フルフォードレポート 2019.7.22

フルフォードレポート(7/22)英語版

インターネットで生中継するニュルンベルグ2.0の公聴会
米下院がキューバのグアンタナモ湾などで行われている裁判を生中継することを可決した先週、統治体は劇的な新展開をした。

https://schiff.house.gov/news/press-releases/house-passes-schiff-amendment-to-broadcast-guantanamo-bay-proceedings

国防総省の情報筋は、これらの公聴会を「ニュルンベルク2.0」と説明し、米国防総省が進行中の軍事裁判を放送するために様々な拠点にカメラを設置していると述べた。法廷は、全米から11万人以上の封印された起訴状を開き始めた、と彼らは言う。
私たちはまた、モサドの小児性愛者のメイドであるジェフリー・エプスタインが、外交委員会と三国間委員会の両方のメンバーであることも明らかにしています。
これらの組織はロックフェラー家によって創設されたので、エプスタインが彼らの下僕だったようです。
「シオニストたちは、ニューヨーク州南部地区のユダヤ人連邦検察官、ジェフリー・バーマン、ユダヤ人の連邦裁判官であるリチャード・バーマン氏がビル・クリントン氏によって任命されたが、弁護もせず、モサドのエプスタインの1億ドルの保釈も棄却を否定したので狼狽していると、 国防総省の情報筋は言う。
検察官バーマンは、2018年11月に11月9日の弁護士委員会による大陪審員への請願を提出することに同意した。 ウィキペディアより:この請願は、ニューヨークの南部地区内で行われた9/11関連連邦犯罪の概要を示しています。世界貿易センター(WTC)、ツインタワー(WTC1とWTC2)、およびWTCビル7(WTC7)は 9月11日に。事前に埋設された爆薬/または焼夷弾の爆発によるものです。
おそらくロックフェラー代理人であるエプスタインの刑事訴追は、9月11日の調査とともに、最終的に破産させる国際的な企みにつながっている。
ここからは反イルミナティTVの事前翻訳が続く:
国防総省、MI6とアジア秘密結社によると、米国株式会社はこのように陥落する。米国の企業政府は、その報道を利用して米国内で株価を上げ、支払いをすることができます。しかし、それは対外債務を解決するために使用することはできません、そして中国人がついに立場を主張して、合衆国企業政府にお金を貸すのをやめることを選んでいるように見えます。MI6と他の情報筋によると、トランプが関税の引き上げとファーウェイの攻撃を試みたのは、このためです。このために、企業ニュースが「借金の上限引き上げ」について再び政治的歌舞伎劇場で満載されている理由である。
DCを破産させるこの最後の試みが成功すると、米国の政治システムを退化させた偽のショー全体が全体から外されます。これで、「メキシコの国境での壁の建設」などのメディアイベントは終了です。ちなみに、ドナルド・トランプ米大統領は、彼の自慢や反論にもかかわらず、何マイルにも及ぶ新たな最前線の壁を構築していないことが判明しました。
もう一つの起こり得ると思われることは、連邦当局からの変なお金を株式市場でインサイダーに与えるシステム全体が終了するということです。リーマンショックの後、2009年に量的緩和が始まって以来、米国株式は350%上昇しています。それ以来、GDPはわずか46%しか増加していない。つまり、1ドルの実際の経済活動を行うには、株式市場に7ドルのドルが必要です。人口の10%未満が株式の84%以上を所有していることを考慮に入れると、GDP成長率はほぼ金持ちのみに集中していることがわかります。この富裕層のGDP成長率さえ、偽のインフレデータによって誇張されています。
エプスタインの資金源は連邦準備制度理事会の所有者である可能性が高いので、エプスタイン・スキャンダルはシステム全体を解明するための糸である、と国防総省情報筋は言う。
これまでのところ、アポロのCEO、ニューヨークユダヤ人億万長者のレオンブラックは、彼の家族財団憲章でエプスタインについて嘘をついたことに対する偽証、虚偽の証言、および虚偽の文書の提出で起訴されています。これまでのところ、アポロのCEO、ニューヨークユダヤ人億万長者のレオンブラックは、彼の家族財団憲章でエプスタインについて嘘をついたことに対する偽証、虚偽の証言、および虚偽の文書の提出で起訴されています。彼はエプスタインのニューヨークマンションの近くに住んでいて、エプスタインから素晴らしい資本注入手数料を得て、彼のプライベートエクイティファンドのために脅迫された投資家から恩恵を受けたかもしれないと、国防総省情報筋は言いました。彼が「自殺」にならないという前提で、レオンブラックの追跡は確かにピラミッドをリードし続けるでしょう。
支配されたメディアの多くの編集者たちはモサドによって脅迫されている可能性があるので、彼らはそのことだけではなく、CIAとFBIが最初からエプスタイン-マクスウエル-モサド小児性愛と脅迫行為への関与を我々には話さないだろうが、米各州にはFBIによって保護されたモサド封じ込め作戦があると、元CIA作戦責任者で開閉隊情報責任者のロバート・デービット・スティールは述べた。
一方、情報機関がロンドンの金融街でLiborの入札やその他の違法な市場操作の背後にあるネットワークの解体を開始する中、英国はまた大規模な浄化の直前にあると、MI6の情報筋は述べた。
「この問題は国内法および国際法で完全に拡大し、訴訟全体を清算するための逮捕令状が出された」と、高水準のMI5筋は述べている。それは「1年にわたる隠蔽につながった汚職と共謀の驚くべき実態」の結果です、と彼は付け加えます。
同時に、パニックに陥った悪魔崇拝シオニストの狂信者たちは、イランとの戦いを試みようとしています。 最近のトリックでは、イスラエルの政治家は「イラン人を殺す」ことを自慢している。
I6の情報筋によると、さて、テレサ・メイがついに辞任して、イギリスはイランに対する彼らの挑発をやめるでしょう。 「彼らはどんな対価を払っでも船で遊ぶ。私たちは私たちの利益を守るために資産を使ってきましたが、十分ではありません。ジブラルタルでの事件は報復に至ったばかりですが、それらは今もなお存在しており、お互い調停するでしょう。我々はイランとの聖戦に関与するべきではないことを知っている “とMI6のある情報源は言った。言い換えれば、イギリス軍は、そのアメリカの対応者と同様に、シオニストの狂信者によって戦争へ操作されることを拒否した。
米国では、「ランドポールがトランプのイランへの使節を指名された時、ネオコンは根絶された」とペンタゴンの情報筋は述べた。
国防総省情報筋は、トランプが非常な犯罪者イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相大量殺人者を悩ましたがっているようである理由を調べるよう求められた。これはこのモンスターについての彼の最新のお世辞のつぶやきの一部です:
「我々は、イスラエル史上最長の首相を務めたビビ@ネタニヤフを祝福し、民主主義、自由、そして機会均等の価値にイスラエルに関与させた。」
我々にはネタニヤフがトランプを抱き込もうとしているとしか思えない。この追跡は最終的にはロスチャイルドのフランス分家と福島に繋がる可能性が高いと、日本情報機関筋は言う。
日本の軍事ニュースは最近、政府がブッシュ・ジュニア政権の間に地震兵器で強要された後、2003年に日本が外資の所有する企業になったと報じた。以下の証券取引委員会への年次報告書の登録は証拠として提示されています。
アジアの秘密結社の関係者によると、日本の総理大臣邸の5階にオフィスを構えていた日本企業の外国人管理職は、去って行かなければ今秋に狩り殺されることになる。
いずれにせよ、世界の他の国々は、西側、特にアメリカ合衆国が、その権力構造のトップレベルに侵入した犯罪者から自分自身を解放するのを待っています。 これが終わったとき、惑星の指導者のために新しくてより良い方法が交渉されている、とアジアの秘密結社の情報筋は言います。
最後に、私達は年次休日にカナダでオフラインになることを読者に知らせたいと思います。 これは、次の3つのレポートは、特別な事態が発生しない限り、事前に作成されることを意味します。
それまでの間、私たちは読者が市民記者になり、軍事裁判所の生放送を見て、人々のために要約を作成することを勧めます。

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jp/さんより転載

内紛するアメリカ、米政府閉鎖が再び起きる可能性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/07/22 VOL520≫

昨年末から今年の初めにかけて、35日間アメリカ政府機能の一部が閉鎖し、公務員給与の振り込みも止まった。今のアメリカ国内の様子を見る限り、9月にまた同じ事態が発生する可能性は高い。その背景にあるのは例年1月と9月の末に訪れる重要な対外支払いの期日である。

昨年末、トランプ政権の全ての軍人幹部らの辞任が発表された後、アメリカ政府のおカネが止まった。そして35日間にわたる危機の末にトランプが、いきなり
ネオコン・シオニストの過激派を多数、政権に入れ、その後の言動はシオニスト過激派の脚本どおりになっていった。トランプはシオニストらに屈する代わり
に1月の決算を乗り切るための資金を手に入れたのだ。

【 世界金融戦争 】

しかし今、米財務長官のスティーブン・ムニューシンなどが再び「議会が夏休暇に入る前に債務上限を引き上げなければ9月に入ってからのアメリカ政府の資金が枯渇する」と警告を発している。この発言の裏側にあるものは、やはり水面下で続く「金融戦争」である。

その戦況のあらすじは、アメリカの外国人投資データからも読み取ることができる。
—————————————
[ニューヨーク16日 ロイター]米財務省が16日に発表した5月の対米証券投資統計によると、日本の米国債保有高が約2年ぶりの高水準となった。中国の保有高は減少し、約2年ぶりの低水準となった。・・・・
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKCN1UB2RP.html
—————————————
この米財務省の発表をさらに読み進めていくと「他の主要国の米国債保有高では、英国が5月に8年ぶり高水準を記録した」とある。ここから、中国が

This post is only viewable for paid members please registeryour account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA