コブラ更新情報 終末時の狂気は続く 2020.2.28

コブラ更新情報 終末時の狂気は続く

2020年2月28日(金)

http://2012portal.blogspot.com/2020/02/endtime-madness-continues.html?m=1

先週、中国がコロナウイルスに勝利することが明らかになったとき、闇の勢力のシオニスト工作員は、主要な戦略的分野で武漢とは異なる3つの新しい遺伝子組み換えウィルスを散布した。
まず、韓国で、指導者が天国に144,000人を送るイエスの化身であると主張するカルトに散布されました。
第二に、イラン政府の首脳陣に対して散布されました。
第三に、イタリアのミラノの近くで、北イタリアの女神のボルテックスを抑圧し、ヨーロッパ全体に拡散ために散布されました。
したがって、私たちはウイルスを止めるために私たちの主な瞑想にこれらの3つの領域をすべて含めます。
イタリアのための特別な瞑想はまだ続けていて、非常に必要です。
イタリアでの生活が流行に関わらず正常に戻ってきています。
イタリアで最も感染した地域のチンターマニグリッドは完成しましたが、できるだけ早く韓国の大邱、イランのゴムにチンターマニ石を植える必要があります。
これらの都市またはその近くに位置する人は誰でもcobraresistance@gmail.comに連絡して指示を求めることができます。
5Gネットワークが免疫系を著しく損なう証拠が増えており、武漢で死亡率が高い(4%)主な理由です。
さて、イスラエルの科学者は、数週間後にワクチンを準備すると言います。

情報源は、このワクチンには地上の人類を制御するための新しいバイオチップの強力なバージョンが含まれており、これがこのウイルスが最初に放たれ本当の理由であると主張しています。5G 、バイオチップ 、デジタル通貨、社会クレジットスコア 、自己検疫、グローバル新世界秩序ディストピアのための道を開くためです。

その上、トルコとロシアの対立はエスカレートしています。
何千人もの難民がトルコからヨーロッパに流入されようとしています。
この状況に対処するために、新しいマス瞑想が作成されました。
この狂気はすべては、ブレークスルー前の闇の最終的な浄化です。
光の勝利!
翻訳 HP編集委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です