アレックス・コリアー: ウェビナーまとめ

アレックス・コリアー:ウェビナー55 20180420 まとめ

新時代コスモスさんより転載

テーマ:カーテンの後ろを見ること/大いなるシフトに備える/ハートを通じて世界を見る

5日前にモラネーとコンタクトがあった。

ディープステートは西洋のすべての政府がそうだ。影の政府は軍産複合体。そしてイルミナティ。ここには中央銀行家がいる。アヌンナキの子孫たちやエイリアンの階層がある。

影の政府はSSPがある。複数の国が様々なレベルで関わってる。飛行士たちも関わってる。SSPは後退的なプログラム。後退的な宇宙フリートがテクノロジーを盗んだ。生存の必要があって盗んだ。善意のエイリアンたちがそれを取り戻そうとしている。

多くの人はETが現存していることを知らない。カシオピアの人たち(とてもニュートラルな種族)が手助けした。盗まれたテクノロジーはとても危険なもの。しかも間違った存在たちが持つのは良くない。取り戻すために時間退行をして後退的グループがテクノロジーを盗めないよういくつかの障壁を用意した。そのおかげで物事が進展し、後退的グループのパニックを誘発している。

主流メディアに目をやると、ネガティブな事柄に意識を向けないことが大事だが、西洋のメディアはすべてassiahだ。メディアの仕事はあなたを絶望させ、変化のための努力を諦めさせサレンダーさせること。それによって支配者の地位を不動にする。

パターンがいつも同じように存在している。スポーツのスコアとか、料理番組ぐらいが本当のことを伝えてる。

エネルギーに敏感な人へ。シューマン共振が跳ね上がってる。跳ね上がりと収斂を繰り返してる。上は300とか行ってる。自然が変化していてそれに注意を払うべき。

シフトと変化が起きている。周波数の変化が起きている。樹木のエネルギーがまるでワイファイのようにこの変化している周波数を伝えている。

あなたのDNAと周波数が調整に入ってる。もうその途上にある。多くの人が目覚めて来てるが、周波数・振動が第四密度へシフトしている。こうなるとよりはっきりとした知覚と意識を獲得できる。

科学界が認めたが、太陽系が銀河のプラズマ平原に完全に入ってる。女性的な周波数。許し、喜び、とても強い周波数である。女性原理があなたをみんなにパワーを与える。

クローンには魂がないがクローンプログラムは間も無く終了する。

クレアヴォヤンスを体験できる人へ。第四密度になると相手のエネルギーが見えるようになる。第五密度になると身体性は必要ない。どんな形にもなれる。光として存在することになる。エネルギー・周波数として存在するようになる。何人かの人はすでに第四密度の知覚を獲得してるが、これはプロセスであり、みんなが通過する。

人類に起きているシフトは、物質的に見えるが実際は意識のシフト。私たちは私たちが想う存在であるということを覚えておこう。

メディア、偽旗、核戦争の脅しぐらいしか支配者にはツールがない。サレンダーしないこと。それが必至。サレンダーするとゲームオーバー。

複数のレベルでものすごく多くのことが起きていて、4つの次元が関わっててすべてのこれらの次元はポジティブである。

学生から先生へととても短期間で変わって行くだろう。

現状、ソフトディスクロージャーが進行中だが、物事、人々は変わることができる。

アジェンダ21はあからさまな計画。人類奴隷化計画だ。

自分のエネルギーフローと意識に注意を払ってください。

自分自身にパワーを与えて強くすること。それがすべて。自分が欲しいもの、それに集中すること。

私たちは一つの意識。ソウルグループでどこかからやって来たが人類は一つのソウルグループ。

第四密度になると仕事・ワークはものすごく楽になる。宇宙と第四密度の周波数がサポートすることになる。

一般的に、助けるのはいいが、問題を解決するのは本人に任せるべき。その人の学習プロセスなのだから。

アセンデッドマスターについて。マスターという言葉に拒否反応する。A’sによればマスターとは意識やその他の要素全てにおいてマスターをマスターと呼ぶ。だからアセンデッドマスターという表現自体がブルシットだ。ヴァセイアスによれば、全てをマスターするのは無理。もしできたらもうマスターしたり成長する余地がなくなってしまうから。

量子力学と意識について。論文記事の紹介。魂は決して死なない、など。次元は12時限まであるというのが私たちの理解だが、科学者にしてみれば第四密度や第五、第六は別の宇宙のように解釈するだろう。だが次元の問題。

意識というものは本来、何かに閉じ込めることはできない。無限の広がりを持つもの。意識が密度を落として狭くなると物質的な領域つまり3Dになってくる。

Biocentrismという本の紹介。全ての結論には賛同しないが、科学は真っ当。ある人々には重要なものだろう。

モラネーはよく言っていた:生まれた惑星で生きるのになんでお金を支払わないといけないの?

金融制度のシフトについて。資産にバックされた金融システムを構築しようとする勢力が中国やロシアを中心にある。

アメリカはフィアット通貨から合衆国ノートにシフトする。金または銀を買ったほうがいい。備えよう。(アメリカ人向けの話)。

セルフエンパワーメントについて:しっかり自分を内観し、何が欲しいのか、それを瞬間瞬間意識して今に生きることが鍵。

質疑応答部分:(ごく一部)大抵の場合、地球には1人ではなくソウルグループとして来ている。コンタクティは未来の自分とコンタクトしてる。ちゃんとミッションをこなしていてうまくいってるか確かめる。このタイプ以外の最高の連携は他にない。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です