ファイナルウェイクアップコール 意識の罠 生まれ変わりは現実です バイタル・フロシ著 7月26日

ファイナルウェイクアップコール

意識の罠 生まれ変わりは現実です バイタル・フロシ著 7月26日

 

意識の罠

生まれ変わりは現実です

すべては幻想です

最も重要なことは、私たちの3次元の現実は現実ではないということに人々が気づくことです。つまり、それは意識の罠に過ぎないのです。私たちの本当の姿は隠されているのです。私たちの霊的な性質が、唯一の真の姿なのです。だからこそ、闇の権力者たちは、人々にすべてを忘れさせるために、多くの時間とお金を費やしているのです。彼らは、私たちを幽閉しておくために巧妙なテクニックを使っています。そこにこそ、本当の魔法があるのです。この先が見えないのであれば、あなたは敗北です。すべては幻想なのです。やがて人々は、自分の本当の出自、本当の自分、本当のことを発見することになります。

だからこそ、世界人口の3分の1しか5次元試験に合格しないのです。地球は5次元へのアセンションを始めたので、3分の2は別の3次元の惑星で学校教育を受け直さなければならないのです。

地球の完全な解放への最終的な突破口は、世界の金融システム、主流メディア、多国籍企業、TBTF銀行などの崩壊によって、ディープステート・カバールが自滅したときに訪れます。あるいは、コロナワクチンについて、当局に騙されていたことを理解した人々が、一斉に反乱を起こします。それは、信じ込まされていたほど安全でも効果的でもありません。健康な人々が予防接種を受けた後に死んでいるのだ。この偽りは、大手製薬会社と医療機関の完全な破壊につながるでしょう。

一方には、50万年間地球の表面でほとんど無制限の自由な遊びをしてきた闇の勢力が立ち、もう一方には、銀河連合に率いられた光の勢力、すなわちスターシードがやってきました。一方、地球上の覚醒した愛国者たちは、大きな努力のもと、地球からすべての負の勢力を永久に除去するために、あらゆる面で大きな前進を遂げています。

ディープステートの支配者たちの真の動機は、「地球外」であり、文字通り、驚くべきことに、「地球外」のアヌンナキとドラコ支配勢力に代わって我々の世界を支配するための「アルコン血統アジェンダ2030」に変容しているので、ほとんどの人々が想像できないほど暗く、邪悪なものです。

アルコン血統一族は、三次元のマトリックスに完全に囚われた、全く新しい、より切り離された人間の創造に深く関わっています。これらは、現在のレベルよりはるかに低いレベルの、体外離脱した存在です。コンピューターによってよりよくコントロールされ、自由意志を持たない空っぽの存在となり、カバールの指示には何でも従うようになりました。

この催眠術は、操りやすい嘘によって支えられています。創造主の神という幻想の上に成り立っていて、その神については、誰も現実や真実という点では何の方向性も持っていません。しかし、現実は、人類が永遠に誤った方向に進み、楽園のような状態から遠ざかっていることです。彼らは私たちにこのことを悟らせようとしません。そうでなければ、人類の偉大な覚醒が始まるでしょう。


意識とワンネスとは心の状態であり、何世紀にもわたる奴隷的抑圧から私たちを解放するための武器です。すべての人間には自由の権利があり、好きなところへ行くことができます。法律やルールはありません。ただ、他者と自然に対する尊敬と愛が、すべての人の基本的なルールです。5次元の世界では、時間は永遠であり、急ぐことも、時間のプレッシャーも、制限もありません。

地球外特派員バイタル・フロシが、このテーマに関する最新の動向について、以下のような見解を示しています。

輪廻転生は現実です

愛する者たちよ。

賢明な人々は、困難な状況に直面したとき、成功する解決策を探すと言うのをよく耳にします。一方、成功しない人は、いつも言い訳を探します。この二つの選択は、同じ状況でも最終的な結果に違いをもたらします。チャンスはどちらも同じですが、その選択によってすべての人にプラスとマイナスの結果がもたらされるのです。

現在地球に転生しているすべての魂は、高次のバージョンの自分自身のフラクタルです。彼らは忘却のヴェールの下で二元性を経験することを選びました。誰もそのような経験をすることを強制されたわけではありません。必要な学習の嘆きや失敗を正当化するものは何もありません。

このサイクルの最後に、3次元での完成が遅れたのは、「光でない」勢力のせいだと言うのは、太陽をふるいにかけて隠そうとするのと同じことです。他人に責任を委ねるということは、自分の無能さを隠すために失敗を正当化することです。

地球は学校のような惑星で、生徒一人ひとりに同じ機会を与えています。ここに転生することを決めたすべての魂は、この学校のルールとカリキュラムをすべて知っていました。転生するにつれて、二元性の中ですべての経験を学ばなければならないことを知っていたのです。必要な時間は自分次第であることも知っていました。あなたは、あなたが同意しない限り、何も、誰も、あなたの達成を邪魔することはできないことを知っていました。あなたは困難も知っていましたが、懺悔と試練の世界を通るこの旅を終える転機や遅れは、自分次第であることを何よりも知っていたのです。

今、この長い3次元マラソンを完走するときが来ました。それは最後の転生であり、二元性の最後の経験です。以前にもここで紹介したように、転生した人類の約1/3が「再生の世界」にアセンションすることになります。これはまた、惑星地球がその5次元周波数に移行する大きな瞬間となります。

では、誰も彼もアセンションを止められないのなら、なぜ悪を喜ぶ人がいるのでしょうか?二元性の経験を簡単に終わらせることができるのに、魂がまだ暗闇の道にとどまっていることを受け入れるのは簡単なことではありません。

その一方で、彼らはあと数千年、長いアセンションの道を歩み続けることにしています。彼らの魂の計画は、経験を深めることを好みます。なぜなら、高次のバージョンに統合する準備がまだ十分でないからです。

悪を買ったり、泥棒や堕落した犯罪者、特に不謹慎な支配者の中で経験を積みたいと思う人たちは、実は間違ってはいないのです。彼らは、戦闘や防衛戦術の経験は豊富ですが、完全に混乱しています。

私たちは、他人の魂の必要性を知りません。自分自身のニーズもほとんど理解できません。もし人類のどこかがより多くのレッスンを必要としているとすれば、それはすべての魂の目的です。そして、このように、私たちが判断することではありません。他人の魂の目的なんて誰にもわかりません。しかし、あなたは自分自身のそれを知っているのです。忘却のヴェールをかぶっていても、内なる自己はそれを知っていて、最終的には必要性に応じて行動します。

私たちは自分の基準で他人を判断してはいけません。創造主自身がこの自由を与えているのですから、私たちはただこの偉大な仕事の助手であるべきなのです。そして、自分の利益になることだけをすればいいのです。私は、今のアセンションが、私たちが本当に興味を持てる唯一のゴールだと信じています。そうでなければ、これまでの転生が無駄になります。

相手の意志を尊重しなさい。この魂の学校のコースを修了するために、まだ何が必要かは自分だけが知っています。もちろん、私たちはしばしば助けたいという気持ちを抱きますが、すでに選択がなされている場合、どうやって他人を助けることができるでしょうか?

私たち一人ひとりの中には、懺悔と試練の世界での学びを続けるか、修了するかを決める力があるのです。

私たちはついに、長く恐ろしかった時間の終わりを迎えたのです。まだ忘却のベールの下ではあるが、私は自分の魂にとって何が最善であるかを知っています。この魂の声が私の心に響いています。私はこの長い旅を終えることにしました。二元性の中で学ぶべきことは、もう何もないからです。

この選択ができるのは、私に準備ができたからです–準備ができたと感じるからです。そして、あなたもそうすることができます。でも、他の人に決めてもらいたくはないでしょう。あなたがまだ何を必要としているかは、あなただけが知っているのです。あなたのハイヤーセルフと周波数がシンクロするまでは、ソウル・フラクタルがより高いバージョンと統合されることはありません。

周波数分割はありません。周波数への調整が必要なのです。そして、そう、アセンションが始まったのです。

私はバイタル・フロシ、私の使命は啓蒙です

ナマステ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA