インテル「ファイナル・ウェイクアップ・コール」~中央銀行を終わらせる~

インテル「ファイナル・ウェイクアップ・コール」~中央銀行を終わらせる~

spiritual-lighterさんより転載

金融システムは、誰もが負債に陥るように設計されている

邪悪な銀行家たちは、世界の財政的な破壊を望んでいる

金融政策

金融政策とは、どのくらいのお金が印刷され、どのくらいのクレジットが作成され、どのくらいの費用がかかるかについての方法を意味します。
疑問は、その印刷されたすべての何十兆ドルものドルがどこに行ってしまったのでしょうか?ということです。 答えは、金融市場と不動産市場です。
それが株式と住宅価格がほぼ毎日新しい高値を打っている理由です。
中央銀行が作り出してきたすべての資金は、これらの市場に投入されました。
しかし、そのかなりの量がまた債券市場にも入っています。

誰もが、株式と債券を必要とするわけではありません。
しかし、あらゆる人は何らかのタイプの家を必要とし、その多くが賃金よりもはるかに速く住宅価格を押し上げたため、多くの人々は家を買う余裕がありません。
信じるかどうかにかかわらず、これはうまく終わらないでしょう。
街には、そこに住むホームレスの人々が大勢います。
巨大な金融・経済ハリケーンが2007年に襲い始め、世界はまだこれに目を向けています。
質問は次のとおりです:それはいつ終わりに達するのですか?

過去100年間のすべての通貨は、購買力の大部分を失いました。通貨に何の裏付けもないため、失われた総額は初期値の97~98%に達します。
それを終わらせようとすることは、1%は無傷のままとしても、平均的な個人には大きな影響を与えます。
すべての雇用の約62%が、中産階級の生活を支えるのに十分な賃金を支払っていません。
現在、私たちはマネーシステムの末端にいますが、生活費が上昇し続けている一方で、賃金は平準化または低下しているため、これまで以上に頑張らなければなりません。

政治家が「売り切れ」になったときにすべてが始まり、ロスチャイルド中央銀行の民間西側グループが通貨制度を支配しました。
賃金と雇用は、この中央銀行統治のすべての期間にわたって低下しています。
これは、通貨の設計上、インフレによる価値の喪失が絶え間なく存在しているためです。
– 中央銀行が導入されて以来、物事は出発点から悪化してきており、彼らに改善の願望はないため、ずっと毎日大幅に悪化し続けています。

2008年の景気後退は決して終わっていません。
予見可能な未来においても進歩なく、今日もまだ進行中です。
経済システム全体が非常に急速に悪化しているため、人々は2008年以前の生活水準に戻ることができません。

住宅価格は急速に低下しており、これはトランプ大統領がやっていることとは何の関係もありません。
それは欠陥のある中央銀行システムであり、機能しないように設計されています。
国と人を借金に入れ、トップ1%の金を稼ぐために設計された、きわめて裕福な人たちの支配によるものです。

借金政策

中央銀行は人々が車を購入し、家を購入し、教育を受けることを可能にしました。
人々は過去に、これらの物資の全部かまたは部分的に現金で購入したり、家計のために15年のローンを組むことができました。そして彼らはほぼ確実に現金で車を買いました。
数十年後、彼らは3年間車を購入するための資金を調達する必要がありましたが、それは後で数年伸びました。
結局、多くの人々が62ヶ月の資金計画で自動車を購入する必要を余儀なくされました。
数年前と同じようにここ最近は、人々は車のリースをしなければなりませんでした。なぜなら、通貨の価値があまりにも低くなったからです。
同じ車を購入できるようにするには、より大きなローンを組まなければならないでしょう。
もしローンが枯渇したら、彼らはもう車を買う余裕がありません。

同様のシナリオは、住居、教育などにも適用可能です。
自宅購入は最初に20%の頭金で始まり、その後、0%になるまで、支払いを減らしていきました。
最終的に、彼らは借り手を開拓しつくしましたが、システムは稼動させ続ける必要がありました。
これは非常に長い間これを行うことによって、まさにそれを維持してきたのです。
これは、非常に長い間彼らが行ってきた、管理のための方法です。
しかし今、彼らは最終段階に達しています。

より多くの人々が市場から追い出されるにつれて、自動車販売の見通しが下がり、延滞が始まると学生ローン債務が増加しています。
学生ローンはここ千年で最低の悪夢です。彼らには社会にでたら暮らしていけないほど多くの借金があります。
多くの人が高給給与を求めて大学に行きましたが、受け取ったのは負債と低賃金の仕事だけでした。

今日、私たちの大部分は、欲しいものを注文するために、ローンを組まなければなりません。
人々はそれを理解する前に、彼らが持っているものがすべてローンであり、就業可能な劣悪な仕事はこれらのローンの分割払いに充分な賃金を支払いません。
このため、銀行はローン返済の支払い条件を調整します。
にもかかわらず、これらすべての人々が融資市場に参入したことで、中央銀行は十分な数の融資申請者を開拓し尽してしまいました。
彼らが本質的にしたことは、優良な借り手から少し劣る借り手、そして、さらに劣る借り手に移行することでした。それでも、彼らは融資を受けませんでした。
これは、中央銀行家の経済の最終段階であり、信用/借金に基づく通貨システムが終わりに達したという兆候です。

中央銀行が次に発明したのは、貸し手がより多くのローンを引き出すことを可能にするために、すべてを再計算することです。
これにより、信用格付けが上昇した紙のように、より多くのローンを付与することが可能になりました。
一方、通貨の価値が低下し続けると、人々は信用枠を使い果たしてしまいます。
一般的に借り手は、より多くのローンを借しだすためにクレジットスコアが高くなる可能性がありますが、将来的には、より多くの借り手を勧誘するには不十分であることが判明します。

そして、中央銀行は、既存の債務者が、おそらくより良い車を購入するために、さらに多くを借り入れができるように、貸出上限を引き上げました。
ここで、なぜこのすべてが一般に公開されているのか?という疑問が生じますが、これは、中央銀行がシステムを運用していくために、公開する必要があるからです。
また、ローン市場に参入する借り手がいなくなると、債務の規模をさらに拡大することはできません。
これは、中央銀行に対するゲームオーバーを意味します。

この通貨システムは債務に基づいていることに注意してください。
中央銀行は、薄い空気から新しい通貨を発行するために借金が必要です。
もちろん、システム全体は完全な詐欺であり、新たな負債が出ることはないため、最終段階に入っています。
だからこそ、資金調達のために中央銀行を所有しているディープ・ステートが、過去に行ったように戦争のシステムの欠陥のせいにして、第三次世界大戦を始めたいのです。
しかし、人々はもうこれ以上、戦争することを望んでおらず、トランプ大統領はそれをすべて知っているので、結果的にはそのことが、連邦準備制度が強制終了された理由を明らかにするのかもしれません。
もともと計画されていた、そしてSDR(訳注:IMFの特別引出権)の世界通貨に基づくとしてしばしば発表もされた、別の金融システムとして再開することはできません。

中央銀行システムがダウンした後しばらくは、その責任はトランプ大統領ではなく彼らにあり、誰にシステムをダウンさせた責任があるかの筋書を持って優位にいます。
その間、大手銀行機関を含め、経済が悪化しているという兆候がたくさんあります。
そしてこれらの銀行の財務数値が正しく表示されるので、大きな問題になります。
しかし、しばらくの間、中央銀行は私たちに、銀行は大丈夫だと言います。
彼らはストレステストの結果を誇張しますが、もちろんテスト結果はすべて彼らが作っています。

破綻した銀行家たちは、世界経済の破壊を望む

貨幣は国民ではなく、これらの機関によって発行されるため、民間の中央銀行経済であり、人民経済ではないことを覚えておいてください。

国とその国民を支配するには、借金をさせることです。いったん彼らが負債を負ったら、彼らにさせたいことを、すべてしなければならなくなります。
銀行がさせたいことを人々がしなければ、債務を徴収され、十分な資金がない場合は資産が奪われます。

そして、これはまさに私たちを奴隷化する制度です。人々はそれを感じないかもしれないし、自分たちが自由だと信じるかもしれませんが、実際には自由ではありません。
銀行が今、私たちの債務を回収しようとしたら、人々はお金を工面する必要があります。
そこであなたは何をしようとしているのでしょうか、あなたは働き続けていますが、彼らはあなたの収入に税金を課し、インフレという、通貨の価値の継続的な低下による隠された税金もあります。
インフレの結果、購入する必要がある商品の代金を支払うためには、それに見合った通貨単位がさらに必要になります。
そして、それは人々がシステムに奴隷化された状態を保ちます。それが本当のところ銀行が望んでいるものなのです。
彼らは大衆を支配したいのです。

これはまた、全てが資金不足になっている現在、深刻な問題を抱えている年金基金にも影響します。
金利が上がるにつれて、株式と債券の価格が下がるため、ほとんどの株式市場と債券市場が過去最高水準にあるとしても、これは当てはまります。
彼らが吹き飛ばした泡を絞ると、泡の中の空気はどこかに行ってしまいます。

経済が減速していることが観察され、住宅価格、自動車など、その他すべてが壊れています。
そして1つのことは明らかです。トランプは連邦準備制度を批判し続けています。
これは、中央銀行を破壊した際の筋書きを、トランプが設定していることを示しています。
彼は情報公開の流れを作り、民間中央銀行を監査する機会を準備しています。
これは世界の人々に、中央銀行のすべてについて、それが何であるのかを明らかにするでしょう。
人々は彼らがしてきたことがわかると、ショックを受けます。

この計画は、ディープステートを追いまわすだけでなく、ディープステートがそれをすることを可能にした、簡単にお金を印刷する、資金源を追求することにもなります。
要するに、民間の中央銀行は薄い空気からお金を印刷し、政府はそれを借り、納税者はこの詐欺に資金を提供します。

中央銀行は、監査の点検と均衡に縛られていないので、彼らはしたいことを何でもできます。
そしてわれわれが見ているように、経済システム全体は急速に悪化しています。
トランプは絶え間なく正確に、彼の指で中央銀行を差し示しています。
経済が景気後退に陥ることを許し、連邦準備制度が間違ったことを無限に繰り返すことで経済が弱まり、最終的に崩壊するならば、これが理由であることを暗示します。

今日の経済を見れば、人々は自動車販売が枯渇しているのを見るでしょう。自動車販売は12%減です。
また、新築住宅販売は、月ごとに5%トレンドダウンして完全に崩壊しています。
一方、販売価格は前年同期比3.5%低下しました。
これは完全かつ純然たる災害ですが、FRBは金利を引き上げており、まずは住宅業界に影響を与えます。

金利の引き上げは、コンクリート、木材、銅、屋根、タール、家具など、他の産業にも影響を与えています。
これが起こっている間、住宅の供給は、わずか1ヶ月前に6,5ヶ月から、今日ほぼ7,5ヶ月まで上昇し続けています。
住宅供給のこの急激な上昇によって、何かが間違っていることがわかります。
住宅購入額は全体で40%まで減少し、加速しています。
連邦準備制度とすべての中央銀行が一般に経済を破壊するということを誇張することはできません。
トランプは、「何か素晴らしいことを行うたびに、連邦機関は金利を上げる!」と述べています。これは前回、通貨の移行で説明した計画の一部です。

ここで思い出してください、この計画はディープステートを排除するだけでなく、さらに重要なのは資金調達です。
ディープステートが資金源をなくすことなく解消された場合、それに替わって新しいプレーヤーが生まれることで、歴史が再び繰り返されることになるからです。
すべてが断たれることは非常に重要です。これはずっと前から計画されていました。

トランプ大統領が私たちに繰り返し述べたように、中央銀行は経済を破壊しています。
これは、あなたの生存のために、移行期間の見積もりに十分な食糧などを保管し、準備する必要があることを意味します。
同盟国が計画しているように、旧来の金融システムは瀕死の状態にあります。
市場の崩壊は、悪魔のディープステート・カバールの進行中の粛清作戦のために、リセットを正確なタイミングが不明な状態で隠すでしょう。

結論

人々は私達が邪悪で完全に不公平な個人所有の中央銀行システムで生きていることを理解しなければなりません。
私たちは中世の “奴隷”のように見え、生きています。
したがって、全ての民間中央銀行がどんなコストでも破壊されることが不可欠であり、そのような銀行が再び設立されないようにするための法律が制定されています。

さらに、クレジットのすべての発行は、人々が激しく搾取されることが再び起きることを避けるために、厳格に規制されなければなりません。
すべての銀行口座開設者は徹底的に調査され、有罪判決を受けた場合、投獄される必要があります。
すべての資産は、グローバル規模で没収すべきです。

2008年と2009年にどれほど嫌なことがあったのか、人々がすでに忘れてしまったことは本当に残念です。
彼らはまた、なぜそれが始まったのか分かりません。
しかし、それは、政府の財政政策と金融政策が、経済における資本の歪みと誤配分を生み出したために起こりました。
今は2008年に戻ったよりもはるかに深刻であり、結果は非常に悪くなり、準備されるもう一つの理由があります。

人類を悪影響から救うために、5Gシステムが破壊され、GMO作物が土壌から切り取られます。

富裕層は、北京、モスクワ、ニューデリー、リオデジャネイロ、ケープタウン、ジンバブエに本拠を置くBRICS同盟の新しい量子金融システム(QFS)にリリースされます。
その富は$1に68のゼロが続くことになると推定されます。この世界の変化する移行は、新しいQFSの使用によってのみ可能になります。

今、エリートの計画は、私たちのすべての富を奪うことができるように、私たち全員を殺すことであることが知られています。彼らは、バチカンの秘密の古代家族の血統を手にした指揮官によって指示され、制御されています。

人々は最終的には発見することになりますが、あなたが話されたか教えられた、ほとんどすべてが嘘です。

私たちが知っているような経済システム全体は、目の前で変化しています。
株式市場の完全な崩壊は、GESARA(世界経済安全保障改革法)移行の直前の指標となります。

世界はすべてが同時に起こる時代に近づいています。
ディープステートのプロパガンダとイリュージョンは、一定期間だけ持続することができます。そして、今やすべてが完全に崩壊し始め、人々は彼らが搾取によって生きてきたことを発見します。

人々と企業は痛みを感じています。金利を引き上げることは経済を助けることではなく、一般の人を傷つけています。
自動車業界は新車販売が減少する中、人々が高い価格と高い金利を拒否するため、痛みを感じています。
連邦準備理事会(FRB)は、金融債務は持続できないとし、米国は今行動しなければならないと述べています。

トランプ大統領が中央銀行を継続的に非難していて、彼は筋書を設定することができるので、中央銀行は完全に閉じ込められパニックに陥っています。

だからトランプ大統領は、FRBと継続的に矛盾することによって自分の筋書を設定する際に、「中央銀行はノンストップで金利を引き上げる」ということを繰り返し言い続けています。
すべてが完了してから「ブーム」すると、中央銀行システム全体が崩壊するでしょう。
今回は、中央銀行が筋書をコントロールしないため、状況は異なるでしょう。
過去には、景気後退や不況が中央銀行の完全な支配下にあったため、中央銀行がやるべきことをすべて遵守していた政府と主流メディアの助けを借りて筋書を提供していました。
今回は、中央銀行は冷静に放置されており、筋書はそれを指しています。
そしてこれは、人々が実際に何が起こっているのかを理解し、理解することを可能にするでしょう。
良いガイドは私の本「THE GREAT AWAKENING」です。特に目を覚ますように書かれており、私たち全員が絶えず欺かれていることを気づかせてくれます。

一般市民は、ポイントAからポイントZへの移行をナビゲートする必要があることを覚えておかなければなりません。
2008/9の危機以来多くの人々が生き残るために苦労しているので、移行は困難になるでしょう。
しかしもう一度、今度はもっと多くの人々がヒットするでしょう。残念なことに、多くの人々が来ることはなく、完全な結果は、ごく少数の人々が理解しています。

多くの労働者が解雇されているため、株式市場は下落しており、店舗は閉鎖されており、最初の危機後に安全だと思った多くの人々は今度は安全ではないかもしれません。
それから、年金受給者の中には完全な年金がかかっていないのですが、おそらくそれはあったはずのものです。
すべての住宅価格は劇的に下がっています。

人々は可能な限り家に持ち帰り、すべてが改善するまで、確実に最終的に起こります。
この差し迫った経済危機の反対側では、より良い方向に向かいますが、まずこの移行を経なければなりません。
だから、私たちの多くが非常に困難な時間を過ごさなければならないという事実に備えます。
トランプ大統領は、FRBを指差しているときに、すでにスタート信号で私たちに警告しています。
私たちの周りではっきりと分かっていることから新しい経済システムが水平線に近づいているので、それが起こらないとは思わないでください。

 

 

以上、2018年11月8日のインテルに投稿の「ファイナル・ウェイクアップ・コール」の全訳でした。

 

文中の著書紹介でわかりましたが、この文章の作者はPeter B. Meyerという人だったんですね。他にもいろいろと本を書いているようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です