フルフォードレポート【日本語版】2022.5.30 ダボス会議とWHO総会に集う欧米エリートたちの孤立

フルフォードレポート【日本語版】2022.5.30

ダボス会議とWHO総会に集う欧米エリートたちの孤立
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2022/05/30 VOL656≫

ソース:http://benjaminfulford.jp

今、旧体制の欧米エリートたちが世界の中で完全に孤立している。
先週の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に集まったメンバーをみても、例年出席していたはずの多くの人物が不在だったことは明らか。イギリス、ドイツ、フランス、中国、日本、アフリカ…などからの政府要人の参加は例年に比べて特に少なく、全体的に見ても出席していたのは社会的な地位や階級がそれほど高くない人物が多かった。

https://www3.weforum.org/docs/WEF_AM22_Official_List_of_Participants.pdf

そんな中でも世界経済フォーラムの会長クラウス・シュワブ(ロスチャイルド)は「我々が未来を決める」などと言って威張っていたが、世界中のほとんどの国がそれを露骨に拒否している。しかも欧米では彼らによる「人類家畜化計画」の情報が一般の人々にも広く知られ始め、革命の機運が日々高まっている状況だ。既に、軍や諜報当局も水面下でハザールマフィアの息のかかった売国奴のパージに動いているという。ちなみに、それを確認するには国際会議に限らずアカデミー賞の授賞式など、いわゆる「エリートの集まり」を全体的にチェックしてみるといい。それらに参加する以前と最近の顔ぶれを見比べれば、誰がパージされたのかは一目瞭然である。

 

【 WHO年次総会 】

また、ダボス会議と同時に行われたWHOの年次総会でもハザールマフィアの目論見は失敗に終わっている。

 

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA