コブラ更新情報 惑星の状況報告 2021年7月14日(水)

コブラ更新情報 惑星の状況報告 2021年7月14日(水)

ソースPlanetary Situation UpdateClearing of the Chimera group continues. Light Forces have managed to completely clear all underground bases of the Chimera breakaway civili…2012portal.blogspot.com

光の勢力による地球革命と宇宙人さんより転載

キメラグループの掃討は続いています。光の勢力は、コンゴ複合施設を含むキメラ離脱文明のすべての地下基地を完全に一掃することに成功しました。

コンゴで捕らえられていた人質のほとんどは解放されましたが、一部の人はまだエーテル界やアストラル界で捕らえられています。

.

ドナルド・ラムズフェルドは、エーテル面で光の勢力に捕らえられ、再処理のために銀河セントラルサンに連れて行かれました。彼はもういません。これで、「穢れた四人組」のうち生き残っているのはキッシンジャーとチェイニーの二人だけとなり、光の勢力は主要ターゲットリストを拡大して「穢れた五人組」と名づけました。ヘンリー・キッシンジャー、ディック・チェイニー、ビル・ゲイツ、アンソニー・ファウチ、クラウス・シュワブの5人です。

物理的なクモの王と女王、そして小型のほとんどの物理的なキメラクモも除去されました。残ったキメラの勢力は表面に集中しており、これ以上は現時点では明らかにできません。

今、地下に残っているのは、いまだにネガティブ軍の手に落ちている軍事基地(南極にあるものも含む)、イルミナティやマフィア、トライアドが人身売買に利用している地下トンネル(アメリカ/メキシコ、カリフォルニア/ネバダ、中国/ミャンマーの間にあるものも含む)、黒い貴族の城の地下やイエズス会の支配下にある教会やカトリック学校の地下にある児童虐待センターなどである。現在、レジスタンスとポジティブ軍の最優先事項は、そこに捕らえられている一人でも多くの子供たちを救出することです。

ネガティブ軍の地下基地や地上の軍事施設、特にネゲブ砂漠(イスラエル)、アブ・カマル(シリア)、グロズヌイ(チェチェン)などには、銀河連合の最高司令官の双子の魂(ほとんどが捕らえられたプレアデス人)が人質になっているところがあります。

レジスタンスとプレアデスの艦隊は、ここ数ヶ月の間にアメリカ、ロシア、中国のポジティブ軍と何度も連絡を取り、イベントに備えてある計画を立てています。シャイアンマウンテンとトゥーレ(グリーンランド)の地下施設がそのために準備されています。

(訳注:フルフォードレポート日本語版(6/28)でも「グリーンランドの基地で宇宙関連の開示の準備を進めている」と書いてありました。フルフォードレポート英語版(6/14)でも「グリーンランドでロシアと米軍が密接に協力して地球外の家族と密接につながり地下基地を開発していて新しい技術を共有している」と書かれています)
また、光の勢力は、ネガティブな非物理的なエーテルやアストラルの実体を集中的に除去しており、その数は今や500億以下(訳注:前々回更新では数兆、前回更新では1兆)にまで減少しています。エーテルとアストラルの闇の階層のトップには、まだ数体のキメラクモがいて、昆虫の体をした数千人のアルコン(カルマの支配者)を操り、そのアルコンが数百万人のドラコを操り、残りの数百億のレプティリアンエンティティを管理しています。

.

過去、銀河連合の評議会では、地球を解放するための計画が統一されておらず、連合関係者の間でもこの問題について多くの反対意見があったといいます。

https://exopolitics.org/remote-viewing-the-galactic-federation-of-worlds/

先週、セムヤーゼをはじめとする上級司令官たちによってある行動がとられ、現在、惑星の表面で適切なタイミングで思い切った介入が行われるという合意が連合内で得られています。現時点では、もしカバールがある一線を越えれば、介入はより早く、より厳しいものになるという事実を除けば、それについてはあまり言えません。

というのも、今年の8月から2022年末までの間、特別な “交差点イベント “の時間枠に入るからです。その時間枠の最初の部分は2021年8月から12月になるため、特定の状況がエスカレートします。第二部は2022年1月から12月です。

興味深いことに、ET研究国際連合(ICER)の副会長であるゲイリー・ヘッセルタイン氏は、今後6~12ヶ月の間にダムが決壊すると見積もっています。

https://www.rt.com/news/527675-ufo-aliens-extraterrestrial-contact/

11:11の扉のビジョナリーであるソララは、今から2022年末の間にダムが決壊すると見積もっています。

Loading video

地球の表面では、コロナウイルスのシナリオをめぐって、光の勢力と闇の勢力の戦いが行われています。

闇の勢力は、強制的なワクチン接種によって、永久的なケースデミックのロックダウンのアジェンダを推し進めています。ワクチンは、ハイヤーセルフと人間の人格とのつながり(秘教的な世界では、そのつながりはアンタカラナと呼ばれる)に影響を与えており、それはオペレーション・ワープスピードのロゴにはっきりと見ることができます。

https://beholdthemark.com/articles/f/the-warp-speed-logo-and-the-assault-on-the-blood-brain-barrier

コロナウイルスのデルタ変異型は、非常に速く拡散しますが、非常に軽度であり、入院患者数は非常に少なく、死亡者数はさらに少ないです。

https://www.zerohedge.com/covid-19/panic-porn-dressed-science-exposed-truth-about-delta-variant

そのため、光の勢力は、ロックダウンの終了と入院患者の治療を効果的に推進し始めています。

 

https://www.zerohedge.com/covid-19/wealthy-nations-focus-hospitalizations-covid-becomes-endemic-flu

2日前、オーストリアのセバスティアン・クルツ首相は、オーストリアのロックダウンが終了し、政府によるコロナウイルスの強制管理から個人の責任と自由へと焦点を移し、入院患者に焦点を当て、確認された患者には焦点を当てないようにすることを予測しました。案の定、オーストリアとその周辺国以外の主要メディアはこれを報道しませんでした。

私のブログ記事をフォローしてくださっている方のために、Telegramチャンネルが各国語で作成されていることを知っていただくと、興味深いかもしれません。

https://theeventhub2015.blogspot.com/2021/06/telegram-channels-for-cobras-posts-in-differernt-languages.html

集団瞑想に参加したい人のために、活動中の集団瞑想のリストがここにあります。

https://www.welovemassmeditation.com/p/blog-page.html

光の勢力は、7月19日午前11時11分(UTC)(日本時間20時11分)に行われるFire the Grid瞑想に参加するよう、導かれていると感じる方にお願いしています。

https://firethegrid2.org/

この瞑想は、この惑星の表面にある光のネットワークを強化するのに役立ちます。

光の勝利!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA