悟りへの道 ∞ 9次元アークトゥリアン評議会 2021.11.14

悟りへの道 ∞ 9次元アークトゥリアン評議会 2021.11.14

チャネリング:ダニエル・スクラントン

ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン評議会です。皆さんとつながることができて嬉しく思っています。

私たちは、人類にとって未知のものであるミステリーを目の当たりにし、皆さんが未知のものにまつわる不安に対処する様々な方法を見つけてきたことを楽しんでいます。地球上の生命には、未知であるがゆえに何かを信じなければならないことがたくさんあります。水の沸点や氷点など、証明できることは何度も何度も繰り返すことができます。しかし、経験的、科学的に証明できないものを信じなければならないことが、皆さんの生活の中にどれだけあるでしょうか。数え切れないほどあります。

未知なるものの謎にどう対処すればよいのでしょうか?どんな本を読んでも、どんな講演会に出席しても、どんなビデオを見ても、あなたを満足させてくれる未知のテーマへのアプローチ方法があります。あなたには、静かにして、自分の中に入り、未知のものが自分自身を知ってくれるようにする能力があります。また、私たちが目の当たりにするのは、今言ったようなことをしても、疑問やジレンマ、あるいはすべての意味といった重要なことに対して、検証可能な答えが得られないときに、人間がどれほど苛立ちを覚えるかということです。

私たちは、多くの人が内なる知を得ようとする試みから離れていく理由を理解しています。内なる知とは、それに関連する言葉を持つ必要はないと言えるでしょう。すべてのことについての理論を構築する必要はありません。未知なるものについての物語を手に入れ、その物語にしがみつく必要はありません。あなたが自分の中に入っていき、自分の中に平和と愛と思いやりを見つけたとき、その物語にしがみつく必要はありません。そうすれば、あなたは必要なものをすべて手に入れることができます。もしあなたが非常に価値のあるものを失ったために自分の中に入り、ソースやガイド、ハイヤーセルフにその場所を教えてもらおうとするなら、あなたは失望して立ち去るかもしれません。

しかし、答えを求めたり、確かな方向性を示してほしいという欲求を超えて、静寂を楽しみ、自分の中で起こっていることを感じることを楽しんだとき、あなたは謎の一つを解くことになるのです。それができれば、失った所有物がどうなったかは問題ではなく、体験することで未知のものを発見することにワクワクすることができるからです。体験することは、心から信じて硬くなった哲学を持つことよりも、はるかに価値のあることなのです。

未知のもの、証明できないものには、ぜひ手を広げてみてください。すべてを理解したいわけではありません。全てを書き込んでしまって停滞してしまうのも嫌ですよね。柔軟性を持って、自分が経験していることをすべて楽しい冒険だと思うようにしたいのです。それが私たちの考える悟りへの道です。その過程では、様々な信念を持つことになるでしょう。そして、あなたの旅のどこかの時点で、あなたにとって唯一の場所、真に理解し、知るための唯一の方法は、自分の中に入って沈黙することだと気づくことが、私たちの望みです。

私たちはアークトゥリアン・カウンシルであり、あなたとのつながりを楽しみにしています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA