フルフォードレポート 2019.11.11

  1. フルフォードレポート【英語版】

金融システムエンジニアリング爆発。ベン・フルフォード.(Microsoft翻訳)

Financial System Engineered Implosion – Ben Fulford

新しい金融システムを開始するために設計されている金融システムの意図的な崩壊

リーマン・ブラザーズの金融システムの崩壊よりも大きいのは、新しい金融システムに道を作るために設計されている、とアジアの秘密結社の情報筋は言う。

最近の金融市場の動向、特に聖書的比率の株式市場バブルは、この主張を裏付けています。

金融ベテランは、金融市場が現実と戦うとき、現実は常に最終的に勝つことを教えてくれます。これは、株価が90%以上下落する可能性があることを意味します。

しかし、金融戦争がまだ終わっていないという兆候の中で、ヨーロッパの王室は「世界の投資銀行はすべて古いシステムから移行し始めているので、古いから新しいものへとシームレスに、あるいは摩擦なく変形するのは時間の問題だ」と反対している。

これは、支払いシステム、ATM、クレジットカードなどに適していますが、バビロニア債務奴隷制の西側システムでは機能しません。

Financial System Engineered Implosion - Babylonian Debt Slavery

バビロニア債務奴隷

Financial System Engineered Implosion - Euro Babylon

ユーロバビロン

この制度は、全株式・投資信託の53.2%を上位1%にし、次の9%を加えると、リッチコントロールは93.2%となり、残りの90%はわずか6.8%となりました。

これが債務奴隷の制度であるというさらなる証拠は、国民の下位90%がすべての負債の72.4%を負っているという事実から来ている。

超富裕層とその高級召使いが支配し、所有するこの株式市場は、詐欺的で寄生的になり、実際には実物経済からお金を吸い取っています。

これにより、数学的に崩壊が避けられません。

これを証明する数字をもう一度見てみましょう。今年の1月から10月にかけて、世界中で3,390億ドルが債券に投入され、2,080億ドルが株式から取り出され、株式市場は史上最高値を記録し続けています。

なぜなら、2009年以降、機関投資家や家計は株式市場から1.9兆ドルを取り出し、企業は民間中央銀行の面白いお金を使って3.6兆ドルの株式を買い取ったからだ。

さらに、ウォール・ストリート・ジャーナルによると、上場企業の97%が利益の公表に一般会計原則(GAAP)を使用しておらず、基本的に書籍を調理しています。

コカコーラは良いケーススタディです。デイリーベルから引用するには:

「2010年までさかのぼれば、コカ・コーラの年間収益は350億ドルでした。
2018年までに同社の年間収益は320億ドル未満に減少した。
2010年、コカ・コーラは1株当たり利益(利益)で5.06ドルを生み出しました。2018年に、ちょうど$1.50。
コカ・コーラの総資本、すなわち事業の「純資産」は、2010年には310億ドルでした。2018年までに、株式は190億ドルにまで落ち込んでいた。
そのため、コカ・コーラは過去8年間で自己資本の40%近くを失い、売り上げは減少し、1株当たり利益は70%減少しました。
明らかに、同社は8年前よりもはるかに悪い状態にあります。
しかし、コーラの株価はその期間でほぼ倍増しています.

要約すると、欧米(と日本)の中央銀行を所有する家族は、人口の90%から生命線を吸い出しながら、彼らも所有する企業にお金を印刷し、それを渡しています。

金融システムは巨大なブラックホールとなっており、多くの支配家族が黒い太陽を崇拝しているので、倒錯的な意味を持つ。

引き金の一つは、8億3200万ユーロの第3四半期の損失を発表したばかりのドイツ銀行の破綻だろう。

彼らの株価のこのチャートは、彼らが崩壊する直前のリーマンブラザーズに不思議に似ています。

Financial System Engineered Implosion - Deutsche Lehman

ドイツ銀行の破綻は欧州中央銀行を引き下げ、EUを破産させるだろう、とアジア筋は言う。

言うまでもなく、バブルを見つけるのは簡単ですが、いつ破裂するかを予測するのは難しいです。しかし、アジアの秘密結社とホワイトドラゴン協会(WDS)の情報源は、2020年に崩壊する可能性が高いと考えている。

これに続いて、ジュビリー(すべての負債と資産の再分配の1回限りの損金処理)と地球を修正するための巨大なキャンペーンが続きます。

この計画には、誰もが参加を申し込むことができる実力主義的な将来の計画代理店を設立することが含まれます。

しかし、それが可能になる前に、いくつかの深刻な戦いが続きます。

現在、主な行動はサウジアラビアとメキシコで行われ、ハザリアン・マフィアは石油と麻薬のパイプラインを維持するために戦っている。

国防総省の情報筋によれば、ドナルド・トランプ米大統領がメキシコの麻薬カルテルに対して宣戦布告し、間接的に彼らの秘密の支持者である民主党員を宣言したメキシコの状況から始めましょう。

しかし、メキシコの情報筋によれば、9人のアメリカ人女性と子供の殺害など、メキシコでの最近の出来事は単なる偽旗にすぎないという。

その証拠は、小児性愛の痕跡を持つ極端な右翼のオカルト派であるユンケ(マルシャル・マシエル神父もその一部だった)につながる」とメキシコの愛国者は言う。

メキシコの情報筋は、エル・チャポの息子を逮捕しようとした最近の試みとアメリカ人の殺人容疑は、米国が北メキシコとその油田を征服する絶望的な生存努力の一部であったと述べ、恐ろしい事件をまとめた。

9人の女性と子供の犠牲者になるはずだったレバロン家は、水を盗み、農民を彼らの土地から投げ捨て、麻薬を密輸し、とりわけNXIVMのセックスカルトに関与している、と情報筋は語った。

彼らは、「虐殺」のビデオには死体も衣服も目撃者も見せず、防弾の生存者はアリゾナ州とメキシコではなく、敵対的な砂漠の地形を6時間15キロ歩いたと伝えられている。

情報筋によれば、エル・チャポの息子を逮捕しようとして失敗したのは、メキシコ大統領に知らせることなく、米国麻薬局とキュリアカン州知事によって奪われた。

「カルテルはよく組織された軍隊のように反応しました。CIA活動家の悪臭は全く存在しない」と情報筋は言う。

これらの攻撃の言い訳で、米国議会は麻薬カルテルテロ組織を呼び出し、メキシコで戦争を行うために愛国者法との扉を開くと、彼らは結論付けます。

メキシコ人の詳細なレポートは、このページの編集者への手紙で見つけることができます.

それでは、サウジアラビアの石油会社アラムコを株式市場に持ち込むことで、ハザリアン・マフィアが石油ドルシステムの維持に苦労しているサウジアラビアの状況に目を向けましょう。

イランが新しい530億バレルの油田を創設すると発表したのは、アラムコのIPOを脱線させ、実質的に枯渇した埋蔵量が2000億バレルをはるかに下げるサウジアラビアよりも豊かにすべきだ」と国防総省の情報筋は語った。

サウジアラビアがイランとの非侵略協定とイエメンとの和平合意に調印し、S-400[対空電池]がその石油富を保護するために作動可能になるまで、誰もアラムコに投資しない」と、情報筋は語った。

Financial System Engineered Implosion - Bin-Zayed and Bin-Salman

ビン・ザイドとビン・サルマン

中国はアラムコがモハメド・ビン・サルマンを助けることに興味を持っているふりをしているが、サウジアラビアの人権侵害、戦争犯罪、ジェノサイド、人道に対する罪、拷問、大量殺人、テロのために辞任を余儀なくされるかもしれない」と結論付ける。

もちろん、サウジアラビアの戦いは、ロックフェラーや他のカバル家が中国に加わるために石油を賄賂に使おうとする試みについても、WDSの情報筋は言う。

そのため、彼らは1000億ドルのサウジアラビアの資金を引き渡し、日本の選挙運動をソフトバンクの息子正義(現代中国の創設者である孫ヤットセンの親戚)に引き渡した、とアジアの秘密結社は語った。

しかし、アジアの秘密結社の情報源は、彼らがこの工作にだまされていないので、息子は突然お金を持っていないと言います。

その代わりに、情報筋は、日本銀行を連邦準備制度理事会と欧州中央銀行に破産させたい、と語っている。

情報筋によれば、彼らは欧州中央銀行に代わる銀行をセルビアに設立しているという。セルビアは、計画された銀行を保護するためにロシアのS-400防空を受け取ります。これはユーゴスラビアの破壊のための偉大な歴史的正義であろう。

米軍がこの計画に乗り込んでいるというメモの中で、国防総省の情報筋は「トランプはロシアで3月の勝利記念日の軍事パレードに出席して、深い国家、シオニスト、中国にメッセージを送るかもしれない」と述べている。

彼らの側のために、中国は現在、2050年までに10兆ドルの宇宙「月経済圏」を設立する準備をしている。

安全上の理由から書くことはできない表面の下には、もっと多くのことが起こっています。

しかし、ますます多くの上級政治家が姿を消していると言えます。

カバルの絶望的な活動家は、ツイート、手紙、プレスリリース、コンピュータグラフィックスを使用して、彼らの好きな政治家がまだそこにいるような印象を与えます。

しかし、我々は彼らが「激しい質問」にさらされている間、彼らは非コミュニカドを保持されていると聞いています。ペンタゴンの情報筋によれば、ほとんどの人はカナリアのように歌う。

米国の清掃が完了すれば、ヨーロッパと日本に注目が集まるとWDSの情報筋は言う。

イスラエルが「サムソン・オプション」の脅威を撤回したという兆候の中で、イスラエル大使館は判事の命令によって25日間再開した、と東京のイスラエル大使館のスポークスマンは語った。

これは、シオニストが降伏を交渉していることを示している可能性があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フルフォードレポート【日本語版】

http://benjaminfulford.jp/さんより転載

金融システムの崩壊と再生への動きが加速している

≪2019/11/11 VOL534≫

今、欧米で発生している株高と実体経済の不況は「欧米金融システムの崩壊」と「その後の再生」の実現を早めるために、あえてエスカレートさせているのだとヨーロッパの王室筋やアジア結社筋は伝えている。

同筋らによると、今後「金融システム崩壊」の直接の引き金となるのは欧米大手金融機関の倒産劇だという。既に、ドイツ銀行やJPモルガンなど、具体的な銀行名も情報源らからは挙がってきている。そうして、それが終われば今度は
日本の安倍政権や日銀の崩壊も始まるという。

 

【 株式市場と実体経済 】

確かに、「欧米の金融システム崩壊」の証言を裏付ける出来事やデータは数多く存在する。そこで、まずは「株価の不自然な動き」を示す下記リンクの最新データから見て欲しい。

https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/equity%20bond%20flows%20oct%202019_0.jpg?itok=Nxl8qhbg

そこに示されている世界資金の動向を見ると、今年1月から10月にかけて債券市場に3390億ドルが流入したのに対し、株式市場からは2080億ドルが流出しているのが分かる。

それでは、その様な状況にもかかわらず何ゆえ株価が連日最高値を更新しているのか?その理由は主に2つある。1つは上場企業による自社株買い。そして、もう1つは粉飾決算による利益や収益率の嵩上げだ。

下記リンクのグラフを見れば分かる通り、2009年以降、一般の個人投資家や

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA