アシュター からのメッセージ 1〜3部 2019.8.27

アシュターからのメッセージ 1〜3 部

(ガブリエルRL)

Three Phases Of Immersion – Ashtar

第一部

イマージョン(潜入)の3段階

家族の皆様、こんにちは、再びここにいられて嬉しく思います。今回、今日説明したいこの話題の話をするには、適切なタイミングですので、直接の交信できるこのチャンスは嬉しいです。長いメッセージになるので、もし退屈したら、何回か読み直してみてくれればと思います。

通常、我々のメッセージを読んで疲れを感じることはないでしょう、というのはそれらは、いつもクリスタルエネルギーでチャージされているからです。もし休憩が必要と感じたら、心に留めて下さい。いづれにしても、ハートをオープンにして、頭をリラックスさせて下さい。

私のメッセージ‘の主なトピックを始める前に、今我々の船はもっと近づいており、更に強い愛を放射しています。というのは皆様がそれに対してもっと受け入れようとしているからです。 愛だけではなく、それに伴うすべてのパッケージに関して、皆のソウルプランに関する明確な指示があるし、そして皆様のゴールを達成するにもっとも効果的な方法だからです。

意識は、本当に変わってきており、皆様の中に隠されていたことの多くにアクセスし始めています。 実際、アンテナはもっと強力になり拡大し、皆の原意識への回帰は、まさに始まったところです。なぜなら意識のあなたの本来の状態へ戻るにつれ、もっとたくさん起こることがあるとだけ言っておきましょう。

本来の出発点に素晴らしい回帰のはじまりなのです。自分が誰なのかさらに深い所で思い出し始めること - 自分の銀河的アイデンティティを本当にはるかに超えることなのです。
すべてとの統合のはじまり

皆様の同意、種の契約の中での深い放出、皆の起源などについて、いつの時代を通してもメッセージを届けてきたにもかかわらず、これらのメッセージはまさに、さらに広いパッケージからの筆で描いたものにすぎないのです。自分自身で我々のメッセージを超えてアクセスするための最善の時は何かを決断した時だけ与えられるのです。皆さまの成し遂げた事は素晴らしいです。

地球上での経験に参加することに同意した方法とこの日へのあなたの勇気は、この宇宙とその向こうに響き渡ります。この今、長い間地上にいて、この次元を経験したかった皆様のように、多くの他の種族のために、道を作ってきました。彼らが皆様の勇気を見た時、それに影響をうけ、同じような経験のなかで、自身を没頭することを決心したのです。

皆様はこの宇宙の中で、たくさんの事の先駆者となったことを知って下さい。そして完全に思考をせず、自分が本当に誰なのかを確認し、そして、後でその気づきを取り戻しそして 暗闇が存在しているなかで皆が居合わせた場所で、認識するのです。

そして転生時代を通してさえ、学びともっとも難しい使命のために、難解で複雑な環境の中で、あなたは本当に数十億年にわたった経験で明らかにされた学びと素晴らしい成長のための準備された存在だったという点で示したのです。

何度人生を経験したのですか?。何度地球で転生してきたのでしょうか?。これが今日の私のメッセージの主要テーマです。最初に、続けるためにすこし読むのを止めてみて下さい。すこし時間をあげるので、私の存在のなかにあなたを放射するので、深呼吸してください。故郷のエネルギーのなかに連れていきます。スーハーと深呼吸~

続けて….皆のあるものは、自分たちで転生した地球上での沢山の人生を生きたかについてのデータにアクセスがあります、皆様、本当に多くの転生があったことを思い出して下さい。地上での時間軸で数十億年の間、ほとんどは創造されてから地球に転生してきたわけです。

たくさん量子的手段で計算されており それはおおよそのもので 時々人生の量に関してほぼ正確で、これらの時代の中で、経験を吸収したのです。あなたは多次元の存在であることを忘れないでください。そしてまた密度の高い現実にいるということ - 多次元性は明らかに圧倒される場所であなたの本来の巧妙さと比較して - それはまだ多次元的であり、同時に複数の場所に存在しているかもしれません。一度に複数と言ってもよいでしょう。

