代と70年代には、宇宙飛行士を月に送りました。私たちは1980年代に人々を火星に送る予定でしたが、突然すべてが澤がなくなりました。しかし、NASAは、人間が地球を取り巻く電気的障壁や電離層を克服できないことを繰り返し認めています。
米国防総省の精神戦争部のポールレインは、NASAが「宇宙機関ではない」の略だと言ったことがあります。いわゆる火星探査機がおそらく火星ではなくグリーンランドまたは米国の砂漠を周回していることを示す無数の写真(ウサギ、トカゲ、墓石など)があります。月の向こう側への最近の中国旅行の写真も、すべてがスタジオで行われたという明確な証拠を示しました。

https://www.express.co.uk/news/weird/1071939/china-news-dark-sidemoon-landing-alien-ufo-sighting-spiracy

この報告書の読者が誰も近くの宇宙港に行き、ロケット船のチケットを取得して別の惑星を訪れることができないことは明らかです。また、地元のスターゲートに行って別の次元に移動することもできません(そして、読者がこれを主張するなら、私はそれを記録するために連れて行ってもらいたい)。
どう見ても、この惑星の表面で隔離されているようです。これにはいくつかの可能な説明があります。 1つは、この現実全体がデジタルシミュレーションであり、ビデオゲームのキャラクターのようにゲームから抜け出せないということです。
もう一つの理由は、ポール・ヘリアーが主張するように、私たちは好戦的で破壊的であるということです。それが私たちがこの惑星を離れることを許されない理由です。ライオンやトラがニューヨークのダウンタウンを歩き回ることを許可しないのと同様に、エイリアンは地球上に軍事産業、戦争崇拝の人々をこの惑星から抜け出させない。
しかし、私が出会ったエイリアンは私に非常に異なる話をしました。彼らは、何千年もの間、銀河間戦争が進行しており、サタンと彼の堕胎天使として知られるグループのリーダーがこの惑星で追い詰められていたと言いました。惑星地球は隔離されているので、それらは最終的に捕獲され、古い戦争は終了します。その場合、隔離が解除され、人類が宇宙に解放されます。
これらの選択肢のどれを好むかに関わらず、または上記のいずれも当てはまらないと感じたとしても、ここと現在の私たち自身の行動を通して、ニューエイジまたは終末の出来事を開始すし、現実を強要する実用的な方法があります。
まず、世界平和に到達しなければなりません。 これは、人間が「神の」干渉なしに行うべきことです。 この惑星での軍事産業の大量殺人の正当化はないはずです。 世界で最も強力な力-米国、ロシア、中国-はすでに合意しており、中東、ウクライナ、アフリカの一部、およびその他のホットスポットで最終的に世界平和が交渉されています。
2番目にやらなければならないのは、環境破壊を止めることです。繰り返しますが、これは共同決定をすれば非常に簡単にできる。熱帯雨林のさらなる燃焼を止めるために、ブラジルとインドネシアに特殊部隊を派遣することを意味します。また、保護地域で絶滅危to種を保護するためにこれらの力を展開することも意味します。これはすでにかなりの範囲で起こっています。
私たちがしなければならないもう一つのことは、世界の貧困をなくすことです。貧困は人間の潜在能力を低下させます。森林を焼いて家族を養う飢えた農民は、環境悪化の最大の原因の一つです。インドは過去10年間で2億7,100万人を貧困から解放しました。世界は今や最終的に貧困を終わらせるためにアフリカと他のいくつかの場所に焦点を合わせなければなりません。
惑星の緊急作業が完了すると、私たちはここ地球上で楽園を作り始めることができます。 たとえば、新たに発見されたヒトゲノムの制御では、不死性と超大国を獲得できない理由はありません。
読者への注意:このレポートは、毎年恒例の休暇を取るときに事前に作成されています。 画期的なイベントが行われている場合にのみ、ニュース速報を報告します。 最新ニュースを含む次のレポートは、8月19日に公開されます。 ご理解いただければ幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

フルフォードレポート【日本語版】

◆ FBIレポート:CIA麻薬部門の裏金とアメリカの対日工作
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/08/12 VOL522≫

先日、1989年7月7日に作成されたというFBIの調査レポートが僕のもとに送られてきた。その内容は、武器・麻薬マフィアがCIAに深く潜りこむ過程について詳しく報告するものだった。レポートの大半は1980年代後半に発覚したイランコントラ事件について書かれているが、部分的にCIA麻薬部門による日本の管理体制についても詳しく書かれている。今号では、そのレポートに記された衝撃的な情報の一部を紹介していきたい。

【 FBIレポート 】

その送られてきたレポートは故エドワード・ケネディ上院議員のために作成されたものとされている。FBIの公式サイトでは公開されていない文書だ。しかし、そこに登場する人物や出来事、事件は僕が長年にわたって日本で現場取材して得た情報や事実と概ね合致する。さらに現役のCIAアジア担当にも確認したところ、「真実が非常によく書かれている」という返事をもらっている。

まず、イランコントラ事件について書かれた部分の情報は非常に信憑性が高い。
イランコントラ事件とはレーガン政権時(1986年)に発覚したアメリカの政治スキャンダルである。当時、米議会の聴取などからCIAが武器や麻薬の密売を主導して行い、米議会の介入や情報公開を避けるために独自の収入源を確保していたことが判明。レポートには、それに至る経緯や工作の詳細などが

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です