大天使ミカエル(シャロンスチュアートを通して) 2020年2月2日

大天使ミカエル(シャロンスチュアートを通して) 2020年2月2日

アシュター・シェラン:死に瀕している惑星で、エネルギー保持者になるために、行くことをお願いするのは難しかったですが、皆様は志願して、地球のなかで全てと宇宙に志願してくれました。ありがとうございます。



私は大天使ミカエルです。皆様に仕える光の神の戦士です。そうです、何度も何度も言い続けなければなりません。皆様はやすべきことを一人でやっているわけではありません。我々は常に皆といっしょに近くにいて、皆が、光の真実をみるために、再度上昇するまで、低密度の中をともに歩んでいるのです。

そばにたって、モニタリングして、皆様が自分で守ることができるようになるまで、皆を守っています。我々は皆の保護者でありながら、仕える者でもあり、案内役でもあります。困難な道を皆と共に歩きながら、皆を守り愛するために皆と地球にやってきたこのような光の力(フォース)でもあります。

私はシャロンと一緒でした。そして何度も何度も攻撃されるごとに闇を払いのけてながら、自分が誰なのかわかっていない時もわかっている時も、ずっと人生を共にしてきました。私は、いました。彼女の公告と王位、ヒエロニムスとジェリマルと私は、彼女のためにそこにいました。つねに彼女を闇からでて光に向かって歩き出した時は彼女の手を握っていました。

闇は、皆様すべてにもそうであるように、彼女へも、地獄の深みの中に落とすような計画をもってました。それでも、耐え忍び、人生において、闇に勝利したのです。彼女の魂の暗闇に対処していたある夜、私は彼女のもとに来て彼女を立って見ていました。

そして彼女は、痛みを変化させて、地獄の悪魔を追い払いつづけたのです。彼女は私が誰だか分らなかったけど、私は、知っていました。そして、神に仕えるものたちである私たちにはそれだけが大切なことだったのです。

我々の子供たちである皆様を愛しています。皆が善良でありことや皆が行う仕事についても愛してます。我々が自分たちを大切にするように皆様を大切にしています。

どんな害も皆にはやってこないのです。皆に害をもたらすのは、神の計画にはありません。それは闇の計画です。光と歩調を合わせれば、闇は皆様に触れることはできません。

皆の世界は今変わり、皆の月の闇ではなく、太陽の光に対峙するために変わってきています。皆は立ち昇り、今まで決して知られなかったように、惑星を安定を取り戻すでしょう。我々が皆の勝利の元でやっているように、天界は勝利の歌を歌うことでしょう。

恐怖は敵で、恐れないで下さい。すべてを愛する理由を探して、メッセージを送って下さい。愛はそこにあるすべてです。他にはなにもありません。

私は大天使ミカエルです。

愛してます。我々や私のフォースが必要な時は呼んで下さい。

翻訳 瀧井

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です