イベントとイベント後の社会に関する私のビジョン ー LWSTARGAZER

イベントとイベント後の社会に関する私のビジョン ー LWSTARGAZER

 

コブラ最新記事の引用文章のある方の翻訳

https://ameblo.jp/nennezabuton?utm_source=gamp&utm_medium=ameba&utm_content=general__nennezabuton&utm_campaign=gamp_headerInfoさんより転載

皆さん、新月平和瞑想にはご参加いただけたでしょうか?

コブラの最新記事Befor the Dawn/夜明け前が投稿されました。

和訳はこちらです

この最新記事の最後の方で「最後に、イベントのビジョンです。」として引用されているリンク記事がありますが、この記事については2019年10月9日にこのnennezabutonさんのブログにおいて、翻訳をご紹介させてただいたところでした。

この記事がコブラの最新記事でも紹介されたので、以下にその翻訳を再度シェアさせていただく次第です。

ご参考になれば幸いに存じます。

なお、We Love First Contactのブログに関しましては、このブログの発足以来、日本の方の投稿文以外は私の方で随時翻訳し、このnennezabutonさんのブログでご紹介させていただいている次第です。

以下にご紹介させていただきますので、まだお読みになっておられない方にはご一読いただけると幸いに存じます。投稿者のファーストコンタクトの体験等が紹介されています。

イントロダクションの和訳

https://ameblo.jp/nennezabuton/entry-12525147313.html?frm=theme

プレアデス艦隊への手紙の和訳

https://ameblo.jp/nennezabuton/entry-12525148477.html?frm=theme

LWSTARGAZERさんのファーストコンタクト体験談の和訳

HOSHINOさんの同体験談の和訳

MARIAさんの同体験談の和訳

LAURAさんの同体験談の和訳

YAXIさんの同体験談の和訳

nennezabutonさんのイベント後のビジョンやNOGIさんやANNAさんのファーストコンタクト体験談は以下のリンクで日本語本文が読めますよ!

では、こちらがコブラの最新記事で紹介されたイベント後のビジョンに関する記事の翻訳になります。

翻訳はじめ

2019年10月6日

原文

https://www.welovefirstcontact.com/2019/10/my-vision-of-event-and-post-event.html

イベントは起こるでしょう。

私はそう確信しています。

これに関しては疑いようがありません。なぜなら、創造のこのサイクルの中で一度ならず、銀河がそのパルス、その心臓の鼓動を発しているからです。

私の記憶しているのはごく少数に過ぎませんが、私は他の銀河の他の世界で何回もそれが起きるのを見てきたことを知っています。記憶は漠然としています。しかし、その記憶は、自分たちが生きている間にイベントが起きるという確信を失ってしまった古い世代のスターシードに対して、希望を抱かせるに充分なものです。

それは起きるでしょう。諦めないでください。

その時私は、渦巻き銀河かレンズ状銀河のどちらかを観察していました。私たちはその銀河の拍動を観察すべく待っていました。その銀河は闇の勢力によって占領されてはいませんでした。

初期異常も存在しておらず、コントロール不能の混沌も起きませんでした。ですから、その銀河の拍動は通常通りに機能しました。特定の銀河の全ての生命がより進化するために、集団銀河意識を強化するために、銀河に住まう全ての存在とソースとの繋がりを強化するために機能したのです。

このパルスが起こった時、それは銀河の中心部で、その銀河のセントラルサンで起きました。そのパルスがセントラルサンから銀河の縁(へり)にまで拡散するにつれて、そのパルスは色を変えました。銀河の最初の1/3の部分までは衝撃波でした。まばゆい白い光で輝いていました。

なぜなら、光の最高濃度は通常、銀河の核であるセントラルサン付近に分布するものだからです。銀河の残りの2/3の領域では、その衝撃波は色を変えました。白色から虹色へと変化したのです。驚くべき映像でした。私がこれを見た時、生まれて初めて雪を見た時のような喜びを感じました。

(銀河のパルスはいつも銀河の中心部、銀河のセントラルサンの内部で始まるのです。そして、全ての銀河がソースへのスターゲートであり、これらの銀河のセントラルサンが銀河のパルスを、その各々の銀河のイベントを引き起こすのです。

私が衝撃波と描写したのは、遠目から見てそのように見えたに過ぎません。しかし、近くまで行って見るならば、それは銀河の中心核から縁(へり)まで伝わって行く衝撃波ではく、その銀河の星々がこの銀河のパルスの運び手となっているのです。

それは全ての星が順番に更に明るく輝いて光の波を演出するようなものです。あるスポーツのファンたちが、応援するチームが得点するたびに順番に席から立ってまた座ることによってウェーブを作るようなものです。

私はおよそ800万年前にアンドロメダ銀河で起こったイベントのことを覚えています。その後しばらくして、悪が広がり始め、闇の勢力による最初の侵略が起こり始めたのです。

このイベントは闇の勢力に占領された惑星の解放を支援するように機能しました。私はその惑星にいて、直接イベントを目撃しました。その時私は別のボディの中にいました。全く別の生命形態の一員でした。

少なくとも五次元に存在していました。五次元では、文字通り光の爆発を見るのです。それは通常、ある領域のサン/恒星から到来します。そして、目がくらむ閃光で惑星全体を飲み込むのです。あなたはこのエネルギーに耐えることはできません。

それは各人が経験できる最大級の経験の一つです。とはいえ、そのエネルギーはある領域の恒星だけから来るわけではありません。惑星もまた、恒星からのエネルギーに触発されて、その中心核から自身のエネルギーを放出します。

しかしながらその規模はある領域の恒星からのエネルギーに比べてはるかに小規模です。ですから、そのエネルギーは天空(恒星)からやって来て惑星の中心核へと向かいます。そして、惑星の中心核から惑星の表層を突き抜けて電離層へと向かいます。そして、闇の勢力はこの惑星から消し去られました。

私はいつも、まばゆい閃光としての地球でのイベントを経験するのだと思い続けてきました。なぜなら、私がアンドロメダ銀河にいた時代から記憶しているイベントの記憶が非常に強いからです。

しかし、恐らくまばゆい閃光は高次元界からしか見えないでしょう。ですから、私は自分のハイヤーセルフが私に対して、そのまばゆい閃光が地球表面の高次元界を打った時に、少なくとも光の輝く波のほんの一瞬でも送って見せてくれることを望んでいます。

以下の記述はイベントの瞬間を私が視覚化したものです。

私たちの太陽が輝き、イベントのエネルギーが地球の表層へと到達します。全ての覚醒したスターシードは、地球上のイベントを充分に堪能します。彼らは銀河のパルスを完全に感じることができます。

そして、そのエネルギー流を、自分たちの物質的身体をそのエネルギー流のキャリアとして、伝送機として用い、自分たちの住む地域へと均等に拡散し、残りのまだ覚醒していない地上人類へと届けます。全ての覚醒したスターシードは最終的に、私たち皆が長らく待ち望んでいたイベントを経験します。私たちの幾人かは何度かの転生を経ながら待ち望んでいたのです。

予期していたより長きに渡ったこの監獄での収監期間の後では、かつて経験したことのない最大限の喜びを感じることになります。全ての覚醒していないスターシードは、このエネルギーを、彼らを完全に目覚めさせ、自分を自身のハイヤーセルフとより高次の目的に再び繋げるものとして経験します。うまくいけば、彼らはまた、恍惚的なエネルギーを経験するでしょう。そして、即座に自身の地球外生命体としての過去世を思い出すでしょう。

地上人類として完全に眠っていたのですから、私としては、最も頑固に眠っていたスターシードでさえ、最低でも感知できる、いまだかつて経験したことのない、彼らに知らせとなる何かを経験することを望んでいます。

彼らに非常に重要なことが起こり、自身の人生において最も力を与えるものを経験することを希望します。この世界のあらゆる存在がこのエネルギーを意識的に経験することを望みます。私は一人としてこの素晴らしい感覚から締め出されないことを願います。

イベントは東アジア、オーストラリア、残りのオセアニアではお昼頃に起こります。ヨーロッパとアフリカでは早朝に起こります。そして、南北アメリカ大陸では夜か夕方に起こります。(注:これは私が視覚化したものであって、実際に確定した情報ではありません。)これは残りのトップレット爆弾を消し去ります。

そして、監獄状態を終わらせます。光の勢力は、この惑星の天空から、地下から、地上から全軍がなだれ込み、全ての残りの闇の勢力を排除します。全てのテレビ局と他ラジオ局、ユーチューブのライブチャンネル、他のウェブサイトは直ちに起こっていることについて報告を始めます。

地球のイベント後についての私のビジョン

全ての戦争/対立はなくなります。薔薇の姉妹団は世界中からただちに集まり、大いに必要とされる瞑想を開始します。

また、最も重要なことですが、イベント後には残りの地上人類はパニックとなることでしょうから、最初の数日間から数週間にかけて、このパニックを鎮めて平安をもたらすための女神のエネルギーの流路となることが大いに求められることでしょう。これらの瞑想はマラソンのように長く続くことになるでしょう。

しかし、それらは実行する価値があるのです。薔薇の姉妹団の全てのメンバーは、自分たちの通常のマトリックス社会での仕事を免除されることでしょう。これらの仕事は、やがてはもはや必要ではなくなるからです。

イベントサポートグループが活動を開始し、地上の光の勢力を支援し、地上人類に対して最も必要とされる基本的な必需品を配布します。イベント後数日のうちに、フリーエネルギー発生装置と家庭用レプリケーター(訳注:何もない空間から、食料品などの生活必需品などを作り出す機械)の配布が開始されます。

私のビジョンでは、全ての地球上の人類は、個人用レプリケーターを、イベント後一ヶ月以内に受け取ります。ある人々が期待している通り、全体の進行スピードはそれほど遅くはないでしょう。

進行や進捗を遅らせるのは闇の勢力の手口であって、光の勢力はそのようなことはしません。変化は迅速に起こるでしょう。私たちが今経験しているような遅延は起こらないでしょう。また、最初の光の島のインフラストラクチャーが地球同盟/光の勢力によって建設されるでしょう。

最初の数週間のうちに、人類の集合意識は最も一般的なマトリックス社会の原理とプログラムから解放され始めます。生きるために働かなければならないというプログラム、大勢に従えというプログラム、必要のない信仰などです。

その後の数ヶ月で、イベント前の教育プログラムは劇的に変化します。科学者たちは、隠蔽されてきた本当の物理法則や他の科学分野での法則を教育されることになります。ディスクロージャーが全速力で実行に移されます。

隠蔽されてきた発明が人類に明らかにされます。メディベッド/治療用ベッド、テレポーテーション機器、空飛ぶ自動車などの発明が公表されます。本当の地球と太陽系の歴史が明かされます。全ての生態系が回復され、汚染が浄化されます。

進歩した高波動の地球外由来のクラウドシップ/スターシップが上空に最初の姿を現し飛来します。準備が出来た人々は、彼らの所有地に着陸した地球外生命体との個人的なファーストコンタクトを体験し始めます。

これらの人々は、続けて彼らの体験をテレビ局やラジオ局で、あるいはユーチューブチャンネルのライブで報告します。この惑星上や地球軌道上の宇宙ステーションや宇宙船の光の島で生活することを望むスターシードは、彼らのツインソウル、ソウルメイト、ソウルファミリーと一緒に、彼らの住まいを選択してそこに移り住むことでしょう。

それで彼らは自分たちのグループあるいは個人のアセンションプロセスに関する作業を開始することができるのです。ただちにこの太陽系を離れることを選択したスターシードは、そのようにすることが許されるでしょう。

残りの人類は、私たちの宇宙の家族の存在が否定できないことであり、公式のファーストコンタクトが既定路線であることを受入れ始めます。この公式のファーストコンタクトは、イベント後一年前後で国連本部で行われることになります。

この歴史的な日に、惑星地球は公式に天の河銀河の光のネットワークに受け入れられます。新しい地球外生命体種族が人類に姿を見せます。これらの種族の最初のものは物理的に私たちと似ているでしょう。後には、新しく見たことのない形態の生命体が私たちに姿を知らしめることになるでしょう。

人類の集合意識は主要なそして最も長い変化の段階を体験します。エントロピー/混乱が増大するばかりの社会から銀河の残りと宇宙に開かれており、これらと調和している社会への変化の段階を経験するのです。

人類は基本的な高次の知識と癒しのための瞑想技法について教育を受けます。皆が自分自身のスピリチュアルガイやハイヤーセルフと繋がります。全ての地上の都市が変化し始めます。

建築物は神聖幾何学とより一致するようになります。また、その能力の限り最善の状態で自然と統合します。全ての構造物は未来的でとても美しくなります。宇宙旅行が誰でもできるようになります。

人々は自分の人生でやりたいことをやるようになります。彼らがやりたいように振る舞うようになります。彼らが望む誰とでも愛し合うようになります。彼らが望むことなら何でも体験します。誰にも制限はありません。

人々は彼らが望むところならどこでも自由に旅行できます。彼らが生きたいように生きることができます。もし、彼らが自分自身のユニークなスキルや才能で社会に貢献したいと望むなら、彼らは自分が望むやり方でそのようにします。

全ての貢献、たとえそれがほんの小さなことであっても、それは高く評価されます。歓迎されます。尊敬を受けます。もし、彼らがまだ社会に貢献できる準備ができていないなら、私にはよく分かりませんが、ただ世界中を旅行したいのなら、あるいは、しばらくの間宇宙に住みたいだけなら、彼らは自由にそうすることができます。

このことに関して厄介者扱いされることはありません。彼らが基本的に必要なものが取り上げられることはありません。衣食住の保証は、私たちの新しい社会では基本的な標準となります。

イベントから3~5年後には、アセンションのファーストウェーブが起こります。イベントから6~8年後には、アセンションのセカンドウェーブが起こります。イベントから9~11年後には、最後のアセンションのサードウェーブが起こります。(注:これは私のビジョンに過ぎず、実際確定した情報ではありません。)

サードウェーブの数ヶ月後、残りの覚醒していないネイティブな地球人類は、彼らの進化を継続するために、宇宙船で相応しい三次元の惑星へと旅立つことでしょう。地球は津波による最終浄化の準備をします。

この津波は闇による占領の最後の残りを一掃するでしょう。私はクラウドシティの縁に立って、私のツインフレームとともに環状のプラットフォームに立って、地球上を動いていく津波を観察しています。(私はまだ自分の個人的な未来の瞬間を捉えようとしている途上にあります。私は地上よりずっと高いところに立って、ほとんど毎日、私のハイヤーセルフを通じてこの津波を観察しています。)

地上に残された唯一の都市が光の島とごく少数の人類によて作られた歴史ある都市でした。それらは重要な惑星上のヴォルテックスに位置しています。

それらは光の都市となることでしょう。地球はその周波数を三次元から五次元へと上昇させます。遷移が完了します。新しい進化を遂げた社会が最初の息吹を開始します。それは多くの人から“新しいアトランティス”と見做されるでしょう。

皆が自分自身が体験したいようにイベントを体験するのが私の望みです。遷移段階での混乱はほとんどないことを望んでいます。イベント後、皆が自分自身の夢を生き始めることを、自分自身の人生において純粋な喜びと充実感を見出すことを希望します。私たちそれぞれのイベントのビジョンが出来るだけ早い時期に実現しますように!

Victory of the Light!!!

LWStarGazer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です