コブラ − 更新情報 2019年9月5日 (木) 2020年

コブラ − 更新情報 2019年9月5日 (木)

2020年

宇宙規模では、次の宇宙サイクルへのシフトが続いています。銀河間空間(パラダイス諸島と呼ばれる)に主に存在する量子変動の異常が完全に存在しない領域はまだ安定は、していませんが、星間インテルの情報源は、宇宙全体で起こっている宇宙相遷移の指標となる広大な肯定的な変化を報告しています。
この惑星の表面人口は、惑星地球よりもはるかに優れた場所があることに気づきつつあるので、最終的に真の銀河意識を味わい始めています。
我々が移行に近づくにつれて、光の勢力は、地球上のエネルギーグリッドの安定を支援するために、圧縮ブレークスルーの瞬間まで、できるだけ頻繁に、そして彼らが導かれて感じる限り頻繁にフラワーオブライフを活用して、瞑想するように皆さんに求めています。
現時点では、惑星の表面はまだ85%闇の支配下にあり、東部同盟に潜入するイエズス会の計画は非常に成功しています。すべてのBRICS諸国(ロシアを除く)は、過去5年間にイエズス会のエージェントによって浸透されており、今日のBRICSは、ルラ元大統領がブラジルの大統領だったときと同じBRICSではありません。
イエズス会の支援を受けた銀行家は、現在、金融リセットの独自のバージョンを公然と提唱しています。
マーク・カーニーは、アルバータ州エドモントンのセント・フランシス・ザビエル大学でイエズス会によって教育を受けました。
イエズス会の計画は、2020年1月に世界的な金融破綻を設計し、Libraまたは同様の国際的暗号通貨が米ドルに取って代わるキャッシュレスのグローバル金融システムを導入し、誰もがスマホ決済と国際的ポイントで支払う予定です。社会的なスコアは、個人の支払能力を決定します。
最も可能性の高い、金融崩壊は、中央銀行の危機的な質量を数珠つなぎに破産に導く行為を介して引き起こされます。
私がイエズス会の計画について言うことができる唯一のことは、イエズス会が気づいていない特定の事柄があることです。
私はまだ、公表できる情報を受け取っていないので、2020年1月の状況についての私の唯一のコメントは、次の写真です。
イエズス会のエージェントは、代替メディアの少なくとも80%にも侵入している。この状況は、時が来たら対処されます。
2020〜2025年は、古いシステムの不可逆的な崩壊が起こる可能性がある時期であるという認識は、ゆっくりと主流になりつつあります。
コーク兄弟によるエプスタインの暗殺契約に関する次の記事は、信頼できる情報源によって確認されています。
1996年のアルコン侵攻は最終段階にあります。夜明け前に最も暗く、今や表面社会のドラコニアン・レプティリアン分子は、公然とカニバリズムを促進しています。
これらの過剰な行いは、レプティリアンが惑星の表面から取り除かれているので、彼らはパニックに陥っているからです。独立した地上の情報源は、ブラジルと中央アフリカの火災の多くは、実際には光の勢力が残りのレプティリアンを一掃していると主張しています。
今後数ヶ月で、地球月空間での活動が大幅に増加し、軍が注目を集めています。
今後数ヶ月で、計画通りに進めば、過去18ヶ月間よりもはるかに多くの情報を報告することができ、うまくいけば、私はもっと情報を開示できるでしょう。
最近、私は、こちらのブログに否定的な、失礼な、愚かで無意味なコメントの増加に気付きました。2 つの行動を検討しています。1つ目は、コミュニティに価値をもたらすと意味のあるコメントのみを厳密に承認する。
2つ目は、コメント欄を完全に無効にします。選択はあなた次第です。
光の勝利!
翻訳   HP編集委員会

6 件のコメント

  • 今年の3月にやったコブラブダペストソウルファミリーカンファレンスのノートの誰も日本語訳していない
    ノートの日本語訳の記事を僕のブログで
    書きました!!
    皆さん見て下さい!!
    コブラソウルファミリーワークショップ1の1誰も訳していない日本語訳1(訂正)|https://ameblo.jp/nennezabuton/entry-12525953725.html
    ぜひこれをPFCさんの方で広めて欲しいです!!

    • コメントありがとうございます。
      コブラの記事を見ていますと、その後のツイン・ソウル、光の島に関する情報が無い様に思います。下記の記事を見て、その事を納得した次第です。

      https://note.mu/aile0211/n/nf3a011c60e2b
      ツインフレームの到着および光の島創造については、計画に変更があったと言わねばなりません。

      イベント前後の天変地異はこれまでの計画よりも早くに起こるでしょう。なぜなら、意識のある生きた存在である地球(ガイア)はあらゆる闇を捨て去ることを決断したからです。苦痛の限界に達したためで・・休息を求めているのです。

      ですからツインフレームはすでにウォークインとして人の身体に降りてきていましたが、再び取り除かれ、現在はシップに戻っています。これは現在自然災害が急速に増えることになっていて、時間的制約があるため、現在は光の勢力の活動の焦点を、時間をかけた光の島建設に向けることができず、むしろ隔離状態にヒビを入れ、可能な限り早い段階でのファーストコンタクトに向けているからです。

      ツインフレームやマリアたちの中には、デルタコマンドやシルバーコマンドに加わり、シップから突破に向けて行動しているものもいます。

      • なるほどあのコブラの記事は
        何回かに分けて書いてるので
        今後光の島やツインソウルの事などにも
        触れて行くと思いますよ。
        最近の記事では、それらにも触れてきているので
        今後もっと触れて来ると思います。
        まあ、一応僕はある方から翻訳してくれた
        文章をファイルで受け取っているので
        あまり詳しい事は言えないんですけどね。

  • こちらはコブラの最新記事を見て
    あのじゃがいもの画像を見てある方が
    インスピレーションを受けた事を書いています。
    カバール社会のインチキシステムの
    暴露などをしているので
    ぜひ皆さん見て下さい!!
    コブラ最新記事を見てカバールの悪事のお勉強1|https://ameblo.jp/nennezabuton/entry-12521560793.html

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です