この情報で皆様は驚くことはないはずです。もちろん、すでに知っているでしょうし、自覚もあるでしょう。それはそうですと言える瞬間です。とてもはっきりと!。いつもそう感じてたと、数十億年前、地球が準備されていた時、姿のエロヒムはこの現実を創造する際、共同作業をシェアしたとき、あなたも、天使のような銀河的表現の中で、この創造において協力したのです。

沢山の計画, アイデア、可能性について検討されました。特にプレアデス人とシリウス人の種族も創造に積極的に協力しました。例えばいづれ高次の宇宙意識によって使われる肉体(身体)の開発に、彼らの遺伝子の一部を提供して、そしてそれが最高ではないとしても、確実に宇宙全体に大きな反響効果がある銀河的経験をもたらしたのです。

The Intromission – Ashtar – Three Phases Of Immersion

 

第二部

導入

イベントに向けてこの宇宙が準備のすべての真っ只中、それはこの経験であったと思われるが、この現実を作り出すことに直接参加することを許されてなかった種族たちは、銀河のこの場所で起こっていた事によって陰謀を企てられた事もあったのです。

これらの存在もまた参加したかったが、高次のプロトコル(協定)に従ってないのです。彼らは彼ら独自のアジェンダに従いたかっただけなのです。そして多くの場合、完全に進化や拡張に反しており、直接入れる事が出来なかったのです。

いいえ、彼らが呼ばれるまで・・・そして彼らは待つことができたのです。
とても忍耐強く、頑かたくなまでにじっと待ち、これらの高められた意識の振動数が彼らの侵入と適合するまで。彼らはもっと活発な経験が、このようなすごい経験であった密度の中に混ざり合い、参加するこれらの意識まで待ったのです。

そしてまた、そのゲームに参加するために彼らを呼んだのです。これももちろん予期されていましたし、最高の創造主によって気付かれずに行けたかもしれません。
彼らは経験の構築を保護していた全体のクリスタルバリアを取り囲み続けたのです。

何十億年もの間、彼らは待ち続けそして種族を潜り込ませようとし、特にプレアデス人とシリウス人たちは、特定の不適切な修正を誘発させることを意図していました。
そして、ある程度、彼らは種を蒔いたことは、間接的に不適切な反響でした。

彼らは直接経験することはできなかったけど、しかし、それに直接アクセスがあった者は、外から影響を与えようとすることは可能でした。そしてそれが彼らが作ったものでした。実験に直接参加しなかったにもかかわらず、言われてきたように、彼らは最適のDNAの開発において種を植えたのです。

しかし、それはそれらも必然的に経験の中に引き込むでしょう。そして、彼らはそれをそのように望んでいません。そういう方法では。彼らは経験したかったが、それを積極的にではなく、他の人もそうだったように、それをただコントロールしたかったのです。

必然的に、彼らは引きずりこまれました。そして多くは復帰しようと今日の地球にいます。あるものは長い間、経験の進展において問題を引き起こそうとやり続けています。それの中に閉じ込められたことに対する報復のように、彼らはヴェールを破ることはできませんでした。

愛だけがそれを可能としさせますが、まだこの振動数に合わせることはできていないのです。長い間、彼らは、そこを去ろうと試みることで多くの問題を引き起こしました。彼らが、何が起こっていたかに気づいた時、そしてまたその経験に閉じ込められたくなかったので、多くはこの宇宙から逃げたので、彼らの呼び声は同志たちに届いたのです。このようにいつの時代においても、彼らのハートたちは少なくともほとんどは、完全に穏やかになりそしてホームに帰っているのです。

ここで私が言及している多くの種族がある意味、皆様をトラブルの中に留めていて、これらの同じ種族たちのために、報復として経験の中にはまりこんだことを認識し、経験を完全なものにしようと、それでさらにもっと困難にしている事を忘れないで下さい。

すべては一つの大きな動きの中に、最後は、または少なくとも大抵は意識の中に拡張されたのです。最後に、この時点で、”監獄”と私が言うとき、決して地球が一つであると意味するわけではありません。ただ違うと私が言うのは、なぜかというと皆様の直線的思考では、私の説明をより理解できるからです。

 

Migrations Of Souls – Soul Groups – Ashtar

第三部

魂の転生(移住)

それは、低次元での転生のように、あなたを完全に消去するような決定的な飛び込みの前のある特別な段階でした。そして文字通りつまずいて闇の中に落ちたのです。準備のこの期間、ソースと密接なコンタクトの時、どんなチャレンジなのかに関して直接的で明確な指示が与えられ、そして益々激しいプロセスに身を委ねたのです。

地球が準備されていた間、皆の多くは 愛と平和のもっとも純粋な空気のなかで呼吸しつつ、まるで自分が住んでいた惑星かのように、できるだけこの創造の準備の中で協力してました。そして、皆のうちあるものはエロヒムと協力しながら地球の創造に取り掛かっている間、彼らはその経験においてそれほど活発に参加するよう要請されるとは想像しませんでした。

だから彼らは、これらの昇華した状態から何らかの形であなたを引き裂くような経験をするために愛と平和に満たされた故郷をあきらめざるを得なかったことは、どうか信じてください。

地球の物性が準備の最終ステージの状態だった時、いくつかの調整だけが欠けていた時、宇宙を通して、明確な呼び出しが響き渡りました。最初は、地球・ガイアのまさにハートのネイティブの魂が呼吸から始まり、そして実験の準備もしました。

他のシステムの魂たち、振動のフォースによって、自分たちの低い次元で、周波数調整へシフトを始めたのです。これらの魂たちはもはや自分たちの故郷の場所で拡大することはできませんでした。これらのシステムは高次の振動を達成し、後退する必要があり、そして戻るこの場所は地球だったのです。

他の魂たち、先に話したように、皆の多くは全体のプロセスの中で、協力するために皆様の光をもたらすために呼ばれたのです。

魂の分離や分割することを意図してないことはここではっきりさせてしておきたいと思います。ただどのように魂の成長と転生がこの実験のために起こったのかを理解してもらいたいのです。基本的に3つのソウルグループを考察します;

1、これらの地球・ガイアの先住民 ― 自身の地球・ガイアのイニシエイターたちは光のシードの種まきを経験し- 経験をもって調和するためにきた他の種族のために、のろし火となったもの。彼らは、ガイアの愛を彼ら自身の中にもたらす人達なのでありそして、将来の種族とともに彼らの目を通してそれを分かち合う人たちなのです。

2、振動数のフォースで、環境の振動数の上昇に追従しなかったので、故郷から移住(転生)せざるを得なかったため、エネルギー的に環境に適応する中でスタートし、勢いを取り戻し、特殊な経験でガイアの先住民を助けたのです。経験の宇宙を通して、理解できる段階。

3、ガイアからの呼びかけに応え、より高次な光と意識をもたらし、あなたの上昇と人生全体を助け、そしてすべての魂たちのエネルギー的統合する者たちです。なんとか地球の創造に影響を与えたソウルたち、そして今それの中から経験に加わるために呼ばれたのです。これらは、また存在しているソウルグループとともに偉大なる統合のために機会を何とか手に入れ、すべての拡張のための意識と光を分かち合ったのです。

この私のメッセージを読んでいるあなたは本当に3つのソウルグループのうちの一つに合っているかもしれないことを知って下さい。あなたのハートはそれを伝えるかもしれません。分離はありません。経験は皆のためであり、そして皆は同意のもと選択したのです。

私が述べた段階は、ただソウルグループのあなたの理解を助けるのです。すべてのグループは経験を融合したかもしれません。このメッセージを今読んでいるあなたは、銀河を通して他の経験するためにしばらく離れていて戻ってきたガイアの先住民かもしれません。

あなたはべつの惑星でまだ達成していないことをここでまたやり直すためにここに来た魂のグループかもしれません。または、もっと意識と光を定着させるために来た3番目のグループかもしれません。とにかく、第三のグループは共通の目的で密接に関係してます。

地球・ガイアを銀河コミュニティの中へ再統合すること、沢山の経験から完全に浄化、そしてそれの破壊を試みること(事実、何度かお伝えしましたとおり、起こりません。地球は核戦争や小惑星の衝突や他の理由で破壊されることはないでしょう)

4部に続く

翻訳  瀧井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です