コブラ 更新情報 終末時の狂気 2020.1.29

コブラ 更新情報

終末時の狂気 2020年1月29日(水)

http://2012portal.blogspot.com/

新しい黄金時代の幕開け前に、地球が光に入る前に、今のような強い浄化が起こらなければなりません。この浄化は、終末時の狂気と呼ばれています。
終末の時の狂気は個別に起こっており、多くの人々が異常な精神状態となり、機能不全の行動を示していますが、世界的にも同様に起こっています。
彼らは今、彼らの終わりが避けられないことを知っているので、カバールは彼ら自身の失脚の過程で地上の人類を巻き込んで破壊したいと考えています。
彼らは昨年12月にレポ市場を通じて財政破綻を引き起こそうとして、それがうまくいかなかった。彼らは1月初めにイランとの問題をエスカレーションしようとして失敗しました。
バージニア州で偽旗を工作しようとして失敗しました。後は、何が残っていますか?。
世界的なパンデミック恐怖です。
2019-nCoVは、主にアジア人を標的とする高度な人種生物兵器です。
現在の伝染病は、中国と米国の間で起こっている秘密の生物学的戦争の結果です。
米国に対する中国の長期軍事戦略は、生物兵器に大きく基づいています。
中国のエージェントは、カナダの研究室からコロナウイルスを盗びました。
そして、武漢の研究室で生物兵器にアップグレードしました:
その後、米国のエージェントは、以前、武漢研究所に潜入し、ウイルスの開発に関与し、コロナウイルスのサンプルを盗み、武漢の鮮魚市場と動物市場に広めました。それ以来、ウイルスへの恐怖心を煽って幾何学的な進行で広がっていました。
WHOで働いていた有名な疫学者で、ワクチンアライアンスであるGAVIの理事であるピーター・サラマが1月23日に亡くなったことに注目するのは興味深いことです。
プレイアデス人は、流行を止めるためにたゆまぬ努力を続けています。1月24日金曜日、彼らはウイルスを消去し、低軌道に駐留する船から惑星の表面に向かって広がった最初のスターダストナノパウダーを開発しました。ウイルスはナノダストに反応し、わずかに致死性が低く、わずかに透過性の高い形態に変異しました。
ウイルスの反応から学び、プレアディアンはスターダストのより高度なバージョンを開発し、1月27日(月)と28日(火)にそれを適用しました。
この結果、ウイルスは今までのように幾何学的な進行でもはや広がっていない、と減速しているように見えます。
光の勢力は、感染の広がりが1〜2週間で効果が出て、その後に報告される新しい症例が少なくなっていくことを期待しています。
十分な試みの後、プレアデス人は、完全にウイルスをハッキングし、1918年にスペインのインフルエンザ大流行を止めたのと全く同じ方法で、感染を阻止することができます。
ウイルスは、プラズマ層の闇の勢力から支援を受けた場合にのみ効果的に広がる可能性があります。
また、残りのキメラのプラズマ蜘蛛は、全て非常な飢餓状態にあり、絶滅の危機に瀕しており、その恐怖と苦しみを食い止めるために感染数の多い武漢や他の都市に急いでいます。
光の勢力は、彼らがすべてそのような小さな空間に集まり、もはや惑星の表面の周りに均等に広がっていないとき、光の勢力は、はるかに効果的にそれらをクリアすることができるので、これは彼らにとって完璧なトラップです。
光の勢力は、現在、すべての感染をサポートするプラズマとすべてのプラズマキメラ蜘蛛を集中的にクリアしており、この精製速度で、すべてのプラズマキメラの存在は1〜2週間で消滅し、米国宇宙司令部とDARPAの物理的なキメラのみ残ります。
光の勢力は、すべてのウイルスを支援するプラズマとすべてのプラズマキメラ蜘蛛を浄化する紫色の炎を視覚化することによって、この浄化プロセスをサポートするために導かれたと感じるすべての人に求めています。
人々はまた、次の瞑想でコロナウイルスの流行を止めるのに役立つ事ができます。
落ち着いて恐怖に屈しないことは非常に重要です。物事を視野に入れると、2018年に米国だけで80,000人以上が一般的なインフルエンザで死亡しましたが、特に心配していないようです。
そして、世界中の650,000人がインフルエンザで死亡しました。
平均的な人間にとって、このコロナウイルスに感染するリスクは非常に低く、今後も可能性が低いままです。
皆さんにとって最良のアドバイスは、一般的なインフルエンザと同じようにこの流行に対処することです。これは恐怖のほとんどを取り去るでしょう。
流行の現在の状態を確認することができます。
そしてこちらで。
この流行の恐怖が沈静化すると、カバールは、彼らの別のトリックを隠し持っています。
光の勢力は、すでに解決策に取り組んでいるため、それもうまくいきません。
青い夜明けが来ています。
光の勝利!
翻訳 HP編集委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です