ソースというホームへの回帰 ∞ 9次元アークトゥリアン評議会 2021.9.17

ソースというホームへの回帰 ∞ 9次元アークトゥリアン評議会 2021.9.17

ダニエル・スクラントンのチャネリング

ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン評議会です。皆さんとつながることができて嬉しく思います。

私たちは、皆さんが自分たちがソース・エネルギー・ビーイングであることを知った上で、そこから進んでいこうとしている度合いを高く評価しています。私たちは、皆さんが分離感や孤独感から絶望を感じているのを目の当たりにし、人類が銀河系のどのヒューマノイドよりもその認識から遠ざかっていることを知っています。私たちは、あなた方が本当の自分を受け入れてくれることを強く望んでいます。あなた方が言うように、「あなた方は源の側面である」ということを、あなた方が家に帰るまで伝えることはできますが、それは何の役にも立ちません。ただ考えたり、コーヒーカップに入れて思い出すだけでは、何の役にも立ちません。それ以上のものが必要なのです。家に帰ってきたという実感が必要なのです。

それがあなたの求めている感覚なのです。ソースから離れることは、巣立ちと同じです。どこまで行くのか、どんな危険に遭遇するのかわからないし、ときには帰り道がわからなくなりそうになる。あなたの意識がソースから個性化したときも同じような経験をしました。あなたの中には、最初に物理的に転生したときから銀河系をさまよっていると感じている人もいます。また、ある星系の別の惑星が故郷だと信じ、その星系に戻って初めて故郷の感覚を得られると感じている人もいます。

しかし、私たちはあなたが本当に望んでいることを理解しています。あなたは、自分がソース・エネルギーの巣から出たことがないと感じたいのでしょうが、実際はそうではありません。しかし、あなた方は、自分たちが小さく、取るに足らない、エゴの塊のような存在であり、短い寿命を生きているという印象を自分に与えてしまっています。あなたはそれを経験するためにそこにいるのです。それは必然的なことであり、それを感じ、内臓に染み込ませるのはあなたの生まれながらの権利なのです。では、どうやってそれをするのか?絶望の淵からどうやってそこにたどり着くのか?

言うは易し、行うは難し」であることは、口に出す前からわかっている。故郷の感覚、源の感覚、そして自分が常につながっているという感覚は、自分が経験しようとしていることに矛盾するすべてのものを手放したときに得られるものです。論理を捨てなければなりません。偶然そこにいるという理論も手放さなければなりません。自分の中心、自分の内側の世界に戻らなければなりません。なぜなら、そここそがあなたがそれを感じ、経験する場所だからです。そして、それを地球上のすべての人と共有することができます。あなたがそれを経験すれば、それが他の人の人生にも欠けているものだと理解するでしょう。

私たちはアークトゥリアン・カウンシルであり、あなたとのつながりを楽しんでいます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA