2019年3月6日 コーリー・グッド 重要な情報更新の予告

2019年3月6日 コーリー・グッド 重要な情報更新の予告

コズミック・ディスクロージャーre−bootさんより転載

Facebookの投稿2019/03/06

重要な情報更新を予告します!私はもうすぐEdge of Wonderのインタビューでお話する私の最近のブリーフィング情報をまとめているところです。数ヶ月の(作戦上の)情報の断絶が終わり、とてもたくさんの情報が入ってきています。私はアライアンス対ディープステートの戦争についてのブリーフィングを受けており、それは衝撃的なものでした。この現在遂行中の「影の世界大戦」の規模には唖然とさせられます。アライアンスは「すべての大陸」にいるディープステートの代理人や手先たちと戦っているようです。

私が受け取っている情報は、現在アフリカ・ヨーロッパ・アジア・南アメリカで何が起きているかについても明らかにするものです。ベネズエラについて入ってきた情報だけでも私は仰天してしまいました。トップレベルの軍人や政治家たちが、中国やロシアの諜報機関グループと秘密裏に軍によって保護された居留地に住むナチス・グループによって完全に買収され、イランに関係するテロリスト集団を援助しているだけでなく、麻薬・人身売買ネットワークにも関与しているという情報もあります。これは全く秘密のうちに世界規模で起きている紛争について入ってきている情報のほんの一例に過ぎません。

私はこれらのブリーフィングで得た多くの情報を拡散するだけでなく、内通者からの新たな情報もお伝えしたいと思っています。1年以上前に報告しました通り、ディープステートには用意されたディスクロージャー(情報開示)と機密文書流出プランがあり、それを武器として使って大衆の注意をそらし、真実への目覚めを妨害するつもりなのです。古代文明と南極に目を向けろ・・・特殊技術の開示に目を向けろ・・・と。こういった注意をそらすための情報開示の一つが、大学や軍の関係者が海底や南極の郡の下深くに存在する古代遺跡について話し始めたことです。私は過去にそういった地域に連れて行かれ、近い将来に一般公開されることになっている古代遺跡を見せられており、そのことについては広範囲にわたって報告していました

私は宇宙空間での実際の軍の作戦映像も見せられました。それは秘密の宇宙船がある物体にドッキングする映像で、その物体とは私たちの太陽系に入ってきて、それから知的に制御された様子を示し始めた物体です。おそらく「エイリアンの宇宙船」かもしれないと言われるこのオウムアムアについて、一般に報じられた他のどの情報よりも以前に、このミッションは録画され、私に見せられました。

私はこの遺棄されたETの宇宙船で発見されたものについて、間もなく広範なブリーフィングを受けることになると言われました。それはおよそ10億年前までは多くの異なる文明が協力し合っていたという歴史についての素晴らしい情報だと聞いています。

私はまた、2つのDIA文書の公表を許されていました。それによって私は公式にDIAとDODの特殊技術研究プログラムを暴露した最初の人間となったのでした。しかしながら、最近出回っているAATIPディスクロージャーについてのどの記事にも、当然ですが、コーリー・グッドが最初にそのプログラムの研究文書を公表したという記述はありません。

AATIP DIA 文書が初めて公表されたのはこちらです。私はこの話題をカンファレンスで話し、その模様は私のYouTubeチャンネルで1年以上前から公開しています→「古代宇宙人の帰還・侵入者阻止尋問プログラムについて デイヴィッド・ウィルコック&コーリー・グッド

私はこれと同じ内容をコズミック・ディスクロージャーと、iTunesとAmazonで6週間1位だった大ヒット映画『Above Majestic』でも報告していました。

問題です。なぜ私が最初に南極の古代文明についての情報を伝える人間に選ばれ、もしくはアメリカ軍の秘密宇宙プログラムによって行われたオウムアムアの探査ミッションを最初に報じる役割を担ったのでしょうか?

答えは、ディープステートがいくつかのディスクロージャー計画を用意していることをアライアンスが知っていたからです。アライアンスは、南極の古代文明の開示計画について知っていましたし、オウムアムアが古代宇宙人の宇宙船であることが大衆に知らされる計画があることも知っていました。ディープステートがAATIPプログラムについての情報を流出させて、大衆の注意をそらすつもりだとアライアンスは知っていたので、私に「その前に」その情報を暴露させて、彼らのディスクロージャーがとても限定的に操作されたものになるだろうということを伝えさせたのです。

私はまた、MIC SSP(軍産複合体の秘密宇宙プログラム)の存在が明らかにされるということを、アメリカ宇宙軍の発表の1年以上前から、皆さんにお伝えしていました。

私は今後ますますAATIPプログラムのようなプログラムやその研究についての暴露や、南極の遺跡について証言する内通者の登場が予期されると聞いています。

私はリンダ・モールトン・ハウが海兵隊と海軍の特殊部隊員たちにインタビューし、彼らが数ヶ月~1年前に私が公表したのと同じ情報について話しているのを見て、かなり衝撃を受けました。デイヴィッド・ウィルコックも、これらの軍の内通者が語っている多くの詳細が私たちが1年前に報じた内容と正確に一致しているのを見て、大変驚いていました。一般公開があると言われていて、その数ヶ月~1年後にこうして本当にそれが実現しているのを目にするのはおもしろい感覚です。

サラ博士がこの話題に関して素晴らしい記事を書いてくれました。

こういった全ての話題を、間もなく行われるEdge of Wonderのインタビューで報告できるように、まとめているところです。私は他にもミーティングで得た膨大な量の情報があり、その一部はデイヴィッド・ウィルコックがEdge of Wonderのインタビュービデオの中で共有してくれています。

私は皆さんにもう間もなくこの情報をお伝えできるのを楽しみにしています。

私のYouTubeチャンネルとFacebookに登録をお願いします。私は現在ひどくシャドウバンされており、この情報の多くを検閲されることなくお伝えできることを切に願っています。

ありがとう。

コーリー・グッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です