フルフォードレポート(8/13)

ベンジャミン・フルフォードレポート

◆ 「2000年~現在」と今年の秋以降の世界の動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2018/08/13 VOL474≫

 

毎年、この時期は欧米各国の要人が夏季休暇に入るため世界の動きが停滞する
が、秋からはまた世界情勢が大きく動き始める。その前に、ここで一度2000年
のアメリカ大統領選から2018年現在までの流れを振り返っておきたいと思う。
時折、空転する日々のニュースから距離をとり長いスパンで世界の動きを見て
おかないと、いま起きている出来事の本当の意味合いが分からなくなるからだ。
そして、それを基にして各筋が伝える今秋以降の世界の動き、予測などを述べて
いきたい。

 

【 2000年アメリカ大統領選 】

ジョージ・W・ブッシュ(ベイビーブッシュ)とアル・ゴアが戦った2000年の
米国大統領選から21世紀の激変を見ないと今の世界の動きは理解不能である。

まず、ベイビーブッシュを擁立したタカ派は大統領選で不正を行い、また票の数
え直しをめぐる裁判(ブッシュ対ゴア事件)で米最高裁判所を脅して勝利を勝ち
取り、必死でアメリカの覇権を握った。これは実質的なアメリカのファシスト・
クーデターであり、その後に彼らは「有色人種を中心に人類の9割を削減する
計画」に向けて邁進していくこととなる。

彼らは、最初に911自作自演テロを引き起こすと「米国愛国者法」というナチ

https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2018/08/eastwest-ai-competition-fulford-report_16.html

China’s AI “Goddess” and the East/West AI competition

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です