世界通貨リセット•大量逮捕情報おまとめ日報2018年4月24日

https://ameblo.jp/spiritual-light/entry-12370767488.html

世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報2018年4月24日

 

image

 

おはようございます。

 

まずは”緊急速報“GCRによる共和国の再興”からです。

https://inteldinarchronicles.blogspot.jp/2018/04/restored-republic-via-gcr-update-as-of_23.html

 

同盟と組んでディープステート破壊を目論むトランプ大統領に暗殺の危機が迫っているそうです。

 

これを防ぐためにディープステートと軍事産業複合体の正体を暴く劇的な出来事が間もなく起こるそうです。

 

Q Anonの情報によると、それは来週のようです。

 

 

 

続いて、”通貨評価替え/機密情報 警報”です。

https://operationdisclosure.blogspot.com/

 

同盟側の秘密宇宙プログラムの指向性兵器が、イスラエルの降伏を迫るために、イスラエルの政府施設と軍事施設に向けられているそうです。

イスラエルはカバールの支配下にあります。

イスラエルによるシリアにあるイランの資産の攻撃によって、第三次世界大戦を起こそうという試みは失敗に終わりました。

イランはロシアと中国の助言を受け入れ、イスラエルに報復しないことを選びました。

 

RVが遅れている主要な理由はカバールが支配下の主流メディアを通じて偽情報を流しているせいだそうです。

 

フルディスクロージャーはカバールによる主流メディア支配がなくならない限り起こらないそうです。

 

数千人の下位階級のカバールのメンバーがグアンタナモ送りになったそうです。

 

軍によるあるいは軍事裁判による全てのカバールメンバーの一斉検挙はGESARAが発効後ただちに行われるそうです。

 

RVの準備は一月前に終わっているそうです。ゴーサインが出ればいつでも実施可能な状態です。関係者は今はGESARA後のシステム作りを行っているとのことです。

 

RVの実施予定は月末ということで昨日の情報から変わっていません。

 

 

 

 

 

トランプさんの動向に注目です。この方が暗殺されるようだとイベントがかなり遅れる可能性がありますね。無事を祈りましょう。

 

とりあえずは第三次世界大戦勃発の危機第一弾は回避された模様です。ただ、コブラの今朝の投稿では第二弾がシリアで準備されているようですからまだ油断はなりません。コブラによるとシリアでの戦闘行為が完全終結すれば光と闇との地上戦は終了のようです。

 

光側も指向性兵器を持っているという情報が流れてまいりました。まあ、遠隔スタンガンの実演動画がYoutubeで流れているぐらいですから、別に不思議でもないですね。遠隔スタンガンの出力を思いっきり上げたやつを作れば人間を即時感電死させることは全くもって可能です。そういうものをSSPが持っていても何の不思議はありません。

 

ここで、主流メディアのカバールからの解放→RV、GESARA→大量逮捕という順番が明らかにされました。

 

今までの情報を整理すると、

 

①闇の勢力の無力化→②主流メディアの闇からの解放→③RVおよびフルディスクロージャー→④GESARA→⑤大量逮捕

 

のような流れになるようです。

 

闇の無力化が先かRVが先かは相反する傾向を示す二つの関数を合成して微分して微分関数のゼロ点を求め、合成関数の最小値または最大値を探すみたいな少々複雑な事象になっておりますのでそう簡単には解析できませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です