ソウルファミリー

spiritual-lightさんのブログより転載

2018年4月2日 月曜日
ソウルファミリー

原文はこちら
http://2012portal.blogspot.jp/2018/04/soul-families.html

イベント後そしてコンタクト後の社会に向けて準備を始めるために、プレアデス人は私にソウルファミリーに関する情報をリリースするよう求めてきました。

ソウルファミリーは、ソウルグループが未分化の単一的本質から現れて、宇宙空間のこの銀河か他の銀河にある七次元の銀河のセントラルサンのポータルを通ってこの宇宙に流入してきます。

この惑星の地上に今転生している数百万もの高度に進化したソウルは、主にこの銀河のセントラルサンかこの銀河の姉妹銀河であるアンドロメダ銀河のセントラルサンを通ってこの宇宙にやってきました。

彼らはこの銀河での旅を通して自分たちの経験を積んだのです。その旅は銀河を交差する高次元の光のフィラメントを通って行われました。そして更に後になって、プレアデス、アルデバラン、シリウス、アルクトゥルス、ヴェガ(アルファリラ)、くじら座タウ星といった星系のポータルで経験を積んで彼らの意識を集中していったのです。

彼らの進化経路のある時点において、彼らは銀河戦争を経験しました。そして彼らはそれに参加したのです。このことが地球に彼らを見いだすことになった主要な理由です。

彼らはこの監獄状態の地球に入っていくことを意図的に決意しました。その目的は光をこの惑星に定着させることによって光の勢力を助けこの惑星を解放することにありました。一方で、ただこの銀河の危険地帯をぶらつきたいがためにその危険をよく理解することなくこの危険地帯に入り込み、次元間のスカラーネットの中でアルコンに捕らえられ、地球に連行されて転生のサイクルに囚われることを強いられた存在もいたのです。

この惑星の地上に転生した高次元の存在にとって今覚醒することが、自分たちのミッションを思い出すことが、そしてそれを実行することが最重要事項なのです。

また、ソウルファミリーのメンバーにとって、監獄状態の地球に捕らわれた地球人類としてだけに止まらず、ソウルファミリーとしての高次の視点からお互いに繋がることも最重要事項なのです。

ソウルファミリーのメンバーは彼らの本質である五次元的な理解(未那識/まなしき)に基づいてお互いが繋がりを構築します。そしてそれによって真の友情を築き上げます。これが友情の原型の宇宙的起源なのです。
(訳者補足:未那識について解説しておきます。我々は“死への恐怖”という根源的欲望に無意識につき動かされ、環境から自分に必要な情報だけを分離して取り出そうとします。そして残りの多くの情報を取り損ねるのです。また、この分離した情報を自分の必要に応じて思考/解釈により好きなように切り刻んで加工します。こうしてあなたが得た情報は”死への恐怖”という太古の化石の支配する道具となり、あなたは過去から永遠に逃れられなくなります。転生から逃れられない。こうした”死への恐怖”が根源にある限り、あなたの思考/解釈は恐怖、憎しみ、不安、嫉み、軽蔑、怒り、すぐに恐怖や不安に変わる偽物の喜びや愛しか生み出しません。この無限地獄から脱するための“認識”が未那識です。未那識は思考/解釈が一切停止した時に現れる認識です。そして一切動きません。絶対に自ら動いて情報を取りに行くことはありません。このような明鏡止水の境地で自分の内外に何かを感じる時、それがハイアーセルフからのインスピレーションなのです。あなたを正しい方向へ導く鍵なのです。六次元以上は個我同士が融合する境地に入りますが、訳者もこの境地の経験は極めて乏しいのでこれ以降は説明できまでん。)

同じソウルファミリーに属する、あるいは、二つの近い関係にあるソウルファミリー同士のソウルファミリーメンバーは、非常に深いソウルの繋がりを創り出します。このような繋がりは、一なるソウルの愛に基づく六次元の相互作用の様式(ブッディ界の意識)を通じて行われます。そしてこのような繋がりを持ったソウル同士をソウルメイトと呼ばれています。これはガールフレンド/ボーイフレンドの原型の宇宙的起源なのです。

同じソウルファミリーに属するソウルファミリーのメンバーは、実のところ、それが四次元/三次元に入って来たときに一つの存在が対照をなす女性/男性の極性に分かれたものです。そしてそれはツインソウルと呼ばれます。彼らの繋がりは七次元(アートマ界の意識)に到達します。

ソウルファミリーは薔薇の姉妹団の中心的な秘密の一つです。

https://inanaeliana.wixsite.com/perlen-der-liebe/celebrate

それは物質界において一なる存在を創り出します。

ソウルファミリー内のあらゆるレベルの結合は、マトリックスを打ち破るクリフォードトーラスを創り出します。

http://2012portal.blogspot.com/2012/07/plan.html

この理由のゆえに闇の勢力はいつもソウルファミリーを破壊しようとしています。

まず、彼らはスターピープルにインプラントを施すことによってそれを行います。そのインプラントは、彼らの高次元の意識との繋がりと一なるソウルの臨在に彼らが繋がることを妨害します。これは垂直インプラントプログラミングと呼ばれています。そしてこのことは、そうするべき時期が到来した時、特別にその目的のために献じられたブログの記事において話されるでしょう。垂直インプラントプログラミングは監獄状態の地球における妨害の基盤となるものです。

第二層のプログラミングは水平インプラントプログラミングです。プレアデス人はマトリックスを創り出している社会プログラミングの解体を始めるために今、この話をするように求めてきました。

水平インプラントプログラミングはツインソウルが男性(電気的)と女性(磁気的)の極性として四次元と三次元に入って来たとき、これらを誤用させます。その純粋な形態において、男性の電気的(クンダリーニ)力と女性の磁気的(ソウル)力は引き合い協力し合います。そしてそれは進化の力であるトライアンギュレーションを創り出します。
(訳者補足:どんな人物であっても必ず男性エネルギーと女性エネルギーをバランス良く保有していますが、このインプラントの故に著しく両者のエネルギーのバランスを欠いているのです。男性エネルギーが勝ちすぎている人は他人の気持ちを汲み取ることができません。全てにおいて自分勝手で自分が一番でないと気が済みません。自分の行為が他人を傷つけていることに気づきません。このような人は事ある毎に他人の気持ちになってみることをお勧めします。男性エネルギーの対極の女性エネルギーになってみるのです。こうするとだんだんとエネルギーのバランスが取れてきます。一方、女性エネルギーが勝ちすぎる人は引きこもります。極度に他人の目を恐れ、自分が他人の批判に晒されて傷つくことを極度に恐れます。このような人は清水寺の舞台から飛び降りる気持ちになって、勇気を振り絞って何か自分独自のものを表現してみることを、とにかく行動に移してみることをお勧めします。男性エネルギーを演じてみるのです。こうしてだんだんとエネルギーのバランスを取っていきましょう。トライアンギュレーションとは自分とは逆のエネルギーを無理矢理経験してみるというテクニックです。)

女性/男性間を引きつけるこの電磁気力が水平インプラントプログラミングで妨害される時、それは社会の電磁気フィールドの歪みを生じさせます。それはプログラムされたものであり、そのようにプログラムされた社会の進化は遅れさせられます。多くのミレニアムの時代にこれはしばしば起こりました。地球表面の社会がまさにそれなのです。

この基本的な水平インプラントが女性と男性の性エネルギーに対する感じ方の分離をもたらします。そのことは詳しく以下のリンクで語られています。

http://2012portal.blogspot.com/2018/03/sexual-energy.html

社会をコントロールする、そして、その進化を遅らせる最も効果的な方法は、女性の性的エネルギーをコントロールすることです。この理由のゆえに、女性に最大限の性的自由が与えられている文化が最も進化していると見なされたのです。

既知の社会において見られる女性の性的エネルギーを最も効果的にコントロールする方法は、クリティカルマスのオリオン/ドラコ/レプティリアンの性的捕食者をその社会に潜入させることでした。これはアルコンが人類の歴史上で何度も行ってきたことでした。クリティカルマスの女性がこのような性的捕食者からネガティブなプログラミングを受ける時、その社会の無意識的な女性的ソウルがパブロフ反応(訳注:条件反射)を起こすようになり、効果的に女神のエネルギーを切断するのです。

このような社会で女性は、マトリックスのせんさく好きな視線から離れた時のみに性的な表現を見せるような二重生活を生き始めるのです。

この極端な例がサウジアラビア社会です。

http://www.theweek.co.uk/60339/nine-things-women-cant-do-in-saudi-arabia

このような社会を解放する鍵は、このような社会の最も進歩した女性が、少しずつ官能的で性的な女神のエネルギーを表現し始めることです。

Temple Priestess

アルコンは、男性と女性との間の深い一なるソウルの愛のエネルギーに対してまったくもってアレルギーを持っているのです。

転生プロセスを管理することによって、彼らは滅多なことでツインソウルが同時代に転生しないようにしています。そうとはいえ、稀にはツインソウルが出会います。もし出会うことがあっても、彼らは滅多なことで一緒になることを許されません。アルコンの管理状態がこの統合を妨げるのです。このことがこの惑星において今はツインソウルの統合が極めて稀である理由です。そして、自分たちがツインソウルだと思っているほとんどの人々は、実際は最も近しいソウルメイト(ツインソウルのエネルギーをお互いにチャネリングしているソウルメイト)なのです。

この惑星の地上におけるソウルメイト同士の深い一なるソウルの愛の繋がりは、多少は起こり得ます。もしそれが起こった時、アルコンはしばしばこの愛を激しく妨害しようとします。時にはどちらか一方か両方を殺すこともあります。

イベント後、特に、ファーストコンタクトの後には、レジスタンスとプレアデス人が人間社会の最も進歩したメンバーと、特に、ソウルファミリーとして目覚めている人々とコンタクトを開始します。

このコンタクトは人間社会に避けがたい地殻変動的な文化のシフトをもたらします。プレアデス人とレジスタンスは、このコンタクトは、しばしばより深いロマンティックな性的な関係への進化を避けがたくもたらすだろうと話し合っています。特にどちらか一方が地上に住んでおり、もう一方がレジスタンスか連合に属しているツインソウルとソウルメイトの場合にそれが顕著です。

このような繋がりにさらに準備するためには、地上の人類は、プレアデス人とレジスタンスがソウルファミリーに基づいたとてもよく似た社会モデルを保有していることに気づいている必要があります。しばしば彼らは彼らのツインソウルか最も近しいソウルメイトとの神聖な統合に深く身を委ねています。そして、しばしば開放的な複婚的な関係を形成しています。それは一なるソウルの愛と性的エネルギーの自由な流れに基づいているのです。同性同士の統合も彼らのうちに起こり得ます。しかしそれは、この惑星の地上でいたるところで見られるアルコンの妨害を受けていません。

これらの繋がりは、銀河社会への参入を果たすための人類統合の最終テストとなるでしょう。

光の勝利!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です