モラル法と最後の審判 ヴァイタル・フロシ著 2022年7月3日

モラル法と最後の審判

ヴァイタル・フロシ著

2022年7月3日

Government is people’s greatest enemy

 

モラル法

愛する者よ。

いかなる人類も、裁判と懺悔の世界に属し、生きているわけではありません。すべての文明は、宇宙のすべての世界で起こっているように、創造主の自然法則(モラル法とも呼ばれます)をもって生き残ることができます。

神の創造は決して止まりません。創造主が定めた法則に従うからこそ、進化するのです。魂が経験しなければならないことはすべて、銀河、星、惑星を持つ無数の宇宙で行われ、これを「アセンション」と呼びます。

地球を学校に例えると、それは比喩ではなく、地球に転生した魂が学ぶ過程をよりよく理解するための方法です。そのため、本当の自分を思い出さないように、転生を繰り返して学んでいきます。

したがって、チャンスは常に存在し、たとえ失敗しても、後でまたチャンスがあるのです。それは宇宙を支配する法則であり、各魂学校のカリキュラムを決定します。彼らは主権者であり、惑星や星の人々が作ったローカルな法律に依存することはありません。

また、ここ地球には、地球人類に適応した特定の神の法があります。それらはモラル法と呼ばれています。これは、道徳と不道徳の意味を明確にします。この法則によって、アセンションの準備が整っている人、整っていない人が決まるのです。

すべての人間は人間の法律に従いますが、それが高次の法律の妨げになることはありません。地球上に指導的地位が出現して以来、支配者たちはある種の規則で自分たちを囲い込んできましたが、それは本当に人々を導くためではなく、自分の地位を確保するためでした。

法律や規範は共同体の行動を導くことはあっても、権利を保証するものでは決してありません。そして今、誰もが真理とこの真実のの暴露を学ぶことができるとき、全人類は誰が本当にずっと主導権を握っていたのかを知ることができるのです。

この有名な文章を考えるとき、私たちは

「そして、あなたがたは真理を知り、それによって自由になる」。

私たちは、このような暴露が行われることを確信しています。

歴史上、今ほどそのような証拠が明らかになったことはありません。今日、この知識の光の中で、誰もが人間の法律が常にそれを作った人のためにあることに気づいています。

私たちは、ある人物が超大型の地位と利益を自慢し、それを「法の範囲内」だと正当化して不当だと感じないのを何度見たことだろう。そう、彼ら自身が利益を得るために作り出した法律の範囲内で。

彼らは、高い地位と給料、高い年金、そして一握りの受益者のためのたくさんの利益、権利を持つ役人で、ほとんどの場合、それを得るために何もしていないのです。しかし彼らは頭を上げ、テーブルの上で拳を叩き、法律が認めているから合法だと言います。

そう、それは人間の法によれば合法ですが、モラル法によれば非道徳的なことなのです。魂のアセンションに安全な道を与えるのは、人間の法律ではないことを常に念頭に置いてください。この魂の学校ではすべてが合法ですが、「高次の法律」を理解し実践した者だけが真に承認されます。

あなたが転生したときに誰であったかを言うことに意味はなく、むしろあなたがどのように「神の法」を実践したかを言うことに意味があります。あなたが人間の法律に従ったと言うことに意味はなく、人間の法律は常に高次の法律に従わなければならないからです。「世界の創造」によって生み出されたものからは、誰も逃れられないのです。

私は古代のテキストに、プレアデス星団のセントラルサン、アルシオーネに図書館が存在し、そこには地球に転生したすべての魂が、最初の転生から今この瞬間まで記録されていると書きました。転生中も、転生と転生の間の期間、つまり地球上の幽体離脱後の世界も、1分1秒が記録されています。人の思考や意図もそこに記録されます。

では、どうしてこれらの法律を回避することができるのでしょうか。先ほど、宇宙は私たち一人一人の居場所を知っていると書きました。現在の存在も、過去の存在も、転生したすべての魂の住所を知っているのです。この法律に間違いはないでしょう。この法律に間違いはなく、この法律を適用する上で、より権威のある者もより権威のない者もいないでしょう。これは偉大な瞬間であり、何よりも真の正義の瞬間となるでしょう。

人間の法律がこれを許してきたという正当化は無用です。給与や報酬だけでなく、知られているすべての活動に対して。行われたすべての行為に対して。あらゆる要求に対して。違法なビジネス、嘘、偽情報、集団を犠牲にした利己主義、不当な競争、奴隷、労働、負債、安易な利益、数え上げればきりがありません。

今日の裁判官は、明日の被告です。だからこそ、私たちは子供の頃から、神の法は遅くはなるが決して負けることはないと聞かされてきたのです。これほど真実で、これほど論理的なことはありません。「魂の学校」での学びには、確かに「モラル法」の実践が含まれています。

誰も最後の審判から逃れることはできません。誰も自分自身から、つまり自分自身の意識から逃れることはできません。なぜなら、私たちは意識そのものだからです。この意識こそが、アセンションすることもあれば、しないこともあるのです。

新しい時代が到来し、人類を支配する者たちは恐れを抱くようになりました。彼らは自分たちの時が来たことを知っています。しかし、彼らはまた、自分たちがモラル法を破ったことを知っています。そして、それが彼らを絶望へと導きます。

誰も自分自身からは逃げられないからです。あなたを守るために独裁政権を築こうとしても無駄です。あなたを裁くのは人間の法律ではなく、世界を支配するモラル法なのですから。

自分が無敵だと思っていた人たちの悲しい結末です。宇宙は螺旋を描いています。このサイクルは今、ここ地球で終わりを迎えようとしています。光の時代がついにやってきました。私たちはすでに夜明けの最初の光線を感じることができます。

私はバイタル・フロシです。私の使命は啓蒙です。

ナマステ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA