女王死去・マーキングポイント・9・9・2022= 9・9・6 2022年9月10日

女王死去・マーキングポイント・9・9・2022= 9・9・6 2022年9月10日

真実の泉 – ディスクロージャーさんより転載

オリジナル動画:
https://youtu.be/wK6b1SsTb9U

エルドラとシマーンが今日アップしてた内容の
メインのポイントだけ翻訳します。

***********

エリザベス女王が 2022年9月8日に死去しました。

もう皆さん、ご存知と思いますが、今テレビに出ていた女王はクローンだったり影武者を使っており、本人は、実際には数年前に処刑されています。Covid-19が始まった頃にエリザベス女王がバッキンガム宮殿から他の宮殿に移りましたね。その時、我々の第三の目には、とても鮮明に彼女が処刑される為に連行されている様子が見えたのです。

彼女は、レプティリアンの女王だったわけですが、これまで我々はこのレプティリアン達に支配されて来ました。今そこから解放されて来ている証、重要なマーキングポイントが「女王の死去」という報道によって、我々に知らされているのです。

本来、地球は人類がアセンションをするため来る場所であり、「999」というメタトロン・コードは、「最上」「完了」を表しますが、ある時からレプティリアンがそれをひっくり返し「666」に切り替えてしまったのです。

しかし、今回 2022年9月8日に「死去」の報道がされ、翌日の9・9・2022では、222を足して6になり、「996」というメタトロン・コードになり、2つの9を取り戻したことになると、我々のガイドは言ってきています。

我々のガイドによれば、次は2025年の9月9日に「999」が完成するという事です。

(マータ:96歳で死去というのも意味があるように感じます。陰と様、闇があってこそ、光が見えてくるのです。アセンションに必要なプロセス。9月9日は中国や日本では重陽の節句であり、陽が重なるパワフルな日。新しい幕がまた開いた感じですね)

ここで完全に全ての掃除が終わるということになると言っています。

我々は、今、その瞬間を目撃する為にロンドンに行くようにガイドから言われ、2週間くらい前からロンドンにいます。

我々は、元々はカナダで暮らしていました。カナダでは1964年にある事件があり、これはまだ事件としては、調査が続いているものなのですが、その内容を簡単に説明します。

1964年10月、エリザベス女王とフィリップ殿下がカナダを訪問しました。その際に地元のインディアンの子供達専門の学校を二人は訪問しました。そこで10人の6歳から14歳の子供達、7人は男の子、3人は女の子が女王と殿下と数名の神父と共にピクニックに出かけます。Death Man’s Creek (死人の川)という場所にピクニックに行きます。まさに、そういう名前の場所を選んでいるのにも理由があるのです。しかし、ピクニックから帰って来たのは、女王と殿下だけで子供達は一緒に戻って来ませんでした。行方不明になったのです。その事件から一人の生存者であった12歳の少年がのちに、この事件の裁判で証言しました。「子供達は皆、女王の靴にキスをしなければなりませんでした。これは変だと僕は思いました」しかし、この少年もその後、殺されてしまいます。

2013年2月25日にカナダのブラッセルの裁判所において、エリザベス女王はカナダで行方不明になっている5万人の子供達に対して「有罪」判決を受けました。この判決は6名の裁判官により決められたのですが、それを発表した裁判長は、その後すぐに精神病院に入れられてしまい、この事件は揉み消されてしまったのです。

それから、この動画を見てください。42:00~42:30あたりです。バッキンガム宮殿の前で偶然に観光客が撮影したものですが、子供が裸で窓からシーツを垂らして逃げ出している姿が写っています。
https://youtu.be/wK6b1SsTb9U

彼らは、子供達からアドレノクロムを抽出し、それを飲んで生き延びているのです。

王家、バチカンのメンバー、ブッシュ、オバマ、クリントンなどの政治家、レディーガガなどハリウッドにも沢山います。

沢山の証拠動画や写真が出回っています。

彼らがやって来てことは、本当に恐ろしいです。

あまり、こういう話は我々もしたくないですが「怖い」と思って見たくない、知りたくないと目を背けていてはよくないのです。実際に何が起きているのかも冷静に感情的にならずに理解する必要があります。

そして、全て今起きていることは劇なのです。我々は、もう解放されているわけですから、前回の「嵐がやってくる」の動画でお伝えしたように、これからは、しっかり自分にフォーカスして、自分がやるべき宿題をしっかりやっていく事が大事です。

「嵐がやってくる」の記事↓
https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/2e91be1c6d5d88f32dbc580854b5a665

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA