ファーストアセンショナーへの道 仏弟子の方法論その12 呼吸瞑想の目的と段階

former-spiritual-lightさんのブログ

推薦記事:仏教における悟りへの階梯

ファーストアセンショナーへの道 仏弟子の方法論その12  呼吸瞑想の目的と段階

イシュター・アンタレス著「意識の量子飛躍11:11アンタリオン転換」によると、イベント後にまずアセンションのファーストウェーブが起きるとされます。このアセンションのファーストウェーブを起こすにはアセンションへの準備が整っている1,000〜2,000人のボランティアが必要とされます。

当然、自らの内に大量のネガティブエネルギーを抱えている状況では波動が重過ぎ、ファーストアセンションは困難です。自らの内のネガティブエネルギーを一掃し、光の存在としての準備が整っている必要があります。

ブッダは自らの内のネガティブエネルギー(煩悩)を一掃して悟りを得た存在(アセンデッドマスター)に至る方法を見出し、アセンデッドマスターとなりました。そして、悟りに至る道を体系化してその方法論を仏弟子たちに伝えました。

本連載では、ファーストアセンショナーを目指すみなさんに、ミャンマーの仏弟子ウ・ジョーティカ氏が記述した悟りに至る方法を紹介し、皆さんの内のネガティブエネルギーを一掃するお手伝いをしたいと思います。

第十二回のテーマは呼吸瞑想の目的と段階です。以下に、ウ・ジョーティカ氏の文章を引用します。

瞑想のはじめの段階では、自然なこととして、私たちは心を一つの対象に集中させておこうと努めるでしょう。例えば呼気と吸気、そこに心をできる限り留めようとするのです。そこに心を留めるにつれ、私たちはより高い集中力を、ゆっくりゆっくり育てていきます。心がその対象に、ますます長く留まるのです。心が少しだけ落ち着くと、この感覚、この対象の性質に、変化を見て取ることができます。この呼吸への気づきも、たくさんの段階があります。それぞれの段階を体系的に実修すれば、気づきと集中力を育てることは、より易しくなるでしょう。
例えば、あなたが最初に知ることは、自分が呼吸しているということです。自分が呼吸しているということを知れば、あなたは一歩進んだことになる。というのも、ほとんどの時間、私たちは呼吸しているにもかかわらず、そのことを知らずにいるからです。なぜでしょうか?常に何か他のことを考えているからです。考えて・・・考えて・・・。ほとんどの時間、私たちは何を考えているのでしょう?
私たちは自分が何を考えているのかさえわかっていないことが時々あります。ほとんどの時間、私たちは自分が何を考えているのか知りません。思考というのは、多く無意識に起こるのです。自分が呼吸していることを知るたびに、それをきっかけとして、心をこの現在の瞬間に引き戻すことができます。
(ウ・ジョーティカ著、魚川祐司訳「自由への旅「マインドフル瞑想」実践講義」新潮社の76〜77ページより抜粋して引用)

前回の連載では、ブッダの瞑想には観察の対象の視点から区分すると、身随観、受随観、心随観、法随観の4種類に分けられることをお話しましたが、ウ・ジョーティカさんはここでは身随観のうちで最もポピュラーな呼吸瞑想の話をしています。呼吸に一点集中して集中力を高める訓練をするとともに、その他の五感情報や身体情報や脳活動情報に引きずられて右往左往しているモンキーマインドをおとなしくさせていく訓練でもあります。また、ヴィパッサナー瞑想の訓練も実はここに入っているのです。

呼吸に集中する、モンキーマインドをおとなしくさせるというのは実は心が内側に向いてないとできない芸当なのですね。昨日のプレアデスのメッセージの連載で「意識を内側に向ける訓練をしてください。」とお願いしましたが、この呼吸の瞑想をやっていると自然と意識が内側に向くようになってきます。

ほとんどの人は自分の内側に起こっている出来事に全く気づいていないし、気づこうともしていないのです。だからいとも簡単に闇の勢力に操られていつもネガティブな感情を発し続けているのです。まずは一番気づきやすい、集中しやすい身体の内側の現象である呼吸に意識を集中させて意識を内側に向けるとはどんな感じなのかをつかんでください。モンキーマインドがどういったものかをつかんでください。モンキーマインドに引きずられている自分の現状に気づいてください。

次の段階では呼吸への気づきをもっと深めていきます。ヴィパッサナー瞑想(気づきの瞑想)の初歩的訓練がここからすでに始まっています。
呼吸の長さはどうですか?吐いてる時と吸ってる時の感じは違いますか?何が違いますか?吐いている時、体のどの部分が動きますか?吸っている時の体の動きはどうですか?吐いている時と吸っている時の心臓の鼓動はどう変わりますか?血液の流れはどう変わりますか?体温に変化はありますか?体の周囲に何か変化はありませんか?感情には何か変化はありませんか?呼吸瞑想の最中に頭の中で何か考えてますか?何を考えてますか?吐いてから吸うのと吸ってから吐くのでは何か違いはありますか?

こうやってどんどん気づきを深めていきます。そうやって地道に気づきの訓練をしていくと、やがて、五感を超えた感覚が現れてきます。アントワインの記事「13のレイと界(プレーン)」にこの感覚のことが書かれています。この感覚が現れるとエネルギーリーディングができるようになります。

まずは呼吸に集中して意識が内側に向いた状態に慣れてください。闇の勢力が地球人に仕込んだ恐怖システムはこの内側に向いた意識が天敵なんです。

Victory of the Light!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です