フルフォードレポート(9/17)

フルフォードレポート(9/17)

嗚呼、悲しいではないか さんより転載

0

MI6は徒党支配は3ヶ月以内に崩壊すると言っている

英国MI6情報筋によると、ハザール徒党支配は今後3ヶ月以内に崩壊する可能性が現実的であり、それに間に合うように代替権力機構の準備が必要である。その引き金には10月に始まる米国内の徒党幹部の逮捕が見込まれると、その情報筋は言う。

国防総省情報筋は、「徒党は二週間以上目と耳が不自由であったので、ブレット・カバノー最高裁判事の判決の後に、非常に大きなことが起こるはずである」と言っている。

「カバノーは9月20日の贖罪の日の後に判決をする準備ができており、同じ日に米大統領ドナルド・トランプはツィッター以上の多くの人々に届くように携帯電話にメッセージを送るかもしれない」さらに、その情報筋は、FEMAはまたテレビによる緊急放送システムの試験を行う予定であり、無線の警告メッセージと合わせて、トランプはリアルタイムで真実のニュースを拡散し、真実の爆弾を投下することができるようになると、言っている。

 

緊急放送システムによってアメリカ人に伝えられる正確な内容は明らかではない。しかし先週、チューリッヒのスイス銀行の国際金融業者、ロシアFSB、MI6、日本皇室とアジア秘密結社の全てが白龍会に接触してきた。これらの情報筋は多くは2011年3月11日の福島核津波攻撃を止めていたが、突然木箱から飛び出したのは何か大きなことが起ころうとしている明確な兆候である。

南極大陸の秘密基地に接触してきたCIA情報筋が突然諜報活動が活発になっていると言ったことは、7つの太陽の観測所が閉鎖されたことと関連があったと、特に情報筋は言う:

「ニューメキシコのサンスポットの太陽観測所はロズウェル事件以来、太陽を観測している。彼らは、観測網とは独立のThe Watches社のグループに属している。地球上に戦略的に配置された特別の観測所を持っている」

「彼らは、銀河同盟の観測と人類支援委任の役割りとして大きな船が通り抜けると同様に、太陽から出てくるウィングメーカ船の写真やビデオ記録を多く持っている」

「深層国家は追い込まれている。彼らは今、羽を掴もうとしている。彼らは入り込み、恐怖とパニックから全てを掴もうとした。報道規制が発せられた。

「我々は最終戦を知らない。これは彼らに対するかもしれない、そして開示の主要行動として使われるかもしれない」

「情報筋は、観測の閉鎖になった3つの写真を送ってきた」

地上の人間のパニックや誤解を引き起こさないように、整然とした発表にしたかったので、観測所は閉鎖されたとMI6は言う。

しかし、これは最近の世界中のUFO観測の大量暴露と関連している。下は従来のメディアのおける二つの例につながっている。

https://www.dailymail.co.uk/news/article-6136563/Four-UFOs-spotted-flying-presidents-Scottish-golf-course.html

cloud_1536956582743.jpg

https://www.kron4.com/news/bay-area/strange-cloud-formation-puzzles-bay-area-1/1444948601

これに加えて、太陽の変わった活動に関連があることがありえた熱帯低気圧活動の先例のない増大が、ありました。
先週、全ての熱帯地域は嵐帯でおおわれました。そして、そのうちの7つは名をつけられるのに十分大きかったです。

https://www.zerohedge.com/news/2018-09-14/record-7-named-storms-are-swirling-across-globe-has-day-after-tomorrow-arrived

チューリッヒのスイスの銀行家が初めて特使をSDSに行かせることに決めたことは、非常に面白いです。P2フリーメーソンロッジのビンセント・マザーラとレオ・サガミはかって著者に、黒い太陽として知られる実体によって導かれた地球外生命によってスイスへ行くように命じられたと話した。スイスの代表は彼れの指導者は黒い太陽からの命令を受け、彼らとはガンマ線で通信していたことを確認した。

このポイントにおいて、本当の問題についてのこのレポートを見ることに慣れている読者は、彼らの頭を振って、我々が今はそれを得たかどうか疑問に思いそうです。答えは、スイスでその本部があるこの惑星の一種の制御ネットワークを、解析コース(それは主要な源(例えばデービッド・ロックフェラー、Rothschilds、英国皇族、アジアの秘密結社、その他によってたどられることができます)が一貫して示しているということです。

これら宇宙的なものが全てなんでもないことが分かることが、彼らが長年支配していた奴隷の人々を、好奇心の目から多少排他的なな老人を隠そうとしたのかもしれない。
さて、地球の現況に質問に戻りましょう。

従って、地球の現時点の情勢に戻ると、チューリッヒの銀行家族、MI6(英王室)、国防総省、CIA、アジア秘密結社とロシアFSB、白龍会は貧困を止め環境破壊を止める大規模数兆ドルのキャンペーンを支持するといったことを報告できる。

しかし、これを可能にするためには、徒党は権力から完全に排除されなければならない。

さてえ、この面で最近の進展を見てみましょう。

米国では「CBSの指導者レス・ムヌーバの消滅は彼れの大叔父がイスラエルの初代首相ダビット・ベングリオンであったので、シオニストを怖がらせることができた」と国防総省情報筋は言う。

ベングリオンはジョン・ケネディの暗殺を命じた人として、新しく公開された文書において罰せられた。おそらくCBSはまだ企業メディを信じている人の為にこのことを報道するかもしれない。

関係者は続ける:イスラエルが米国選挙に干渉するので、トランプの外国の選挙影響を押さえ込む条例は、ロシアやイギリス以上にイスラエルをターゲットとしている。国防総省は2012年のミットロムにー、2016年のヒラリークリントンに公に支援しているイスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフに逆上している。影響は民主党のハイム・サーバンと共和党シェルダン・アデルセンのような融資者安全器を通じて起こると、彼らは言う。さらに、ハリウッド/ウォールストリート/シリコンバレー等の資金を集めている柱もまた、上院議員トム・コットン、チャック・シュマーとジョン・マケインのようなおとりによって支持されている。

さらに、トランプの中国との貿易戦争はウォール街の弱めることに有効であり、銀行や銀行家、ジェミーダイモンのような中国の為に働いている人は未登録外国人エージェントとしての彼れの役割のために、起訴されうるし、さらに悪いことにもなりうると、情報筋は警告する。

MI6は、彼らの最悪の敵はEUであり、それを所有する黒貴族であると言っている。彼らはドイツ首相のアンゲラ・メルケルはポーランドやハンガリーに彼らの血統(ヒットラー他)が彼らの行ったことの保証を支払わせねばならにと言っている。

この文脈で、ロシアのFSBが最近、マルタ騎士団と交渉したことは興味深い。彼らは様々な点でEUを制御しているP2フリーメーソン連携の軍事部門である。我々は、彼らが間近かに迫ったアングロ-サクソンの裁判からの保護を求めたと推察している。

FSBが最近、誰かの為に働いたのはサウジアラビア皇族のためである。それは極端であり100人を超す人間が関与したということを言う意以外は、FSB情報筋は彼らが最近なにをしたかについては正確には言わない。ロシア正教会が事前にイスラム過激派との聖戦を宣言したので、次の記事(上級ワハハビ聖職者を処刑する計画を議論する)は関係があるかもしれない。

https://www.wsj.com/articles/push-to-execute-saudi-clerics-rattles-kingdoms-power-structure-1537097475

おそらく関連している他のこととしては、ロシア正教はイスラム支配のコンスタン地ノープルの正教会とは、ウクライナにナチ支配を理由に分裂しているということである。

https://uk.reuters.com/article/uk-ukraine-religion-russia/russias-orthodox-church-freezes-ties-with-constantinople-over-ukraine-spat-idUKKCN1LU2IC

https://www.fort-russ.com/2018/09/deepening-schism-in-orthodox-church-is-a-sign-of-cominga-destruction-chos-war/

ロシアは何世紀もの間、オスマントルコとドイツとライバル関係にあったことを思い出してください。また、MI6とCIA情報筋によると、中東における英国/フランスの支配の弱体化の手段として、安置はイスラム同胞団とイスラム過激派を作った責任がある。日本においては政権交代に到る何かが起こっている。日本政府が最近の北海道地震の震央近くの地面に二酸化炭素をポンプ圧送していることが分かる。

https://www.reuters.com/article/us-japan-carbon-storage/japan-carbon-capture-site-shows-promise-for-industrial-use-idUSKBN1HQ0WZ

言い換えると、非科学的なハザールマフィアの二酸化炭素地球温暖化パラダイムの中で動いている奴隷政府は、地中に150,000トンの炭素を注入することで、地震を引き起こした。それは日本のインターネット上にはいたるところにある。しかし、企業メディアは沈黙している。

それにもかかわらず、このようなばかげた動きは日本銀行を国有化するという右翼の上層部のコンセンサスを助けている。それはハザールマフィアから主要な資金源を奪うことになる。それはまた、日本の奴隷政権を自動的に終わらせることを意味している。

世界中でハザールマフィアが権力を失っているので、惑星の解放の為に戦っている多くの反抗軍が、円滑な移行の具体的な計画を立てることは避けられない。白龍会はこのような移行は負債のジュビリーの声明が必要となると考えている。それに惑星を救う大規模キャンペーンが続く。また、白龍会派南アフリカのような真実と和解委員会を指示する一方で、ハザールマフィアの犯罪は戦争犯罪裁判が必要であるほどひどいように思える。

10月に何が起こるか見てみましょう。

 

【日本版】

世界を襲う次なる金融経済危機と不可思議な現象
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2018/09/17 VOL479≫

http://benjaminfulford.jp/ さんより転載

現在、多くの専門家が「リーマンショックを超える金融・経済危機が迫っている」と声高に警鐘を鳴らしている。また、そうした世界の不穏な兆候と連動するかのように、なぜか今、これまでに観測されたことのない不可思議な現象も各地で多発している。

 

【 金融緩和策の限界 】

まずは「リーマンショックを超える金融経済危機」に関する予測の主な理由から見ていきたい。

基本的に指摘されているのは、リーマンショック以降つづいた「超低金利政策および量的緩和政策」に限界が来ている、という点だ。現在、民間中央銀行が実施した金融緩和が歴史的な尺度(株価と利益率の関係など)からしても維持不可能な株高を演出している。そして、その主なる原因が超低金利で調達した資金で企業が自社株買いを推し進めていたことだった。

その他、世界各国の企業が低金利で借り入れをして採算が危うい事業にも大量投資してきたことが理由として挙げられている。その結果、世界中の借金の合計
は「世界GDPの3倍~5倍」とも試算されている。しかも、これ以上借金を

This post is only viewable for paid members please registeryour account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です