ポータル211221 パート5 大いなる量子移行 レフ著 2021年12月29日

ポータル211221 パート5 大いなる量子移行 レフ著 

2021年12月29日

 

レフ
2021年12月28日午後02時16分(中央ヨーロッパ時間)、銀河司令部から以下の情報が届きました。

それによると、冬至から、地球の全人口の50%の魂が4次元フィールドに転送されたとのことです。

同時に、重要なことが明らかにされました。地球上の具現化した魂とファントムの比率も50対50になったのです。ファントムやバイオロボットは、魂もモナドもコーザルボディ(因果体)も持たない人たちです。

地球の統計によると、現在の地球人口が約77億7500万人だとすると、38億8700万人の魂が3次元で具現化され、同数のファントムが存在することになります。

つまり、約19億4300万人が4次元に移行したことになります。3次元のフィールドには同じだけ残っています。このような均衡は、フィールドシステムのバランスを維持するために必要なことです。

4次元にファントムはいません!

全員がまとめて一度に4次元に転送されました。DNIが語ったトランジェントの一部(2021年12月27日付「アジャスター」参照 https://ameblo.jp/oracleangel-et/entry-127180242)の3次元でのカルマの戻りは、一時的な現象であるため、無視しても差し支えないでしょう。この問題はすぐに解決されるでしょう。

4次元に切り替えた人たちには、今、特別な使命があります。彼らは、すべての知性の形態の進化に適した、4次元の現実の最終的な構造化に参加しています。

現実のあれこれの場が存在しても、そこに知覚を持つ生物が自動的に具現化する可能性を意味しません。

そのためには、存在する環境が準備されなければなりません。地球と同じで、フィールドはひとつでも、気候やその他の条件によって、人が永住できない場所や、生きるのが大変で、多くの人がかろうじて生きている場所があるのです。

12月冬至に4次元に切り替えたとき、別の問題が発生しました。

ポータル21.12.21.の作業と並行して、善意で組織された集団調停が行われたのです。

しかし、膨大な数のレプティロイド、ドラコ、オリオン、グレイ、その他の低振動エンティティがこのイベントに便乗したのです。

微細領域では、集団瞑想に参加した人々が文字通り闇のワイヤーに絡め取られているのが、透視によってはっきりと確認できました。

これらのワイヤーは、瞑想者のエネルギーの流れが「光のポータル」ではなく、ネガティブな寄生虫種族で満たされた空間へ向かうための接続でした。

共同創造者と高次光階層たちは、直ちに介入しました。彼らは、瞑想の参加者一人一人にゆっくりと丁寧に働きかけ、まるで糸の玉のように絡まっている吸盤を解きほぐし始めました。

すべての流れは、その振動レベルに応じて分配され、対応するエネルギー形成に方向転換されました。

闇の勢力によって生み出されたエネルギーは、彼らの集合意識にブーメランされ、また地球近傍空間の3次元エネルギーの沈殿槽に投げ込まれました。

このイベントの参加者のエネルギーがそれぞれのアームに分類された後、地球の4次元と5次元の空間は、古代人の魂と、現在地球で体現されている高度に発達した文明の代表者からの高波動の純粋エネルギーだけで満たされたのです。

その後、高次光勢力と友好的な宇宙種族は、すでに事態を完全に掌握しており、地球を保護球で覆い、アセンションのエネルギーで満たしたのです。

これらの出来事は、今後新たに世界規模の、あるいは小規模の集団瞑想を組織しようとする人々に対する重大な警告と教訓となるものです。

自分の力を冷静に計算し、単独で行動するのではなく、あくまでも宇宙の光の力と協力して行動し、エネルギーの安全対策の基本を怠らないことが極めて重要なことなのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA