2019年終盤から山羊座に移る木星がもたらすもの

2019年終盤から山羊座に移る木星がもたらすものhttps://ameblo.jp/nennezabuton/entry-12553688294.htmlさんより転載

(ある方)

木星は昨年終盤より射手座に配置されていましたが、2019年12月2日から山羊座に移り、2020年12月まで山羊座に配置されます。

本日は、占星術的に見て、射手座にあった木星がどのような意味を持つものであったか?そして、山羊座の木星がどのようなものをもたらすか?について書かれた記事を翻訳してご紹介したいと思います 。

翻訳はじめ

霊感に満ちた占星術:2019年終盤から2020年にかけて木星が山羊座に入ります
原文
>
私たちの太陽系において最大の惑星である木星が新しい冒険へと旅立ちます!
>
>2018年の11月以来、木星は自身が守護する星座である射手座にあり、そのエネルギーを再チャージし、その真のセルフを輝かせていました。
>
今、時は来たり、木星はその快適な故郷である射手座を離れ、太陽を周回する新たな12年の旅への準備をします。
>
この新たな旅での最初の逗留地は山羊座となります。12月2日、この宇宙の空の新しい領域において、木星はこの星座のドアを滞在のために叩きます。
>
木星は山羊座での滞在をとりわけ好むわけではないので、木星の豊かな本性は比較的制限を受けることになります。しかし、この時期における木星は、宇宙全体と学び続ける、成長し続ける、そして、その知恵を分かち合う、 旅の途上にあると理解することになります。
>
木星は拡張、豊かさ、そして、知恵をもたらす惑星です。木星が射手座にある時、私たちは皆、自身のマインドを、ハートを開くことを要求され、より広い視野で物事を考えるよう求められました。
>
私たちは自分自身に、そして、他の人たちにレッテルを貼ることを止めるよう励まされました。そして、私たちの間の違いを祝福出来る余地を心に創り上げるよう励まされました。私たちは自分自身を信頼するよう導かれました。そして、この世界にとって自分がどのような者であるかを表現するよう導かれました。
>
今、私たちの開かれたマインドと共に、開かれたハートと共に、そして、開かれた考えと共に、私たちは木星が山羊座に入るこの時期への準備を整えたのです。この時期、私たちは話していたことをいかに実際に行動に移すのかを提示されることでしょう。
>
広い視野で考えたり大きな夢を抱いたりするだけではもはや十分ではありません。私たちは今や、広い視野で大きく行動しなければならないのです!私たちは自身の崇高なアイデアを全て採用し、それを実際の行動に移さなければならないのです。
>
私たちは自身の知恵を全て採用し、それを実際に自身の人生に適用し始めなければならないのです。これこそ山羊座の中の木星が意味することの全てなのです。
>
木星は私たちに自身の計画を具体化するよう求めています。この世界で、そして、自身の人生の中で私たちが見たいと思っている変化を一つ一つ作り上げ始めることを求めています。
>
これは私たちの目標や望みを実現することになるであろう前進を本当にもたらすチャンスなのです。これは何か確実なものや私たちが望むものを本当に創造し始めるチャンスなのです。
>
山羊座の木星はまた、責任を取ることを意味するものです。もし、私たちが自分や他の人たちにとってより良い世界を創造したいならば、私たちはステップアップして行動を起こさなければならないのです。
>
私たちは自分のパワーの行使を諦めることを止めなければなりません。その代わり、私たちが望む人生を創造するために、いかに自身のパワーを獲得するかについて考えなければならないのです。
>
グローバルなスケールでは、木星はより一層の平等を創り上げることを求めています。特に、経済や財政的富に関してそれが達成されることを求めているのです。
>
山羊座の木星はまた、トップに立つためにその権力を悪用して来た産業や政府や企業に挑戦することでしょう。
>
この木星の下では、権力闘争がこの惑星のテーマとなり得るのです。ですから私たちは、ある様相で権力の改変が起きるのを見ることになるかも知れません。
>
山羊座の木星は倫理的であることも意味しています。もし、成功が倫理的でない方法で達成された場合、何らかのトラブルが起こることでしょう。あるいは、そのことに関して責任を問われる必要性が生じることでしょう。
>
同じように、公正で倫理的に振る舞った企業、政府および共同体は報償を受け取り、豊かさが増大することでしょう。
>
もし、あなたが公正に振る舞い、一生懸命努力したならば、あなたは山羊座の木星から報償を受けることになります!
>
個人的レベルでは、私たちは自身の個人的倫理観を表明し、私たちが行っていることに対してなぜそのようにしているかを明らかにしなければなりません。
>
私たちはまた、自身の人生に対してより重い責任を負うよう求められつつあります。また、どのように自分の行動が自分自身に対してだけではなく、他の人たちに対しても影響を及ぼしているのかを考えるよう求められつつあります。
>
私たちはまた、目標を定める必要性を感じることでしょう。また、自分自身についてだけでなく、他の人たちについてのプロジェクトで働く必要性を感じることでしょう。そして、どのように私たちが皆さんのためのより良い未来を取り戻し、創造するのかを感じることでしょう。
>
私たちはまた、どこで自分のパワーを引き渡してしまったのか、どこで他の人たちを、あるいは、身に余る状況を支配しているのかを疑問に思うことでしょう。
>
山羊座の木星がもたらすであろうものに関する手がかりを得るためには、私たちは以前に木星が山羊座にあった2008年のことを思い返すことが出来ます。
>
この時あなたに起こった重要な課題や人生上の出来事を思い出せるでしょうか?
>
木星が2020年に山羊座を巡る時、何かしらの興味深いことが起きます。
>
冥王星と土星もまた山羊座にあって、多くの惑星が一つの星座のおなじ領域に存在するようになります!
>
木星のエネルギーはこの冥王星と土星の両方に強く影響を受ける一方で、木星のエネルギーは冥王星と土星のエネルギーを和らげるでしょう。
>
あなたは山羊座における土星と冥王星についてこちらとこちらでより詳しく読むことが可能です(訳注:これらの記事については後日翻訳して紹介する予定です)。
>
結局のところ、2020年の山羊座の木星は、新しい10年期がもたらすであろうエネルギーの新しい波(訳注:この記事についても後日翻訳して紹介します。)の変化をもたらすエネルギーを和らげ調和させるのを助ける防護的な配置となります。
>
私たちはレベルアップすること、自身の意識を上昇させること、そして、新しい世界のビジョンに一致するよう求められています。山羊座の木星はこれらのことを私たちが実行に移すのを助けてくれることでしょう。
>
私たちは自身のこうどうに責任を取り始めなければなりません。そして、私たちの行動が私たちに影響を与えるだけでなく、宇宙全体を通じて感じられるエネルギーの小波を創り出すことを理解し始めなければなりません。
>
山羊座の木星は、物質的な富と貪欲という考えを手放し、その代わりに、より一層の平等性を創り出し、より一層重要である人生の他の領域に焦点を当てるよう、私たちに求めているのです。
>
私たちは皆、お金と物質的な事物は一時的に幸福をもたらす銀しか買えないことを知っています。ですから、社会的には、私たちは自身が何を価値あるものと考えているのか?どんな新しい動機が私たちの目標と行動を後押しするのか?を考え始めなければなりません。
>
木星は2020年12月に山羊座を後にして水瓶座へと移って行きます。木星は2031年までは山羊座には再び戻っては来ません。
>
もし、あなたの出生時の星の配置において、山羊座に太陽、月あるいはアセンダント(訳注1)がある場合はあなたにとってラッキーだとみなされます!
>
(訳注1:生まれた日時と場所で決まってくる地平線と黄道(太陽の通り道)との交点のうち、東側の交点のこと。つまり、その人の生まれた日時と場所における日の出の方向を示します。)
>
また、もし、あなたが2020年に12,24,36,48,60,72,84あるいは96歳を迎えるならば、あなたは自身の出生時の星座に木星を迎えることになり、あなたの人生において12年ごとに起きる素晴らしい時期なのです。詳しくは以下のリンクをご覧ください(訳注:以下のリンク記事は各個人のホロスコープ上での話題となるので、翻訳はしません。)。
>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA