新しい世界共通通貨と新SNSプラットフォーム〜イーロン・マスク〜 by ミシェル・フィールディング+ AuがQGになった?

新しい世界共通通貨と新SNSプラットフォーム〜イーロン・マスク〜 by ミシェル・フィールディング+ AuがQGになった?
.

真実の泉 – ディスクロージャーさんより転載

オリジナル動画:

https://youtu.be/yw4fo4nIY_w

チャネリングは、チャネラーにエゴがないか等非常に難しいと思いますが、彼女のチャネリングは、比較的信頼できると思って翻訳しています。100%正しいという事ではなく、こういう可能性もあるという程度に読んで下さい。(日本でauはスターリンクとの接続がほぼ完了して、auと契約しているGalaxyは、以前ミシェルさんが話していたQuantum Generationというシステムに切り替わったようですから、かなり信憑性は高くなってきていると思います)

メラニア・トランプがQGのデザインとよく似たドレスを来ていた。

スターリンクと接続されている量子システムQuantum Generation(←YouTubeチャンネルあり)

概要です。

()内は、マータからの補足です。

読み聞かせ動画はこちら

*******************

ミシェル:

今日は、イーロン マスクについてもう少しチャネリングをしてみました。

私は、2020年の11月の時点でイーロン・マスクのチャネリングをした際には、イーロンはトランプ大統領と一緒に仕事をしていて、おそらくFaceBookが名前を変えて、偽情報やセンサーシップのない正当な新しいシステムに変えて運営するか、新しいプラットフォームを立ち上げるだろうと言いました。

今の時点で、イーロン・マスクがツイッターを買う買わないという問題がまだはっきりしていませんが、最終的には、彼はツイッターを買わないのではないかと思っていて、その辺のことについても質問してみました。

質問:ツィッターの件は、彼が買う買わないに関わらず、このようなSNSに不正があり、センサーシップの問題、アルゴリズムが使われている事について、イーロンが大衆に向けて声にする事が本来の目的だったのでしょうか?

答え:その通りだ。

ミシェル:つまり、彼がツイッターの不正問題を声にすることが目的だったので、買う買わないというのはどうでもよい、どちらでも良いという事です。ただ話題を作り、人々に実態を知ってもらい、対話する事を始める為の手段だったという事です。

質問:では、彼はツィッターであるなしにかかわらず、新しいSNSのプラットフォームを作っていくのでしょうか?

答え:Yes.

質問:その新しいものは、既に知られているものですか?

答え:No. まだ表面化されていない。

ミシェル:という事は、ツイッターが改善されるのではなく、新しいものが出てくるという事でしょう。

答え(つづき):多くのITやテクノロジーの大手が関係して、今新しいものがデザインされている。これはQホンや、Qインターネット、ラップトップ、サーバーと連動するものになり、スターリンクと繋がって使えるものとなる。

ミシェル:ですから、イーロン・マスクは表の顔であり、背後でITの人達が密かに新しいプラットフォームの構築を進めているという事です。

質問:その新しいソーシャルメディアのプラットフォームは、いつ発表されるのですか?

答え:今は、試験段階にあり、2023年から2024年にリリースされるだろう。

質問:ドミニオンなどの選挙用の投票システムの機械を製造している会社をイーロンは買収するでしょうか?

答え:買収しない。今後の投票は、量子システムになっていくので必要ない。投票もQホンなどから行えるようになる。2023年から2025年の間には完成するであろう。

質問:イーロン・マスクやIT企業たちは、地球のアライアンスの為に、それ以外にどんな事を計画しているのでしょうか?

答え:色々な量子テクノロジーを準備している。すべて、我々の生活をより安全で、自由化を含めた豊かなものにするものだ。

質問:新しく登場するソーシャルメディアでもアルゴリズムが使われるのでしょうか?

答え:使われない。量子システムでは、それは必要なく、エンド・ユーザーを保護するシステムがすでに内蔵されている。

質問:イーロン・マスク以外にホワイトハットのために(あるいは一緒に)働いているのは、誰ですか?

ミシェル:この答えには驚きましたが・・

答え:リチャード・ブランソン(ヴァージン・アトランティック航空などヴァージン・グループの創設者と会長を務める。最近は宇宙旅行業にも着手。彼は、イーロン・マスクとジェフ・ベソス(アマゾン創設者)と一緒に昨年の木星の月ガニメデの宇宙会議に出席していたとエレナ・ダナーンも言っていました)

ミシェル:彼が積極的にホワイトハットのために動いているという事です。

質問:そのほかには誰ですか?

答え:これからはミュージシャン、政治家、有名人の中にもホワイトハットの元で前に出てくる人達が出てくる。

質問:イーロン・マスクは、ウォークインですか?(ミシェル:彼の肉体にほかの高次元の存在が入ってきて入れ替わったのか?)

答え:No.

質問:高い視点からみたイーロン・マスクのミッションとはなんですか?

答え:彼のミッションは、テクノロジーと人々の間の対話をさせる場を与えることで、人類を自由へと解放していくことだ。

質問:彼はまだこれから活躍していくのでしょうか?

答え:そうだ。まだまだ彼には役割がある。彼以外にも地球のアライアンスの大使的な立場で活躍する人達が出てくる。

質問:地球のアライアンスというのは、どんな人達ですか?

答え:地球のアライアンスというのは、高次元のETで、今人間に生まれ変わっている人達で人類のアセンションを手助けてする事が目的で来ている人達のことだ。

質問:イーロンマスクは、これからも、新しいテクノロジーを紹介していくのでしょうか?(ミシェル:私の頭の中には、例えばソーラーではない空気から取り込むフリーエネルギーなどのデバイスでした)

答え:彼は、これからも多くのまだ知られていない新しいテクノロジーを大衆に向けて紹介していく。

質問:例えば、どんなテクノロジーか教えてもらえますか?

答え:ナノ・テクノロジーなどスマート・ホームやスマート・カー(車)で利用できるもの。家庭や会社で使える電力の新しい素材などだ。また、彼は新しい金融システムにも関わっていて、新しい世界共通通貨を紹介することにも携わっている。これは世界でどこでも同じ価値となる通貨になる。その通貨の名前はまだ決まっていない。テクノロジー産業やクリプト通貨の専門家と一緒に今、彼も開発に携わっている。

質問:それはいつ出てくるのですか?

答え:そんなに遠い先ではない。

質問:それは、まだ私達が知らないまた新しい金融システムですか?

答え:No. これはネサラ・ゲサラの一環であり、今世界的に準備段階で進行しているシステムだ。

質問:この新しい通貨はクリプト通貨ですか?

答え:Yes.

質問:これも金本位の通貨になるのですか?

答え:No. これは量子金融システムで管理される。暗号化された通貨であり、スターリンクを通じてエンド・ユーザーのテスラー社のパイ・ホンやほかに出てくるQホンなどのQデバイスで管理される。

質問:これは、いつから開始されますか?

答え:もうすぐだ。イーロンは、ジャック・ドーシーと一緒にこの開発をしてきており、これを一般人に発表するのをとても喜んでいる。

質問:これ(新しい金融システム)を管理しているのは誰ですか?

答え:地球のアライアンスだ。人類が良い方向に進むためのものだ。

質問:良い方向とは、どういうものですか?

答え:人々に経済的な選択技を与え、もっと自由になり、生活を豊かにするものだ。

質問:豊かさとはなんですか?

答え:この新しい金融システムは、世界中の全ての人々に大きな経済的豊かさをもたらす。

質問:テスラー社のパイホンは、いつで買えるようになるのでしょうか?

答え:早ければ、今年(2022年)の夏の終わりごろ。あるいは秋だ。

質問:イーロンは、今後ロボットは車よりも安価で購入できるようになると言っていますが、一般人も家庭や会社でもっとロボットを活用していくようになるのでしょうか?

答え:そのようなシフトは起きる。もっと日々の簡単なタスクをロボットに任せることで、自分達の自由時間が増えるようになり、生活の質の向上に役立つものになる。人々が自分の価値をどう評価しているかによる。

ミシェル:やりたい事がはっきりしていて、もっとそのやりたい事に時間を使えるようにする為、自分に対する価値観をどう見ているかによって、ロボットを使った方が有益かどうか、自分で判断し選択していけるという事です。

質問:仕事場でも、もっとロボットが活用されていくのでしょうか?

答え:人々の生活をより豊かなものにしていく事が目的であり、自分が何時間働きたいのか選択することが出来るようになる。それに応じて必要な部分はロボットが補うようにすることが出来る。将来的には、ヒューマノイド・ロボットも使われていくであろう。すべては人々が選択していける自由がある。

ミシェル:最近イーロン・マスクが「世界は本当にもっと豊かな場所になる」と発言していましたが、これはどういう意味なのか?彼は何を知っているのでしょうか?

答え:彼は、需要と供給、何にどれだけの労働時間が必要かなど、すべてを把握している。そして地球のアライアンスと一緒に、人類全体の生活水準の向上のために、新しい技術開発をし、人間でなくても出来る労働は、ロボットにやらせ、効率よく需要と供給を回していく方法、インフラ構造を作っている。

ミシェル:イーロン・マスクは、2022年のTed Talkで「これからは、誰にとっても商品やサービスは信じられないほど安価になる」と言っています。そこで聞いてみました。

質問:これからの10年は、どのような変化が見られるのでしょうか?

答え:世界は、すべての面において、大きく変化していく。交通機関、貿易、教育、金融、電力のシステムなどだ。社会がもっとリラックスした平和で豊かなものへとシフトしていく。

ミシェル:イーロン・マスクが現在アフリカでスマート・シティの開発も行っていることを知っているので、彼の開発するスマート・シティはよいものか?悪いものか?聞いてみました。

答え:今は水瓶座の時代に移行しているから、これはテクノロジーの時代であり、自由と自己統治の時代である。スマートシティーもテクノロジーを利用し、人々の生活をあらゆるレベルでサポートし、より平和で豊かなものにあるために使われる。イーロン・マスクは、テクノロジーの面で人々の生活を向上させるために多いに活躍していく。

ミシェル:今日お伝えした情報が皆様の役に立てたなら嬉しいです。またお会いしましょう。

*********************


https://youtu.be/8I6FdApy7qM

イーロン・マスクが最近ETに関して発言したまとめ:

この広大な宇宙に何億という星が存在する。そこに我々しかいないと考えるのはバカげている。地球外生命体の存在を信じている。

ETは、もうすぐそこまで来ている。彼らが地球に来るので準備をする必要がある。

我々は、高次元のETたちが作ったシミュレーションの中で暮らしている可能性が高い。

NASAが開発したJames Webbの天体望遠鏡がすでに宇宙を走行しているが、それがKEPLER-452Bという星を発見したと報告している。

我々の地球と非常によく似た星で太陽もあるゾーンに存在するそうだ。そこには、ほかの生命体が暮らしている可能性があると言う。

これからは、世の中はどんどんよくなっていくばかりだ。

人類が移住できる星も出てくるだろう。

もしもETが地球にすでに来ているのなら、何の目的で来ているのか?非常に関心がある。

ETは、おそらく既に地球に来ていて、メッセージを残していると思う。我々がまだそれを解読できていないだけだと思う。

もしかしたら、ETは既に地球で暮らしていて、我々がまだ気づいていないだけかもしれない。

彼らは、もうじき我々にコンタクトをしてくるのではないかと思う。

だから、我々もコンタクトを受け入れ、彼らを知ろうとする必要があると思う。

今から10年から20年で火星に地球人が暮らせるようになるだろう。すでに火星に人間を試験的に送る準備を整えている。(マータ:実際には、すでに人間が火星で暮らしています。それも彼は勿論知っているはず。これら彼の発言もすべて人々への真実開示の一環のようですね)

コメンテーター:最近UFO目撃のニュースが非常に増えている。このタイミングでイーロン・マスクがETについて発言しているのは、とても興味深い。彼は、本当はもっと知っているのではないかと人々は言う。イーロンは、ETに関して非常に強い関心を持っているのは確かだ。

最近のインタビューでイーロンは、「おそらく、我々が生きている間に彼らとのコンタクトが起きると思っている」とも発言している。さらに「ETの存在を知ることは、何よりもエキサイティングな事だと思うよ。その存在を知ることで、宇宙というものへの理解も大きく変わるだろう」とも言っていた。

****************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA