インテル「ファイナルウェイクアップコール」~人類の真の起源~

インテル「ファイナルウェイクアップコール」 ~人類の真の起源~

spiritual-lighterさんより転載

 

エジプトのピラミッドとスフィンクスは述べられているよりもはるかに古い

私達の起源は私達から故意に隠されています

答えはシュメールにある

現代の技術と科学

人の起源の新しいモデル

私たちの起源に関連する世界の最初の秘密は、何世紀にもわたって私たちから遠ざけられてきました。
「進化論」や「創造論」のどちらの理論も、人間の真の起源を説明するものではありません。
ダーウィンの適者生存説は、人間が人間のDNA構造内の何千もの欠陥をどのように克服したかを説明しておらず、創造論は世界中に見られる驚くべき数の古代の化石や遺物を無視しています。私たちの起源の真実のモデルの必要性があるのは明らかです。

ごく最近、原始人であるネアンデルタール人が、現代人であるクロマニョン人と共にイスラエルに住んでいたことを示す化石の発見を通して、現代人の起源に関するこれらの理論をめぐる混乱が生じています。
驚くべきことに、これら2つの人種は混交しませんでした。
この謎に対する唯一の解決策があります。作家ジェームス・シュリーブは彼の著書 「ネアンデルタール人の謎」に書いています。ネアンデルタール人と現代人は交流も交配もしませんでした。それは彼らがそれをできなかったということです。

繁殖に関する限り、それらは相容れないものでした。彼らは2つの異なる種でした。科学研究は確かに先史時代のイスラエルの現代人の遺跡がネアンデルタール人の遺跡よりも少なくとも4万年以上古いことを示しました。しかしそれだけでは、連続的な進化論は証明不能です。

この結論はまた、原始人と現代人の間の「ミッシング・リンク」すなわちつながりが存在しないという問題に対する解決策を提供するかもしれません。
それゆえ明らかに、常に全く異なる種類の人々が存在していました、それは人間の起源のための新しいモデルが作成されなければならないことを意味します。
それゆえ明らかに、全く異なる種類の人々の存在が考えられます。つまり、人間の起源に関する新しいモデルを作成しなければなりません。

従来の科学が常に提供してきた既成の答えを守る、考古学者、神学者、歴史家の数が増えています。
しかし、科学者たちはこれらの洞察を単に評価するだけではなく、その結果彼らの考えを表面上、守っています。
彼らは、反対の証拠が増えているにもかかわらず、地球が平らであるとして、その理論を最後まで擁護し続けていると宣言する人たちと同じくらい頑固に断定している。

私たちの惑星の謎の多くは、何千年も前の遺物に関連しています。
そのなかには、発見され翻訳された粘土板があり、そこには金星と土星の惑星の妖怪がそれらの7つの衛星として描かれています。それは望遠鏡を使わずに古代のバビロンで観測されました。

または、紀元前8000年頃に建てられた長方形のジグラット(訳注:古代バビロニアやアッシリアのピラミッド形の神殿)はどうでしょう。
それはごく最近になって沖縄周辺で発見されましたが、これは私たちの惑星で最初の文明が、一般的に受け入れられている年代よりずっと前に生活していた、先端技術を持つ人々の存在を示しています。

そこで疑問が起こります。なぜ、私たちは過去や発見された多くの物について知らないのでしょう?
人々を無知で眠らせるための壮大な計画の計画の一部として、おそらく、何世紀にもわたって、多くの文学や遺物が故意に破壊されてきたのではないでしょうか?
メンフィスのプタハ寺院にあるエジプト図書館の破壊の後には何も残っていませんでした。
同様に、小アジアのペルガモン(訳注:トルコ西部に位置する古代のギリシアの都市)の図書館の破壊の間に20万の貴重な作品が消えました。
ローマ人がカルタゴの街を破壊したとき、彼らは50万冊の本を消滅させました、そして、ジュリアス・シーザーがエジプトに進軍したときには、古代の本と写本の最大のコレクションを収容していると考えられていた、アレクサンドリアの図書館の喪失をもたらしました。

これらの悲劇のせいで、私たちは現在、個々の断片、ランダムな文章、そして質の悪い文書に頼っています、と著者アンドリュー・トーマスは不平を言います。
私たちの遠い過去は、粘土板、羊皮紙、彫刻、絵画、そしてさまざまな芸術品でランダムに強化された真空に吸い込まれ、私たちを誤解させ、半分真実と欺瞞のカクテルで眠らせるために、私たちを揺り動かすために、すべてが慎重に選ばれました。
アレクサンドリアの本のコレクションが今日、まだ存在していたならば、本当の科学の歴史は非常に異なって見えるでしょう。

