彼らの時間はついに終わりました! 新しい時代に備えてください、惑星評議会とエゴマインド 2021年8月17日

彼らの時間はついに終わりました! 新しい時代に備えてください、惑星評議会とエゴマインド 2021年8月17日

愛の新地球創造さんより転載

Their Time Is Up Finally! Prepare Yourself for A New Era| Council of Planets & Ego Mind (2021)

*惑星評議会の決定が出ました!さらなる意識進化の道の選択を促すための惑星評議会の方針を知ると、今回の地球と人類のアセンションの第4密度への卒業イベントが、いかに私たちにとってそして宇宙全体にとって大切で、特別なことかが理解できます。

「このチャネリングされたセッションでは、指示通りに12時間絶食した後、私は惑星評議会をチャネリングしました。 彼らは地球の振動試験の正確な結果を教えてくれます。 そして、人類と地球の進化のための将来の計画はどうなるでしょう。 このセッションでは、エゴマインドがどのように作成されたかについても話します。 さらに彼らはまた、これが地球上のレプティリアンの議題の終わりであると私たちに伝えています。これから、惑星の振動の変化は、マインドのレプティリアンの部分より上に上がる方向に調整され始めるでしょう。 さらに彼らは、脳の右側を使用して、より高く上昇し内部の知識と上昇経路にアクセスする方法について教えてくれます。 また、彼らはスピリチュアルアースとそれが古い地球からどのように分離するかについて教えてくれます。」SAM

SAMさんの前置き:
愛する友達の皆さん、こんにちは。無限のクリエーターの愛と光の中であなたを歓迎します。今日、私は振動試験の結果について質問するために惑星評議会をチャネリングしました。

今、私たちは以前のチャネリングセッションの多くからすでに、私たちの惑星で振動テストが行われたことを知っています。このセッションで、彼ら惑星評議会は惑星の検査中に何が発見されたかを説明しました。さらに、彼らはまたこれが新しい時代の始まりであり、私たち自身の意識にいくつかの劇的な変化があることを私たちに話します。

私たちは通常左脳と右脳を持っています。さて、このセッションで彼らは、左脳と右脳についてたくさん話します。それで私はインターネットで調べたところ、左脳が分析的なマインドの側面に関係していることがわかりました。マインドは論理的に考え、マインドの合理的で分析的な部分は左側に関係しています。脳の右側は直感にもっと関係があります。セッションを見る前に、あなたにこれを言っておくので、あなたはより簡単に理解できるでしょう。

そしてまた彼らがセッションで言ったことは、私たちの惑星にやって来る変化について、またセッションの終わりに、どのように実験が行われたかについて論じます。彼ら惑星評議会は、この銀河だけでなく多くの銀河の世話をしていると言っています。ここで私は今日、銀河連合と惑星評議会のその違いを理解したと思います。

銀河連合はこの銀河の世話をしているだけです。一方、惑星評議会は、多くの銀河の世話をしているので、それらは銀河連合の上の層にいます。そしてセッションの終わりに彼らは彼らがさまざまな銀河で行った実験について話します。

そして彼らはさまざまな銀河で、マインドのエゴイックな部分がどのように実験されたかについて話します。それは魅力的です。このセッションは少し長いです。さあセッションをどうぞ。

惑星評議会のメッセージ:
私たちはこの銀河を審査する惑星評議会です。そして私たちはあなた(あなた方)の銀河を私たちが接続している他の多くの銀河と一緒に安全に保つことに関心を持っています。私たちは今このチャンネルに接続されています。
そして、私たちの前に置かれた、このチャンネルが持っているさまざまな質問に関するコミュニケーションを進める前に、このメッセージを聞くあなた方一人一人に警告したいと思います。あなたの本当の自分と共鳴するメッセージだけを受け入れ、共鳴しないものを置き去りにしてください。

私たちは今日つながって、あなたの人々が理解するために、最も明確でシンプルな言語でメッセージを共有しようとします。しかしあなたの惑星地球の言語は歪められ、真実の意味を歪める能力があります。したがって、私たちはこのコミュニケーションを最も単純な言語用語で始めます。

今日、このチャネルは7月から8月8日まで地球惑星で行われた地球の振動チェックの結果について要求しました。そして私たちが見つけたのは、あなたの惑星上の多くの実体の中に作られた部分のため、脳には左脳と右脳の二つの側面があり、それぞれの経験を決定する側面であるということです。

左脳の使用が発達した人は分析的になり、マインドの自我(エゴ)部分を支配する側面に集中するようになります。これらの人々の多くは、高度な批判的分析スキルを開発し始め、そして彼らは彼らの内側のコアの真実を忘れます。

さらに、これはエジプト人の時代にあなたの地球惑星で始まりました。ここである実体が書かれた形式の言語を創造することを決心しました。それにより、マインドの左部分の活性化の集大成を導きました。マインドのこの左の部分はあなたの人々の間で激しく使われ始め、あなたの人々が過剰に分析的で彼らの意識が自己の焦点に閉じ込められることに繋がりました。

もしこれが地球惑星で起こらなかったら、あなたの惑星は(より早い)意識レベルの上昇が可能だったでしょう。なぜならこれらの真の自己との繋がりと直感に関係している主に右側または右脳に焦点を合わせるからです。

右脳は実体をより高いレベルの意識に導き、この繋がりと脳の右側の活性化は、あなたの惑星上のあなたの人々の間で、より速い目覚めにつなげます。

あなたの惑星の振動試験が私たちによって行われました。そして私達は、各半球の惑星の振動をチェックするために多くの検査存在を送りました。

私たちはあなたの惑星の振動が2つのサブセクションに分けることができると考えています。あまり多くない東半球のいくつかの部分と一緒に西半球は、惑星地球のスピリチュアル側面に置くことができます。惑星のこれらの部分では多くの実体が目覚めることを選択し、彼らは今、エリートによって引き起こされた、その主な目的が大衆を支配することである専制政治に反抗または気づいています。
            

西半球の人々はまた、東半球の人々よりもはるかに頻繁に右脳とつながっています。私たちは実体の割合については単一のレベルのベースではないといえます。しかし、集合意識に基づいて地球惑星の左側の部分は、東のそれと比較してより高い振動にあります。これはまた、多くの制御の歪みと、以前にこの意識のギャップを作った東半球の人々の間で共有されたメッセージの歪みのために発生しました。

なぜなら作成されたルールのために、あなたの惑星の西側の人々は地球上のエリートの制御はあなたの人々の自由をゆっくりと薄めていることに気づきました。あなたの惑星圏の各実体は、今エリートがそれぞれの存在に置いているコントロールに気づいています。

また、惑星全体の振動は、ポジティブな性質であり、ガイアは第4密度意識に移行します。しかし、より高いレベルに上昇しない多くの実体があります。なぜなら地球上の実体の多くが、彼らも第2密度および第3密度の間の違いを自己認識しなければならないことに気づいていないからです。

第3密度は気づきの密度であり、ここで実体は自分の物理的な乗り物内の認識に気づいている必要があります。この自己認識を欠いている人々は、他の存在の間で認識の真実と一体性を見つけるのが難しいことがわかるでしょう。

あなたの惑星上の多くの実体で、自己の認識のこの側面に気づいているパーセンテージは、惑星の振動にとって望ましいもの以下であると考えられます。さらに、現在の地球上で合計90万の意識の潜在的な個別化された部分が、創造者へのサービスの道を選択したことを述べたいと思います。

そして27億の意識の個別化された部分が、他者への奉仕の道を選びました。現在、地球惑星には約90万人のワンダラーが転生しています。その主な目的は、これらの移行期間の時間を通して愛と光のエネルギーを広めることによって人類を支援することです。

また、私たち惑星評議会は、あなたの人々に提供されるガイダンスは、第2密度の物理的乗り物の、マインドのレプティリアン(爬虫類)の部分のレベルを超えて上昇する能力の教えに基づいていることを今決定しました。あなたの意識は第2密度の物理的な乗り物に住んでいるのです。意識は第3密度の後半のタイプであるが、物理的な乗り物は第2密度意識のものなのです。

また覚えておいてください。あなたのマインドまたは爬虫類の部分のマインドが恐怖を生み出す、サバイバルモードを支配する他のすべての下位の側面に関係しています。この時期に、自分自身で惑星火星に宿ったネガティブ志向の実体は、あなたのエリートと協力してマインドのこの部分を刺激しています。

そして彼らの最後の目的と彼らの最後の試みは、あなたのマインドの爬虫類の部分をトリガーすることによって、あなたの人々の間で恐れを広めることです。コミュニケーションの将来の時空を超えて上昇するために、私たちはマインドの爬虫類の部分を超えて上昇するための方法論の多くを共有します。そしてあなたの本当の内なる自己とのつながりを保ちます。

さらに、脳の左側のこの側面は、私たちが前に述べたような分析的側面と、脳の右側を垣間見るか使用するだけの実体に主に関係しています。これらの実体は上昇し、顕在化していないエネルギーにアクセスする、より多くのチャンスがあります。そのエネルギーはより高いレベルに到達し、また新しい知識の形態の新しい側面を作成するために一部の実体によってアクセスされます。

その知識は、主な目的が脳の左側の部分を使用することである実体には、利用できなかったものです。したがって、マインドの右側は、直観と意識の目覚めの他のすべての創造的な側面に関係しています。

惑星評議会としての私たちは、自由意志を侵害するためにここにいるのではなく、次のことを共有するためにここにいるだけです。マインドの左側の部分またはエゴイックな部分に大きく依存する人は、彼らの真実の自己とつながり、またこれらのより高いエネルギーにアクセスするのが難しくなるでしょう。

さまざまな銀河で私たちが行った過去の実験に基づいて、マインドのエゴ部分が惑星の意識にどのように影響するかを話しましょう。1000万年前のいわゆるシリウス星の惑星のシリウスA惑星球で実験がされました。そこには第3密度意識で、脳複合体の右側に傾いているか、偏っている住民がいました。

そして他の惑星はシリウスB惑星で、それが左側に傾いていました。進化の過程で、右側に大きく依存していた最初の惑星の実体は、マインドの左側に依存していた実体がいた他の惑星よりも、かなり短い時間で上昇して卒業することができました。

マインドの左側は惑星の破壊につながるエゴイックな側面を開発しました。私たちは惑星の破壊を自分で修正します。さらに、私たちはまたエゴイックマインドのいくつかの部分が、実体が創造的な源から切り離されているということ、そしてエゴが生み出したマインドパターンの自己満足に傾倒していることのコントラストに気づくために必要であることに気づきました。

実験が決まった後、火星惑星で行われた別の実験で、マインドのエゴ部分に70のバイアスを含めることにしました。これはまた、進化のサイクルで火星の惑星の破壊につながりました。したがってこの後、エロヒム集団として知られている存在のサポートを受けて一緒に、人間の物理的な乗り物を作成しました。エロヒム達もまたマインドのエゴイックなパターンに60パーセントのバイアスを作り、脳の左半球に傾くように導きました。

地球惑星の過去の卒業ではほとんど(卒業する実体が)見つからなかったので、これもまた地球惑星ではあまり効果的ではないことがわかりました。振動テストの後、今私たちは地球の実体の脳の右側と左側の部分の間のバランスにおいて、脳の右側のトリガーを開始する計画です。

これにより、より多くの選択が可能になりますが、ただしこのバイアスに遭遇する間、長期的にさまざまな実体によって、どのような選択が行われるかはわかりません。この側面は今後数か月、8月22日以降にトリガーを開始します。

このバランスを達成するために、それぞれの存在はそれ自身が関係するハイヤーセルフからの指導を必要とします。なぜなら、ハイヤーセルフの指導がなければ、彼らは自分たちが自己認識または自己に気づく密度である第3密度意識にいることを忘れるかもしれないからです。

私たち惑星評議会は今切断します。

SAMさんの解説:
私の友達。セッションを見た後、この時期に学ぶ必要があるいくつかのことを私が学んだように、あなたが学んだことを願っています。私は脳の左側と右側について以前に聞いたことがあります。しかし左脳を使いすぎる人がソースから切断されているとは思ってもみませんでした。そしてこれは評議会が言っていることです。

これから評議会は知識を私たちに与えるプロセスを変えるつもりだということです。これからはもっと多くの人が脳の右側を使い始めるでしょう。脳の右側は、より創造的で直感的なマインドの側面に関係しています。そして私たちがこの部分を使用すると、より直感的になり、そして私たち自身のハイヤーセルフや他のより高い存在とより多くの繋がりを持ちます。これが私が理解したことです。

私たちが瞑想状態にあるとき、または私たちがあまり考えすぎない状態にあるとき、私たちのマインドにノイズがないと、左脳がオフになり、右脳が活性化されます。

セッションによると評議会は、以前に他のさまざまな銀河でもいくつかの実験を行ったことがあります。そして彼らはマインドのエゴイックな部分が最初にシリウス銀河でテストされ、その銀河でマインドのエゴイックな部分が多くの問題を引き起こしたと言いました。それは1000万年前に惑星の破壊につながりました。私はそれが彼らがやった実験だったと思います。

そして別の惑星では、このマインドのエゴイックな部分または左脳のバイアスがなく、マインドの右側だけがあり、それらの存在達はより速く卒業しました。私たちの地球惑星で彼らが何をしたかというと、私が理解している限りでは、彼らは私たちの左脳、分析的なマインドに60%のバイアスをかけていて、同様に私たちの右脳のバイアスは40%でした。

今後数日でそれが変化すると彼らは言いました。今後数日で私たちは自動的に、私はそれがどのように起こるかわかりませんが、多分彼らはいくつかのDNAをアップグレード、または私にはわからないような何かをするでしょう。

彼らは私たちが右脳に傾くかまたは私達の右脳をより多く使って、ハイヤーセルフや他の存在との接続に導かれ、接続を維持することになり、そして私たちが卒業することができるようになると言いました。

また私がセッションから学んだ最も重要なことの1つは、彼らが第3番密度が自己認識の密度であると言ったことです。これは、私たちが意識に気づく必要があることを意味します。例えば私が理解したことは、私の意識は今話しているので私の舌にあります。それで私はシンプルに舌への注意を意識する必要があります。そしてそれが自己認識の意味です。

私はセッションから非常に多くの洞察を得ました。それは驚異的です。私はセッションから多くを学びました、そしてあなたもこのセッションから多くのことを学んだことを願っています。

ビデオを見てくれてありがとう、そしてパトレオンで私をサポートしているみなさんにも感謝します。次のセッションでお会いしましょう。

〜〜〜

惑星評議会のセッションのまとめ:

1) 惑星振動テストの結果、60万の意識が創造主への奉仕の道を選択しました。これは現在地球に転生しているワンダラーの数と同じです。そして27億人が他者奉仕の道を選びました。地球の西半分と東の一部がポジティブで、東半分はネガティブに位置しました。

2)左脳に頼ると爬虫類脳の部分のエゴマインドが働き、創造の源から離れて恐怖のためいわゆるネガティブな情報や実体に、より操られやすくなります。つまりマインドの分析的な左側部分が大きく依存する人は、彼らの真実の自己とつながって、これらのより高いエネルギーにアクセスするのが難しいそうです。

3)惑星評議会の過去の実験:

① 約1000万年前のシリウス星系で行われた惑星評議会の実験で左右の脳のバランスを右脳にバイアスすると、第3密度意識から第4密度意識への意識上昇がとても早くなることがわかりました。

② その後左脳に70%のバイアスをかけたところ、火星人は惑星を戦争で破壊してしまいました。

③ 彼らを転生させた今回の地球では、エロヒムと惑星評議会が協力して、左脳に60%のバイアスをかけていましたが、前回のテストではほとんど卒業できませんでした。

4) 今回のテスト結果から、惑星評議会はマインドの爬虫類の部分を超えて上昇するための方法をたくさん共有するそうです。8月22日から今後数ヶ月、人類の右脳のバイアスを増加させることを決定しました。これにより個人が創造の源と繋がりやすくなり、またハイヤーセルフや高次存在ともより連絡ができるようになります。そうして今後の人類の意識進化と他者奉仕への選択を導くようです。

5) 第3密度は自己認識の密度で、私たちは意識に気づく必要があります。シンプルに舌への注意を意識すると、左脳の不要なマインドのスイッチがオフになり、右脳が起動し源と繋がり自己認識が容易になります。

愛の新地球創造
2021年8月17日 投稿者: AKIKO

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA