フルフォードレポート 2019.10.14

フルフォードレポート(10/14)

嗚呼、悲しいではないか!さんより転載

シオニストの計画が崩壊するにつれて歴史的な変化が世界中で展開する
何世紀にもわたるシオニストの計画が崩壊するにつれて、本当に歴史的な出来事が世界中で展開しています。これは、とりわけ、国連の資金不足、シリアへのトルコの大規模な侵略、および米国におけるエスカレートする内戦によって示されています。さらに、世界的な責任の新体制に関して、ロシア、中国、米国の間で高度な合意に達したという兆候がいくつかあります。
米国の状況から始めましょう。ここで、軍事政権はドナルド・トランプ大統領のリーダーシップの下で、破産を避けるために中国からの資金を確保した、とペンタゴンの情報筋は言う。実際、中国は、世界的な通貨のリセットが発生するまで、米国の豊富な食料に現金を支払うと彼らは言います。
米軍は見出し付きでこの写真を送ってくれた。「新会計年度を迎えるために、トランプは10月7日にホワイトハウスでの会議と夕食に[トップマーク]ミルリーと他の陸軍将軍と軍を呼んだ。第二次世界大戦の制服を着て、シオニストと深層国家との戦争を宣言しました。
さらに、ペンタゴンの情報筋は、「ハンターである(バイデンと他の裏切り者)が狩られているように、10月革命の狩りが始まっており、ジョセフダンフォード将軍が軍事裁判所を監督している」と述べています。
ロシアの情報筋によると、元大統領のバラク・フセイン・オバマはすでに発砲隊によって処刑されている。ペンタゴンの情報筋はこれを確認しなかったが、「内戦は、ギトモ(グアンタナモ湾)での処刑、機密解除、軍隊と当局の動員、およびカリフォルニアを乗っ取ったらしいことに激怒している」と述べた。
もちろん、シオニストは夜に静かに消えることはありません。上位のMI6の情報源は、非常に信頼できる情報源からとして、この惑星の生命の大部分を破壊することにつながる12月21日から24日の堕天使(悪魔の血統)の「輝かしい革命」についての奇妙な主張」と述べています。
もちろん、これは、その存在そのものが脅かされているときに世界を破壊するというイスラエルの「サムソンオプション(最後の核手段)」の焼き直しです。イスラエルは間違いなく致命的な実存的危機に直面しています…トルコ軍が出発した。
クリスチャン・シオニストとシオニストのメディアは、トルコがシリアに移動する間、米国がクルド人を去るという問題を抱えています。企業メディアは、これを国境を確保するための限定的な介入と呼んでいますが、トルコ人はそうではないと言います。 「トルコとしては待てない。誰が何を言おうが、我々はこの戦いを止めない」と金曜日にエルドアン大統領は言った。

https://www.rt.com/news/470734-erdogan-continue-operation-syria-kurds/

「トルコは、「国連平和維持活動」により、政治史上最大の地政学的介入を開始しました。 …イラン国境と地中海にまたがる回廊全体が帳消しにされている。トルコ領域があり、平和のゾーンが開発されています」とトルコのコラムニスト、イブラヒム・カラギュルは言います。
トルコ人がこの動きに対するロシアと米国の支持を暗示しているようにも見えます。木曜日、米国とロシアはトルコに対する「一方的な軍事行動」の中止を求めるEU決議を拒否した。 1946年の国連の最初の会議以来、米国とロシアが同じ安全保障理事会決議を拒否したのはこれが初めてです。
ヨーロッパ人は手を絞るしか手がなかった。 「シリア北東部でのトルコの作戦は、すでに非常に暗いシリア戦争の歴史に新たな劇的な章を開くことができます。 そのような軍事作戦の起こりうる結果は、少なくとも私たちにとっては明らかです。 その影響は、人道的、軍事的、政治的、戦略的観点から非常に深刻なものになる

https://eeas.europa.eu/headquarters/headquarters-homepage/68651/speech-high-representativevice-president-federica-mogherini-european-parliament-plenary_en

「クルド人とトルコは長年にわたって戦ってきました。トルコは、PKKを史上最悪のテロリストと見なしています。他の人は入って来て、どちらか一方のために戦いたいかもしれません。好きにしろ!状況を注視しています。終わりのない戦争!非常に巧妙で、例外的にトルコ国境沿いの激しい戦いに参加しないことを」トランプはツイートした。
トルコには、150,000人のシリア軍と30,000人のクルド軍に対して、109万人の現役軍隊と予備軍がいます。少なくともトルコ人がシリアを占領するのは簡単だと思われます。
もちろん、大きな疑問は、石油ドルの中心であるサウジアラビアの旧トルコ領土に何が起こるかということです。ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、「サウジアラビアは東を向いている」と述べ、「そして、S400ミサイルがイスラエルから身を守ることさえできるだろう」
サウジアラビア経済も破綻し、石油会社アラムコを大きなトラブルに巻き込む計画を立てています。 「アラムコはAからAに格下げされており、ソブリン資産ファンド、国有企業、年金、億万長者がIPOの礎石となることを拒否しているため、BB以下の投資適格格付けになっている可能性があります」こうした状況下では、悪魔的なサウド家の私有地が再びトルコの支配下に置かれる可能性がありました。
イスラエルでは、ネズミはベンジャミン・ネタニヤフ首相から始まって、シオニストの船を離れようとしているようです。モサドの情報筋は、「ビビはまだ連合に招待されていない。彼はレーダーから離れ、出口戦略を準備します。彼は自分の時間がなくなったことを知っています。彼は姿を消そうとします。彼にはいくつかの選択肢があります。彼の動きは注意深く監視されています。
ネタニヤフは現在、司法取引の交渉を試みており、米国軍の保護の見返りに福島やシオニストのボスなどについて証言する、とペンタゴンの情報筋は述べている。
その間、シオニストは空の核の脅威は失敗したが(サムソンの選択肢が中立化されたため)、日米に対する気象戦争も繰り広げられました。
メディア不安と戦うための混乱した日本の運動において、日本はカテゴリー5 Typhoonで10月12日に襲われました。日本の気象衛星のこの画面ショットを見るならば、あなたは台風の左側で不自然な格子パターンを見ます。そして、それは天気戦争のはっきりした徴候です。
しかし、結局、「台風」は激しい暴風雨に過ぎないことが判明しました。報道機関で報告された洪水被害の多くは、いくつかのダムが水門を開けたため、意図的な妨害行為によるものと思われます。 (Stuxnet?)東京でもマグニチュード5.7の地震の報道がありましたが、私も東京で知っている誰もそれを感じませんでした。 「日本は深い国に屈するべきではなく、正しい歴史に立つべきだ」とペンタゴンの情報筋は言う。彼らは、暴力団にリンクされた裏切り者安倍晋三を逮捕するために軍の警察を送ることによって助けることができます。
米国では、中西部のコーンベルトが「前例のない」吹雪に見舞われています。例年であれば、収穫の75%がすでに収穫されているはずであるが、「前例のない」春の洪水が植え付けを遅らせたため、雪が降る前に収穫の22%しか取られていませんでした。
その間、カリフォルニアは放火、意図的な停電、その他の混乱に悩まされてきました。そのため、米軍はこの不正州を一時的に支配することを計画しています。カリフォルニアの侵略により、Google、PayPal、Facebookなどの破壊的なカバルテクノロジー企業を国有化することも可能になります。
もちろん、個人所有の連邦準備制度理事会は、国有化が必要な最大の徒党機関です。現在、ドイツの中央銀行でさえ、「システムが崩壊した場合、金はそれを再構築するための基盤として役立つ可能性があります。 金は、中央銀行のバランスシートの安定性に対する信頼を強化し、安心感を生み出します。」と言うように、それは起こりうる。

これは、CIAの情報源が、このレポートが発行されたときの金融システムのリセットについて報告したものです。
「我々は今決勝戦に出ている。ピラミッドの頂点にいる人から、世界的な銀行のリセットは数か月先ではなく数週間先だと聞かされた。これは、ブレグジットと香港の危機に関連している可能性が最も高いです。これが正しければ、同じ日に香港で大事件が起こる。
11月1日は金曜日です。これは、週末にオンラインバンキングシステムを閉鎖するのに最適な時期です(事前に計画された政府イベントの場合は常にそうでした)。起こり得る結果はわかっています。 ATMが一時的にスイッチがオフのときにATM画面に通常表示されるように、「システム障害が原因でオフラインになっている」場合、大衆の間でパニックが発生します。
将来の予測と同様に、これが真実であるかどうかを確認するまで待つことができます。米国は世界で最も重債務国であるため、FRBの国有化とシステムのリセットには債権者、特に中国との合意が必要です。
この面では、トランプは関税や他の多くの脅威のためにロングビーチ港から中国への圧力を強めた。この文脈において、中国の食糧生産を破壊する豚コレラとアフリカシロナヨトウが自然現象でないと仮定されることができます。
アメリカもニンジンを提供しているようです。特に、米軍はこれまで隠されていたハイテク製品を一般に公開し始めました。たとえば、航空宇宙を完全に変革する「UFOのような技術」をリリースしました。また、世界経済を完全に変えるコンパクト核融合炉の特許も公開しています。この融合技術が機能すれば、文字通り地球上の誰でも億万長者のように生きることができるでしょう。
国連がついにニューヨークから撤退できる兆候もあります。 アントニオ・グテーレス事務総長は、月曜日(10月7日)に、10月末までにはもうお金がなくなると述べた。 これは主に、米国および他の64か国が国連の拠出金を支払っていないために発生します。 これは、中国がラオスやアジアの他の場所への移動を希望する可能性があることを意味します。
新しい時代が始まっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フルフォードレポート【日本語版】

エスカレートする世界のハイブリッド戦争と異常気象
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2019/10/14 VOL530≫

現在、歴史的な敗北を目前にしているハザールマフィアらが「日本とアメリカを気象兵器で攻撃している」とペンタゴン筋などは警鐘を鳴らしている。
特に関東を直撃した台風19号(ハギビス)や米カリフォルニア州で発生している山火事、アメリカ中西部に到来している寒波とそれに伴う大雪…等々、それぞれが異様な気象に見舞われている。

 

【 ハイブリッド戦争 】

英諜報機関MI6筋によると、それらの異常気象は、いま世界中で繰り広げられているハイブリッド戦争の一環に過ぎないという。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E6%88%A6%E4%BA%89

このハイブリッド戦争では、気象兵器の他にアメリカのトランプ弾劾や香港などのプロのデモ隊を使った騒動、金融異変、北米・欧州・中近東地域(メキシコ、イタリア、サウジ、イランなど)の石油施設に対する攻撃や中国の農産物を狙ったバイオ攻撃…等々、多種多様な戦略で攻防戦が繰り広げられている。

しかし、そうした各勢力の工作があまりにも過熱しすぎる恐れが出てきたため、先週アメリカと中国は臨時的に停戦することで合意、それにより倒産目前の

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA