ミョルニル作戦

ミョルニル作戦

spiritual-lightのブログさんより転載

原文はこちら
http://2012portal.blogspot.jp/2018/01/operation-mjolnir.html

ミョルニル作戦は、監獄状態の地球において銀河法典の履行を実施するために光の勢力が行う特別な作戦である。

ミョルニルは、トールのハンマーとも呼ばれており(北欧神話におけるトール、ローマ神話におけるユピテル、ギリシャ神話におけるゼウス、エジプト神話におけるオシリス、後アトランティス文明におけるアシュターと比較せよ)、その意味するところは監獄状態の地球において、銀河法典が再び尊重されることを確実にするために銀河連合が用いている特別な秘密テクノロジーである。

https://en.wikipedia.org/wiki/Mj%C3%B6lnir

ミョルニルテクノロジーの一つの機能として、ネガティブな思考、感情および行動から発せられる量子異常の量を計測することにより、いかなる闇の存在をも検知することが挙げられる。もう一つは、闇の存在をその領域から分離して銀河法典に従って処理することを可能にする極めて簡単な抑制・切り出し機能が挙げられる。その切り出し選別作業は通常、ガニメデ(訳注:木星の衛星の一つ)の仕分け施設で行われる。

ミョルニル作戦は2017年11月からフルに効果を発揮している。


月下空間において、銀河連合に属する光の勢力は、現実的なやり方であらゆる闇の勢力の全てのメンバーにアプローチしつつある。そして、彼らに対して、光を受け入れるかさもなくば再構成されるために銀河のセントラルサンに取り込まれるかの選択を迫っている。

最近になって問題を起こしている主要勢力は、イルミナティ分離複合体(IBC)と呼ばれている一党である。IBCは、キメラの支配下にあるネガティブな一党で、地上のイルミナティネットワークから分離し、1996年のアルコンの侵略の間に地下に潜行したグループである。彼らは地下都市に彼ら独自のネットワークを構築し、それらは高速鉄道によって結ばれている。彼らの地下ネットワークは、米軍の地下ネットワーク(1950年代に建設され、2000年までにレジスタンスにより除去された)からも、キメラの地下ネットワーク(26,000年前に建設され、今やそのほとんどがレジスタンスにより除去されている)からも、アガルタの地下ネットワーク(26,000年前に構築され、数十年前にレジスタンスがそのネットワークに加わってから拡張された)からも独立している。

https://spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-undersea-bases.html

地下において、イルミナティ分離複合体は、土着の地球のドラコおよびレプティリアンと協同し、直近のアルコンの侵略期間中に1996年から1999年にかけて太陽系に侵入してきたドラコおよびレプティリアンとも連携することとなった。2014年において、イルミナティ分離複合体の指導者層は、キメラによって取って替わられた。1996年から、IBCは彼ら独自の極秘宇宙プログラムを発展させつつあり、そのプログラムはドラコ艦隊いわゆるダークフリート(闇の艦隊)と連携していた。今や、このクローキングされた宇宙船よりなる一大勢力の艦隊と関わりのある極秘宇宙プログラムが月下空間に展開する最も強力でネガティブな一党であり、ミョルニル作戦の主要目標である。

最近では、キメラの支配の下、イルミナティ分離複合体は、200,000人のイルミナティとドラコを擁するまでになった。IBCは2015年からの子供たちの失踪の多くに関わっており、彼らはその子供たちを彼らの地下基地における奴隷として使役している。

Activities in more than 29 Countries around the Globe will remember missing children on May 25

IBCに関する情報は、今までは開示することができなかった。なぜなら、それを行ったならば、彼らはその囚われの子供たちに対して計り知れない量の苦しみを与えることにより、報復すると予測されたからである。ミョルニル作戦の一環として、レジスタンスは2018年1月の始まりとともに、囚われの子供たちの大多数を解放し、プレアデス人たちはその子供たちを回復とヒーリングのためにプレアデス星団の近くにあるとある惑星へと連れて行っている。

イルミナティ分離複合体はまた、夥しい数のスカラー兵器および直接兵器によるライトワーカーやライトウォリアーへの攻撃にも関わっている。特筆すべきは、2017年11月からは、電流波による攻撃が開始された。

イルミナティ分離複合体はまた、地上の特にアフリカ大陸や南アメリカ大陸に多く住み、他の大陸に住んでいて吸血鬼として知られている百万人もの土着のレプティリアンとも関係を結んでいる。

who am I?

http://qvrc.blogspot.com/

他の極秘宇宙プログラムは地球低軌道に移行する傾向にあり、これらの除去はより目にすることのできる最近の宇宙戦争と関わりが深い。

http://siberiantimes.com/other/others/news/stunning-bright-light-turned-night-to-day-over-vast-swathe-of-russia/

https://www.rt.com/usa/415833-hawaii-ballistic-missile-alert/

Solaris Modalis Commentary: Photographs Taken During Hawaii Missile Incident

ハワイにおけるミサイル騒ぎは、ある極秘宇宙プログラムによってハワイに向けられて発射された兵器であり、それは大気圏に突入する前に銀河連合によって除去された。

ズマ機密衛星(USA280)は成功裏に軌道まで打ち上げられ、最近の宇宙戦争に関係することとなった。最近になって、この衛星の位置情報を以下のリンクで追うことが可能となった。

http://www.n2yo.com/satellite/?s=43098

もう一つの衛星、NROL-47もまた、地球低軌道内における最近の宇宙戦争に関係することとなった。

ULA Delta IV successfully launches NROL-47

この衛星は、キメラの支配下にある米国国防総省情報部のポジティブな一党によって開発されたかされていないかのどちらかである。

https://en.wikipedia.org/wiki/National_Reconnaissance_Office

米国国防総省情報部は、地球の監獄状態を維持することを第一目的としている主要組織の一つであり、監獄のような地球領域への銀河連合のあらゆる関わりを常に監視している。

NROL-47のミッションを示す記章には、Mali Nunquam Praevalebuntというラテン語を表す文字が読めるが、その意味するところは、「悪は決して勝利しない」あるいは「闇は決して繁栄しない」である。


記章に描かれている絵柄は、人間の犠牲を要求する龍を征伐する聖ジョージを表している。

https://en.wikipedia.org/wiki/Saint_George_and_the_Dragon

これを現代語に訳すならば、それは、この銀河戦争の最終局面における人食いドラコ種に対するポジティブな人類の勝利を意味している。

我々は、この更新記事を多くの人々にとって興味深いと思われるミョルニル作戦の動画で締めくくりたいと思う。

Victory of the Light!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA