ジョン・F・ケネディからのメッセージ:9/11 2021年5月5日

ジョン・F・ケネディからのメッセージ:9/11

ソース:
(自動翻訳)
jfk eraoflightdotcom

 

 

 

私の愛する愛国者とライトワーカー、そしてこの時に私のメッセージを聞いている他のすべての人に挨拶します。ローシャと私は今日別の話題に取り上げたいと思います。彼女と私は「9/11」と呼ばれる出来事について話しています。

私はその当時に何が起こったのかを私自身が理解しているので、その理解をこの時に伝えたいと思います。事後にその一部を発見しましたが、皆さんが知っておくことが重要だと思いますので、とにかくお話ししたいと思います。

私が伝えたい主な情報は、多くの人に衝撃を与えるでしょう。アライアンス、またはホワイトハットと呼ばれる人々は、実は9.11の出来事について事前に知っていたのです。

2001年に、アライアンスには、現時点で行っているような統制手段がありませんでした。彼らはさまざまな機関を管理することができませんでした。それで、彼らはこのイベントが計画されていると聞いたが、それを止めることができませんでした。

それが進行した理由があります…そしてそれが(銀河系によって)「許可された」理由の1つは、それが非常に多くのアメリカ人と国際市民にとって巨大な「目覚めの呼びかけ」であったからです。

イベントは計画通りに進行しました。しかし、アライアンスは犠牲者を減らすために彼らができることをしました。彼らはイベントの発生を止めることはできなかったが、アライアンスがイベントについて知っていて、本当に止められなかったとしても、それを止めようとしていることを示す噂を事前に流しました。それで、それらの噂のために、カバルは彼らが思う通りの出来事を起こすために彼らの時間軸を早めることを決めました。

彼らはそれをたった1時間繰り上げました、しかし彼らがそれを1時間繰り上げたので…その1時間は多くの命を救いました。それは同盟がしたことです…それは彼らがその時にすることができたすべてでした。

彼らはまた、アメリカ人が「目覚める」必要があることを知っていました、そしてこれはそれをすることになっていた出来事でした…そしてそれはそのように働きました。あなたが今多くのライトワーカー、そして彼らが呼ばれるように真実究明主義者、そして「開示」と真実の公開に取り組んでいるさまざまな人々に話を聞くならば、彼らの多くは9.11のおかげで目覚めたといいます。

ですから、アライアンスがそれを知っていて、起こるのを許したのは悪いことのように聞こえるかもしれませんが、常により大きな全体像があり、私は地球にいた時からそれを学んでいました。

私が言及したかったもう一つの話題は、事後、私が9.11で舞台裏の役割を果たしたということでした。それが起こった直後、私は銀河連合の任務にありました。イラクは9.11事件の直後に「アメリカ人」に攻撃されたので、私たちはイラクを訪問し、近隣諸国すべてと話しました。

私が地球にいたとき、私は国際的な知識と理解を持っていたという事実のために、私は銀河連合に参加し、「ホログラム」画像を介してさまざまな国の指導者に話しをしました。そして私たちは彼らを思いとどまらせたかったので彼らと話しましたイラクがアメリカを倒すために参加するのを思いとどまらせたかったからです。それは「良い」ことだったと思う人もいるかもしれませんが…そしてこれは月並みな言い方かもしれませんが、この戦争は起こるべくして起こったと思います。米軍がイラクを執拗に攻撃したため、アメリカ人はイラクの国々や近隣諸国でかなり「嫌われ者」になりました。

アメリカの主流メディアで、アメリカ人は基本的にこれらすべての国に嫌われていて、向こうの軍部…主にアメリカの「政府」…陸・海・空のあらゆる段階で執拗な攻撃をしていることが気に入らないというニュースが流れたとき、周辺の国もアメリカ人を嫌うようになったのです。

そのニュースはアメリカ国民にも伝わり、彼らは自分達が嫌われているのを嫌がりました。…そしてイラクとフセインに対して執拗に戦争を仕掛けている自身の政府が基本的に「専制的」政府であることに目覚めさせました。

だからこそ、そうならざるを得なかったのです。私の役割は、他の国々が本当にそうしたいと思っていたとしても、彼らがアメリカとの戦争に巻き込まれないように、他の国々と話をするのを助けることでした。悲惨な状況でしたが、そのように「役に立つ」ことを楽しんでいました。

私が言及したかったのは、9.11についての2つの幾分異なる話題です。それらは私が知識を持っている分野であり、それを皆さんにお伝えしたかったのです。

9/11の事件は、米国の歴史の中で最大の警鐘でした。私の暗殺もアメリカ人への目覚めの呼びかけでしたが、それは9.11事件と比較して小さなものでした。

それゆえ、すべてが思い通りに起こり、9.11の時から私たちは大きく成長しました!私たちはもっと多くのことを理解しています…私たちは私たちの政府についての真実と、彼らが物事に疑問を持たないように私たちをどのようにプログラムしたかを知っています。しかし、過去10年、20年の間に、オルタナティブメディアを介して多くの質問が出され、回答されてきました。

私たちは今、ついに真実を学ぶことに非常に近づいています…そしてまだ眠っている人々も真実を学ぶでしょう。私たちがこの問題の「側面」に関係なく、私たち全員がお互いを受け入れる時が来ました。彼らが目覚めているか眠っているかにかかわらず、真実が出たとき、私たちは皆お互いを受け入れなければなりません。目覚めた人々は側にいて、目覚めたばかりの人々に対して思いやりを持って接する必要があります。

「だから言ったじゃないか」や「私はすでにこれについてあなたに言ったので助けたくない」ということは決してあってはなりません。どうか、あなたの心の愛から、目覚めているすべての人々を助けてください。私たちの未来はそこにあるので、私たちはお互いに助け合う必要があります…お互いに助け合い、お互いを気遣うことによって…ですから、過去に起こったこれらすべての「悪い」出来事…ひどい出来事はついにポジティブな意味を持つようになるでしょう。

私たちはこれらすべての悲劇から学びました…そして私たちはお互いを愛することが私たちが向かっているところであることを学びました。私たちは頭ではなく、心から話す必要があります。

私はこのメッセージを非常にポジティブな形で終わらせたいと思います…私たちは真実が明らかになるまであと少しの所まで来ています。私たち全員が未来に行くことができるように、皆さんが互いに助け合う準備ができていることを願っています…未来、一緒に、お互いへの愛を込めて…私はあなた方全員への愛を持っています。

本日はメッセージをお聴きいただき、誠にありがとうございました…かなり変わった内容だったことは承知しておりますが、対応することが重要だと感じました。どうもありがとうございました。いつものように、私はあなたを愛しています。私はあなたを見守っています。私はあなた方のためにここにいます。

あなたの献身的なジャック。

**チャンネル:Losha

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA