ベンジャミン・フルフォードがサイモン・パークスとの対談時にETについて言及する

ベンジャミン・フルフォードがサイモン・パークスとの対談時にETについて言及する

コズミック・ディスクロージャーre-boot さんより転載

02/14/2019 By Cosmic Guerrilla

2019年2月2日に公開されたベンジャミン・フルフォードとサイモン・パークスの対談おいて、フルフォードが珍しくET関連の話題を取り扱った。ベンジャミンはデイヴィッド・ウィルコックとの関係も古く、デイヴィッドにとってのアライアンスの情報源であったことが最近のデイヴィッドのインタビューでも語られている。また、コーリー・グッドが2014年末、最初に内通者として名乗り出る際に、証言することを申し出た相手の一人がベンジャミンであった。その時ベンジャミンは彼がETの話題を避けるのと同じ理由でコーリーのオファーを断っている。約4年の歳月を経て、現在の状況はどうであろうか。コーリーはデイヴィッドとサラ博士をアライアンスに直接紹介したことをつい先日のFacebookの投稿で明かし、デイヴィッドサラ博士もそれを認め、デイヴィッドはアライアンスの活動を支持することを表明している。アライアンスの広報であるQAnonが秘密宇宙プログラムの存在を認めている今、ベンジャミンの伝える情報とコーリーの伝える情報は近づき始めており、両者の距離も近づいてきているように思える。ベンジャミンがコーリーにインタビューする日が来るのかどうかはまだわからないが、日本にコーリーのインタビュアーとしてベンジャミンほどの適任者は他にいないだろう。期待は高まるところだ。いずれにせよ、日本人として、対談でのベンジャミンの以下の発言はとても興味深いものだ。

 

 

(6:45~)
・・・ご存知の通り、わたくしは普段この類の話は記事にしたり話したりしないのですが・・・せっかくのインタビューの機会なので、わたくしが個人的に経験した2、3の出来事を申し上げます。
私は日本の秘密社会の構成員に連れて行かれました・・・彼らのことを犯罪組織のヤクザと同一視する人もいますが、実際はちょっと違います。とにかく、彼らはわたくしを銀座にある特別な寺院に連れて行きました。その寺には純金でできた祭壇のようなものがあって、不思議なエイリアン文字が書かれています。そして彼らはETとつながっており、接触を持っているとわたくしに話しました。彼らはそこで儀式を行っていましたが、わたくし個人はその訪問時にETを目にすることはありませんでした。
しかしながら、わたくしはロスチャイルド家でイギリス王室の家系でもある人物にドラゴンファミリーと呼ばれるグループのある紳士とのシンガポールでの会合をセッティングしてもらったことがあります。その時彼は「もし中国と話をしたければ、ドラゴンファミリーが中国のトップだ」と言っていました。この人物はアジアの皇族で、彼もまたETと接触していて、ETからサポートを得ていると言っていました。そして彼らは必要とあらば地球を厳しいルールの下におくだろうと言いました。わたくしたちが破壊的なこと(※戦争・環境破壊など)をやめない場合です。
これもまた又聞きの話ですが、もう一つあります。武器商人のアドナン・カショギがいますね。彼の甥でワシントン・ポスト紙のコラムニストのジャマル・カショギは最近トルコのサウジアラビア総領事館で残忍に殺されたようですが。叔父の方はイラン・コントラ事件などでとても有名な武器商人ですよね。その彼が、わたくしの講演会にとても若く美しい女性を送り込んできたことがあったのです。それは彼女が自分で言っていたことです。それはハニートラップでした。彼女はとても美しい女性だったのですが、とにかくですよ、彼女はわたくしに「私の子宮はETによって人体実験を施されている」と言ったのです。そのETはいわゆるアヌンナキという大柄のヒューマノイドETに似ていたそうです。これも又聞きの情報で、私自身はアヌンナキに会っていません。しかしこの女性は有名な武器商人とつながっており、そのような人物がETに人体実験されているとわたくしに話したのです・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です