コーリー・グッド 2019年3月18日 Edge of Wonderライブ・インタビューの要約

Qコーリー・グッド 2019年3月18日 Edge of Wonderライブ・インタビューの要約

はじめにベンより

ben.jpg

今回のインタビューは完璧と言えるものではありませんでしたが、これは僕たちにとってゲストを迎えての初めてのライブ放送だったんです。これからもシステムを完全なものにできるよう改善していきます。でも僕が想定していたよりは上手くいったと思います。そしてまた僕たちは近い内に、コーリーには直接会ってインタビューする予定です。

SP18.jpg

ベネズエラで起きていることと一斉逮捕が起きない理由

ベネズエラの軍の高官や政治家たちは人身売買に関与するマフィアである。彼らは「調達」すべき女性・子供・人員・ドラック・銃などのリストを持っていて、それを南米おけるMS-13のようなグループを使って誘拐・調達させ、アメリカへと輸出している。それを取り仕切って、護衛しているのがMS-13とCIAのある一派である。アライアンスはこの組織的な犯罪を撲滅するオペレーションを行っている。彼らは組織下部の構成員を逮捕するより、むしろ特殊部隊によるガサ入れによって、ハードドライブなどに入った組織上部の特定につながるデータを回収をすることに主な目的がある。

また、カバールが様々な地下基地や格納庫に保管しているこれらのデータには様々なゆすり・恐喝の材料が含まれている。例えばカバールは官僚や政治家をエプスタインの島に招待し、特別な「接待」をしたりするが、そこにはいたる所にビデオ・カメラが仕掛けられていて、彼ら全ての「汚点」がデータに記録され、弱みを握られることになるのである。つまりカバール自身の汚点・犯罪の証拠を記録したこれらのデータは、裁判においてカバールに対して不利な証言をしたり、内部告発をすることを予防するのに大いに効果を発揮してきた。

アライアンスはこれらのデータをガサ入れによって回収し、ワシントンDCに持ち帰ってカタログ化する作業をしている。これは軍事裁判において有力な証拠となるだろう。そしてアライアンスの中にも、自分が過去の過ちによって起訴されることになるとわかっている人々がいる。彼らはそれでもカバールを戦っているのである。彼らにはある程度の恩赦があるだろう。しかし、こうして私たちのために戦ってくれている人々は決して天使ではない。

そして、アライアンスはアメリカの軍人だけでもない。中国にも、インドにも、南アフリカにもいる。確か140カ国かそこらの国々に、程度の違いこそあれアライアンスの参加者がいるのだ。そして過去にはゆるかったアライアンス間の連帯も今やかなり組織化されてきた。カバールのあまりの組織力と恐怖に基づいたお互いの忠誠心の強さを目の当たりにしてきたからだ。

私もカバールはアメリカ全土にあまりに浸透しているために、一斉逮捕は起きないだろうと考えてきた。それにはカバール自身が自身を逮捕しなければならないからだ。国防総省、司法省、国務省、NSAなどの浄化がある程度済んでからでないと、一斉逮捕や極秘起訴状が完全に紐解かれるということは起きないだろう。これからも80000ほどの極秘起訴が一気に紐解かれるということはなく、各州でポツポツと少しずつ逮捕・起訴のニュースが表に出てくるはずである。

 

SSP同盟のアップデートについて

(※コーリーが過去にFacebookで伝えていた話と同じ内容であるため割愛)
該当記事:

 

南極をめぐって

南極には過去に報じたようにアンシャールに連れられて2回訪れている。南極大陸の火山による地熱が氷を溶かし、南極の大地と氷床の間にはドーム状の隙間ができている。そのドームは氷床の移動とともに、常にその場所を変えている。そのために氷上からそこへたどり着くためには何度も継続的に穴を掘り進めなくてはいけない。まるで蟻塚や蜂の巣のように細い通路を何度も掘り進め、通路を張り巡らせているうちに、彼らはそこにあったアステカ文明に似た遺跡を破壊してしまった。
このオペレーションに参加していた元海兵隊の人物がたまたま、私がコズミック・ディスクロージャーで南極に行った話をしている時にそこで警備の仕事についていた。収録後に彼は私に歩み寄って「本当に南極に行ったのか?」「今ではもう皆そのことを話しても良くなったのか?」とたずねた。その彼は通信システムの専門家であり、南極に降り立ってそのアステカ文明のような古代遺跡と通路の複合施設のあるエリアに電話線を通す任務を経験していた。
なぜならその古代遺跡は無線電波を無効化してしまうからだそうである。私とデイヴィッドは彼に改めてインタビューをしたいと願ったが、彼は怖気づいてしまった。しかし、私にとっては南極で何が行われているかを知る人々が他にもいるという確認が取れて興味深かった。私たちはこれまで大学や軍やロッキード・マーティンのような軍産複合体に雇われて南極で様々な調査を行ってきた人々に、今こそデータを公表するよう呼びかけていくべきだと思っている。
私も南極の研究施設や軍事基地で働く多くの人々と話してきたが、彼らのほとんどがこの氷の下の古代遺跡について何も知らなかった。それほど情報は区分化されているのだ。私もアライアンスからDIA文書を与えられて公式発表よりも前に公表したことがあるが、南極についてもそういったことをすることでカバールの部分開示のシナリオを台無しにすることができるのだ。
カバールとしては火星の基地や南極のナチスの基地の情報は隠しておきたいのである。過去に何度も説明している通り、カバールの開示プランは、まず古代のET文明の遺跡の存在を明かし、それから世界中の皇族や指導者達がその古代ETの子孫であると発表し、これまでの支配を継続するというものである。またカバールが南極について部分的にでも開示しようとしている理由は、アライアンスによるカバールの犯罪(人身売買その他悪魔的な所業)に関するデータダンプから大衆の気をそらし、自分たちが糾弾されることから逃れようとしているからだ。
新しい世界観を提示することによって、過去の出来事には目を向けさせないという手法である。また、アライアンスの中にすら、全ての情報を一気に開示することで社会が崩壊するのではないかと危惧し、ある程度薄めた情報開示が適切だと考えている人々もいる。しかしディスクロージャーのプロセスを長引かせると、その間に気変わりして立場を変えたり、再び腐敗が起きる機会を与えてしまうことになる。だから人類にとってショックな出来事であっても、一気に全てを開示(フルディスクロージャー)した方が良いと思う。
しかし映画『Above Majestic』でも述べたが、人類に接触してきたETが訴えている二点を思い出して欲しい。一つは抑圧されてきたテクノロジーの開放。もう一つは精神的に成長し、意識を拡大すること。他者を思いやり、許す心を持つことだ。精神がテクノロジーに追いついていない時、それは破滅をもたらす危険となるだけである。
 

新たな内部告発者

最近現れた2人の海軍・海兵隊員の内部告発者が南極の遺跡について暴露し、オウムアムアへのミッションについても語っているのを見たが、私は彼らが本物であるかどうか確認するために私の情報源に問い合わせた。南極の実情を知る人々が口をそろえて言うのは、南極の氷上付近には破損していない構造物は存在しないということだ。理由は氷が形成された時の周囲からの圧力と、先程も話した氷床の移動による横からの圧力である。これによって99%の構造物は潰され、破損している。
比較的破損が少ない形で残っているのは、巨大津波に飲み込まれて瞬間冷凍したもっと下の層にあるものや、地下に存在する宇宙船である。そういったことを踏まえて、彼らの話に注意深く耳を傾ける必要があるだろう。彼らが主張する八角形の構造物が潰されずに残っている理由を説明できて、LARPER(偽物)でないことがわかれば、彼らの存在は私が2~3年に渡って証言してきたことの大きな裏付けになるだろう。私は南極に宇宙港が存在することも証言してきた。彼女(リンダ・モールトン・ハウ)にはさらなるインタビューを続けてもらって、皆がその情報を比較できるようにしてもらいたいと思っている。
 

想定される部分開示プランと反完全開示工作の存在

現在キューバ沖やアルゼンチン沖から南極にかけて、多くの海底遺跡や古代都市跡が発見されている。これらはかつていくつもの島であったが、今は海の底に沈んでいる。これらを世界中の海軍が水中ドローンや潜水艦で調査しているのだ。その潜水艦には先進的なソナーが備わっており、そのソナーを使うと写真のような高解像度の画像を作り出すことができる。私はその画像を見せてもらったが、それもいずれ一般に公表されるだろう。
それと同時にアメリカ宇宙軍を通じて「1980年代(※ロナルド・レーガン大統領時代)から秘密宇宙プログラムがあって、このような進んだテクノロジーが存在していたが、諸般の事情で機密事項とされていた」という感じの一般公開があるだろう。それからそれらの情報を全てつなぐ南極の遺跡が公表される。なぜなら南極=アトランティスのグループは地球外からやってきたETであり、その遺跡は月にも火星にも木星の月にもあるからだ。
そして彼らは「遺跡からこの古代ETのDNAを検査してみた所、偶然にも世界の指導者たちが彼らの血統であることがわかった」と発表するつもりなのである。そうやって自分たちを神格化しようと考えている。そして私やデイヴィッド・ウィルコックやウィリアム・トンプキンスやマイケル・サラ博士やその他の人々が流してきた情報は、そのプランを実行不可能にするものだ。だからこそ、彼らは私やデイヴィッドやサラ博士などの信用を貶めようと継続的に試みているのである。
 

スピリチュアル・コミュニティが抱える問題

また、スピリチュアル・コミュニティには妄想にとりつかれたような人々もかなりいる。そういった人々は自分の幻想と折り合いがつかないことを言う人を攻撃しはじめるのである。私にも女性ストーカーがいて、私が別の次元で彼女と結婚しているだとか、私が彼女の夢の話を盗んだとか言って、訴訟を起こされたこともある。少しでも有名になると、こういった妄想癖の人々から言いがかりをつけられることは避けられないのだ。
とは言っても、私の自宅まで押しかけてくる人々までいて、本当に怖い思いをしている。実際にブリーフィングで言われたのが「コーリー、君は実際の工作員よりも、君が関わっているコミュニティからの危害を心配した方がいいよ」ということだ。デイヴィッド・ウィルコックは決して自分の口からは言わないが、彼も同様の酷い目にあってきている。このスピリチュアル・UFOコミュニティにはかなり多くの割合で、心のバランスを失った人々が存在するということだ。

Facebookとインスタグラムの通信障害が起きた日に何があったか

あれはアライアンスのオペレーションだった。アライアンスがこれからFacebookのプライバシー侵害に対して起こす法的措置のための介入があったのだ。アライアンスはFacebookがDARPA・CIA・NSAが関与するオペレーションであるということを暴くつもりなのである。Lifelongもそうだ。人々がその陰湿なスパイ行為を知れば、一夜にしてFacebookの株価は90%下がるだろう。
こういったテクノロジー企業とディープステート・CIAとのつながりは根深い。米国愛国者法によって彼らが握る膨大な個人情報をディープステートに流すことが合法化されている。そうして集積されたこれらの個人情報はすべてAIによって解析・分類化され、「ビースト」と呼ばれる強力な量子コンピューターに送られている。このビーストの持つAIは非常に強力で、現実世界の環境をすべて仮想空間上に再現しており、集積した個人情報を元に人々をホログラムで再現できる。そしてその管理された環境で様々なシミュレーションを行っている(あるシナリオに対してどんな反応を示すか見ている)のだ。これによって長期的な人類の行動予測もしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です