エジプトのピラミッドとスフィンクスは述べられているよりもはるかに古い

人類の過去の謎は、エジプトの大ピラミッドとスフィンクスという、地球上で最も古い2つの建造物によって象徴されています。
多くの考古学者によると、これらは約4、500年前に建設されました。
最近の大雨による侵食のピラミッドの表面上の発見は、ギザ台地が砂漠になる前に、1万年以上前に発生したことがあるかもしれない現象です。
これは、これらの建造物が古代エジプト文明の出現の何千年も前に建てられたことを裏付けています。

世界のいたるところで、紛れもない先史文明の痕跡が発見されましたが、それは私たちの歴史の従来の物語には当てはまりません。
アラン・アルフォードは彼の著書「肉と血の神々の科学的証明」に書いています。
「石、地図、そして神話の形の遺産として、闇のような先史時代の存在があるように思われる。それは現在の技術でしか解読できない」
これらの人々はだれで、彼らはどのように技術を手に入れましたか?
そのような先史時代の先進的な文明は、アトランティスとムーの伝説の基盤となり得るでしょうか。
やや疑わしいと懐疑的な人々は、彼らの本当の起源と私たちの固有の能力について、人々を意識的に暗闇の中に残すことによって、これをエリートの陰謀として見ています。

人間の起源が私たちから故意に隠されているという考えは、原始的で野蛮な人間から文明化された人間への長年の進化でキャリアを築いてきた人々にとって非常に大きな不安です。

エジプトのミステリースクールやピタゴラスのそれらのような秘密結社を通して、先史時代の知識のゆるいセグメントが様々な形で存在し続けているようです。
これらの神秘的なグループは、生まれ変わりや魂の移転などの宗教的な考えだけでなく、建築デザイン、より優れた建築原理、天文学、農学および歴史学の分野での実用的な知識ももたらしてきました。
初期の同盟の根本的で統一的な考えの1つは、一神教、単一の普遍的で創造的な神への信念でした。

答えはシュメールにある

世界の最も深い秘密は、メソポタミアのシュメール、ペルシャ湾の上流域のチグリス川とユーフラテス川の間で繁栄した人に知られている最初の偉大な文明に戻ります。
この文化は、6千年以上前にどこにも現れなかったようです。そしてそれは同時に不思議な形で消えたが、同時に地球上の生命に深く影響を与えました。

紀元前2400年頃のユダヤ人の部族は、紀元前2350年頃から西と北そしてシュメールを攻撃しました。この国はペルシャ湾から地中海まで広がるアッカド王朝の創始者である将軍サルゴン王によって支配されていました。長年の戦争と大衆の移動の後、シュメール諸国はバビロンのハムラビ王の下で団結しました。彼の有名な法典は、大衆を力で抑えるために施行されました。

約150年前までは、イタリア人旅行者ピエトロ・デラ・ヴァジェの著作に触発された考古学者が出るまで、シュメール人についてはほとんど何も知られていませんでした。
17世紀初頭、人々はイラク南部の田園地帯に散らばっている注目に値する丘を掘り始めました。

シュメール楔形文字

19世紀の終わりに、シュメール語はオリジナル言語として認識され、その翻訳が始まりました。
このことで習得された知識にもかかわらず、一般大衆は、メソポタミアで突然出現したこの最初のすばらしい人間の文明についてはほとんど知りません。
かつてエジプト人、ギリシャ人およびローマ時代の文明によって広く知られていた、6000年前のこの文明についてもっと学ぶことは興味深い考えです。

他の古代帝国のパピルスは残念ながら時間の経過とともに消滅したか、戦争や火によって破壊されました。それとは対照的に、くさび形の文字は湿った粘土板の上にペンで引っかかれ、そこから楔形の文字が形成されました。説明はシュメールの楔形文字にあります。
これらの粘土板を乾燥し、焼いて大きな図書館に保存しました。
現在、約5万枚の粘土板が発見され、今日の研究者にシュメール人に関する非常に貴重な知識を提供しています。

この時点でも、タブレットの大部分はまだ翻訳されていません。なぜなら、翻訳を必要としている膨大な量は、彼らの翻訳を完成するためのほんの一握りの知識のある翻訳者の能力を超えるからです。
シュメール文字はピクトグラムからなるはるかに古いオリジナルの書かれた言語の省略形の綴りでした、
それはすなわち、あなたの電話やiPadタブレットの絵文字のような小さなシンボルで、当時は漢字のようでした。
結果として、その翻訳は、正しい解釈に到達するために洞察と文脈が適用されなければならない、幅広い範囲の可能性に分類されます。

現代の技術と科学

考古学的研究は、紀元前4000年 チグリス・ユーフラテス渓谷は排水されたことを示しています。
つまり、水路、堰堤、堤防が建設された、つまり、大規模な灌漑システムが建設され、私たちが今日知っているように、大都市が建設されました。

私たちはシュメール文明の単なる表面的な説明に悩まされてきたという事実にもかかわらず、彼らが多くの分野で世界の先駆者であることを理解するようになっています。
「シュメールとシュメール人の歴史は始まる」という本の著者、クレイマー教授によると、シュメール人は、筆記システム、楔形文字、車輪、医学部、最初の箴言、歴史学、最初の2議会議会、税制、法律、社会改革、最初の宇宙論と宇宙論を開発した最初の人たちです。そして最初の貨幣制度は、シェケルと呼ばれる秤量銀貨に基づいています。

造船と地図作成の彼らの開発された技術のおかげで、シュメール人は遠くそして広範囲に旅行しました。それは後にフェニキア人に引き継がれ、フェニキア人は地中海の東海岸沿いに住みました。

彼らの宇宙に関する知識は驚くべきものでもあり、謎めいたものでもありました。
360度の円、天体の円弧、地平線、天体の軸、極、黄道、昼と夜の現象などを含む、球状天文学の概念全体が突然シュメールで生まれた、と作家のアルフォード氏は述べています。
太陽と月の動きに関するシュメールの知識は世界で最初の暦をもたらしました。そして、それは後に何世紀にもわたりセム族や、エジプト人、ギリシャ人によって使われました。

アルフォード氏は、幾何学だけではなく、我々の現代の測定システムも、シュメール人の数学的システムの基礎となる60に負っていると理解している人はほとんどいませんが、1時間は60分、1分は60秒分です。
これは偶然に発生したものではなく、60進法に基づいて60を基礎として設計された、とアルフォード氏は説明しています。

さらに、現代の黄道帯は、2の神々に基づくシュメール人の創造物です。
彼らの知識を駆使して、太陽の周りの12か月の軌道の間に地球の北極から見た360°の出現をそれぞれ30°の12の等しい部分に分割して、サイクルを非常に正確にマッピングしました。

地球の軌道のわずかな偏差も考慮されました。このサイクルを実行するには25,920年かかり、別名プラトン年と、ギリシャ人学者プラトンにちなんで名付けられました。
イルミナティ、そしてロードス島の円卓会議はすべてここからインスピレーションを得ました。

科学者たちは今日不快な問題を避けています。
文明がわずか2000年しか続かなかったシュメール人は、どのようにして天体のサイクルを正しく観察し、正確に描写することができたのでしょうか。
そして、なぜ彼らの文明は黄道帯の半ばの途中で始まったのでしょうか。
それは彼らの天文学の知識が神々の遺産であることを示しているのではないだろうか? とアルフォードは問います。

これらの質問はさらに深く掘り下げることができます。約6000年前という原始的な初期の時代、狩人の小さなグループから、突然、現在の基準であっても高度な文明に変わることは、どうして可能だったのですか?

おそらく私達は彼らの粘土のタブレットから得た知識に基づいてシュメール人自身に尋ねることができます。
これらすべての質問に対する答えは、彼らが主張しているように、彼らが達成したすべてのものは神から来たということです。
古代のすべての人々は、天から地に降りてきた神を信じていました。そして、それは意のままに天に昇ることを選ぶことができました、ゼカリア・シッチンは、特に彼の本「第12惑星」で説明しています。

シッチンは、学術研究者は、今日の私たちには普通の知識と考えに基づいて、20世紀初頭までに理論を発展させることはおそらく不可能であると主張しています。
宇宙飛行士が月面に着陸し、無人宇宙船が他の惑星を探索している今、異なる惑星上の文明の見込みを信じるほうが簡単です、
それは当時の地球の文明より発展していて、そしてこの文明はそれ自身の宇宙飛行士と一緒に地球上に着陸することができたということです。

シュメール人はこれらの存在を、彼らに大きな知識をもたらしたアヌンナキと呼ぶか、あるいは「天から地上に来た人々」と訳しました。
次回は、これらの魅力的な歴史についてさらに深く掘り下げます。私たちの抑圧的な支配者たちが私たちの神になるという究極の計画で、故意に編集された歴史の真実でないバージョンに、私たちの過去を挿入する目的のために。

乞うご期待!
以上、おなじみ「ファイナルウェイクアップコール」 ~人類の真の起源~から全訳でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です