銀河連合、評議会、秘密宇宙計画 – SSPシリーズ第7巻 マイケル・サラ博士著 5月23日

銀河連合、評議会、秘密宇宙計画 – SSPシリーズ第7巻 マイケル・サラ博士著 5月23日

Book 7 in SSP Series: Galactic Federations, Councils, and Secret Space Programs

第二次世界大戦中、地球外文明が地球を訪れるようになったのは、各国の核兵器開発が理由の一つでしたが、もっと重大で広範囲に及ぶ説明が存在します。しかし、その真実は、その不穏な性質のために、何十年もの間、共有されることはありませんでした。今日になってようやく、私たちは真実のすべてを知ることができたのです。その起源は、ナチス・ドイツがドラコ・レプティリアンと呼ばれる地球外生命体のグループと交わした密約にあったのです。この協定により、南極大陸にドイツの離脱植民地が設立され、やがてドラコの銀河系征服計画に協力する極悪非道な闇の艦隊(ナハトヴァッフェン)が誕生しました。

350年後の未来に、突如として銀河系に暴君が出現したことを察知した地球外生命体のグループ「アンドロメダ評議会」は、地球、月、火星で起きている現代の出来事がもたらす脅威を、世界の銀河連合や他の自由を愛する地球外生命体組織に通告しました。こうして、異なる地球外生命体連合、評議会、秘密宇宙プログラムを巻き込んだ時間戦争が始まりました。各組織は、地球で起こる長期的な出来事を操作して、銀河人を覆い尽くす暴政を阻止、または実現しようと努力しています。両者はタイムトラベル技術を駆使して、地球上の重要な人物、出来事、運動に影響を及ぼしています。両陣営の工作員は、さまざまな国、特に航空宇宙企業に組み込まれ、さまざまな秘密宇宙計画のために人類が高度な技術を構築するのを助けてきました。

今日、私たちはこの数十年にわたる時間戦争の最終段階を目撃しています。複数のタイムラインが競合し、共存し、最終的には互いに収束します。地球を震源地とするこの戦争が終わりを迎えようとしている今、これらの出来事と、重要な役割を果たしたさまざまな銀河系グループや組織についての真実が明らかにされつつあります。

銀河間連合、評議会、秘密宇宙プログラムの中で、マイケル・サラ博士は、人類のほとんどが知らないうちに、私たちの周りで静かに激化している時間戦争に関与しているさまざまな地球外グループと秘密宇宙プログラムのグランドツアーを行っています。重要なのは、人類が銀河系コミュニティに加わるという、非常に前向きでエキサイティングなスタートレック的未来の実現につながる現在の出来事を強調することです。

 

 

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA