コブラの記事「水瓶座の時代」の7番目のリンク記事の和訳

コブラの記事「水瓶座の時代」の7番目のリンク記事の和訳

nennezabutonのブログさんより転載

水瓶座の時代の夜明け1996-2087 

by Mark Lerner

>

原文

http://greatbear.mcn.org/aquar.htm

>

1961年末、インドの何人かの占星術師が”世界の終わり”を予言し始めました。なぜでしょうか?彼らは七つの太陽系の天体の希なコンジャンクション(訳注:ある天体が別の天体と地球から見て同一方向に配置されること)が水瓶座で1962年の2月3日から5日にかけて起きることを指摘していたのです。西洋の熱帯における黄道十二宮を使ってみると、この時、水瓶座の中程で皆既日食(黄道十二宮でのパワーポイント)が発生するとともに、五つの伝統的な占星術上の惑星(水星、金星、火星、木星および土星)もまた水瓶座にあって、皆既日食の周囲に群れをなしていたのです。

まあ、世界は終わりはしませんでした(しかし、八ヶ月後にはキューバミサイル危機が発生し、私たちを地球規模のカタストロフの瀬戸際にまで追いやりました。)。その代わり、政治的、社会的、宗教的、経済的、科学的、芸術的、音楽的、文化的、そして、教育的な変化、反乱、革命が混乱をもたらし始め、私たちの惑星を揺るがせたのです。1962年の2月初めには、天体の稀(まれ)な配列が人類の内面の何かの引き金を引きました。そして、”水瓶座の時代”という歌までが世界中の人間社会でのルネッサンスの可能性への祝歌の一種となっていったのです。

>

J.F.ケネディ大統領が大統領の座にあったこの皆既日食の期間は、アメリカと世界の多くの場所にとって若々しい、希望溢れる、活気のあるイメージを提供していました。ですから、あなたは彼が1917年5月29日に生まれたことを学んでも驚きはしないでしょう。この日には天王星が水瓶座の23度に位置で静止していたのです!彼は明らかに天王星からの革命大使だったのです。この惑星は私たちの国そしてこの地球の全てで混乱をもたらし多大なる変化を巻き起こしたのです。

>

加えて、彼の誕生日には水星もケネディ自身を表す太陽が座している双子座において静止していたのです。この双子座の支配星は水星なのです。彼の太陽は双子座の7度の位置にあり、双子座の8–9度の位置にあった海王星および冥王星と三重のコンジャンクションを形成していました。この三重のコンジャンクションは492年サイクルでやって来て、人類の歴史を動かし、地球規模の進化を先導したのです。最も顕著なことには、彼の太陽は1776年の7月4日以来、米国の出生図において双子座の8度の位置にあった天王星とコンジャンクションを形成していたのです。

>

彼の最も顕著な業績の一つは米国、英国、ソヴィエト連邦による空中(彼と関係の深い水星、天王星、双子座および水瓶座はいずれも風のサインと関わりの深いものでした)での核実験を禁止する限定的な核実験禁止条約の締結を1963年7月に交渉していたことでした。

>

彼はまた、マーキュリー(訳注:マーキュリー/mercuryは英語で水星を意味します)計画の宇宙飛行士と共に、アメリカ人が外宇宙(天王星は空と宇宙旅行を司ります)に進出することを主宰しました。彼は議会において、1960年代の終わりまでに人類を月面に立たせると宣言しました。そして、1969年7月20日にこれは達成されたのです。木星と天王星がコンジャンクションを形成していたまさしくその時に!

>

J.F.ケネディが1963年11月22日にダラスで暗殺された時、水瓶座の位置に月と土星があったのです。彼の死に際して天空にあったこれらのサインは卓越した天王星のサインの下に生まれた彼の地球上でのミッションを象徴するものでした。

>

奇妙なことに、私たちは1998年から1999年にかけて土星と海王星のワクシングスクウェア(訳注:ある二種類の天体がコンジャンクションの配置からオポジションの配置に向かう途中で形成するスクウェアのこと。コンジャンクションについては第一パラグラフの訳注を参照してください。オポジションは二種類の天体が地球から見てそれぞれ反対方向に配置されること。スクウェアは地球から見て内角90度を形成するように配置されること。)を経験した時、このワクシングスクウェアは前回1962年から1963年にかけて起こったのですが、1998年から1999年にかけてのワクシングスクウェアにおいて、1962年2月に遡る水瓶座の時代に蒔かれた種子を回収することになったのです。[土星と海王星のスクウェアの形成は社会における多くの混乱を作り出すことを助長しますが、後にはそのような雰囲気を浄化し得るのです。]

>

私は長い間、ある重要な占星術師が質問された以下の質問に答える必要があると感じていました:いつ水瓶座の時代が始まるのか?尊敬されている占星術師は数十年の間、自分自身の意見を述べてきました。それによれば1900年代の後半から2500年かそれ以上だと言われています。

>

とはいえ、ほとんどの占星術師は20世紀末から21世紀の始めが新しい時代が完全に始まる”出発点”になりそうで、2,160年間続きそうだと考えています。偉大な占星術師であるデイン・ルドヤーは2060年を水瓶座の時代が始まる年だと考えています。また、彼はその時がなぜ意義深いのかを掘り下げて説明しました。

>

私はあなたに以下の7つの主要な惑星のサイクルあるいはコンジャンクションを探求しこのことについて黙想して欲しいのです。これらのエネルギーは、黄道十二宮の中一番目のサインである水瓶座を今から2087年まで強めることでしょう:水瓶座の天王星、1996~2003、2079~2087。水瓶座の海王星、1998~2012。水瓶座のキロン、2006~2011、2056~2061。木星と海王星のコンジャンクション、2009。木星と土星のコンジャンクション、2020、2080。水瓶座の冥王星、2024~2044。木星と冥王星のコンジャンクション、2033。

>

私たちは2,160間続く一時代が一日にして、一年にし、十年にして始まらないことを認識しておく必要があります!チベットのマスターD.K.(訳注:ジュワルクール大師のこと)は彼のチャンネルであるアリス・ベイリーを通じてこのコンセプトについて議論しており、このことはアリス・ベイリーの著作「秘教占星術」(ルキス出版社)に記載されています。その中では、時代の間の”シフトの時”は500年とm積もられているようです(莫大な宇宙のバイブレーションとエネルギーの動きの出入りを考慮した思いやりのある期間設定です。)。

>

コンピューターテクノロジー、人工衛星、光ファイバー、高速通信およびインターネットの勃興と共に、私たちは、水瓶座の時代はもう長く続いており、今この時代がそうであると間違った印象を受けてしまったかも知れません。とはいえ、世界情勢はいまだに悲惨な状況にあります。原子爆弾は私たちの文明を一瞬の閃光の内に破壊することが出来ます。いわゆる中東危機は古(いにしえ)の”聖地”でハルマゲドンをもたらすかも知れません。この中東危機は1948年5月のイスラエルの突然の建国以来進行中です。水瓶座にある革命を司る惑星である天王星でさえ、2002年の間、月とパラスのコンジャンクションとグランドクロスを形成して、アメリカに大混乱を作り出しているのです。トランジット(訳注:占いたい日時での惑星の配置のこと)で見た後半の方の水瓶座の天王星は、イスラエル人とパレスチナ人との間の予想を裏切る早期の平和の開始を暗示しており、獅子座28度に伝統的に戦争の惑星とされる火星を配置したイスラエル国の出生図の暗示するものとは対照をなしています。イスラエルとパレスチナとの間の緊張は2002年の間白熱化し、2003年秋まで続くかも知れません。世界規模の金融情勢はすっかり調子が狂っており、数十億人の人類にとって全くもって不公平なものです。私たちはまた、化石燃料の使用によって手に負えない温室効果を作り出しており、今後数十年の内にその効果の著しい進行に気づくことでしょう。

>

イスラエルと天王星に関する記述:天王星が1781年3月13日に、英国のバスでウィリアム・ハーシェル卿によって発見された時、天王星が双子座の24度27分に位置していたことをご存じでしょうか?この角度は黄道十二宮における並外れた革命、変化、衝撃、不確実性、解放、不安定、閃光のような爆発の場所として永遠に共鳴し続けることでしょう。イスラエルが1948年5月14日に国家として設立された時、天王星は正確にこの惑星が発見された場所である双子座の24度の位置に戻っていたのです!黄道十二宮を83と3/4年かけて一周し、更に一周して来た後に・・・。ですから、イスラエルは天王星のエネルギーが詰まった火薬樽なのです。この事実はなぜ、このことが惑星の配列において”避雷針”のようなものなのかを暴露しているのです。なぜならば、アメリカは1781年(天王星が発見された年)に英国と革命的な独立戦争を戦っているので、アメリカとイスラエルは天王星を介して直接リンクしてるのです。そして、忌まわしい運命のねじれにおいて、(ウィリアム・ハーシェル卿による)天王星の発見は、天王星がその原型となる生を83年と3/4ヶ月で生きて来たことを示しています。天王星が死を迎えた時、天王星は正確に生まれた元の場所に戻っているのです。

>

人類は人類が真に”新しい時代”に入る前に通っていかなければならない長い道程があります。そのような訳で私は、水瓶座の時代の夜明けの印として、現在の七年間(1996年~2003年)の水瓶座における天王星のトランジットで始まり、次の水瓶座での7年(2079年~2087年)におよぶ天王星のトランジットに終わる”90年以上”のタイムサイクルというアイデアを選択したのです。この二つの水瓶座に天王星が位置する期間の中で、私たちはそれを上回る期間で水瓶座に海王星と冥王星がある時を経験します。水瓶座にキロンが位置する時を二回経験します。木星と海王星、木星と冥王星が水瓶座でコンジャンクションを形成する時を経験します。そして二回、非常に深い、水瓶座での木星と土星のコンジャンクションを経験します。

>

最初の木星と土星の水瓶座でのコンジャンクションは1405年に起こり、次の水瓶座での木星と土星のコンジャンクションは2020年12月21日に起こります。私には、これは水瓶座の時代のエネルギーの重要な誕生を真に反映しているように感じます。なせでしょうか?なぜならば、この水瓶座の衝動の全てが木星と土星(この太陽系で最も大きい二つの惑星)に達する時が人類社会が本当に変化を始める時だからです!

>

私たちはしばしば自身の占星術の研究において、特に外惑星(訳注:地球より外側の軌道を公転する惑星)キロンおよび小惑星忘に私たちを同調させることを忘れてしまいます。古代や中世の占星術では、木星と土星の人類の文化における重要性は疑いようのないものでした。これは天王星、海王星、冥王星およびキロンの発見以前にはこれらの惑星が最も外側にある惑星であったことに一部起因しています。しかし、文字通り、私たちの太陽系全体は占星術的にも物質的にも科学的にも全体として保たれているのです。この惑星系全体において、木星および土星によって発せられる秩序をもたらす原理とパワーのゆえに・・・。

>

2020年12月21日における偉大なる木星と土星のコンジャンクションは水瓶座の0度(水瓶座への入り口)で起こるだけでなく、”風”のエレメントの領域で起こる180年から200年余におよぶ木星と土星のコンジャンクションの期間の始まりでもあるのです。このチャートはそれゆえに、風のエレメント(思考、直感、高次の精神、教育、コミュニケーション、空路での旅行、発明、革命)における”大いなる変化”のチャートなのです。

>

そして、2080年(この年の3月14日)には、木星と土星が水瓶座の11度の位置で再びコンジャンクションを形成し、水瓶座の4度の位置にある天王星ともコンジャンクションを形成します(訳注:占星術においては地球から見て完全に直列(地球との内角が0度)する場合のみをコンジャンクションと呼ぶわけではありません。占星術師によりますが、4度から8度程度のオーブ/許容度数を考慮してコンジャンクションと判断します。今回の例では11度-4度=7度となっており、この記事の著者は8度程度のオーブをみているようです。)!水瓶座において、木星と土星が正確なコンジャンクションを形成する中で、木星、土星、天王星が位置するのは、極めて意義深いことであり、1962年2月前半に七つの天体が水瓶座に配置された稀な配置を経験して以来起こっていないことです(その時、天王星は獅子座の終端にありました。)。

>

この時期を結論づける前に、木星と土星の2020年でのコンジャンクションと射手座7度での金星は正確にアメリカのアセンダント(訳注:占う対象のネイタルチャート/出生図において、東の地平線のことをアセンダントと言います。このアセンダントは占う対象の本質的性質を表します。)にストップをかける配置になることを覚えておいてください!私たちアメリカ国民が世界のイマジネーションをつかむ、

>

そして、全ての人類にとっての水瓶座の時代の冒険の90年余のサイクルを燃やし尽くすことを助ける大いなる機会となるのです。

>

次の90年間に向かう種として私たちはこの機会の時流に乗ることができるでしょうか?そして、地球を聖なる惑星とすることを支援できるでしょうか?その成否は私たちの些細な違いとネガティブで、貪欲で、利己的で、過度に物質的なものに依存した衝動を揺るがし続け、多大な混乱、核による破壊、惑星全体におよぶ生態学上あるいは健康上の災害が起きるかどうかにかかっているのです。

>

将来の記事では、私たちは来たるべき水瓶座の時代のサイクルをより深く見ることでしょう。特に、2024年~2044年からの水瓶座における冥王星の動きを見ることでしょう。さしあたり、全ての私たちの夢、考え、ビジョンが次の数年間は起こる必要がないことを認識してください。私たちは水瓶座の時代の可能性を味わい始めたばかりなのです。文字通り近い将来、精神療法、タイムトラベル(恐らく、直感や”より高次の界”を経由してのタイムトラベル)、地球外生命体との接触、遠隔視、遠隔聴、過去世や来世の記憶の呼び覚まし、医療分野、科学分野、テクノロジーでの著しい進展、環境保全が実現すると考えてください。これらが生まれるまでにはいくらかの時間的余裕があります。恐らく、本物の完全な水瓶座の時代が生まれるには、90年ほどの(9ヶ月間の妊娠期間に似ています。)時間的余裕があることでしょう。この時代には人類と地球は実際に全体として、真実のスピリチュアルなイニシエーションを経験することでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA