コズミックディスクロージャー10−11 人類-異星人ハイブリッドのプログラミング

コズミックディスクロージャーシーズン10エピソード11
人類-異星人ハイブリッドのプログラミング

spiritual-lightのブログさんより転載

原文はこちら
https://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-programming-human-alien-hybrids.html

 

 

原文はこちら
https://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-programming-human-alien-hybrids.html

デイヴィッド・ウィルコック
よろしいですか?”コズミックディスクロージャー“に再びようこそ。ホスト役のデイヴィッド・ウィルコックです。再び特別ゲストのエメリー・スミスと共にお送りします。
このエピソードでは、地球外生命体と人類の異種交配とエメリーが関わってきたいくつかの非常に異様な研究について話を進めていきたいと思います。
エメリー、再びようこそ。

エメリー・スミス
ありがとう、デイヴ。呼んでくれてありがとう。

デイヴィッド
あなたが実行していた地球外生命体の遺体の解剖作業について、あなたが私たちにお話していただいた時、それは私にとって非常に奇妙な話でした。というのは、これらの遺体は明らかにどこからか来たわけですよね?

エメリー
そうだな。

デイヴィッド
しかし、どのくらいの数をあなたが解剖したかという点に注目すると、全ての組織標本を含めておよそ三千体とあなたはおっしゃっていましたよね?

エメリー
ああ。組織標本と遺体とでそれくらいだ。

デイヴィッド
全ての実験材料の遺伝的多様性と光の速さが宇宙旅行において制限となることを考えると、どれくらいの数の地球外生命体の実験材料を私たちは手にすることができるのでしょうか?
あるいは、光の速さはあなたの理解では制限とはならないのでしょうか?

エメリー
光の早さは地球外生命体にとって絶対に制限とはならんよ。

 

 

 

それは僕が解剖した組織標本の数と僕がいた研究所の24時間年中無休で稼働している手術室の数と強く関係している点なんだよ。

デイヴィッド
そうなんですか。

エメリー
僕らの太陽系の生物が生存できる世界の数も関係してくる。

デイヴィッド
分かります。

エメリー
数はそう多くないのさ。数が多いように見えるけど、君が指摘したように、この宇宙で進行しているあらゆることと、色々な生物が生存可能だと証明されている世界について、本当に良く考えるならば、一つの小さな惑星がこれらの色々な標本をもたらしていてもその数が多いとは言えない。
それに、これらの全ての標本が外宇宙からのものだとは言えないだろう?地球内部の違った場所から来たのかもしれない。彼らがある空洞を開いて違ったタイプの生命体を見つけたのかもしれない。
あるものはポータルを通って来ているかもしれない。僕らは彼らが他の世界の対象全体を集めていることに気づいていないということさ。
だが僕らは一つのことは知っている。彼らが標本を持っているということだ。彼らはそのDNAを採取して人間のDNAと混ぜ合わせている。それで彼らは人類を少し強化しようとしている。少し強靱にしようとしている。超戦士プログラムと合同で骨を強化たり思考プロセスをより速くするようなことを行っている。

デイヴィッド
私たちが話していた時にあなたが二人の人物の管理下にあるレプティリアンタイプの生命体を見たとおっしゃったのはとても衝撃でした。あなたはその生命体の身長が10フィート(訳注:およそ3メートル)でしかも、それはあなたがその生命体を見た時の話であって、その生命体は容易にさらに大きく育てられるというか作れるとおっしゃいました。
あなたは必ずしも自分が地球外生命体を見たとは確信されていませんでした。
あなたはそのようなことが成し遂げられている可能性についてどの程度の確信をお持ちですか?

エメリー
まず言えることは、そういうものを見るということは、とても表ざたにはできない代物を見ると言うことは、僕にとっては本当に信じがたいことなんだ。それで普通はそれは意図的になされたものだが、そうでない場合もある。
だが、細胞を集める仕事をしてからは、僕は後で超戦士プログラムに転出したんだが、そこでは彼らはペトリ皿の中でハイブリッド種のDNAと人間のDNAを混ぜていた。もちろん、本当に小規模な実験装備の下でのことだけどね。また、オッセオインテグレーション(訳注:チタンと骨を光学顕微鏡レベルで融合する技術)プログラムでは、組織とチタンを混ぜたり、チタンの中で組織を培養してみたりして人間の骨を強化していた。

デイヴィッド
どうしたらそんなことが起こるのでしょうか?生物組織とチタンではものがかけ離れ過ぎているように思います。あなたもチタンが生物組織と混ざり合うことができるなんて思っていないのではないですか?

エメリー
僕らがそう思っていただけの話さ。だが、新物質とチタン表面のナノ粒子の登場によって彼らはそれをマスターしたのさ。そして骨髄を模倣したんだ。
骨髄を知ってるかい?君がステーキを切った時、柔らかいスポンジのようなものに当たることがあるだろう?

デイヴィッド
ええ、確かに。

エメリー
彼らはチタニウムでそれを模倣したんだよ。彼らはそこに幹細胞と成長因子と組織つまり骨細胞を突っ込んでチタニウムの中で骨細胞を成長させ成熟させるのさ。

デイヴィッド
本当ですか?

エメリー
それで肉体はそれを自然に受け入れるんだ。チタニウムに免疫反応なんて起こさないのさ。
だから今じゃあ鉄とチタンはいつも外科手術で使われているのさ。彼らはこれが骨を補強する優れた方法だと学んだのさ。ナンバーワンの方法だってね。彼らはもっと高圧の環境でも耐えられる方法を見つけたのさ。

もちろん、問題を抱えてはいたんだ。筋肉と腱のね。だが、彼らは筋肉を無限に成長させることができるようになったのさ。
腱は問題だった。なぜなら腱細胞は成長させることが本当に難しいんだ。だからなかなか余分な金属と骨と強化筋肉の重量を支えることができなかった。
それで彼らはほかの生命体から採取したより強い腱細胞のDNAとのハイブリッド化を調べ始めたってわけさ。

デイヴィッド
あなたは余りにも早くたくさんの用語を矢継ぎ早におっしゃったので、少しいくつかに切り分けてお話しさせてください。
まず最初に、私は脚にチタンの棒を入れた人たちのことは聞いたことがあります。チタンのボルトで骨を繫げているのです。しかし、私たちは健康に生きている大人に導入する技術の話をしているのでしょうか?成長する生体組織と融合させて作り出さなければならない何かの話をしているのでしょうか?

エメリー
その通り。

デイヴィッド
デザインされた生命体だとおっしゃるのですね?

エメリー
その通り。かつては、この人間を補強しよう。何が起こるか見てみよう。といった感じで非常に外科的なものだったんだ。とても乱暴なやり方だった。
だが今は、生体器官や生体組織の3D複製技術の登場によって、DNAだけが必要な時代になったんだ。今は3D複製技術で君を9ヶ月くらいで複製できるのさ。君の肉体と君の全てをね。
君の記憶をたくさん取り戻すこともできる。なぜなら、それはDNAに保存されているからね。

デイヴィッド
うーん。

エメリー
それでどこまで行ったかと言うと、もし、チタンをバットに入れて君をチタンと軟骨のような全ての結合組織と超常的なプログラムとで3D複製したらどうなのかをやったのさ。
それでプログラムすることができたのさ。君が言っていたような種類の戦士をね。望んでいたものが手に入ったのさ。

デイヴィッド
最初から成人サイズのものを成長させたのですか?

エメリー
その通り。
人間の場合、普通は成人の背の高さまで成長させるのに13、14年かかる。もう少しかかるかな。

デイヴィッド
分かりました。
胎児の段階での成長過程を彼らはどのように加速化するのですか?

エメリー
ああ、彼らはやってるよ。9から24ヶ月かかって彼らは完全な肉体を作ることができる。
進歩した神経伝達物質の化合物とホルモンと地球起源じゃないアミノ酸を使って彼らはそれをやっている。こういった化合物は肉体をより早く再生できるのさ。細胞もね。
問題は脳なんだ。脳は他の組織みたいに速くは成長しないのさ。

デイヴィッド
へえ。

エメリー
豚の心臓を使う時にも問題があってね。僕らが開胸手術を行う時に豚の弁を使う理由というのは・・・

デイヴィッド
ええ。

エメリー
それらが人間の細胞と同じタイミングで成長するからなんだ。
もし、僕が犬の心臓を取り出して君に移植したならば、それは君が死んでしまうほどに速く成長してしまうだろう。なぜなら、その細胞は非常に速く細胞分裂するからね。

デイヴィッド
なるほど。

エメリー
それで、彼らが試みていることはと言うと、この惑星上のあらゆる種を見出して、どの種が最も速く細胞分裂するかを明らかにして、その種を人間以上にすることなのさ。
そうやってその種にあってその遺伝子は支配的な遺伝子になる。しかしそのことは広い視点に立ってみればあらゆることに貢献することになるだろう。
彼らは数百もの遺伝子を継ぎ合わせていた。それは非常に困難な作業なんだ。彼らは巨大なスーパーコンピューターを使ってこの作業を行っていた。そのコンピューターはどんなアルゴリズムも可能だからね。
彼らは遺伝子に切れ目を入れるところから始めるんだ。それでそこに地球外生命体のDNAを繫ぐんだ。人間のDNAと成長速度がほぼ同じやつをね。
だから僕は豚の話をしたのさ。信じようと信じまいと、豚は僕らに一番近いんだ。豚のDNAは人間のDNAと成長速度が同じなんだ。
こうして同じ成長速度が達成されたなら、そこにあるものを付け加えることができるようになるんだ。それで成長環境をハイブリッド化と成長が進むように整えるんだ。所定のタイミングで所定の化合物を加えて改造対象の生命体の脳を保護するんだ。なぜなら、こういうことをする時には脳が問題になるからね。

デイヴィッド
あなたは全骨格の骨髄がシャシーあるいは型枠のように形成されてそれから成長を始めるとおっしゃっているのですね?

エメリー
そうさ。チタン上に骨を形成することができるのさ。それで骨格を強化するんだ。
3Dプリンターで金属か他の物質の中か外側に組織をプリントするのさ。
他にも彼らが使っている物質があるんだが、僕は基本的にチタンを使っている。

デイヴィッド
分かりました。

エメリー
なぜなら、チタンとオッセオインテグレーションは科学界ではもうおなじみだからね。だが、他の物質があって彼らは、今はそれを使っているんだ。それの方がより柔軟性があって永続性があるんだ。改造した人や戦士やプログラムした生命体やクローンを維持するのにね。その方がより長く戦闘できるんだ。より長くミッションを遂行できるんだ。

デイヴィッド
もし、あなたがそんなに短期間に大人の人間を3Dプリントするならば、あなたは9ヶ月ほどだとおっしゃいましたが、それはその複製した生命体の寿命を縮めることになりませんか?なぜなら、人間は普通もっと遅いスピードで成長しますよね?

エメリー
僕はそのことが分かるほど長くはそのプロジェクトには関わっていなかったからね。でも、僕が聞いたところによると、君の言ったことは本当だ。なぜなら、細胞を育てる時には突然変異が発生するからね。
仮に君の細胞を、幹細胞を採取したとしよう。それで僕がそれを成長させたとしよう。そのうちのいくつかは脱落するんだ。それでそいつらは突然変異体になり得る。
彼らはこのことが起こったことが分かったら喜んでたよ。なぜなら、彼らは新種を作りたがっていたからね。彼らはそれが突然変異を起こすのを望んでいたんだ。それでとんでもないことになったんだよ。
それでいろいろと突然変異の狂気のさたの怪物たちができちまったってことさ。
あらゆる種類のこの世のものとは思えないデザインの生命体が作られちまった。地球外生命体と人間のDNAや海洋由来のいろいろなタイプのバクテリアのDNAをごっちゃにしてね。これとあれとそれを混ぜ合わせてって具合にね。
もう、収拾がつかなくなったんだ。
君は容器に入った彼らの失敗作の休眠状態の生命体の数々を見ることになるだろう。僕が前に君に言ったようなトラみたいなやつをね。人間みたいなトラみたいなやつさ。

 

 

デイヴィッド
部分的に人間で部分的にトラの・・・

エメリー
人間のように見える・・・

デイヴィッド
・・・ハイブリッド。

エメリー
・・・ハイブリッド、そうさ。不幸にも突然変異しちまったハイブリッドさ。

デイヴィッド
もし、そのハイブリッドが上手く機能しなかったら休眠状態に置かれて遺伝的材料として再利用されるのですか?

エメリー
ああ、そうさ。

デイヴィッド
わかりました。でもそれは・・・

エメリー
素晴らしい質問だったよ。

デイヴィッド
あまり気持ちのいいものではないですが、さらに話を進めましょう。

エメリー
ああ。君は実際、その生命体の遺伝的材料ないし細胞の材料の話をしていたんだよね?

デイヴィッド
そうです。

エメリー
休眠状態では、彼らは二つのことができる。彼らは生命体の生存状態を終わらせることができる。そしてそれを液状化してその中のアミノ酸を別のことに使うんだ。
彼らはまた、そこからDNAを抽出することもできる。それでそれを保存しておいて、彼らが何かを失った時にそれを復活させるのさ。基本的にDNAに何かを加えたりDNAから何かを取り去ったりするというのは、そのことがどういう現象をもたらすかを知るためなんだ。というのは、問題は全てのものは全てのものと戦うことを欲するというなんだ。
僕らが誰かの心臓を誰かの身体に移植したら、拒否反応が起こり得るだろう?

デイヴィッド
分かります。

エメリー
一定レベルの拒否反応が起こり得る。だから、彼らはそれら全てを除去する技術を完成させたのさ。”ノー”と言う抗原と抗体を始末する方法を見つけたのさ。
彼らは今や、たとえ身体が一年もたなくとも改造を受け入れるよう細胞をプログラムできる。少なくとも彼らは仕事とあれば何でもやる身体を手に入れつつある。

デイヴィッド
寿命に関しては妥協したということですね?種を作るのにクローンを使おうとする意味は何ですか?
クローンだと長く生存し続ける生命体を作れないのではないですか?困ったことになりはしませんか?

エメリー
困ったことなのさ。それが僕の研究所に金をもたらすことにもなるんだがね。

だから、僕がブレイクスルーを達成した時には僕は来年の僕の研究室に必要なものを得るつもりさ。そうすればもっと困ったことだってブレイクスルーをなしとげることができる。
でも、君が彼らがすでに達成していること、つまり、彼らがすでにクローンを作っているということが分かってしまえば、秘密なんて何もないのさ。
彼らはすでにクローンを作っていて数千体も保管しているのさ。分かるかい?彼らはそいつらを活性化させるまで生きたまま保管していることができるのさ。
僕らはそいつらを”プログラム化生命体クローン”と呼んでいる。彼らが作っているのは普通のクローンなんかじゃない。彼らはそいつらを彼ら自身の個人的な実験のために・・・何ていうかな・・・アシスタントとして使うのさ。
実際、何かのために使われることになるクローンがいる。僕は最悪のケースしか想像できないんだ。なぜなら、僕は世界中をクローンだらけにはしたくないからさ。もし、そいつらが将来突然変異を起こしたら、あるいはそいつらの寿命が長くなったら何が起こるのか誰が想像できる?
彼らは恐らく、戦争に使われることだろう。なぜなら、そいつらは単に破壊されても構わない資産に過ぎないからね。
これが僕が考えている唯一のことさ。なぜなら、僕には彼らがなぜそんなに一つの場所にたくさんのクローンを保管しているのか、そして、この情報がなぜ秘密の軍事研究施設から漏れてくるのかが分からないのさ。
これは偽情報かもしれない。しかしそうじゃない。これは実際に本当の情報なんだ。そして、今まさにこの情報が表に出ようとしている。
中国はずでに彼らは自身の生体組織用に人を育てるつもりだと言っている。国内ニュースでそう言っている。
それでそいつらが18歳の時に何が起こると思う?君はただそいつらを殺して生体組織を取り出すのかい?
僕はここで何が起こっていると言っている?君たち自身がこういった人間を育てているんだと言っているんだ。

デイヴィッド
あまりにも常軌を逸したことです。

エメリー
そうさ。とても・・・。毎日33人もの人々がここで生体組織の移植を待ちながら亡くなっている。だからといって僕は生体組織を得ることができるだろうか?いや、できない。なぜなら、それらは生きているんだ。生きている存在から採取された生体組織なんだ。彼らが何をしようともね。
だが、その肉体はある種の・・・僕らは実際にクローンの人間を作ろうとしている。その生体組織を収穫するためにね・・・。

デイヴィッド
それは倫理的に錯綜(さくそう)しています。少なくともそう言えます。

エメリー
ああ!背筋がぞっとするよ。

なぜ生体組織だけを育てないのか?ほとんどの場所でそうしているように。分かるだろ?

デイヴィッド
分かります。

エメリー
身体全体を育てられるのにどうして一つの生体組織を育てないんだい?

デイヴィッド
彼らがそう考えるからでは?

エメリー
そうだな。ハハハ。

デイヴィッド
ハハハ。彼らは私たちが既にそうであるものであれば何でも改良できるようにこのハイブリッド化を十分に行えないだろうかと望んでいるとあなたはお考えですか。
私が思うに、彼らは恐らく、生命体というものはいずれも完全なものだというスピリチュアルな視点が欠けているのだと思います。彼らはそれを彼らが改良可能な機械のように見なしているのでしょうね。

エメリー
まさにその通りさ。僕が思うに彼らは・・・
彼らはこのハイブリッド化技術の確立の過程で何かにつまずいている。彼らは彼らが決して知らないことにつまづいている。
その何かというのは、僕が思うに、この市民社会を僕らを癒す方向に向かわせるものだろう。でも、とてもゆっくりと向かわせるものであってお金もかかることだろう。彼らだってこうして彼らのお金を工面しているわけだからね。
「ヘイ、我々は我々がこのことをやったからこれを発見した。しかし、我々はこれにつまずいた。なぜなら、我々はこの実験をやらなかったからだ。」ってな具合に折衝してさ。
それで彼らはそのアイデアを採用して箱に放り込んで製造してそしてそれを売るのさ。

デイヴィッド
ピート・ピーターソンが話していた地球外生命体の種の一つについて、彼は彼らをシミュラクスと呼びました。
彼らは人間というよりは明らかに小さな類人猿に似ていて、どんな理由があるかは分かりませんが、彼らは尻尾を持っていてその尻尾は曲げることができたのです。
彼らは自分自身の指を作ったのです。彼らは自分たちのDNAを修繕して自分たちの指をこの長いものに、尻尾のように曲げることができるもののところに作ったのです。
あなたがそのようなものをあなたの解剖作業の中でご覧になったことがあるかどうかに興味があります。

エメリー
いや、見たことはないな。だが、手になってる足は見たことがある。手すみたいだったんだ。足というより手に近かった。こいつらはやたらとひょろ長い人たちでね。明らかに人間っぽいんだが顎が長くてとても色白なんだ。本当に白くて美しい青い目をしていた。
そいつらはやせ形で骨は長く曲がっていた。それで、そいつらは大きな足じゃない手、足の代わりになっている手を持っていた。僕らの手をほぼ同じ形の手を持っていた。でも、それは足なんだ。
その手はこんな風には開かないんだ。(エメリーは彼の手を指を開かずに差し出す。)その手は本当に広く開くんだ。

デイヴィッド
ワオ!

エメリー
その指もとても広いんだ。それでかかとのところに小さな手のひらがある。それは体重を支えるためにそうなっているんだと思うね。
それで、そいつらの脚は逆なのさ。脛骨腓骨が大腿骨のところで逆についているんだ。君の脚の関節をぐるっと回して逆さに取り付けるとそいつらのようになる。

デイヴィッド
面白いですね。

エメリー
ああ。

デイヴィッド
あなたは長い顎とおっしゃいましたが、それは私たちの顔より彼らの顔の方が長くて下の方に伸びているという意味ですか?

エメリー
そうさ。下あごのライン・・・少なくとも1インチは長いな。それで顔がとても細い。とても魅力的な生き物さ。

 

 

デイヴィッド
目のサイズは私たちと比べてどうですか?

エメリー
大きいね。僕らの二倍はある。

 

 

 

鼻は小さい。そいつらは僕らと同じような歯と唇を持っている。
そいつらには眉毛はなくて、耳は楕円形でとても小さい。

デイヴィッド
毎日毎日あなたは割り当てられた仕事に応じて一つのシフトでたくさんの標本をやったといつかおっしゃってましたよね。

エメリー
そうさ。

デイヴィッド
以前のエピソードでは他の遺伝学チームについて話しましたよね?あなたが死体からサンプルを採取して壁越しに差し出すと他のチームがそれで作業を始めるという話を。
それであなたはETと人間のハイブリッド化がどの程度広範囲にわたっているとお考えですか?

エメリー
今日の時点での僕の意見ということになるけどね・・・なぜなら、僕が去る時には彼らはすでにそれを成し遂げていたからね。
今日の時点では、彼らは既に恐らくは20,30種を複製している。地球外生命体の種をクローニングするようなことをしている。そいつらのことを学ぶためにね。
それで彼らはまた、そいつらのDNAと僕らのDNAを混ぜているんだ。
だから、少なくとも20~30種類のハイブリッド種が今日には存在していると保証するよ。これが僕の意見であり推測さ。なぜなら、彼らが成功するのにどれだけの時間がかかるか僕は知ってるからね。

デイヴィッド
あなたはトラ人間は実際には上手く行っていないタイプのものだとおっしゃいましたよね?

エメリー
その当時は上手く行っていなかった。

デイヴィッド
おお!するともし彼らが作業を続けていたならば後になってそれが上手く行ったかもしれないということですか?

エメリー
ああ。

デイヴィッド
それでは、実際にハイブリッド化が上手く行った他の例は何かありますか?もし、あなたが話を始めるための一つの例を教えていただければと思います。

エメリー
鳥類の地球外生命体の例がある。僕が出会ったのは善い鳥類さんとは違ってたけどね。

 

 

 

この鳥みたいな人間は翼竜のように見えた。

デイヴィッド
本当ですか?

エメリー
そいつらは高度に知的なんだ。そいつらは非常にいいやつだ。そいつらは直感に優れている。もちろん、そいつらはテレパシーを使う。
そいつらは飛ばないんだ。だが、そいつらの背中には翼竜みたいな翼があるんだ。
頭は翼竜の頭を思い起こさせる。細長くて下の方に口が伸びている。身体には鱗(うろこ)がある。

デイヴィッド
長い口には歯があるのですか?

エメリー
ああ。長い顔さ。

デイヴィッド
分かりました。

エメリー
口の開口部は小さくて顎の下についている。

デイヴィッド
おお!ワオ!

エメリー
そうさ。彼らはそいつらのハイブリッドの作成に成功していたのさ。

 

 

 

僕は今も彼らがそれをやっているかどうかは知らないけど、そいつは悪魔や竜を思わせる姿で彼らはそいつを宗教的に利用しようと欲しているかもしれない。

デイヴィッド
なるほど。

エメリー
なぜなら、もしこいつがダウンタウンを歩き回っていたら確実に注目の的になる。なにしろ古代の恐竜のように見える生物だからね。直立する恐竜さ。
それで鱗がある。緑と赤の鱗があるんだ。
魚の鱗みたいなとても大きな鱗なんだ。

デイヴィッド
ほう。

エメリー
分かるかい?本当に大きな鱗なんだ。
背中には下の方に下って行く隆起がある。首から始まって脊椎の両側を下の方に下って行っている。
それはとげが連なっている隆起があるクロコダイルかアリゲーターの背中を思わせる。
そいつらの背中の小さなとげの列がどんなやつか分かるかい?

デイヴィッド
はい、分かります。

エメリー
よろしい。その隆起は尾てい骨近くのとてもとても小さい尻尾まで続いている。

デイヴィッド
なるほど。

エメリー
そんな感じなんだ。美しかったね。

デイヴィッド
服は着ていなかったのですか?

エメリー
ああ。

デイヴィッド
高さはどのくらいですか?

エメリー
8フィート(訳注:およそ2.4メートル)だ。

デイヴィッド
ワオ!

エメリー
そうなんだ。彼らはそいつを大きめに作ったんだと思うね。彼らはそいつを本当に大きく作ろうとしたんだ。だが、この種自身は6から7フィート(訳注:およそ1.8から2.1メートル)ぐらいだった。それでハイブリッドの方は8から10フィート(訳注:およそ2.4から3メートル)だった。
ある理由から、彼らは人間のDNAをこれらの複製を作るのに使用することが可能だった。ぼくは彼らがどうやってそうしてるのかは分からない。

デイヴィッド
この種自体は人間と翼竜のハイブリッドのようなものではないのですか?ある種の地球外生命体なのですよね?

エメリー
彼らは地球外由来の翼竜を採集してきて人間とかけあわせたクローンを作ったんだ。彼らは別の種を作ったのさ。

デイヴィッド
翼竜の頭なのですが、それは明らかに長い顎を持っています。また、こういった感じの板状突起が頭の後ろにありますよね?(デイヴィッドは翼竜の頭の後ろから飛び出ている部分を示す。)

エメリー
ああ、確かにとても大きな板状突起があるな。

デイヴィッド
その種にもあるのですか?

エメリー
ああ。

デイヴィッド
奇妙ですね。エジプトのもののように聞こえます。例えば、彼らが持っているこの杖のような感じです。かれらがいつも持っている杖です。
この杖には翼竜の頭のようなものがついています。

 

 

 

私はいつも翼竜はポータルか何かからポンと現れたのではないかと思っているのです。

 

 

 

これらの翼竜のような生命体がエジプトを訪れてこの杖に不滅化されているのではと思いませんか?

エメリー
頭がそうだから・・・エジプトで見るものと似ているからね・・・
だが、僕はエジプトにはそいつらは行かなかったと思うね。
見た感じではそのように思えるんだけど。ああ!そいつらがそこにいたようにも思えるけどね。
あまりにも時代をさかのぼり過ぎているんだ。そいつらはここにいたことがあるかもしれない。なぜなら、僕は歴史の中でこれらの翼竜とそのような生命体がここで捕らえられていると聞いている。人々もまたこれらを見ている。多くの異なったこれらの生命体に関する説明が存在している。だから僕には分からないよ。

デイヴィッド
あなたが見ることができたこれらのハイブリッド生命体のもう一つの例を議論させていただけますか?
あなたは鳥のような生命体が翼竜のようだったので鳥のような生命体とおっしゃいました。
特異な例として他に何かありませんか?

エメリー
全ての生命体が地球の昆虫か何かの幻影というわけではないんだが、カマキリ人間のような生命体がいる。
だが、最も魅力的なやつは実際僕らのように見える。少しだけ違ってて少し幅広で少し背が高い。顔はちゃんとある。そいつらは僕らと同じ消化器官を持っている。
そいつらは僕らよりずっと進化していて意識的なんだ。そいつらの脳はある理由から僕らより大きい。
僕が一つ指摘しておきたいことは、たくさんの五つ星の最も知的な人間タイプの地球外生命体を彼らが本当に欲しがっているということなんだ。
なぜなら、ある理由から、それは僕らのDNAと最も互換性があるんだ。理由は知らんがね。

デイヴィッド
なるほど。

エメリー
どうしてなんだろうね?

デイヴィッド
ハハハ。

エメリー
そいつらはいつでも来ていて僕も以前に見たことがあるんだ。地球外知性研究センターでもMilabs(訳注:軍事産業複合体秘密宇宙プログラム下の一プログラムで、超能力的素養のある子供を密かに訓練して秘密宇宙プログラムへ協力する超能力者を育成するプログラム。)でもね。彼らは最も容易にそいつらからハイブリッドを作れるんだ。
かれらはそれを行ってきたのさ。それで彼らは数百体ものハイブリッドを保有しているのさ。
もし、彼らがそいつらの手を一本手に入れたら一体が出来上がるのさ。上手いもんさ。
彼らが上手くいっているのは、こいつらの寿命が非常に長くて僕らの遺伝子コードとそいつらのがとてもよく似ているからなんだ。そいつらはもっと進歩しててテレパシーを使っているがね。
知っての通り、彼らは僕らができないことをできるんだ。
もし、彼らがそいつらをどのようにプログラムできるか分かっていたなら、彼らは善くも悪くも利用されていただろうね。
.
デイヴィッド
私たちは他の何人かの内部情報提供者から秘密宇宙プログラムのテクノロジーに関わりのあるドラコ-レプティリアンのグループの話を聞いたことがあります。それによると、彼らは私たちが秘密裏に到達しているテクノロジーに比べてたった40年しか先行していないそうです。
ある意味で、私たちは今や、実際問題として彼らとは戦争では互角なのだそうです。
それで、私たちの遺伝学的テクノロジーも彼らと肩を並べつつあるそうです。
だから、彼らは自分たちのDNAを人間とハイブリッド化している・・・

エメリー
彼らはそうしたのさ。

デイヴィッド
それで、彼らは私たちの神であるかのごとく振舞っている。

エメリー
そうさ。

デイヴィッド
彼らは私たちを支配するようになった。

エメリー
ああ。

デイヴィッド
あなたは優れた生命体が遺伝子の再構成で進化していくという考えをどうご覧になっていますか?私はそのようなことで私たちを神にすることはできないと思いますが?あなたはどう思われますか?

エメリー
そうは思わないね。君の神の定義については分からないが、僕はそんなことは信じちゃいない。なぜなら、もし君が同じDNAや血統を保有しているとして、そのことは君が互換可能であることを意味するに過ぎない。もし君が他の文明では問題となるレベルであっても君は平和に暮らすことができる。
彼らは僕らが皆真っ当なレベルに達するのを待っているんだ。
この宇宙には僕らと同時に始まったたくさんの文明がある。しかし、彼らは僕らよりはるかに進化している。なぜなら、彼らはフリーエネルギーや反重力のテクノロジーから隔離されていなかったし、操り人形にされていなかったからね。

デイヴィッド
分かります。

エメリー
もうすぐ銀河連合との大きな会議がある。銀河連合はこの惑星から5人のリーダーを選ぶ。銀河連合は彼らに言って彼らを銀河法廷に連れて行くだろう。そしてこう言うだろう。「なぜあなた方はこれをやらなかったのか?」ってね。
それで、彼ら、これらの世界のリーダーはこう言うだろう。「何を言っているのですか?我々は何もしてきませんでした。」
その後、彼らの背後の巨大なスクリーンが銀河連合に知れている全てが映し出される。そして、彼らは真実を語り出す。
その後、彼らは300の大企業が世界中のリーダーに責任が帰せられるものであることを知らされ、それらが地球の人々にした全てのことを見ることになる。
そして彼らは戻って捕らえられることになる。

デイヴィッド
あなたはある種の裁判のことをおっしゃっているのですか?

エメリー
ああ。大きな裁判になる。

デイヴィッド
嘘をつくことは不可能なのですね?
.
エメリー
不可能さ。嘘をつくことなんてできっこない。誰もそうしようとは思わないさ。
.
デイヴィッド
分かりました。デザインされた種を創ることに関してはたくさんの倫理上の混乱があります。私が思うに、私たちが立ち入るには深すぎる問題ではありますが、もし、最高の生命体が存在するとすれば、その遺伝子は宇宙から発せられたものだと思います。
また、単純に遺伝子を組み合わせたところで神は作り出せないでしょう。

エメリー
ああ、できっこないさ。それは王族に、あるいは王族との婚姻によって生まれるものだろう。
彼らはまだ、そういった人物を受け入れようとしている。

デイヴィッド
分かりました。

エメリー
僕が理解しているところでは、それはずっと中立であり続けるということなんだ。それは善でも悪でもない。ずっとそうであり続けるものさ。それはプログラムされたもので信仰というものもそのようなものなんだ。
だから、誰かをその自由意志に反して支配するに値する存在なんてあり得ないのさ。

デイヴィッド
分かりました。このエピソードはこれで終了です。エメリー、本当にありがとうございました。

エメリー
どういたしまして。

デイヴィッド
視聴してくれてありがとう。”コズミックディスクロージャー”でした。ホスト役のデイヴィッド・ウィルコックと特別ゲストのエメリー・スミスでお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA