トールホワイトエイリアンからのメッセージ その13 2020年11月22日

トールホワイトエイリアンからのメッセージ その13

spiritual-lightさんがトールホワイトの記事を翻訳してくれたのでシェアします。
トールホワイトエイリアンからのメッセージ
その13
spiritual-lightより
 日本においては、プレアデス、シリウス、アルクトゥルスなどの異星人に関する資料が多数邦訳されている一方、トールホワイトの資料に関しては膨大な英文資料が存在していながらほとんどが未邦訳です。
 そこで、トールホワイトに関する膨大な情報を開示しているtall-white-aliens.comの記事を順次翻訳していくことにします。
 皆さんの参考になれば幸いです。
原文
プログラム《アース》
問:監視者が彼らのミッションに関連して守ろうとしているスケジュールがありますか?
答:はい。ある企てが想定されています。そのうちの一つは、シナイ山でモーセに授けた掟(おきて)を地球に手渡そうというものです(訳注1)。その当時、惑星地球は私たちにほとんど興味を抱きませんでした。実際、他の多くの惑星と同様にそうだったのです。そして後々、地球は宇宙の問題児となっていったのです。
(訳注1:かつて、トールホワイトエイリアンが監視者と呼ぶ存在がヤハウェの預言者を介してイスラエルの民に影響力を及ぼそうとした時代がありました。しかし、イスラエルの民は監視者の導きに関心を払わず、バビロニア、ローマ、ナチスドイツなどに蹂躙されたのです。監視者はプロジェクト«アース»を発動させ、地球全体に関与しようとしているようです。恐らく、ヤハウェの預言者を名乗る人物を世界中に配置し、地球人類の罪深い行いに警告を発することでしょう。私が今紹介しているtall-white-aliens.comもそのような位置付けにあるものと推察されます。)
問:地球は私たちの宇宙と非常に異なる反宇宙的存在ということですか?
答:いいえ。地球はこの宇宙とのたくさんの親和性を示しています。私たちは自分たちの世界に関わっている力に興味を持っているだけです。反世界は次元が異なるのです。詳細に調査した結果、反世界もまた三次元であることが判明しています。
問:監視者が別の宇宙への一時的滞在を挙行した時、これらの遠征はミッションと関係があったのですか?
答:いいえ。そうではありません。私たちは純粋に興味があったあのでそうしたのです。好奇心、知識への渇望のためですね。
問:私たちが聞いたことはセンセーショナルです。私たちはこれらのコンタクトに関する行動要領を公開したいと思います。あなたは一般大衆がこれに反応すると思いますか?
答:反物質の存在は既に科学的に実証されています。このことはあなた方に重要な洞察を与えることでしょう。課題に関する授業は既に与えられているのです。私は確かに、私の解説が大いなる熟考をもたらすことを希望しています。例えば、星は実際に存在している以上のものだと言われています。どのような速さであれ、あなた方は主要科学に新しい題材を取り入れています。反物質は極めて自然な存在であり、反対に極性化された物質なのです。相対性理論がここに適用出来ます。それはものの見方の問題なのです。一つの宇宙が他の宇宙のために必然的に存在しているのではないのです。また、この逆も然りです。これら両方が同じように存在しているのです。正と反の関係で捉えるのは欺瞞に過ぎません。これらの二つの宇宙は二つの強力に極性化した磁極から成っているのです。
翻訳:spiritual-light

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA