インテル「ファイナル・ウェイクアップ・コール」〜通貨の移行〜

インテル「ファイナル・ウェイクアップ・コール」~通貨の移行~

この計画はすべての中央銀行を廃止することである

未来は過去を証明している

金融システムはクラッシュしなければならない

政治的政策分析

金融機関の失敗が始まった2007年以降、世界の負債は大幅に増加しています。
彼らは借金が多すぎたために失敗しました。今、さらに借金があります。
政府債務はもちろんのこと、自動車、学生ローン、住宅ローン、消費者部門を含むすべての分野において、はるかに多くの負債があります。

しかし、企業債務も増えています。 企業は新しい工場を建設するのではなく、株式を買うために広範囲に借りてきました。
どうしてでしょう?それは非常に単純です。ストックオプションをより価値のあるものにするためです。

タイミングは崖っぷちから遥か遠くにはありますが、2008年に戻ったよりも全体的な状況は悪化しています。
興味深いことに、連邦準備理事会(FRB)は現在、危機の最中に作成したすべての資金を元に戻し、物事を正常化しようとしています。
政府は金利引き上げと同時に資金供給を減らそうとしており、政府も1兆ドルの赤字を計上しています。これはうまく終了できません。
その間に、失敗した企業を救済するために創出されたすべての資金は、金融市場から通常の経済へと絞り込まれています。
しかし、金融市場が狂気の高値の時に、ハンバーガーの値段が上がっても金持ちは気にしません。
富裕層は近年、より豊かになってきており、中央銀行による新たに創出された資金の流れに非常に近くなっています。だから彼らは最初に、一般人に流れ落ちる前に飲みこみます。

結局のところ、これは災害時に終焉する紙の幻想であり、債務不履行が発生したときにあらゆる信用崩壊が発生します。
薄い空気から作られた偽のお金はすべて消えてしまいます。
これは、お金がクレジット、つまりより正確には負債であるために発生します。
それはもはや、特定量の金またはその他の価値ある財産によって支えられているにすぎません。
それは単なる会計小説です。
言い換えれば、これは壊滅的なデフレ現象で終了するでしょう。
その場合、残りのドル/ユーロやその他の通貨は短期間で価値が上がります。

中央銀行は経済問題の原因である

一方では、平均的な労働者が消費する以上に収入を得れば、その差額を貯蓄します。
しかし、彼の貯蓄は通貨であり、健全な資金ではありません。
これらの紙通貨が価値を失うと、貯蓄も価値が低下します。
そして、それは社会の経済的構造にとって非常に破壊的です。

一方、政府は、より多くのお金を印刷することによって経済問題を解決することに成功します。
しかし、インフレの水準がはるかに高くなるでしょう。そしてそれは他の誰よりも平均的な働く人を荒廃させるでしょう。

連邦準備制度理事会の低金利政策は、人々が高水準の債務に対応することを極めて簡単にしました。
金利が正常であれば、これは可能ではありません。
中央銀行は、彼ら自身をこの構図の片隅に描くことで解決するかわりに、より多くの問題を作り出しました。

2015年の秋以降、7回の金利上昇があった。
トランプ大統領は、金利をあまりにも速く上げたことについてFRBを批判し、経済にとって最大の脅威だと言っています。
何が起こるでしょうか? 市場は突然クラッシュするでしょう。
現時点では、修正が入っています。システムはすでに2008年に死んでおり、これはリセット前の最終的な延長です。

不幸なことに、人々は2008年と2009年にどれほど嫌なことがあったのかすでに忘れてしまっています。
そして彼らはまた、なぜそれが起こったのか分かっていません。

彼らは、政府の財政政策と金融政策が経済における歪みと資本の誤配分を生み出したという事実について無知です。

彼らは政府が金融政策が歪みを生み出し、経済における資本の誤配分した財政の現実を知りません。
そしてそれはその後、2007年の時点よりもさらに深刻化しています。
クラッシュが来る時、結末はずっと悪くなるでしょう。

中央銀行を廃止する計画

しかしながら、これらはすべて、腐敗したディープ・ステートによって所有されているため、グローバルな金融システム全体を崩壊させる計画の一部であり、これが起こることを避けるために戦うためにすべての代償を払う用意があります。
トランプ大統領と彼の愛国者たちは、この経済がどのように改善されたかを示すために働いてきました。
人々は現在、経済状況が非常に良いと信じています。
彼らはすべてがより良くなっていると感じています。
彼らは、トランプ大統領がこの不景気から撤退させ、経済を復活させたと感じています。

もちろんこれは幻想です。
トランプはディープ・ステートのツールを巧みに適用して、経済の見栄えを良くしています。それはすべて計画の一部です。
人々が経済がうまくいっていると信じて理解して、それを感じることが彼にとって必要です。
どうして?まあ、経済が崩れたとき、彼は経済がうまくやっていると誰もが信じていたのに、なぜそれが墜落したのか、犯人を探す必要があるからです。
誰がそれを責めるのですか?誰かが責任を負うので、今後これが決して繰り返されないようにすることができます。
それがこの計画が導入された理由です。
これは、多くの人々が理解していないことです、トランプはオバマがやったのと同じことをやっていると考えています。
もしそうなら、私たちは前の大統領がやったのとまったく同じことを戦争でやろうとしています。

中央銀行は排除されることを望んでいません。しかし、これはかなり前に計画されました。
人々は過去に起こったことを簡単に忘れる傾向があるので、それが実現する前に、以前と同じ状況に戻り、再び偽りの経済に巻き込まれ、奴隷になります。
トランプは、中央銀行を排除する物語を構築する際、隠密に前進することを可能にするために、彼が物事を別々にやっていると皆に納得させなければなりません。
これを行う唯一の方法は、私たちの広範な苦しみを引き起こしたのは中央銀行であり、政府の政治家たちが中央銀行と一致していることを、大衆に理解させることが必要です。

未来は過去を証明する

未来は過去を証明しており、同様にアンドリュー・ジャクソン大統領(1829年 – 1837年)も同じことをしています。
トランプ大統領はしばしば彼を指し示し、彼が同じ道にいることを証明しています。
彼は巧みに、中央銀行とディーステートが過去にやっていたすべてを使用しています。
だから、彼は明日がないように負債額を引き上げているのです。
その間、彼はTTPやWTOのようなグローバリストたちの集中貿易合意を取り除くために、製造業を米国に持ち帰るための重要な取引を行っています。
そして、連邦準備制度理事会(FRB)は、彼らが間違った動きをしていると批判しています。
これらはすべて、腐敗した政治家を取り除きつつ、国民によって支配された新たに支配された国家通貨制度で、新しい人民経済全体を創造できるようにするための、巨大な計画の一部です。
これは、金融システム全体をリセットし、世界が経験している他のすべての腐敗を終わらせることを可能にする究極の計画です。

だからこそ、彼は借金を増やし、統計的数値を操作しなければならないのです。
システムがダウンすると、それは大きなショックになるが、人々はトランプを見ないで、答えを見つけるために中央銀行が真に責任を負う犯人であると信じます。
中央銀行が、金利引き上げたためにシステムをクラッシュさせたという責任を負うでしょう。

中央銀行システムは政府のシステムではないため、修正することはできません。
このシステムは、過去に何度も何度も何度も起こった、最終的にクラッシュする前に、特定の期間だけ働くことができる債務ベースのシステムであることを忘れないでください。

ディープ・ステートの中央銀行は、通常、システムを十分に長く稼働させたまま、同時に戦争などのシステムの崩壊を伴う大きなイベントを起こします。
そして戦争が終わると、彼らは再び店開きしました。
彼らは誤った装いの下で新しいシステムを導入し、すべてを再び始めます。
2008年のクラッシュで、彼らは自分たちを非常に豊かにすることに決めました。
1%は、納税者のお金と様々なQEプログラムの助けを借りて、TBTF銀行を救済することで、すべてを得る態勢を整えました。

金融システムはクラッシュしなければならない

この悲惨なシステムがついに崩壊すると、最終的に新しいシステムが金の支えられたお金やお金が紙の代わりに実際の資産によって支えられて、最終的に導入されます。
今まで、トランプが彼の選挙キャンペーン中に経済が偽造品で完全に偽りだと言ってきたように、彼が過去に話したのと同じ計画に従っています。
しかし、彼は巧みに偽の経済を使って計画を進め、システムをリセットしました。

最終的には、このシステムが中央銀行経済だったことが、経済が意図的に破壊された理由であり、中央銀行を廃止し、人民経済であるまったく新しいシステムを開始し、民間企業が支配する金融システムを持ち、資産を裏付けた資金を発行するようになることが、歴史に記録されます。

しかし、今から50-60年後には、人々は経済的悲惨さのために過去に誰が責任を負っていたかを、時間が経つにつれ、忘れ始めるでしょう。そして、再び犯罪マフィアの暴力団による政府の汚職、脅威が始まります。
これは人間の本質であり、人々が政府の腐敗について何度も何度も何度も何度も話し合わない限り、それに対して何かをすることは非常に困難です。

なぜ起こったかに関する歴史

ディープ・ステートは、メディア企業を乗っ取ることから始まりました。
それが歴史の中で過去に戻って、人々が過去について話すのを止める瞬間、誰かが来て「経済をコントロールするためには中央銀行が必要だ」と言って、同じ詐欺行為が繰り返されます。

残念ながら、これは確実に起こるものです。
だから教訓は、私たちは自由を絶えず守り続けなければならないということです。
ンドリュー・ジャクソン(1829 – 1837年)がこれまでに一度、この混乱を解消したことを忘れてはいけません。
しかし今のところ、我々はまずその移行を経なければなりません。
つまり、あなたは毎日の使用に必要なすべての十分な食べ物と水を貯蔵することによって、自分自身で備えるべきです。

さらに、私たちはドナルド・トランプに大きな敬意を払うべきです。悪魔のイルミナティ犯罪者であるディープ・ステートのカバールから、世界の人々を救う彼の努力に対して大きな感謝があります。
トランプ大統領は今、彼の大統領職の全体おける最も輝かしい業績の一部を作りつつあります。

連邦準備制度理事会が「頭がおかしい」と非難することによって、彼は(将来の)株式、不動産、債券市場の崩壊とそれが属する、私有の中央銀行に悲惨な景気後退の責任を負わせています。

長い間、私たちの多くは、連邦準備制度の深刻な陰謀について人々を教育しようとしてきました。
かつてロンポールが非常に慎重に観察したように、中央銀行は実際には”Federal”Expressがそうであるように「連邦(Federal)」としてありました。
連邦準備制度は選挙で選ばれていないマフィア・カバールの銀行家たちが、この地上で経済を運営しているのであり、この長期的な経済的および財政的災害を解決する唯一の方法は、すべての中央銀行およびその関連会社の廃止です。

「FRBは間違いを犯している。 彼らは非常に逼迫していて、私は連邦準備制度は狂っていると思う」

ペンシルベニア州エリー湖での集会のためにエアフォースワンを降りた後、彼は言いました。
これは、ドナルド・トランプがこれまでに大統領の任期中に言った最大のものの一つかもしれません。

ここには、連邦準備制度を閉鎖すべき101の理由のリストがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です