トールホワイトエイリアンからのメッセージ その9 2020年11月06日

トールホワイトエイリアンからのメッセージ その9

Spiritual-lightさんがトールホワイトの記事を翻訳してくれたのでシェアします。
トールホワイトエイリアンからのメッセージ
その9
Spiritual-lightより
 日本においては、プレアデス、シリウス、アルクトゥルスなどの異星人に関する資料が多数邦訳されている一方、トールホワイトの資料に関しては膨大な英文資料が存在していながらほとんどが未邦訳です。
 そこで、トールホワイトに関する膨大な情報を開示しているtall-white-aliens.comの記事を順次翻訳していくことにします。
 皆さんの参考になれば幸いです。
原文
永遠のコントロール下にある地球
問:私たちの地球に起こっていること全てにあなたは気づいていますか?
答:地球は4,000年以上もの間、神のコントロール下にあります(訳注1)。このコントロールは監視者によって行われています。彼らは遠隔操作の偵察用宇宙船と、この宇宙船で彼らの思い通りに集めた情報を保有しています。彼らは地球人指導者の最も傑出した思想を自動記録出来る機械装置を装備しています。このことについては、あなた方にとってお伽話のように思えるかも知れません。しかし、あなた方は私たちがスピリチュアルな面で、そして、テクノロジーにおいて遙かに進歩していることを考慮に入れなければなりません。遠隔操作の宇宙船は無人です。この宇宙船が追跡された場合、自動的に“逃亡“モードとなり、あなた方が知っての通り、決して捕まえることは出来ません。この宇宙船の加速はあまりにも速いので、もし、乗船していれば、地球人はおろか私たちでさえ生きてはおれません。この宇宙船を遠隔操作しているパイロットは母船の中にいて全くもって安全なのです。有人宇宙船の加速度はこれより緩慢です。しかし、“大規模な旅行“の期間中は、いわゆる、宇宙旅行中には、宇宙船は物質的身体では生存不可能な速度に達します。それゆえ、このような場合には身体の非物質化を行うのです。この時の旅行は光の速さを遥かに超える速度で行われます。
(訳注1:ここでトールホワイトは、地球は長い間神のコントロール下にあると主張しています。これは、地球は邪悪な異星人の支配下にあると主張しているプレアデスの意見と対照的です。また、ここまで連載を行って来てはっきりしているのは、トールホワイトは聖書からの引用を好むということです。これは、ヤハウェの宗教やキリスト教によって破壊され抑圧されて来た古代宗教や古代神話からの引用を好むプレアデスとは対照的です。ギリシャ神話には、ウラノス→クロノス(ローマ神話におけるサトゥルヌス)→ゼウス(ローマ神話におけるユピテル)と神が交代していったことが記されています。そして、聖書の時代にはヤハウェあるいはエロヒムがゼウスにとって代わりました。地球支配をめぐる異星人同士の戦いが何度かあったようです。ちなみに、一なるものの法則のラーは土星評議会に言及し、プレアデス人はジュピターコマンドについて言及しています。土星を意味する英語Saturnはサテュルヌスに由来し、木星を意味するJupiterはユピテルに由来します。ラー/ブルーエイビアンズ、プレアデス人、トールホワイトの相互関係は良好とは言えないのかも知れません。)
 ギリシャ神話におけるウラノス、クロノス、ゼウスの間の戦いに関するエピソードはこちら。

このプロセスもまた、あなた方にとってはお伽話でしょう。なぜなら、あなた方のテクノロジーはまだこの段階には遥かにおよばないからです。全てが魔法に見えてしまうような無知な人々にどのように説明出来ると言うのでしょうか?例えば、あなた方の科学者たちは物質の速度が光速を超えることは不可能だと信じているのです。私たちの経験に基けば、私たちは異なった種類の速度について知っています。例えば、思考伝達における速度です。

一つの思考があなた方の太陽系の端からもう一方の端まで1秒もかからずに到達し得るのです。言うなれば、太陽系の外縁部のいずれからも一切の減衰なく思考を受け取ることが可能なのです。

 私たちの宇宙船は常にこの方法によって通信し合っています。
 思考伝達は非物質化状態でも可能です。なぜなら、スピリットは意識を失うことがないからです。しかし、これらはほんの一例です。以前に申し上げたように、私たちは全てにおいてあなた方より遥かに進歩しているのです。あなた方のテクノロジーはここ数年で目覚ましく進歩しました。しかし、あなた方の精神的な進歩には信頼し難いものがあります。
翻訳:spiritual-light

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA