フラワーオブライフ – コブラ 2019.7.1

http://2012portal.blogspot.com/?m=1より

フラワーオブライフ 2019年7月1日(月)

4月中旬からの数か月間に、惑星地球はガンマタイムライン(光の勢力の介入)とデルタタイムライン(地球の滅亡)の間で揺れ動いていました。

この件ついての情報はすべて極秘です。というのも、ネガティブなタイムラインにあまりにも目を向けていると、それが具体化してしまう可能性が高まるからです。

この間、光の勢力は、トップレット爆弾が存在しているきわめて危険なプラズマ異常層の一つをクリアしていました。

その層の除去は6月21日の正午(GMT)頃に成功し、危険性が大きく減少しました。トップレット爆弾はまだいつくか存在しており、いくつかのプラズマ・量子揺らぎ初期異常の除去は必要ですが、ポジティブなガンマタイムラインは、今、はるかに安全なものとなりました。

光の勢力の6月21日の成功は、我々の太陽系に新鮮でポジティブな輝くプラズマが入ってきました。このポジティブなプラズマは惑星地球周囲の中間圏が刺激されたことで、その当日の夜にすばらしい夜の輝く雲が発生しました。

spaceweatherarchive.com

光の勢力は1996年のアルコン侵略後初めて、アセンションの大天使がこの太陽系に戻ってきたと伝えてきました。

その数日後に、中国では虹色のクラウドシップが現れ始めました。

6月24日、 廈門市で

f:id:paradism:20190702112320j:plain

6月28日、広州市と南寧市で

f:id:paradism:20190702112449j:plain f:id:paradism:20190702112503j:plain

光の勢力から、イベントへの道のりが加速化されたので、圧縮突破の前に物理的な光の島をつくる時間がないと伝えてきました。あなたにその気があるのであれば光の島のプロジェクトを継続していただいても結構ですが、今の主な焦点は変化の過程を安定させるためにできるだけ光を定着させることです。

光の勢力はいま、1996年に惑星地球を巻き込んだ主な異常のクリアを開始しています。

主な異常は、量子発泡体における一次異常量子波関数の組み合わせ/摂動性がまだ明らかにされていないすべての可能性で構成されています。

demonbane.fandom.com

オカルト主義者ケネス・グラントは、1996年に侵略が起こるずっと前に、セットのプラズマトンネルから通常の現実に一次異常が爆発する危険性を認識していました。彼は1977年に出版されたエデンのナイトサイドの本に次のように書いています。

f:id:paradism:20190702112408j:plain

 

惑星地球の表面付近の暗い異常なプラズマは、台形の非調和的な幾何学的形状に基づく闇の勢力によって配置され、また、歪んだ非ユークリッド幾何学によって配置されました。
闇の勢力の主なオカルトの一つ、マイケル・アキーノは、負のオカルトの儀式で台形の非神聖な幾何学を強制するために「9つの角度の儀式」と呼ばれる儀式を開発し、この儀式は1970年代以来、闇の勢力によって広く使用されています。
非神聖な幾何学の格子は、惑星を取り囲むマトリックス構造の基礎となっています。
非神聖な幾何学への解毒剤はフラワーオブライフです:
光の勢力は今、皆さんが可能な限りフラワーオブライフの神聖な幾何学を使用するように求めています。
あなたは、保護としてあなたのエネルギーフィールドの周りに生命の黄金のフラワーオブライフを視覚化することができます:
あなたは、ヒーリングを必要とする地球上の場所にフラワーオブライフのステッカーを置くことができます:
光の勢力は、クロップサークルで見ることができるように、このプロジェクトを強くサポートしています。
セントラルサンに連れて行かれるキメラの蜘蛛に別のクロップサークルを示しています。
クロップサークルが6月21日に正確に現れたことに注意することは興味深いです.
プラズマのキメラの蜘蛛は、現在、セットのトンネル(闇のプラズマフィラメント)から銀河のセントラルサンに連行されています。
3 番目のクロップサークルは、惑星の周囲のチンタマーニのグリッドが次のレベルに活性化されていることを伝えます。
光の勝利!
翻訳   ホームページ編集委員会

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA